プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。ニコニコ。 横向き

今日は私の少し変わった趣味についてです。

ロンドンバスが東京を走っているって知ってましたか?

新銀バス

これは、日本で唯一、道路の上を走る移動飲食店『クルージング・パーティーバス ダブルデッカー』です。

車両は1965年製のルートマスターと呼ばれる本物のロンドンバスを飲食店に改造したお店です。

私はマニアではないので、詳しい数字まで覚えておりませんが、かつては45台位のルートマスターが日本に輸入されたようです。

しかし、日本の道路交通法の問題で、走らす事が非常に困難であり、そのほとんどが店舗のプレハブ小屋の代わりとして使われて、もともと車検証すら無い状態でした。

その中で、現在は唯一アップスターが3台のルートマスターを東京を走らせております。

東京以外ですと、下関でもルートマスターが1台元気に走ってますね。

あと、ルートマスターではありませんが、飛騨高山でもロンドンバスが走っております。

アップスターでは、2台が赤いロンドンバスで、1台が銀色です。

その1台の銀色ルートマスターをアップスターの協力のもとに作り上げたのが、お酒を飲みながら、渋谷・六本木・銀座・お台場などで夜景を見ながら友達と貸切パーティーができるお店なんです。

8人以上~28人まで@5500円で飲み放題付きです。
食事やおつまみ、ケーキ等は3000円を払えば持ち込みOKです。

クルージング・パーティーバス ダブルデッカー

細かいお話は今後ちょっとずつ書かせてもらいますねbikkuri01
2008/10/01(水) 08:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽今日は秋晴れですねbikkuri01

ポップティーン

さて、昨日からクルージングバスは渋谷・原宿あたりをイベント走行しております。
今週末は大きなイベントがあるみたいですよkissDN

都内の方はよく見かけるラッピングバスですが、地方の方にとっては珍しいですよね~。
いわゆる移動広告媒体と呼ばれるものですね。

10年以上前は広告を塗装で仕上げたのですが、現在はフィルムの技術が飛躍的に進歩したので、全部特殊なシールなんですよ!

車のレース車両とかも近頃はフィルムで仕上げられている事が多いんですえぇ

屋上の広告看板と違って、看板自らターゲット層の集まる地区に出向いてPRをする事ができるので、広告効果が非常に高い媒体なんです。

世の中いろんなビジネスがあるもんですよね笑い。

全国キャンペーンに出ている赤いロンドンバスは今どこに行っているのかな?
2008/10/02(木) 08:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございますワンダーフロッグエド吉田です。

グレハリ登場

今日は、いつもと少し内容を変えて我が家の愛犬をご紹介しましょう。

ダルメシアンのグレース(♀)&ハリー(♂)ですbikkuri01

この写真は半年位前だったかな?

今ではハリー(左)はグレースよりも大きくなりました。

これから少しずつ、ご紹介していきますね肉球
2008/10/06(月) 08:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

テープカット

今、浅草でロンドンバスに乗れるって知ってましたか?

10月11日~11月9日まで毎日12~14便も走っているんですよ~!

乗車には、記念カードで乗れるんですが、このカードは飲食店のサービスで配られたり、記念グッズの『ロンドンバス立体キューブ』(早い話、ロンドンバス柄のルービックキューブです)500円にも付いてきます。

浅草を1周25分で回ります。
良かったら乗ってみてくださいね!

振袖さん

オープニング式典には、浅草名物の振袖さんも登場しました。

浅草2台

更にサプライズで銀色のクルージングバスも浅草に登場して、ランデブー走行したんですよ(^^)
2008/10/13(月) 11:13 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんばんは笑い。吉田です。

今回のブログはメインテーマを何にしようかなぁ~と考えておりましたが、結果的には私の趣味の中から『オートバイ』について書く事に決めました。

ロンドンバスに付いては、お店を任せているチャッピー鈴木に担当を譲ったロンドンバス日記があるしな~と思いまして。。。

CB庭

さて、このバイク。
今の若い人は見た事もないかと思いますが、ホンダのCB1100Rという古いバイクです。

知ってる人は知っていると思うのですが・・・。

明日からは、このマシーンについてと、私が歩んできたバイク人生でもお話していこうかと思います。
なが~いお話になるので、気が向いた時にでも覗きにきてください(笑)

にほんブログ村 バイクブログへ

2008/10/16(木) 19:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

今日も秋晴れですね~。

グレハリ羽田

今日の写真はお題とは無関係ですが、グレースとハリーを羽田の公園に連れて行った時のものですね。

さて、本題。

皆さんはバイクとの出会いってどんな感じでしたか?

私は現在、37歳。
16歳で中型免許を取って、18歳で限定解除をして・・・。
気がつけば、この前17歳だったのに、あっという間に20年も経っていたんですね(--;

気持ちは高校生のようですが、どうりで身体がオヤジになってしまった訳だ(笑)

1984年 皆さんは何してました。吉田少年は12歳。

私は悪い?友達H君と出会ってしまいました。
持つべきものは悪友ですね!

彼は私に何でも教えてくれた同級生でした。
その時。私達は小学6年生。

図書室で吸うタバコも、竹ヤリのクレスタに乗る怖いお兄さん達を紹介してくれたのも彼でした。

横浜銀蠅に憧れて、人生の目標は『銀蠅一家祭り』を見に行く事でしたっけ(笑)
暴走族の集会を録音したカセットテープとかも出回っていた頃です。
この頃はノーヘルでバイクに乗っていたんですから、死亡事故が後を絶たないのは当然でしたよね。

そんなH君の人生を変える時代の流れが押し寄せてきました。
映画『汚れた英雄』です。
覚えてますか~?
これを切っ掛けにオートバイブームが幕開けしました。

マンガではサンデーだかマガジンだかに『セパハン』とかが掲載されてました。
当然、H君は『俺はレーサーになるんだ!!』と言って絞りハンドルだった彼の愛車ママチャリのハンドルを事もあろうか、切断して『セパハン』にでてくる主人公同様にママチャリにセパハンを付けて我が家にやって来たんです!!

