プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんばんは笑い。吉田です。

今回のブログはメインテーマを何にしようかなぁ~と考えておりましたが、結果的には私の趣味の中から『オートバイ』について書く事に決めました。

ロンドンバスに付いては、お店を任せているチャッピー鈴木に担当を譲ったロンドンバス日記があるしな~と思いまして。。。

CB庭

さて、このバイク。
今の若い人は見た事もないかと思いますが、ホンダのCB1100Rという古いバイクです。

知ってる人は知っていると思うのですが・・・。

明日からは、このマシーンについてと、私が歩んできたバイク人生でもお話していこうかと思います。
なが~いお話になるので、気が向いた時にでも覗きにきてください(笑)

にほんブログ村 バイクブログへ

2008/10/16(木) 19:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

この週末は仕事も無かったので、オートバイのブログを書き始めた事だし、そう言えばCB1100Rってどうなってんのかなぁ~と思って、ガレージを開けてみました。

・・・。
ひえぇぇ~bikkuri01
バイクが盗まれて替わりにゴミの山になってる~!!!!!

ガレージ1

ん?違う?

よく見ると、粗大ゴミとキャンプ用品をとりあえずという名目で?うちの奥さんが押し込んだのね汗;

ヒドイよなぁ~。

どれどれ。オイラの愛車はどこかな?

あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ガレージ2

何ていう仕打ちがっくり

確かにゴミの寄せ集め?で組んだバイクだけど、これはないでしょう(涙)
一応CB1100Rって言ったら、それなりに貴重なバイクなんだけどな~。
吉田家では奥さんの犬の散歩自転車の方が大事にされております大泣き

このガレージは25歳の時に徹夜でオートバイをイジル環境が欲しくて建てたんですけど、今となっては単なるゴミ置き場。

今回のブログを切っ掛けにまずはガレージの整備からレポートしていきましょうかね。

夕方になって、一段落したところで、しばらく押入れに突っ込んであった皮つなぎも引っ張り出してきました。
つなぎ

袖を通してみましたが、大丈夫。
若干オヤジ体型になってきてますが、パターンオーダーで作ったつなぎはピッタリとフィットしました。

むふふふふ音符
まだいけるような気がする。

他人が見たら、さぞ気持ち悪い男でしょうが、こういう気持ちって、一度バイクから降りてしまった人間にしか解らないんでしょね。

何となく解る人も、気持ち悪い奴だな~と思った人も、とりあえずポチっと押して今後を見守ってくださいな笑い。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

2008/10/20(月) 08:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日の八王子はイチョウ祭りだった事もあり、大渋滞でした。
仕事だったので、駅までバスで行こうと思ったら、渋滞してたので歩いてしまいました。
歩くと30分位なんですが、バスを5台位追い越しましたよ(^^)

さて、今日からはCB1100Rのお話ですね。

予想していたとは言え、バラせばバラす程、悲惨な状態でした。
実際には3台~4台の寄せ集めで組まれていたみたいですね。

本当なら、きっちりとパーツを揃えて組んでいけばいいのでしょうが、私には20万円の予算しかありません。
幸いにも吉田兄の元にCB750Fをカスタムした部品取りが放置されておりましたので、とりあえずはこのパーツを使わせてもらう事にしました。

ホイール類はFZR750とハヤブサとNSRの3種類が前後セットでありました。

FZR750ならば、750Fに前後一式で付いているので簡単なのですが、せっかくなので一度チャレンジしてみたかった極太タイヤを使ってみますかね。
たぶん乗りにくいんだろうな~とは思っていたんですけど、格好重視の私としては、一度くらいは・・・ねぇ(^^;

結果としては、先に言っておくと案の定失敗でした(--;;

CB-R1

CB-R2

リア

写真で見ると、バランス的に言って悪くなさそうですよね?
真っ直ぐ走りそうでしょ?

確かに真っ直ぐには走るんですけど・・・。

明日からはちょっとずつ詳細についてお話していきましょう!

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/24(月) 10:24 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

連休はどうでした?

