プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます太陽吉田です。

今日から三連休ですね。
相変わらず中央道は朝から凄い渋滞みたいです。

さて、数日ぶりに過去の思い出話しに戻ります。
カタナを購入したあと、『テイスト・オブ・フリーランス』という草レースを見て衝撃を受けてしまった吉田少年。
大学3年生頃でしたでしょうか?

また、通い始めましたよ。
交通量の少なかった奥多摩方面の狭い峠へ。。。
甲武1

普通はビッグバイクが走るようなコースじゃないんでしょうが・・・(^^;
甲武2

道幅が狭く、コースにうねりもあるので、カタナで走るには少々体力を使うんですよね。
甲武3

だいぶカタナにも慣れてきましたよ~
甲武4

この時期に新しいパートナーの登場です。
中学時代からの同級生ノリちゃんです。
ずっと高校生の頃から一緒にバイクを乗っていたのですが、諸事情により限定解除するのが遅れておりました。
甲武5

彼も限定解除は一発で合格したので、神様の一員ですね(笑)

ノリちゃんとカタナコンビになった事で、次なるステージへ進出していく事に・・・。
次回はレースごっこのお話でもしましょうかね。
まあ、これがエンジンチューニングの切っ掛けにもなってしまうんですけどね(汗・汗・汗)
ポチっと押してまた明日覗きにきてちょ。コメント・メールもお待ちしてますね~!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/11/01(土) 09:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

三連休はいかがお過ごしですか?
私は今日、久し振りに筑波サーキットへ行ってきました。
筑波

と言っても私は走りに行った訳では無く、知り合いが出るミニバイクレースの応援に行っただけなんですけどね。
エイプ1
ミニバイクレースと行っても、4ストの100・125ccクラスの3時間耐久レースなので、ルマン式でスタートして、本格的でしたよ(^^)

私も以前はDE耐とかに混ぜてもらってたんですけどね。
さすがに5年位バイクに一切乗っていないとミニバイクと言えども、レースに出る気にはなれないですよね~。

あと、昨日は八王子にあるトヨタ自動車さんの専門学校で毎年行われる学園祭?に行ってきましたよ。
屋台とかも出て多くの家族連れで賑わいます。
さすがにトヨタさんだけあって、展示車両も86だったり
トヨタ1

V12スープラだったり
トヨタ2
ちなみのこのスープラは最高速358キロの記録を持ってます。
トヨタ3

F1だったりします。
トヨタ4

当然、展示車両は借りてきて展示しただけですけどね。

こんな感じで連休を過ごしているけど、そう言えば家族は何やって過ごしているんでしょうね?
吉田家では、普段あまり家に私がいないので、基本的には私だけ別行動なんですよね~(^^;

そうそう!別行動で思いだしましたが、実は先日、感動的な出来事がありました。
その件について明日、妻に内緒で極秘プロジェクトを実行する事に急遽なったのです!!
今話しても私の感動が伝わらないと思いますので、もう少し『あの日のバイク少年』の話が進んだ時点でリンクさせていきますね!

まるで、『湾岸ミッドナイト』の第24話みたいでしたよ(--;
誰も分からないか・・・。

見た事がない人は最初から見ると熱くなりますよ~。
楠先生のマンガは男のロマンを感じますよね。(うっ・・・。かなり気持ち悪いオタク発言。)
普通はマンガの世界だと思って見ますよね?
でも、私の回りにはあの通りの世界で生きている人が何人もいるので、感情移入しちゃうんですよね。

↓↓↓
フリームービーナビで右下に『湾岸ミッドナイト』はあります。

Free Movie Navi アニメ

さて、明日は久し振りのご対面絵文字名を入力してください
初恋の子に同窓会で再開する時ってこんな感じなのかな?

今回の極秘プロジェクトによって、ブログの話題が一気に進展しますから、今後にご期待ください。
今日も忘れずにポチっとな(笑)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/02(日) 19:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

今日は個人的に記念すべき日となりましたが、このお話はもう少し後になってからお話しますね。
ワクワクにっこり

さて、一昨日のお話の続き。。。

私がノリちゃんとカタナコンビとなって、奥多摩方面へ走りに行くようになった1992年頃みなさんは何してました?
私はバイク以外で車にも手を出していて、この頃はAE86トレノに乗ってたかなぁ。

高校時代からの友人でローレプに乗る淳君がスポーツランド山梨はライセンス無しでもコースを走れるという情報を持ってきました。
この頃のスポーツランド山梨はバイクブームが一段落して、特にサーキット人気が陰りを見せていた時期で、今とは違いまだ、Mr,Bikeとかのイベントとかで知られる前だった事もあり、ほとんどカートとか中型バイクがチラホラしか走っていない状況でした。

早速、みんなで、行ってみましたよ。
はっきり言って、看板も無くて本当にこんな所にあるの?という感じでした。
今はちゃんとしているのかなぁ?