驚きですよね~

彼がどこかから頂いてきた(もらった?勝手に持ってきた?今となっては不明)オフロードバイクに乗らせてもらったのが、人生で初めてのバイクでした。

河原で乗りましたが、クラッチだとかギヤシフトだとか全く解らずに、1発目からコーナーで転倒したっけ。

今となっては楽しい思い出。

まさか、後に山梨へ転校してしまったH君と20年ぶりに『もてぎサーキット』で再開する事になるとは。。。

その話はそのうちに。

いずれお話は面白くなってくるから、期待を込めてポチっと押して!!
にほんブログ村 バイクブログへ

2008/10/17(金) 09:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんはコロ助吉田です。

カタナ

今日は私の青春の全てを注ぎ込んでいたカタナの写真にしました。

ノーマルに拘る方も多いのでしょうが、私は極限を目指してしまうタイプなので、やれる事は全てやってしまいました。

今のカスタム車に比べれば大した事はないのでしょうが、今から15年以上前の素人大学生(超貧乏)があそこまでやったという熱意は、振り返って考えると自分でもよく頑張ったと思います。

カタナはこの写真の仕様からレーサーになるまで、ドンドン進化していくのですが、正直のところこの頃が一番乗り易くて面白かったですね。

カタナのプライベートチューンについては、これから少しずつ書いていきますから、カタナ乗りの方はもう少しお待ちくださいね。

5速へのシフトアップでフロントが浮いてくるカタナに興味ありませんか?

うっしっしっしっし~えぇ

え~!!嘘だ~!!と思ったあなたbikkuri01
ポチット押して今後のブログ内容に期待してください(笑)
コメントもお待ちしておりま~す。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
2008/10/18(土) 20:52 | コメント:4 | トラックバック:0 |
こんばんはキラキラ吉田です。

NE-YO

今日は今、渋谷を走っている大型2階建てバスのネオプランにしてみました。
11月9日までの走行になります。

NE-YOのプロモーションですね。

皆さんNE-YOって知ってます?

ネヨって読んだりしてませんか?ニーヨですよ(笑)

さて、今日のお題ですね。

前回、12歳でママチャリにセパハンを着けたH君のバイクを借りた後のお話です。

さぞかし、バイク好きになったかと思いますよね?
それが、全く面白いとも思わなかったんですよね。
H君の行動は真面目だった吉田少年には、早すぎる遊びばかりだったんです。

タバコも図書室で怒られて、いけない事だと知り、お陰でそれ以来吸っていないので、今となっては非喫煙優良体ですから、生命保険だって割引が利く体になっております(笑)

オートバイも中学生時代に皆が無免許で乗って、お巡りさんのご厄介になっている頃には、全く興味もありませんでした。

ところが高校生で、ついに目覚めの時がやってきたのです!

私の高校受験は、電車通学と大学受験が嫌だという理由だけで、自転車で通えて付属大学がある高校に決めました。

そんな都合のいい高校に選択の余地はなく、工業系の男子校。。。

最終的にはクラスの90%がバイクの免許を取得してましたっけ。

私の誕生日は5月ですから、当然クラスで一番早くに友達と二人で府中の試験場に行きましたよ!
原チャリ免許を取りに!!

ここで、私の人生を大きく変えた二人目の人物が登場します。

『兄』です。

彼は自動車整備の専門学校に通ってましたが、貧乏だったので旧JOGに乗っていて、毎日のようにエンジンをバラしてましたっけ。
今となっては、どれを旧JOGと呼ぶのかな?四角いライトの奴です。
よくパッソルをパッJOGにするのにエンジンを使ったあれです。

エンジンをイジると何が楽しいのかな?と思う毎日。

そんな兄とは無関係に私はニューJOGを買いました。
6psJOGですね。
安全派の私はプーリーを変えた程度で満足してました。

ところがこの後、友人から譲ってもらったチャンプRSが凄かったえぇ
まさに、兄の毎日の行動の先に何があるのかを身を持って体験してしまったんですね~。

1988年 吉田少年16歳。
あの88NSRが発売になった峠絶頂期の頃ですよ!
大垂水峠なんて、今となっては売店も閉鎖、ガソリンスタンドも無くなって寂しい限りですが、当時は毎晩駐車場に入りきれないギャラリーと走り屋で本当にマンガの世界みたいでしたよね。

『バトルスクーター』って今でも言うんですかね?
譲ってもらったチャンプRSは、ボアアップ、ビッグキャブ、ハイギヤ、プーリー、レーシングチャンバー、等々・・・。
当時手に入るパーツは全部組んでましたっけ。

当然カウルも切って、ステップを付けた仕様です。
写真が無くて残念だな~。

ボアアップしているとは言え、原チャリなのにスタートは伏せていてもウイリーしてしまいます。
欠点は超低燃費の混合ガソリンだったので、リッター3キロ位だったかな?
友人に家に遊びに行くのに予備タンクを積んでいく必要がありましたっけ(笑)

これで、ノーマルとチューニングの違いに驚き、その頃バイト先で知り会った暴走族の先輩が乗るCBX400Fとの出会いによって、私のオートバイ人生がスタートしてしまうのです。

次あたりから、いよいよ中型バイクに突入ですね汗;

前置きが長げ~よ!という方も怒らずにポチっとお付き合いしてくださいねbikkuri01
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ





2008/10/19(日) 19:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

この週末は仕事も無かったので、オートバイのブログを書き始めた事だし、そう言えばCB1100Rってどうなってんのかなぁ~と思って、ガレージを開けてみました。

・・・。
ひえぇぇ~bikkuri01
バイクが盗まれて替わりにゴミの山になってる~!!!!!