さて、今日からは、CB1100R編ですね。

まず、手始めにフロント回りからお話しましょう。

以前にもお話しましたが、基本的に私のやり方は邪道ですから(笑)
所詮、ガレージにストックしてあったパーツを不動車にくっ付けて走れる状態にした程度です。

こういう事に興味がある方は参考にしてみてください、というレベルですからね。
予算があればこんなパーツのセレクトもしませんし、お勧めもしません。

予算的に余裕がある方には、できるだけカスタムショップに全てをお願いするか、もう一つは専用のレーシングパーツを購入する事をお勧めします。
レーシングパーツの装着はマシーンの性能を上げる基本であり、早道でもあり、ポテンシャルアップで言うと最終的な到達点では安上がりになります。

でも、私には20万円の予算しかなく、何よりも自分で作るのが好きだからこの道を選んだまでです。

前置きが長くなりましたね。
フロント編です。

フロント1

今回のパーツセレクトでは、本来なら18インチのフロントホイールを使いたかったのですが、手元にある18インチはCB1000SFしかありませんでした。
CB1000SF用では、さすがに太すぎます。

仕方なく17インチにしますが、隼用も太すぎるので、今回はNSR用を使用する事にしました。

フロント2

フロントフォークはCB1000SF用があったので、これを使います。
本当は、あと2センチ位長いのが良かったんですけどね。
とりあえず様子を見る事にします。

この内容でしたら、一般的に言ってCB1000SFのステム回り一式を購入して加工すれば簡単に装着できます。

でも、私はもう少しクイックなハンドリングにしたかったので、オフセットを減らしてフォークピッチを広げられるGSX-R750用を使用しました。
これだけ新品を購入しましたが、43Φの90年式あたりの物だった気がします。

明日からは、細かい装着方法についてお話しますね。
ポチっと押して、また明日~!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/25(火) 08:23 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はフロントブレーキについてお話しましょう。CB-R

ホイールはNSR250用の3インチ幅を使ってます。
本当はマグテックを用意しておいたんですが、作業後にガレージの外に置いていたら、盗まれちゃいました。
実はもらってきたホイールだったんで、いつ盗まれたのかも解らなかったんですけどね(^^;

断念した隼のホイールは3.25幅かな?
タイヤサイズは両方とも120-70-17なんですが、CBに取り付けるにはタイヤの丸みが緩過ぎます。
もっと尖がってないと、古いバイクのカスタムでは、ヒラヒラした切り返しができなくなります。

NSRのディスクは275Φです。
私は大きなサポートやBIGキャリパーがあまり好きではないので、純正っぽく仕上げました。

ディスクをCB1000SF用に交換します。
ボルトオンで310Φになります。
このあたりはCBR400RRのホイールとかも一緒だったと思います。

フリーマーケットでVTR1000のキャリパーが2000円で売ってたので、購入しました。
たぶん、CB1000SFと色違いなだけだと思います。

VTR

GSX-Rのステムを使っているので、7ミリのカラーで調整してます。

実は、オフセットでいうと、偶然にもNSRのキャリパーだとピッタリなんですよ!
NSR

でも、NSRキャリパーにはネジが切ってないんです。
ですから、カラーを入れてでもVTR用を使います。

17インチにした事でフェンダーとタイヤに隙間ができて間抜けになっちゃいますから、拾って来たVFR-400のフェンダーを取り付けました。
フェンダーアングル

アルミのアングル材を使って2センチ位下げてます。

この部分でのカスタム費用は余り物ばっかりでしたから、3000円位で済んだでしょうか?

フリーマーケットで思いだしたけど、もうすぐテイストオブフリーランスの時期ですよね?
12月の初めでしたっけ?

レースよりもフリーマーケットを目的に行ってみようかな~。

今日もポチっとよろしくね~。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/26(水) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日も飲み過ぎて・・・。
朝から反省。。。

さて、今日はタコメーターですね。
タコメーター

カタナのレーサーに使っていたウルトラ製を使用しております。

このタコメーターってステッピングモーターを使っているから、ビュン!ビュン!ってスゲーカッチョイイ動きをするんですよね。
でも、これを付けても速くはなりませんよ(笑)

全体的なメーター回りはこんな感じで、トップブリッジにCBの純正ヒューズBOXを付けてます。
普通はどこかに移設するんですが、私はあえて純正っぽくしてみました。
フロント4

マスターシリンダーは古いロッキードが転がってましたから、これを使用しました。
フロント3

昔は何でもいいから大径ピストンを使用したマスターシリンダーにして、カチカチのブレーキが効くもんだと思ってましたが、ギュ~っと握っていったところで効くブレーキじゃないと細かいコントロールはできないんですよね。

経験を積み重ねると自分の中の常識も変わってきますよね。

さ~て。
そろそろ仕事の時間ですね。
今日もポチっと押してお仕事を頑張りましょう!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/27(木) 08:02 | コメント:8 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

バンサンカン
今日の写真はグレース♀が初めてファッション誌に登場した時の写真ですね。
右側だよ~ん。vansankanだったかな?