誰もサーキットを走った事がある人はいませんでしたから、とりあえず保安部品を外しました。
山梨1
足回りを交換して、運動性能は生まれ変わっておりましたが、キャブもエンジンもノーマル、ブレーキも利かないデカピストンです。

スポーツランド山梨のコースって、サーキットと言うより、勾配のある峠のコースを繋げた感じのショートコースなんですよね。
山梨2

まずは形から入る私達(笑)
カタナコンビの私とノリちゃんはお揃いの皮つなぎを購入しました。
山梨3

別にレースに出るつもりも無かったのにアホですね~。
まあ、峠とかでも目立ちたかっただけなんですけどね汗;

実はこの頃の私のカタナ。
調子が悪かったんですよね~。
燃費はどんどん悪くなってくるし、エンジンの回り方が何だか重かったんですよね。
でも、そこは何も解らない大学生。。。
そのまま走行してたんですよね絵文字名を入力してください

ご想像のとおり。
ボムッ!!。。。。。。

あっけなく煙がモクモク出て走行不可能になってしまいました。

ガーン!!

でも、切っ掛けなんてこんなもの。

思い切ってエンジンチューニングの世界へ踏み切る口実?ができましたよ!!

何てポジティブなんでしょううしし

さて、次はハイパワーチューニングの世界のお話ですね。
カタナは速くなりますよ~!!

ポチっと押して、また明日覗きに来てちょ!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/03(月) 18:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

甲武6

さて、煙モクモクでエンジンブローしてしまった私のカタナ。
こんな日もいつかは来るかと思って、下調べだけはしておりました。

1993年大学4年生の春でした。
私は基本的にエンジンはイジる事ができません。
担当外という事ですね。
では、誰が?というと、私の兄がエンジン担当です。

と言っても、その時の兄は自動車整備の仕事も辞めて、普通の人だったんですけどね。
年齢は確か25歳。
今考えると大丈夫?という感じですよね汗;

ところが、いい仕事したんですね~。

ピストンはワイセコで1166cc。
面研1ミリ
カムはヨシムラステージ1。
キャブはTMR40Φ。
マフラーは昔のUSヨシムラ。

これだけだと、単にパーツを組むだけですよね。
でも、カタナのエンジンはヘッドがポイントなんです。

25歳の吉田兄は言いました。
「カタナの燃焼室はTSCCという形なんだけど、これって下の範囲はいいんだけど、上ではダメだとおもうんだよね~」

さすがに21歳の頭の悪い吉田少年も、オイオイ何言ってんだよ~大丈夫か~?
これってスズキの技術の結晶で開発した燃焼室形状なんだぞ!!
と、思ってましたが、吉田兄は鼻歌混じりでポートもガンガン削っていきます。
オイオイ俺のカタナは大丈夫なのか?

「俺の理論からするとね~~~」・・・聞いても解らない吉田少年。

今考えると、25歳の若いお兄ちゃんが、蛙の声がうるさい田んぼの中のボロイ貸家で1畳位のプレハブ小屋を作業場にして組んでるんですよ。
そんな状況で、ウンチクを言われてもね~。。。

おまけに、クランクのバランスが若干狂ってると言い出しました。
見ていると。。。。

デカイハンマーを握りしめているじゃないですか!!!!

お・おい!!何するんだ!!

10発位ひっぱたいたでしょうかえぇ

ダメだ!!俺のカタナのエンジンはもう使えない(涙)

そんな私をよそに、楽しそうに組んでいく兄。

何だかんだで、休みの日に組んでいたので、1ヵ月位掛かったでしょうか。

そして運命の火入れ。

とりあえず掛かった。
何故?かエンジン音も静かで安定している。
あんなに適当で大丈夫なの?

そして、慣らしを終え、まずは兄が家の近所を軽く試乗。

戻ってきたら。。。

「パワーが出てると思うよ。」

そして私。

エンジンの付きが全く違う。

普通のカタナって、フウォン!フウォン!て重~く吹けますよね?

それが、パンッ!!パンッ!!ていうんですよね。

軽~く流して直線のある信号から全開にすると。。。

うひゃ~!!ひっくり返るぅ~!!
兄じゃ~いい仕事してるぞ~~!!うひゃひゃひゃひゃ~~~~~~!!!!!!!!!

