FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

土曜日の雪はすぐに溶けてくれたから、日曜日は作業する事が出来ました。



外装とホイールは、だいさんに塗って貰ったし、ここでエンジンを塗り直したら、私の 1100Rってもしかしてパッと見た目は綺麗なんじゃない?って考えた。

そうしたら、残りのフレームも塗っちゃおうかな。

あっ、当然ですが缶スプレーね^_^;

面倒だけど、丸裸にします。



こんなの二人で作業すれば、あっという間に終わるんだけどなぁ。

何回クラッシュしたフレームなのか分からないけど、大きなダメージは無さそうです。



サイドスタンドの取付プレートが曲がっていたから、大ハンマーで叩いて修正しておきました。

あと、スタンドスプリングが曲がっているのが以前から気になっていたので、ヤフオクにて安いのを買ってみた。



今度の週末は雨みたいだから作業は出来ませんね。

2月に入ったらエンジンを組み始めないと3月の走り出しに間に合わないから、足りないパーツを追加注文しないといけないなぁ。
2020/01/20(月) 07:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

3連休が明けたから、やっといつものペースに戻りますね。

どうでもいい話だけど、この数年は鞄を集めるのが趣味になってきました。

少し前にもヤフオクで買ってしまった^_^;



いつも1泊出張は、赤のトロッターを使っているのですが、ダレスバッグが欲しかったんですよね。



三陽商会がバーバリーとのライセンス契約25周年を記念して限定200個を作ったモデルらしい。

だからロゴマークもまだ「BURBERRY」では無くて「Burberry'S」です。
そうすると1995年のモデルって事かな?

バイクと同じで、いくつ持っていても使うのは一人なんだから数が増えると使う頻度が少なくなるだけなんですけどね(-_-;)

さて、昨日もエンジンの塗装をやっていました。



サンドブラストを軽く掛ければ一番いいんですけど、面倒だからやらない。



作業していて、見てはいけないものを発見してしまった。





「ス」が入っている^_^;

旧車にはたまにあるんですけど、昔の製造技術だと不良品がたまに出るんですよね。

まあ、どうする事も出来ないから放置しますけど。

750Fと 1100Rで違うところは、フレームにダウンチューブが無いから、エンジンを下ろす時にオイルパンを外さなくてはいけません。

気をつけて作業をするのですが、多少は傷がはいります。

私のエンジンなんてラインナップにも載っていない52番なので、当然ですけど初期のレースに使われていたのでしょうから、何度もエンジンを下ろしていたと見えて、結構傷だらけです。

面だしをしたからオイルは漏れないのですが、これは手を打っておきたいところ。



1ミリのアルミ板でカバーを作りました。

これでパッキン面を保護できます(^ ^)
2020/01/14(火) 08:06 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日、改めて知りましたけど、オリンピックって7月24日から8月9日なんですってね。

日本にはお盆というものがありますから、そのままお盆休みに突入し、パラリンピックは8月25日~9月6日まで。

つまり、前後を合わせると、7月23日~9月7日までは身動きが取れなくなるんですね。

地方出張を入れたいところだけど、飛行機も取り難くなるだろうし、空港は大混雑で嫌だなぁ。

さて、吉田兄から写真が送られてきた。



1100Rのバルブがエンジンブロー時にヒットして曲がっていないかチェックするついでに、当たり面を修正してくれました。

いくらシートカットをしても、擦り合わせ作業をすると簡単にバルブ側にも段が付きます。

普通は新品のバルブに交換するのが当たり前なんですけど、吉田兄はプリンさんから頂いたパーツを大切に使います。

今回も面出し用に治具を作ったみたいです。



こうしてエンジンに魂を注入していくのです(笑)

お金を掛けずに手間掛けて(^ ^)
2020/01/07(火) 07:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日から仕事始めですね。
私は新しい部署に異動したから、まだどんな職務なのか分からないんですよね(笑)