今日は雨ですね~。
でもこの時期の雨って、ホウレン草とかの発育にはどうしても必要ですから恵みの雨なんですよね。
近所に農家がないと、そんな事は気にもした事ないでしょ?

さて、昨日の補足ですけど、三つ又のお話です。
トリプルツリーとも言いますね。

私は43ΦのCB1000BIG1フォークを使うので、GSX-R750の最後の正立フォーク用を使いました。
フロント4

写真で解るようにオフセットは少なめです。
普通にツーリングを目的にするならBIG1用をそのままごっそり移植した方が良いと思いますよ。

取り付け加工ですが、ベアリングの外径がCBとGSX-Rは同じなので、GSX-Rのベアリングを使えば簡単です。

しかし、当然の事ながら長さが短いです。

普通はカスタムショップでは、プレスで抜いて、削り出しでつくったステムシャフトを圧入します。

でも、私にはそんな予算はありませんでした。

とは言っても3万円位で作れるんですけどね(^^;

超簡単、安上がりな方法は・・・。

サンダーを用意して、シャフトの真ん中で半分に切断します。
CBのノーマルシャフトの長さを計測して延長するボスを作ってもらいます。

普通はボスを作れる環境なら、シャフトごと作ってもらっちゃうんですけどね(^^;
昔は何かのアクスルシャフトの外径がステムシャフトの内径とピッタリ同じだったので、それを使ったんですけどね。

それを持って、近くの板金屋さんに行きましょう!!

この時はビールの6缶パックを持参しましょう。
今後のお付き合いを考えると、500ml缶にした方がベターです(笑)

後は笑顔でお願いするだけ。。。

ほ~ら、CB1100R用の三つ又の出来上がり!!

この部分は引っ張りに対する強度があれば大丈夫なので、キチンと隅肉溶接ができる板金屋さんなら問題ありませんよ。
フォークを仮組して、ストレスなく入るかどうか歪みのチェックは忘れずに!

この部分は新品を買ったので、セットで15000円位だったのかな~?

フロント回りは全部で2万円は掛かっていませんね。

安くできたでしょ(笑)

明日はリア回り編ですかね。
先に言っておきますが、ハンドリングから言うと失敗作です。
格好重視の太いタイヤは止めた方がいいですよ(汗・汗・汗)

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/28(金) 09:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

今日は午前中にガレージの片づけをしました。
さて、質問。
これ、な~んだ?
シュポシュポ

みなさん知ってはいても持っていないでしょ?(笑)

シュポシュポ。正式名称は何だろう?

3年位前にチビ人間②がトイレを詰まらせて・・・ヒエェ~!!

その時に買ったんですけど、さすがにもう使う事はないだろうとうと思って処分ですね(^^;;

今日の本題。

CB1100Rのリア回りですね。
リア1


先日もお話しましたが、事もあろうか隼の6インチホイールを履いてしまいました。

マッチョな後ろ姿に憧れたんですよね~。
ろくな事にならないだろうな~とは思ったんですけどね(笑)

とりあえず、真っ直ぐには走りますよ。
峠ではヒラヒラとした切り返しができなくなるので、私の好みとは全く違う仕上がりになってしまいましたけど。。。

サーキットとか、限られた環境で走る分にはタイヤの選択肢が大幅に広がるから、メリットはあるんですけどね。
リア3

リア2

ブレーキ回りは昔フロントに使っていたロッキードの2ポットです。

リア4

チェーンは530サイズでタイヤは1サイズ落して180を履いてます。

CBはカタナと違って、スイングアームピポット幅が広いんですよね。
ですから10ミリのオフセット、ドライブスプロケットを使用すればフレームの加工無しで取り付ける事は可能です。