ガレージ1

ん?違う?

よく見ると、粗大ゴミとキャンプ用品をとりあえずという名目で?うちの奥さんが押し込んだのね汗;

ヒドイよなぁ~。

どれどれ。オイラの愛車はどこかな?

あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ガレージ2

何ていう仕打ちがっくり

確かにゴミの寄せ集め?で組んだバイクだけど、これはないでしょう(涙)
一応CB1100Rって言ったら、それなりに貴重なバイクなんだけどな~。
吉田家では奥さんの犬の散歩自転車の方が大事にされております大泣き

このガレージは25歳の時に徹夜でオートバイをイジル環境が欲しくて建てたんですけど、今となっては単なるゴミ置き場。

今回のブログを切っ掛けにまずはガレージの整備からレポートしていきましょうかね。

夕方になって、一段落したところで、しばらく押入れに突っ込んであった皮つなぎも引っ張り出してきました。
つなぎ

袖を通してみましたが、大丈夫。
若干オヤジ体型になってきてますが、パターンオーダーで作ったつなぎはピッタリとフィットしました。

むふふふふ音符
まだいけるような気がする。

他人が見たら、さぞ気持ち悪い男でしょうが、こういう気持ちって、一度バイクから降りてしまった人間にしか解らないんでしょね。

何となく解る人も、気持ち悪い奴だな~と思った人も、とりあえずポチっと押して今後を見守ってくださいな笑い。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ

2008/10/20(月) 08:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

紅葉の時期ですね~。高尾はミシュランガイドに載ってから、観光客が増えて大変な事になってますよ(--;
この時期って、奥多摩もそうですけど、走るのに丁度いい時には車が多くて、話にならないんですよね。

さて、本題。今回はちょっと長くなっちゃいます。

前回は1988年、高校1年生(16歳)時代のバトルスクーターのお話ししたね。
今回はその続きです。

吉田家は絶対にオートバイ禁止の家庭でした。
最終的には兄が親を説得してくれたんですがね。兄に感謝。。。

私の高校は工業系の普通科だったので問題はありませんでしたが、当時はほとんどの高校で3ナイ運動を実施してましたね。
今の人は知りませんよね。 乗らない・乗せない・取らせない でしたっけ?

夏休みはアルバイトをしましたよ~!!中型免許を取る為に。
そのバイト先で知り合ってしまったのが、前回話した暴走族の先輩が乗るCBX400F。
彼いわく走り屋風?と言ってましたが、RPM管にバックステップを付けた位でした。

時代は『あいつとララバイ』と『バリバリ伝説』に皆が憧れていた時期です。
私も絶対にCBXに乗るぞ~bikkuri01と思っていたんですけど・・・。

実際に買えたのはGSX-400R初期型。
Rノーマル

CBXが25万円、GSX-Rが16万円。この9万円の差が高校生には大きな問題でした。

でも嬉しかったですね~にっこり毎日磨いていましたよ!

せっかくレーサーレプリカを買ったんだから、皮つなぎも買いましたよ。
ちゃちい皮つなぎ19,800円、長靴みたいなブーツ3,980円、ときめく気持ちプライスレス(笑)

ところが、悲劇はすぐにやって来ました大泣き

R事故

奥多摩で初めて膝を擦った記念日は、初めて背中を擦った記念日にもなりました泣

帰りは家の近所のバイク屋さんに迎えに来てもらったんですが、悲しかったな~。
でも、この事故を切っ掛けに、どうせ直すなら自分好みに改造しちゃえ!!と考えたんですね。

やっぱり、どうせなら『あいつとララバイ』に出てくる研二君のZⅡみたいに・・・。
かなり無理があるな~汗;

25万円で綺麗なCBXが買えた時代が懐かしいと思った方は是非ともポチっとな♪
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ







2008/10/21(火) 08:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

朝からブログを更新する人って、さすがに少ないみたいですね。
私は通勤電車で書いているので、毎朝パソコンを開いたら覗きに来てくださいね。
あっ!毎日のポチっbikkuri01も忘れずに(笑)

さて、昨日の続き

高校1年生でGSX-400Rを買って、すぐに奥多摩のガードレールに突き刺さった吉田少年。

すぐに修理に取り掛かりました。
せっかくなら、やっぱり丸目だよね~ふんふふんふふ~♪
あんこ抜き

シートのあんこ抜きはマジックでラインを書いて、カッターで大まかにカットしたら荒い紙ヤスリで仕上げていくんだよね~。
でもね、この頃は何も知らなかったけど、レースとかでは『あんこ』は抜かないんですよ。
逆にシートポジションは上げるんです。
スペンサーのFでも解るように昔流行った?ケツ上げも同じ考えです。
まあ、何にも考えていない高校生には関係ない事ですけどね笑い。

そんな作業を経て、できたのがGSX-R丸目仕様。
R-F

R-R

今では、丸目キットとか出ているのでしょうが、この頃ってメーター廻りを綺麗に仕上げている人っていなかったんですよね。
私はVTR250のメーターを河原で拾ってきて、GSX-Rのメーター類を埋め込みました。
結構綺麗にできるから興味のある人は試してみて。
この頃って、車もそうでしたが何でもステッカーを貼るのが流行ってましたよね?
私なんて、知らないステッカーでも貼ってましたもん。

さあbikkuri01バイクもできたし、いざ大垂水へ行くぞ~音符
何て言ったって、オレらは走り屋だもんね~。
研二君みたいにフルバンクで峠を駆け抜けるぜ~~~!!