さて、昨日はinstagramで知り合いになった佐藤さんがCB 1100Rのヘッドを持って遊びに来た。

どうやら私と同じ症状で、オイル漏れしてプラグ周りに溜まるらしい。

私は結局、他にも悪い部分があったのでヘッドごと交換してしまいましたけど、やっぱり原因はスタッドボルトの座面が荒れているからではないか?との結論に至ったようです。



ここから漏れるのであれば、構造上からして1・2番と3・4番の間のスタッドボルト穴はちょうどプラグホール部分で垂れると考えられます。



私の加工した750Fのヘッドは、座面の修正もして使う事でオイル漏れは直ったから、原因解決の可能性は高いと考えられます。

加工はボール盤で削るだけだから特別な作業ではありません。



吉田兄とスギが遊びに来て、二人が作業してくれました。

私は皆んなの昼飯を作っていました(笑)



完成。



こっちも完成!



修正作業が特別な訳ではありません。

作業に使う工具を作った事が特別なのです。



これで直るといいですね(^ ^)

2020/01/06(月) 07:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は家族揃って悪い事をしました。

夜の壱発ラーメン(笑)



さすがにチャーシュー麺は避けてメンマラーメンにしました。

近頃って歳を取ったからか、汗をかかないからか分かりませんが、普通のラーメンって塩っぱいと感じます。

急にラーメンが食べたいと思ったのは、パラビで孤独のグルメ シーズン8を観ていたから。



そういえば、鳥取編でホルモン焼きそばが出てきましたね(笑)

五郎さんが座っていた隣の席で私は食べました。

さて、春までにやりたい事として色々準備していましたけど、ナナハンに乗る時に被るジェットヘルメットもスモークシールドに交換したかったので、Amazonで購入しました。



今回は純正品にしたので、やはり厚くてしっかりしています。



近頃のシールドって、脱着の方法が説明書を読まないと無理になりましたよね。



昔は10円玉で2ヶ所のネジを外せば簡単に出来たんですけどね。



2020/01/04(土) 09:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

箱根駅伝ですね~。

走るのが大嫌いな私。
子供の頃、冬になるとマラソンをやらされましたけど、本当に嫌でしたっけ。

さて、今日はナナハンです。

RZさんにビラーゴ用のハンドルポストを貰って試しましたが、上半身の動きがしっくりこない。



今までセパハンばっかり乗っていたから、私には手前過ぎるようです。



もっと前に戻して、もう少し低くしたい。

でも、ヤマハの他車流用を考えてヤフオク写真で見ると、丁度良いのはスタッドボルトがM10では無くてM12のように見えるんだよなぁ。

そしたら海外パーツなのかな?
汎用品として、メッキパーツが1500円で誰も入札しないで出ていたからポチッとしてみた。

おー。



20ミリ前に戻して、15ミリ低くなりそうです。

でも、コレって2本ボルト仕様なんですよね。



まあ、こんなのは私にとっては何でも無い事。

XJRはスタッドボルト仕様ですけど、今回はポスト側にネジを切って下からボルト止めにします。



M10だから下穴は8.5ミリなんですけど、こういう環境だと一発穴開けは簡単に0.5ミリくらいズレたりしますから、最初は6ミリ穴で芯出しします。



どうかな?



うん。いい感じ。



そしたら、8.5ミリ穴に広げてタップを当てます。



お上手(^ ^)



ボルトでセットしました。



ハンドルを付けてみた。



おっ、だいぶ下がった感じ。



ちょっとハンドルポストがゴツいなぁ^_^;



まあ、もともとショーバイクとして作られたマシーンだし、メッキパーツも多いから違和感は少ないので良しとしよう。



フォークのイニシャル調整も出来るし、だいぶ上半身の窮屈さは無くなりましたから、コレで試してみましょう。
2020/01/03(金) 11:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明けましておめでとうございます。



天候に恵まれたお正月ですね。



毎日、3時間位ずつ作業をして、散歩をし、ビールを飲む生活が続いてます(^ ^)

今日はCB 1100Rのエンジンで気になっていたクラッチから聞こえるゴロゴロ音の対策をやってみました。

たぶん、ヤフオクを見ていて気になっている人も多いんじゃないかな?って思ったから私が作業して難易度を確かめてみました。

「CB750F クラッチ」で検索すれば、すぐに出てきますよね。



説明を読むと、チャイチャイ製じゃなくて成分も考えて作っているんですね。

ふ~ん。
長い説明文に使ってみた人のリンク先とかも載っている。
カスタムショップでも使っているのかぁ。

なんか良さそう。

大した効果が無くても、どうせ今の状態でダメなんだから、試さない理由は見当たらない。

何と言っても、1セットで2000円!