スイングアームはFZR750の初期型を使用してます。
ピボット幅、シャフトサイズまでピッタリ同じでボルトオンです。

リアサスの取り付けだけ加工すれば、お手軽ですね。

私の感覚だと、スイングアームの強度も、この位でとどめておいた方がノーマルフレームにはいいと思います。

あっ!
知っている人は知っているんですけど、1100RはFと違って、エンジンマウント部が分割式ではなく一体型です。
モリブデン鋼を使用しているんですよね。
Fの場合、激しい乗り方をしていると、ダウンチューブの取り付けボルトが吹っ飛ぶので、定期的に増し締めチェックが必要ですよ。

この違いが1100Rのフレームは高値で取引される理由でもあります。

こんな感じで1100Rは全部で5万円位で作ったでしょうか。

あとは、乗車人数も一人にして構造変更を掛けた車検ですね。
この部分は私の知り合いがスペシャリストなので、全てお任せして15万円位だったでしょうか。

ほとんど予算の20万円で乗れる状態になりました。

せっかく組んだCB1100R。。。

しかし、人生には転機が訪れるものなんですよね。。。

明日はそのあたりのお話を・・・。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/29(土) 13:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

さて、今日からは、カタナとCB1100Rを同時進行でレストア?チューニング?していくお話です。

一応、私も二つの仕事を掛け持ちしている身なのと、カスタムは現在進行形のお話になりますから、今までと違ってかなりストーリー展開がスローペースになっていきます。

たま~に覗きにきてくださいね。

さて、今日のお話。

この週末、久し振りに吉田兄がやってきました。

距離にして3キロ位しか離れていない兄弟なのに、用がなければ、1年に一度位しか顔を合わせないんですけどね。(^^;

今回のリクエストはセルモーターの強化です。

カタナは圧縮比を上げているので、回りが悪いのと、CBはもともと致命傷的なセルのトラブル。

CBオーナーならわかりますよね。
弱いセルモーターで無理やりに回すから、ワンウェイクラッチのピンが飛び出してきて空回りするようになっちゃうんです。

とりあえず、ヤフオクでCB1000のセルを1000円とGSR-Rのセルを2000円で落札しました。
セル3

左がCB、真ん中がCB1000、右がGSX-Rです。

全然サイズが違うじゃん!!(* *)

でも、吉田兄弟は負けません。
サイズが違うなら作っちゃえばいいんです。(笑)

1100RにはCB1000の物を使用する事にしました。

セル2

セル1

写真を見て解りますよね?

CB1000用はブラシが4か所にありますよね?
つまり、単純な考えからするとパワーも倍になります。

強い力で一気にビュン!!と回すとワンウェイクラッチも傷まないんです。

これでガソリンスタンドで押し掛けしなくても済むかな~。
ツナギをきて夏場にあれをやると、死にそうになるんだよね~(^^;;

でも問題はそれほど、簡単ではないんです。

まず、取り付けが全く違います。
そもそも、長さが短くて、かろうじてギヤが掛かっている程度です。
セル

あと2ミリ位ギヤが噛み合っていれば、問題ないんだけどな~。

太さも違うから、取り付けたら、カバーも付かなくなっちゃうな~。

まあ、私はカスタムの方向性とパーツのセレクトをするだけ。

注文を聞いた吉田兄が何とかしてくれる事でしょう(笑)

でもね、昔聞いた情報だと、現行のホンダ車でボルトオンできるセルモーターがあるんですってね!

まあ、私達はお金を掛けずに手間を掛けるスタイルを貫く?ので、誰もやらない仕様でいってみますね。
趣味ってこんなもんですよ。あはははは。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/04(木) 08:11 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は天気が崩れるみたいですね。

さて、今日は何をはなしましょうかね。
CBのカウルのお話でもしましょうか。

カタナの場合は最初からトップブリッジの下にセパハンが付いているので、カウルとの緩衝がさけられますが、CBの場合はレーサーレプリカと言ってもハンドルが高いんですよね。

私の場合はフロントフォークの短さを補う為と、もともと低いポジションが好きなので、CBもトップブリッジの下に装着してます。

当然、カウルにぶつかりますが、私は何の躊躇もなく、カウルステーに鉄板を溶接して4センチ程カウル全体を下げてしまいました。

CB購入2

CB-R2

写真を見てわかりますよね?

タイヤとカウルの隙間が少ないですが、これはフォークが短いんじゃないんです。
昔、ミハラスペシャリティーのニンジャがやっていた方法ですね。

さて、明日のお休みでセルモーターの改造が仕上がってくるのかな?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/05(金) 09:33 | コメント:3 | トラックバック:0 |
ブログ内検索