と、思ってました・・・・。

この時まで、自分の走りの写真って見た事なかったんですよね。

友達と一緒に行って撮ってもらいましたが、何枚かの写真を見て、下手な奴がいるな~と。。。。
初大垂水

ん?よ~く見ると。

げげ~絵文字名を入力してください俺じゃんか!!!!

ダサい。ダサ過ぎるぜ吉田少年エエェッ!?!?
そりゃ奥多摩のガードレールに一直線な訳だよ。

と、いうよりもどう見てもツーリングかな?

これ以来、大垂水に通うようになっていったんですが、興味は峠以上に『あいつとララバイ』に憧れて、いつかはZⅡと思う日々。

そして、高校3年生の卒業式を目前とした頃。

同じくマニアックな高校生で、ローソンレプリカに憧れるJ君に告白絵文字名を入力してください

『俺、限定解除するbikkuri01

この当時、限定解除している人は羨望の眼差しで見られていた時代です。
今みたいに教習所で簡単に取れてしまう状況とは天と地程の差があり、『20回目でやっと合格した』なんて話は当たり前でした。

さあ、吉田少年はどうだったのかな?興味がある方は明日も覗きに来てね!是非ともポチっとな!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
2008/10/22(水) 08:58 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます笑い。吉田です。

オーシャンズって言う男性のファッション誌は知ってます?
オートバイ乗りには興味の無い世界ですかね?
オーシャンズ1
オーシャンズグレ

これは、先月に発売になったので、もう本屋さんにないかな~?
うちのグレースが出ているんですよね~。

さて、昨日の続き。

平成おじさん事、小渕さんが『平成』の文字を持ってテレビに映し出されていた時、1989年=平成1年皆さんは何してました?
吉田少年は高校3年生、アルバイト先のガソリンスタンドで小渕さんの映像を見ていたっけ。
あれから20年も経ってしまったんですね。

吉田少年は同じクラスの淳君に『限定解除』をする決意を告白したのでした。
お金ですか?
ちゃんと稼ぎましたよ!
時給480円のガソリンスタンドでbikkuri01
ひえ~!!時給480円???信じられませんよね?
今だったら、そんな会社訴えられますよ(笑)
普通のバイトが600円位の時代だったかな?
まあ、営業中に勝手に店閉めてミニ四駆大会とかやってたんで、遊びみたいなもんだったんですけどねえぇ

その頃って、昨日も書いたように試験場へ直接受験しにいく『一発』のみだったので、5回位で受かると優秀な方でした。
1回で受かった人は神だと言われた時代ですよね(笑)
ましてや、18歳で受けるなんて無謀だったのかも知れません。

でも、私にはお金がありませんでしたから、何度も受験する訳にはいきません汗;

最短コースを目指す為、練習場に2週間程通い、大きなバッグにヘルメット、ブーツ、グローブを詰め込み、いざ府中の試験場へ!!

高校の卒業式から3日目の事でした。

この日もすごい数の人が来ていました。
問答無用で次々に落とされていきます。

結構私は上がり症なんですが、何故かこの日は非常にリラックスして自信もあったので、落ちる気がしなかったんですよね。

ついに私の順番。。。

解ります?この時の心臓の鼓動が?

・・・・・。

吉田少年が神になった瞬間でした(大笑い)

なんと一発で合格してしまったんですね♪

順番待ちしている方からも拍手していただき、嬉しかったな~!

今思えば、きっと1回で合格する人も結構いたんだと思います。
単に身近にいなかっただけでしょうね。
この日は1回で合格したのは、私だけだったみたいですがにっこり

さあ、夢にまで見た限定解除。

ZⅡ買えるかな~エエェッ!?!?

段々面白い内容に近づいてきましたよ!明日はどんな展開になるかな?
期待を込めてポチっと押してちょ!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
2008/10/23(木) 08:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございますワンダーフロッグスナロ吉田です。
今日は静岡と名古屋へ出張です。

ロンドンバスを走らせるには、全てのルートを実際に現地調査しないといけないから、大変なんですよ~(^^;
高さが4.38メートルもあるから、トンネルや線路の踏切なんかで通れない場所だらけです。
これを申請して・・・・・。
他の会社でこれをやっていたら、当然ビジネスにはなりませんよね。

さて、今日は新幹線の中から昨日の続きを。

18歳で限定解除した吉田少年。
当然、同じチームの友達は皆で私の後へ続きました。
全員が10代で限定解除しましたね。

1990年吉田少年19歳、大学1年生の春。
さあ、何を買おう!!
ZⅡ!ZⅡ!ZⅡ!!!

ところが、この頃のZⅡは50万円位。
またしても、吉田少年の貧乏生活に高いハードルが出現。

無理だ!俺にはそんな大金は・・・。
でも、オイラはナナハンライダーになるんだ!!

あっ!ありました。安くて手に入るナナハンが。。。
FR

この後ろ姿は堪りませんよね!!

ジャジャ~ン!! CB750FBのボルドールⅡカラーです。
F横

私はそれほど『バリバリ伝説』が好きだった訳じゃないんですけどね(^^)
確か19万円だったかな?
程度も良かったですね。

私がCBを買ったら友人のはっちゃんも同じボルドールⅡカラーを買いました。
そしたら、兄貴もボルドールⅡカラーを買いました。
そしたら、兄貴の彼女もボルドールⅡカラーを買いました。
気がついたら、そんなに見かけないボルドールⅡカラーが身内で4台も揃ってしまったんですね。

でも、楽しかったな~!皆でキャンプツーリングとか沢山行きましたよ。
Fキャンプ

最初の2か月位はツーリングでしたね。
さすがにCB-Fで峠を走るのはマンガの世界でしょ?