2速 うひゃ~!!シフトアップでウイリーしてきた!!!!!!!!!!
3速 うひゃ~!!またまたフロントが浮いてきた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

4速。直線が終わって入らない。

き、危険な乗り物だ!!

適当な事を言ってると思ってたけどアイツはアホじゃなかったんだbikkuri01

この後も少しずつトライアンドエラーを繰り返していくので、詳細パーツのお話はまた次回にでも。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/11/04(火) 08:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

ウイリー2

寒くなりましたね~。
冬になると困った事態になる、我が町 高尾。

ここ数年、小学校の連絡網で毎年回ってくるのですが・・・。

「月の輪熊が今年は親子で出没してますから、登下校は一人にならないように注意してください。」

・・・。

オイオイ!ここは一応、東京都だぞ汗;
何でも団地の防犯カメラにも熊が映っているそうな。

さて、本題。
昨日のエンジンチューニングの補足になります。

まず、クラッチについてですが、みなさんはどうしてますかね?

結構、バーネットを入れている方って多いと思うんですが、不満が多くないですか?
基本的にバーネットって、ドラッグレースとかで使うクラッチなので、本当にガッチリと繋がりますが、ディスクの抵抗が凄くて、クラッチを握っても引きずり感がありますよね?

最悪なのがスプリングで、指の関節がポキポキいう位に強烈な重さになります。
一時期は私も国内仕様のモーターを取り付けたんですが、やっぱりクラッチはダイレクトにワイヤーじゃないとタッチが・・・・。と思って取り外しました。
油圧にすれば良かったのかも知れませんけどね。

何の為にクラッチキットを入れるのか。
パワーが上がって滑ってしまうからですよね?
そしたら、滑らない程度にすればいいんだから・・・。

話は簡単です。
クラッチスプリングにワッシャーを入れてみてください。
あ~ら不思議?100円位の出費でクラッチは滑らなくなりますよ。

実は150ps出てるヨシムラのコンプリート・カタナも強化スプリングだけなんですよね。

カタナの場合はディスクとかスプリングが問題なんじゃなくて、クラッチのハウジングにトラブルが発生します。
ディスクを入れるギザギザのアルミの奴です。
パワーが上がってくると、ハウジング本体が負けて、段が付いてしまい結果としてクラッチが切れなくなります。
これは消耗品として考えるしかないのかな~?
今は対策品が出てるのかな?
知っている方がいたら教えてくださ~い!!

あと、一番のトラブルは熱です。
ヨシムラがカタナで勝てなかった最大の理由はエンジンが持たないんです。
パワーはでるんですが、GSとかZのような2バルブに比べると、ダメなんですよね~。

私はM&Sの13段ラウンド型オイルクーラーを付けて、オイルポンプの容量も上げてましたが、やっぱりダメでしたね。
次回カタナに乗るとしたら、この問題克服が最大のテーマになりそうです。
あと、オイルクーラーはコアの取り付けフィッティングを上にしないとダメみたいです。
ポンプで回すオイルって自然落下でオイルパンに落ちていきますよね?
つまりエンジンを切るとオイルクーラー内のオイルはオイルパンに抜ける事から解るように、13段のオイルクーラーを付けていても上半分位はエアー溜まりになって、機能していない状況みたいです。
これは、オイルクーラーを開発しているメーカーの方から聞いているので、間違いないですよ。
でも、フィッティングが高いんですよね~。

あと、パワーの決め手になったのが、ヨシムラのハイカム。
私はステージ1を選びました。
これは、峠とかも考えて中回転域からパワーがモリモリくる仕様にしたかったからです。
ステージ1だと、バルブスプリングはノーマルで対応できます。
ステージ2だと強化バルブスプリングを使用しなくてはサージングが起きてしまうし、強化バルブスプリングを入れると、必ずパワーロスに繋がります。

でも、ヨシムラカムについて、組み付け時に説明書とデータが違います。
これは、ちょっとヨシムラさんは問題ですよね~。

私と同じ状況に陥った方が詳細にホームページでまとめてくださっているので、チェックしてみてください。
↓↓↓


KATANA’Sのホームページ

私も同じ対応をされました。
バルブタイミングについては、面研を1ミリもやってしまってたんで、もともと長穴のカムスプロケットを使用しましたが。

ちょっとプン!プン!という感じでした。

話の内容がカタナオーナーにしか解らなくなり過ぎましたね。
CB関係の方には申し訳ございません。

明日は『あの日のバイク少年』のお話を進める事にしましょうかね。
今日もポチっと押してまた明日~!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/05(水) 08:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