あっ、因みに純正品はアッセンブリーパーツだから、ダンパー単品は存在しません。

では、コーヒーを飲みながら作業開始。

届いたパーツはコレ。



どこのパーツかって言うと、



このクラッチハウジングに付いているギヤの中です。



この中にダンパーが入っているなんて、考えた事も無かった。



確かに手で確かめるとガタがある!

原因はベアリングでは無くて、ココだったのね。

ただ、原因が分かっても、そんなに楽観的に考えてはダメです。

このギヤは非分解パーツだから、本来はアッセンブリー交換になります。



ショップのヤフオク説明に載っていた誰かの記事を読んで構造が分かったので、何とかなるだろうって考えた。

まずはカシメてあるジョイントを取り外します。

まあ、これがこの作業のメインですけどね。

ポンチで真ん中位置を決める。





そしたらカシメのシャフト径が判らなく、たぶん5ミリだと思ったけど、慎重に4ミリのドリルからスタート。



頭だけを飛ばしたいから、次に5ミリを使った。
この時点で叩けば外れるだろうけど、圧入にはバリは大敵なので6ミリドリルで綺麗に外しました。



これで頭は全部取れました。



そしたら、圧入を抜くんだけど、これが最大の山場です。

そのまま叩いたらクラッチハウジングが歪みますからね。

ハウジングより少し高くなるようにディープソケットを裏に当てて叩きます。



硬いですよ!
あんまり簡単に考えないで、慎重に叩き抜いて下さい。

叩く面が潰れて広がったら、圧入ですから抜くのは不可能になります。
貫通ドライバーを1本用意して、サンダーで先端をカットし、専用工具を作った方が良いかも知れません。



因みに、カシメの頭をカットすれば、ギヤは抜けますよ。

圧入を叩き抜くと、こんな感じ。



やっぱり5ミリでした。



全部抜けた。



もう一度言いますけど、記事ではサラっと書いているけど、見ているほど簡単じゃないですからね^_^;

このダンパーセットにはボルトまでセットにしてくれています。



それも単なるボルトでは無く、ちゃんと長さも傘の形状も考えて付属させています。

これで2000円って、安すぎじゃない?

あと500円~1000円は値上げしていいと思うなぁ。

下穴として5ミリがそのまま使えますから、タップを当てます。



そのまま手で切っても良いのですが、エンジン内部パーツだから、少しでもネジが甘くならないようにボール盤を手回ししながらネジ切りしました。



ネジはボルトの長さの関係で、必ず貫通するまで切って下さい。

あとはダンパーの組み込みです。

先にハウジング側に付けてギヤを組み付けようかと考えたのですが、



ギヤ側をみると面が粗い。



コリャダメだ。

先にギヤ側の円穴を優先させてからハウジング側を入れていきます。



潤滑油を吹き付けて作業すれば、この位までは入る筈です。

ここまできちんと入っていたら、あとはボルトの締め付け圧で大丈夫です。

プレートを見たら、ダンパーが動いて削れた痕が確認出来ます。



せっかくだから、プレートは裏表逆にして段差が無い方をダンパー面にして組みました。



一度、ダンパーの圧入の為にボルトを締め、脱脂をしてから再度仕上げ組みの際にはネジロックを少し塗っておきました。



完成!





バイクショップでも組み込みをやってくれるところが記載されていましたけど、幾らなんだろう?