ん?ん?ん?

近頃、友人のはっちゃんの行動がオカシイという噂が・・・。

何でも皮つなぎを着てCBで奥多摩方面に向かっていたとな。。。

あの穏やかだった、はっちゃんが!!

さあ!次回はついに・・・。どうなるのかな?ポチっと押してまた明日覗きにきてちょにっこり
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


2008/10/24(金) 10:56 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

今日はロンドンバスのイベントで名古屋に来ております。

さて、今日は土曜日なので、写真満載でいきますよ~!!

昨日の続き。

何とか皆でCB750Fを手に入れ、バイクライフをエンジョイしていたあの頃。

風の噂で、CBコンビのはっちゃんが奥多摩へ通い始めたとな。。。

皮つなぎならオイラも持ってるぞ!よし、一緒に走りに行くかbikkuri01

その頃のCBはこんな感じ。
アレーテ

ハリケーンのセパハンにマックレーンのバックステップ、ツキギのアレーテ(デクスターではなく、鉄パイプなので7万円位と安かった)。

これで、はっちゃんに奥多摩へ連れて行ってもらったのさ。
バイクがでかくなったって、オイラへっちゃらさ~!
はっちゃんなんか、ブッチギリだぜ~~~音符

場所は周遊道路ではなく、その当時開通したばかりの甲武トンネル。
トンネルの南と北で綺麗な道と狭い道が入り混じっている状態でしたが、南側はまだアスファルトもピカピカで、通行量もほとんど無い素晴らしいコースでした。
今は全然ダメですけどね。

まずは、はっちゃんに引っ張ってもらって、慣れたらブッチ切っちゃおう!と思ってました。

しかし・・・・・。

F-1

前を行く、はっちゃんはマフラーとクランクケースカバーを擦りながら、あっという間に見えなくなってしまいましたえぇ

速え~bikkuri01

それからと言うもの。
大学で授業なんて受けてる場合じゃないですよね。
はっちゃんは高校から同級生でしたから、一緒に附属の大学に進んでいました。
週に2~3日は午前中の授業が終わると、奥多摩へ向かいます。

この頃は、集合マフラーだと擦ってしまって走れないので、峠へ行く時はノーマルマフラーに付け替えてました。
奥多摩仕様

少しずつCBをコントロールできるようになってきたかな~
F-2
F-3

この頃になると、安い皮つなぎも、かなりボロくなってきました。
そろそろ、新しいつなぎが欲しいけど、金がないな~泣き顔
記念撮影

そこで見かけたのは、『バリバリマシン』。
GPゼッケン獲得で、つなぎがもらえるらしいbikkuri01
よっしゃ!写真撮って送ろうぜ!・・・セコイ(^^;

F-4
F-5

発売日を待って、セブンイレブンへ買いにいきました。
バリバリ1
バリバリ2

ガーン!赤ゼッケン汗;
背中に『バリバリマシン』って書いたトレーナーをどこに着ていくんだよ~大泣き

やっぱり、そんなに世の中甘くないよね~。

でも、この頃になると徐々に次なる野望が出てきてしまうのが、吉田少年の悪い癖。
明日も、この続きを見たいと思ったあなた!今日もポチっとよろしくね!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
2008/10/25(土) 09:34 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございますコロ助吉田です。
突然のタイトル名変更で申し訳ございません。

こんなに早くヒット数が上がるとは思っていなかったのと、ブログの内容を決めずにスタートしてしまったので、『ロンドンバス日記part2』としておりましたが・・・。

既にロンドンバスで検索を掛けると、ヒットするようになってきちゃったんですね~汗;

今回のブログは既にオートバイのお話が中心となっており、これからの事を考えると社会的によろしくない内容になりそうなので、仕事関係の方の目に留まらないようにブログタイトルを変更させていただく事になりました。

この機会に是非とも『お気に入り』に入れて、アクセスしてくださいね!
それで最後にポチっと押してくれると、ランキングのカウントが上がりますにっこり
よろしくお願いしま~すbikkuri01

さて、前置きが長くなってしまいましたね。

今日はガレージの片づけをしようとしてたのに、雨がパラついていますね。
こりゃダメだ汗;

ガレージ内でとりあえずCB1100Rの上に積み重なっていたゴミの山をどけていくと・・・。

ん???ん~?

あっ!

もう一台バイクが出てきました。

GS2

そういえば、吉田家のガレージには2台が眠っていたんですね~。

このバイクって知ってます?

GS1
知らないだろうな~(^^;

このバイクは25歳頃に買ったので、今度の週末位に出てくるバイクかな?

もう少しお待ちくださいね。

それでは、今日もポチっとよろしく!コメントもお待ちしておりま~す!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/10/26(日) 09:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

今日は昼まで東京で仕事をして、午後から静岡出張なんですよね。

さて、先日の続き。
はっちゃんとCBコンビで高武トンネルを中心に走っていたんですが、物凄い戦闘的なフォームで走っていた『はっちゃん』は、吹っ飛び方も派手でした。

前がはっちゃん、後が私。
ピッタリくっついての上りでした。
二人でフルバンク状態から目の前のはっちゃんがハイサイドえぇ
あんまりCBが峠でハイサイドって聞かないですよね(^^;

滑っていくはっちゃんの上空をCBが縦に回りながら飛び越えていきました。

ほ~!CBって空も飛べるんだぁ~

幸いにもガードレールもないセーフティーゾーン?だったので、怪我もなくて良かったですけど。

でも、はっちゃんは、この事故から車に転向していっちゃったんですよね。

パートナーがいなくなってしまった吉田少年。

次はどうしたか。

時代は1991年吉田少年は大学2年生でした。皆さんは何してました?