アメリカ大統領選も終わり、世界経済が良い方向に向かうといいですね~。

さて、カタナのエンジンチューンも終わった吉田少年。

大学4年生でした。
就職活動は、大学が建築学科の音響工学科?という何をやったのかも分からない研究室に入っていたので、とりあえずどこでもいいから就職してしまえ!!という考えで、就職試験の早い順から受けていく事に決め、2番目に受けた建築関係の会社に就職する事になっておりました。

実は、会社概要もろくに見ていなかったので、一部上場のスーパーゼネコンの子会社にあたる設備会社へ就職したつもりが、全く関係ない会社に就職していた事を知ったのは、入社式の時だったんですけどね。
親には言えない事実です汗;

お~!何ていい加減な人生設計(笑)

早々に就職先を決めたので、車もR32スカイラインのタイプMを中古で買っておりました。

この生活を聞くと、吉田少年はリッチに見えますよね?
でもね、月々のローン支払いは23万円!!

普通の大学生じゃないですよね。

働きましたよ~!!

掛けもちで3~4か所の仕事をしてましたもん。
生活の全てをバイクと車に注いでおりました。

大学の授業は卒業単位ギリギリに計算して、バイトの合間に奥多摩へ行ってました。

奥多摩2-1

段々と一人とかで走る事が多くなってきたんですよね。
奥多摩2-2

この頃はレーサーレプリカのビッグバイクが多かったのかな?
ちょうどこの頃に教習所で免許が取れるようになったので30代位の方がチラホラ見られるようになってきました。

奥多摩2-3

それでも、ほとんどが中型の高校生で、上りはいいんですけど、下りでガンガンアオッてくるんですよね大泣き

止めてくれよ~!!

本当に重いバイクの下りは怖いんだぞ~!!

奥多摩2-4

ちなみに、エンジンチューンをしても峠レベルではな~んにも変わりません。
まあ、私のカタナはピーキーではなく、ノーマルに比べると下から上まで格段に軽く回るエンジンだったので、扱い易くなったのは確かでしたけどね。

高速域ではどうなんだろう?

行ってみますかね。。。。

夜の第三京浜にでも・・・・。

次は土曜の夜の第三京浜についてですね。
明日もまたお会いしましょう!!ポチっと押してってね!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/11/06(木) 08:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちはワンダーフロッグスナロ吉田です。

今日から日曜日までは新潟へ出張なんです。
今回のロンドンバス全国ツアーで最後のイベント地ですね。

さて、昨日の続き。

エンジンをチューニングして、カタナも早くなった事だし高速道路を走ったらどうなるのかな~?という疑問ですね。
私も既に社会人となっておりました。

休日の夜遊びと言えば、土曜の夜の第三京浜。
今はもうブームって終わっているんですよね?

すみませんね~。
毎日多くの方に見てもらっているオートバイブログを書きながら、現在はオートバイに乗っていないし、雑誌も読んでいないので、ここ5年間位のバイク界の事は全く知りません。
浦島太郎状態ですね(^^;

そんな私のブログを読んでくださって、本当にありがとうございます(^^)

とにかく、その頃はブームだったんです!!
そこで、吉田少年のカタナも仕様をちょこっと変えて遊びに行く事にしました。
テックサーフ

マフラーをテックサーフにしてフロントキャリパーをロッキードにしました。
キャリパーは性能というより、雰囲気で選んだだけです。
お勧めはいたしません(--;

土曜日24時をピークにカスタムバイクが集結してきます。
やっぱりZ系が多かったですかね。
次にCB系、少ないのがスズキ系でしたでしょうか。

ほとんどは、缶コーヒーを飲みにカスタムバイクで訪れる方ばかりでした。
私もその中の一人という位置づけ。
だって、最高速は本当に危険なんですもん。
事故を起こしたら再帰不能になっちゃいますから、止めた方がいいですよ~!!

でも、たま~に走りました(笑)

軽~く流して、前方がオープン状態になるのを待ちます。
そうしていると、横に並ぶ蛙さんがいるんですよね~。

まさにマンガの世界そのものですよ。
黒いポルシェターボ。。。

そろそろかな~と思ってポルシェを見ると、ドライバーさんと目が合いました。
私は1速落して伏せて全開にすると、蛙さんも凄いスピードで追いかけてきました。

240という数字がチラホラ見えて数字が無い部分を指していたあたりで、フッえぇっと、私の横を黒い蛙さんは跳ぶように走り去っていきました。

あの日の後姿は絶対に忘れないぞ~!!