私が初めての作業で丁寧に写真を撮りながら作業して3時間でした。

1万円の工賃ならお願いしてもいいだろうけど、商売だったら、単品作業では引き受けないんじゃ無いかなぁ。

少なくともオイル交換と抱き合わせにでもしなくちゃ受けたく無いだろうなぁ。

でも、自分で出来そうな人には、やる価値はあるように思います。

私は試乗出来るのが春になってしまうので、それまでは効果が分からないんですけどね。
2020/01/02(木) 16:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

あっという間に大晦日。

今年は出張ばっかりでしたけど、サラリーマンなんて将棋の駒ですから、年明けからまた新しい職務になるので生活のリズムも変わります。

結果的にほとんど週末も遊ぶ暇が無かったから、やりたい作業も溜まっているので結構楽しい年末休暇。

ナナハンのオーリンズ をOHに出したいんだけど、1100Rのリアサスも買わないといけないしなぁ~って考えていたら、ちょうど良いブツをヤフオクで発見!

ポチっとな。



カタナ用でしたけど、一人しか競争相手が居なくて、呆気なく47000円で落札。

本当はガイコツオーリンズ が欲しかったんだけど、フルアジャスタブルがこの値段ならアリだね。

それも個人だから消費税も0円だったし。

さすがに10%の消費税を考えると個人売買との差はデカイですよね~。
安いと思って同じ値段で落札しても、出品者がショップだと51700円になっちゃうんですから。

ただ、コレもオイルが滲んでいるから、OH前提ね。



どこのショップに出すべきなんだろう?
カミ様のお店に出したかったんですけど、亡くなられたので本当に残念です。

近場でお願いするか、知名度のあるショップにするか。
シール交換だから、作業も値段も同じでしょうけどね。
2019/12/31(火) 08:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

年末ですね~。

今日は雨がパラついていますけど、大晦日の明日から天気はまずまずみたいですね。

昨日は シリンダーの剥離作業をしながら、1100Rのカバー類の耐熱塗装をやっていました。



プシューって吹いて



艶艶~



1日乾燥させましたけど、耐熱塗料はこのままだと柔らかく、触ると指紋が着くと思います。



必ず熱入れをしなくては硬化しないんですよね。

マフラーはそのまま付けてエンジンを掛ければ熱が入るのですが、エンジンはそういう訳にはいきません。

でも、この時期は寒いガレージの必需品として使っているストーブがあるのでちょうどいい(^ ^)

アルミの廃材があるので、これを使おう。



他の作業をしながら、30分位放置しました。



艶艶~艶艶~艶艶~(^ ^)



熱が入ると硬化して完成です。

次はクランクケースなんだけど、バラすのも吉田兄の作業に対して中途半端に手を出したく無いから、ヘッドの加工をしに来た時にでもケースの剥離作業と塗装に進みたいと思います。

2019/12/30(月) 10:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

今週は松山出張でした。

松山駅を出て路面電車に乗ろうとしたら、あれ?

もしかして、タイミング的にバッチリなんじゃない?



坊っちゃん列車ですね。



フムフム。
松山駅からはこの時期だと1日に1本しか出ていないけど、次の松山市駅から出発する便に乗れそうだ!

一度、旧型車両の路面電車で松山市駅に向かって、伊予鉄の窓口に行ってみた。



チケットは800円なり。



乗り場でワクワクしながら待ちます。



松山市駅は、どん詰まりだからどうやって方向転換するのかな?って思っていたら、



あっ、肝心なところで動画が撮れ無かった(笑)




客車も車掌さん達が手押しで移動します。



こういうの好き(^ ^)



観光用だから、車掌さんが写真撮影を積極的に手伝ってくれます。



ファッション誌のイメージで、

「そうだ、旅に出よう」



「日常生活を忘れてタイムトリップ」



「旅のお供に、GLOVE-TROTTER」



な~んちゃって(笑)

あ~楽しかった。
蒸気機関車では無く、ディーゼルエンジンだって教えてくれました。

煙突から出る黒い煙はディーゼルの排気ガスで、白い煙はステージとかで使う演出用の水蒸気なんですって。

走り去る姿を見ていたら、異様に加速が良い機関車なので、笑えます。



あっ、因みに乗客はスーツ姿の私一人で貸切状態でした。

仕事をサボって遊んでいる訳じゃ無いですからね!
目的地へ向かう手段として、160円の路面電車では無く、自腹で800円を払って特別車両を使っただけですよ^_^;
2019/12/17(火) 12:53 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索