この頃は第三京浜ブームでした。
今のようにお店でフルカスタムを購入するのではなく、ほとんどがプライベートカスタムが中心で夜の12頃に保土ヶ谷パーキングに物凄い数のバイクが集まっておりました。
本当に止める所がないくらいでしたもんね。

初めて行った時はCB750Fでした。
とてもじゃないけど、あのクレイジーな方々とは一緒に走れる訳もなく・・・。

『もっと早いマシーンじゃなきゃダメだ・・・リッターマシーンでなくては・・・』

考え中!考え中!考え中!・・・・・・・

峠も走れて高速も走れるマシーンbikkuri01

普通はGSX-Rとかにしますよね。

でも何故か、吉田少年の選んだのは『GSX1100Sカタナ』。
カタナ


19歳にしてキリンみたいな少年でしたね。
それも、中古パーツを買いに行った時にたまたま見つけてしまった車両でした。
確か73万円。

見てしまったんですよね。あの時に。あのバイクを。

こいつは俺が買うしかないんだ!と思ってしまいました。

即決!お買い上げ~!!

支払の事なんか考えませんでした。
ただただ、どうしても欲しかったんですにっこり

これから、カタナとの生活が始まるんですね~。



カタナツーリング2

カタナツーリング1

始めの頃はツーリングをメインにしてたんですけどね~。

ぼちぼち奥多摩の周遊道路へ一人で走りに行くようになっていったんですよ。。。

あっ!CBはどうしたかって?
CBもいいバイクだったんですけど、何しろバンク角が無くて・・・。
私の得意としていたコースはNSRとかと一緒に走るようなタイトコーナーばかりだったから、右コーナーではジェネレーターを擦って、発電系がダメになるし、左コーナーでは穴が空いてオイルが出てくるしで・・・・。
友達の小沢っちに売っちゃいました!

さぁ~この先はどうなるのかな?どちらか一つをポチっと押して明日また覗きにきてちょ(^^)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/10/27(月) 08:23 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。
今日は静岡にいま~す。

さて、昨日の続き。
運命のカタナと出会った吉田少年。

一人で奥多摩を流しに行ったり、夜の第三京浜に行ったりしてましたっけ。
ノーマルの重たい感じのエンジンでも、ウイリーもするし、ホイールスピンもするしで、悪くはなかったんです。

でも、違う世界があるのは雑誌を見て知ってました。

『テイスト・オブ・フリーランス』?
『グランドスラム』?

なんじゃこりゃ???

筑波サーキットで行われる草レースですね。

あの頃って、今のように国際A級の人が本気で走るレースじゃなくて、A級の人と一緒になって素人も走れるお祭りだったんですよね。
だから、雑誌に出てくるライダーもドリフトしたり、ウイリーしたりで、見ていて本当に楽しいレースでした。
お父さんがライダー、お母さんがタイム計測、息子がサインボード、といった感じで家族で楽しむイベントでした。
走り終わったら、パドックで和気あいあいと焼肉なんか食べたりしてね。

バイクに興味があっても、レースは全く興味がなかった(今でも)吉田少年。

このレースにだけは、どうしても見に行きたかったんです。

行ってみると・・・。

いる!いる!いる~~~~bikkuri01
基本的にはパドックまで入れるので、雑誌で見た事のあるマシーンが本当にウジャウジャいるじゃないですか~えぇ
ドーバー3
ドーバー1
ドーバー2

ウォーミングアップエリアへ行くと皆でポコポコ?ウィリーしてるんですよねbikkuri01
実際にレースになると、その速さは尋常じゃなく、Zとかカタナってこんなに早くなるんだ~!
中でも、覚えてますかね~?
セパハン仕様にした『イエローコーン』の黄色いZ1R。
上中選手を見て神様はここにいた。。。と本気で思いました。
まさか後に神様と交流を持てる事になるとは、思いもよりませんでしたが・・・。

この経験から、吉田少年の次なるプロジェクトが始まる事になったのでした(^^)
明日はついにカスタム編へ突入か?!!ポチっと押してまた明日(^^)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

《おまけ》

今回のカタナ復活プロジェクトの為にお金が必要になったのと、ガレージを片付ける事にしました。
中にはゴミみたいなのもありますが、少しづつお譲りしますので、ご興味がある方はメールでお問い合わせください。

『CB750FC外装セット』
CB外装セット
CBタンク
CBタンク上
CBシートカウル
CBサイドカウル

私としては、綺麗な外装だと思いますが、当然古いパーツですから、細かい事を気にする方は止めておいた方がいいと思います。
シートはそのまま使ってましたが、破けていると判断してください。
今はシート生地が売ってますから、張り替える事を前提にしてくださいね。

よろしくお願いしま~す。
2008/10/28(火) 07:39 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

株価はどうなってしまうんですかね~。
今お金があれば、ビッグチャンス到来なのかもしれませんが、悲しい事に私には関係のない世界です(^^;

さて、昨日の続き。
テイスト・オブ・フリーランスでロケットのような速さで走る名車達を見て、吉田少年が黙っている訳もなく、いつものように突っ走ってしまいました。

はい。私は猪です。 危険な階段のぼる~音符

写真が無くて使いまわしてごめんなさい。
カタナ

今日はフロント足回りについてお話しましょう。
私は88GSX-R1100の足回りをごっそり移植しました。

ただし、気を付けてくださいね。
スイングアームは1100用だと確か6センチ位長くなってしまいます。
必ず750用を使いましょう。

それなら750用の足回りを・・・と考えるのですが、フロントフォークは750用だと3センチ位短いんです。
その分長い延長キットを使えばいいんですけどね。

フォークは41Φ。オフセットは何ミリだったかな~?

昔はほとんどの寸法を暗記して、カタナはボルト1本を見ただけでもどこのボルトか解るくらいだったのに、既に15年以上前の話なので、細かい寸法まで分からなくてすみません。

みなさん、ご存じのとおりフロント回りはベアリングを含めてボルトオンです。
ハンドルストッパーは溶接で付けてもらうか、アンダーステムにネジタップを切ってボルト止めにしましょう。

1100用のフロントフォークを使う場合でも、6センチ位は長さが足りません。
そのまま使っている人もいますが、それではダメです。
昔は前下がりの戦闘的なフォルム?だと言ってる勘違いした人も多かったんですけどね(^^;

必ず延長キットを使って、800ミリだか810ミリだかのノーマルと同じ長さにしてください。
その上で、セッティングによっては、突き出し量を変えていきましょう。
ノーマルに比べ19→18インチにした事で、フォーク長さ2センチショートと同じ位のセッティング状態になっている事もお忘れなく。

そうしないと、峠ではちゃんとした動きになりませんよ。
そりゃそうですよね。
普通はノーマルのフォークを6~8センチ突き出して走ったら、怖くて走れないのと同じ事なんですよ。

それに車高が下がってジェネレーターカバーを擦ってしまいます。
カバーを擦って『俺ってバリバリだから、フルバンクだぜ~!!』って思う人もいるのでしょうが、じぇ~んじぇん違いますよ~!!

ブレーキは止まらなくて有名なデカピストンが純正です。
これは交換しましょう!

今は社外品のディスクとキャリパーを購入するのが、当たり前ですが、街乗りレベルではNSRのニッシンキャリパーを2000~3000円で購入して、10ミリ厚のアルミ板を鉄ノコで切ってボール盤で穴を空ければ簡単にサポートは作れますよ。
間に入れるカラーもパーツショップで普通に売ってる時代ですからね。

後はブレーキパッドを制動力のあるものに変えれば、KPスターレットからAE86に乗り換えた位の驚きになりますよ。(車種が古くて解らない?)
私は『ブレーキング』のパッドを使ってました。
車重のあるバイクの場合は、パッドにも気を付けてくださいね。
特にディスクを鋳鉄系にしてたりすると、相性によっては削りカスが溶けて溶接したみたいにディスクに貼り付いてしまう事があります。
強力な制動力を手に入れるという事は何かが犠牲?になっているという事。
物理の授業で習った力の法則ですね。
スペシャルパーツはその分メンテナンスをしっかりとやらなければ、100%のパフォーマンスは発揮してくれませんよ。
ノーマル流用のステンレスディスクにノーマルパッドなら、そこまでの配慮はほとんどいりませんけどね。

ただし、お断りしておきますが、時代はかなり進歩しております。
15年前は純正流用が流行りましたが、今はアフターマーケットパーツを購入してポン付けする時代らしいですね。(聞いたところによると)

私もそれが、最も簡単で効果を発揮するチューニングだと思います。
なるべくでしたら、お金を貯めてメーカーが開発したレーシングパーツを装着しましょう。

でも、レストアや何しろ自分の手で自分の愛車を一から作り上げる喜びを感じてしまうような私と同じ気の毒な趣味をお持ちの方は、私がやってきた事も少しは参考になるかもしれませんね。

決して純正流用の貧乏チューンをお勧めしている訳ではないですが、少ない予算で自分の趣味を満喫するには十分であり、軽く峠を流す位のレベルでしたら、驚きのパフォーマンスを発揮するのも、これまた事実。

明日はリア周りですね。ポチっと押してまた明日お会いしましょう(笑)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ


2008/10/29(水) 09:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。
急に秋っぽい空気になってきましたね。

さて、昨日の続きです。

今回、いろいろとお話をさせていただいておりますが、私のお話内容は一つの考え方に過ぎない事をご理解くださいね。
基本的には車両はノーマルを完璧に整備した状態が最も優れているという考え方が原点です。
これは、メーカーの開発者が巨額の開発費と時間、労力を注ぎ込んで世の中に出してきた完成品だからです。
でも、時代の流れとともに一つ一つのパーツが進化した結果として、それに付随するパーツも交換した方がパフォーマンスが上がるという流れが基本です。

ノーマルは誰が乗っても良く走り、良く止まる。
このノーマル状態を崩すという事はどこかに必ずしわ寄せがきます。

あまり剛性の高い足回りを入れるとフレームに負担が掛かるし、パワーを上げれば熱や耐久性の問題が一気に露出してきます。

ですから、私は色々自分なりに改造した体験談から言って、ほどほどのチューニングが一番楽しいという考えが少しでも伝わればいいなぁと思っております。

前置きが長くなってしまいましたね。

写真が見つかりました。
カタナ改3
カタナ改4

これは、足回りを組んだばかりで、タンデムステップがまだ付いている頃ですね。

リア周りの前にフロントの補足です。
カタナ改2
これは、高校時代の同級生の淳君のローレプとのツーショットです。
フロントフォークが短いのが解りますか?

これが走行中の写真です。
カタナ改1

これは、昨日のお話にありました、フロントフォークの延長キットを付けていない状態です。
普段の自分の走行写真を持っている人ってなかなかいないのが現実です。
私達はバイクオタクを20年前にやっていたから、写真をみんなが撮ってくれてたんですよね。

この写真を見れば、バイクのおかしな挙動が予想できますよね。
フロントフォークが短すぎて普通に走っているのにフルブレーキングみたいに前下がりになってます。

カタナのノーマル足回りからGSX-Rに変えた途端、本当に世界が変わったんです。
全くの別物マシーンに乗り換えた位の衝撃でした。
でも、その変化が大きかった分、経験の無い私はこれがチューニングだと浮かれたんですね。

ところが、違います。
昨日のお話にもありましたが、ノーマルから6センチもフォークを短くしては、さすがにやり過ぎです。
一度、延長キットでノーマルの長さに調整してから場合によっては突き出し量を変えていく方法を取ると、意外とノーマルの長さの方が街乗り+ツーリング+ちょっとした峠走り程度でしたら調子がいいはずです。
冒頭に述べたとおり、メーカーのデータは基本的に乗りやすいんです。

今日は本当ならリア回り編の予定でしたが、話が長くなってしまったので、また明日にしますね。
ポチっと押して、またきてね!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/10/30(木) 08:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

秋物のコートが欲しくなってきましたが、高尾の自宅と職場の都内では温度差があるので、昼間は困るんですよね(^^;

さて、今日はカタナのリア回りについてですね。
どうでもいい事ですけど、何でカタナのマークは刀ではなく刃なんでしょうね?
カタナの中でも最も尖がった部分という意味に掛けたのかなぁ~?
まさか、間違えた訳でもないんだろうから、デザインだけで決めたのかな?

カタナ後

リア回りは私の場合は87GSX-R750用スイングアームを流用しました。
先日のお話のとおり、カタナと長さが一緒なので、チェーンの長さは同じ物が使えます。

まず、ピボットシャフトの幅はカタナの方が5~6ミリ狭いです。
細かい数字はすみませんが、実測してください。
作業としては、両車両のピボットベアリングカラーと中に入っている15センチ位のパイプの長さを計測して、同寸法になるように中に入っている15センチ位のパイプをサンダーか鉄ノコでカットします。
あとは、スイングアームを見ると解りますが、ピボットベアリングはノーマル状態でも、あと3ミリ位は奥に叩き込める余裕があるはずです。
なので、カタナと同じ寸法になるようにアルミを削ります。
平面に削る為に古いベアリングをガイド代わりにして削れば、手作業でも結構綺麗に仕上がります。
ショップでは当然、ベルトサンダーで削るんですけどね。

一番の難関?はショックの付け根ですね。
この部分は確か近頃だと、カスタムショップで販売してましたよね?
最も奇麗に仕上がって簡単なのは、そういうショップにスイングアームを持ち込んで仕上げてもらう事です。
昔は自分でアルミ板を切って、知り合いの溶接できる工場で作業してもらい、純正ブッシュを打ち込んだんですけど、これも何だかんだ言ってお金と労力の割には、仕上がりが素人のレベルです。
割り切ってプロにお任せしましょう。
価格は1~2万円のはずです。

リアのブレーキ回りもGSX-Rの物をそのままごっそり移植しました。
トルクロッドのフレーム側の受けはカタナのセンタースタンド取り付けステーを利用します。
ただし、トルクロッドとスタンドステーは穴サイズが違うので、ステー側にカラーを入れる必要がありますよ。

あと、もう一つショップにお願いするのが、スプロケットハブの加工です。
ハブ

写真はFZRのハブですが、CBに付ける為に同じ加工をしました。
スプロケットの取り付け面を5ミリ位旋盤で削ってもらいます。

これは、両車両のリアホイールを実測して、ホイールセンターからスプロケ面までの寸法差を削ります。
この作業もハブをショップに持ち込んで、寸法指定すれば簡単にやってもらえますよ。
旋盤さえあれば、何て事ない作業なので、8000円位だったかなぁ~。

これで、フロント側のスプロケットをオフセットスプロケットに交換するだけです。
確か10ミリだったかな?
オートマジックさんのスプロケはスぺーサーで若干調整できる物だったと思います。
調べてみてください。

あと、写真で解るように私は当初、特注でスプロケットを作りました。
この頃はゴツイのがカッコイイという訳の解らないカスタムでしたから、チェーンサイズをカタナのノーマルと同じ630サイズにしたからです。

でも後にGSX-Rの530へと変更しました。
ですから、スプロケはそのままGSX-R用を使い、フロントスプロケとチェーンは530サイズを使用してください。

スイングアームについても意見が分かれるのですが、一時は太くてゴツイのが流行りました。
でも、昨日のお話にありましたとおり、足回りを固め過ぎるとフレームにしわ寄せがきてしまいます。

なので、近頃ではスイングアームはノーマル、フロントフォークは国内モデル以降のカタナ純正にホイールは88GSX-R1100用もしくは、F2.75、R4.5インチの18インチマグホイールを履かせる位が一番乗りやすいという意見が出てきております。
これは、15年前には解らなかったんですが、色々とカスタムブームを経験した末の一つの考え方だと思います。
実は私も同意見なんです。

あと、87GSX-Rの6本スポークホイールを履いて高速域で振られる悩みを持つ方って多いですよね?
真っ先にホイールを疑ってください。
当初のレーサーレプリカは軽量化が売り文句だったので、ホイールが剛性不足でした。
一人二人からの意見ではないので、たぶん原因はタイヤ・フレームではなくホイールだと思いますよ。

でもカスタムって乗りやすさだけでは無いのもまた事実。

私も以前はそうだったんです。
なので、明日は『あの日のバイク少年』のお話に戻りましょうか。

ポチっと押して、また明日お会いしましょう!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/10/31(金) 08:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索