こりゃダメだと思った瞬間でもありましたね。
私もカタナもこのステージでは、全く話にならないのだと。

それからは最高速チャレンジは止めました。
やっぱり、身の丈に合った生き方をしようと。。。(^^)

私は普通のバイク好きのレベルで十分だと思いました。
それなら、レースには興味が無いけど、草レース程度でサーキットを走るのは悪くないかな~。

おっと、ローソンレプリカの淳君が某キャブレターメーカーに就職したとな。
何でも、社内チームがあって、一緒に遊んでくれるらしい。

よ~し、せっかくのチャンスだから、お友達になっても~らおっと!!

と、いう訳で次はライセンスを取得してのサーキット走行&レースですね。
また明日も覗きにきてちょ!!
あれ?イーモバイルって新潟でも使えるよね?(^^;;ブログの更新できるかな?
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/07(金) 09:20 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。
今日は新潟からお伝えしま~す!

さて、『テイスト・オブ・フリーランス』に出場するまでも、いろいろあったので、こちらを先にお伝えしましょう。

私の場合は、別に凄い走り屋を目指した訳でもなく、普通の人だったので、仲間と一緒にツーリングとかも行ってましたよ。
ツーリング

でも、カリカリチューニングのマシーンでは渋滞が予想されるツーリングは止めた方がいいですよ。
私の場合は、面研1ミリもやってしまったので、セルが回らないんですよね。
調子がいいと、何とか回って掛かるんですけど、ガソリンスタンドでも押し掛けする事も度々。。。

たぶんGSX-Rのセルを加工して付ければ対処できると思うのですが。

あと、熱の問題は先日お話したとおり深刻です。
あっという間に油温計はデンジャラスゾーンに突入します。

このあたりを考えると、やり過ぎてしまったという後悔の思いが出てきてしまうんですよね。
チューニングマシーンは万能ではありません。
万能を求めるならノーマルで乗るべきです。
ハイパワーを求めたら、その分マイナス面が必ず出てくる事をお忘れなく。

ツーリング2

ツーリング3

バイクに乗る人って、ツーリング好きが多いですけど、実は私の場合あんまり・・・。

感受性が乏しいのかも知れませんが、何事にも感動というものが無いんですよね(^^;
だから、目的がなく目的地だけ定める長距離のツーリングだと、走っている最中に帰りたくなったりします(**)

だから、キャンプツーリングだと、夜に酒を飲むとか花火大会をするだとかの目的が生まれるので、よく行きました。
一人で走るようになってくると、下田でコーヒーを飲んでくるという目的を持って走るもんだから、朝6時位に家を出て9時位に下田に着いたら、コーヒーを飲んですぐに帰ってきて、お昼過ぎには家でシャワーを浴びてたりするんですよね(笑)

そうなってくると、やっぱり奥多摩あたりに行く事が多くなってくる訳です。
普通の人はツーリングコースでしょうが、私の自宅からだと1時間位で行けるし、引っ掛かる信号機は10か所位でしょうか(笑)
大垂水だと30分ですね。

とは言っても一人で奥多摩へ行ってローリング(古い?)はしませんよ。
朝、ゲートオープンまで缶コーヒーを飲んで待って、2周位したら帰ります。
別に早くなりたい訳でもないし、写真を撮る訳でもないので、行ったという事で満足するようになったんでしょうね。

もし私が復活できたら、どなたか一緒に奥多摩で缶コーヒーを飲みましょうね!
あっ!現地集合でコーヒーを飲み終わったら解散にしましょう!(笑)

ポチっと押して、また明日お会いしましょう!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ


2008/11/08(土) 09:26 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

昨日の夜は久し振りに出張先の新潟で日本酒を飲んでベッドで倒れたら、夜2時位に起きちゃったんですよね。
そしたら、眠れなくて結局朝を迎えてしまいました(@@;

さて、近頃の草レースってどうなっているのか解りませんが、15年位前は観客を喜ばせる為に色々な事をやってくれてましたよね。
グランドスラムでは、ショー的な扱いでサイドカーレースを見せてくれたんですよ。
あっ!ちなみにこの席はコントロールタワー横のVIPルームですよ。
入った事あります?
サイドカー2

近頃でもサイドカーレースってやってますが、普通は250ccとか100ccですよね?
この時はH1(750マッハ)とかのエンジンを積んだマシーンとかを見れたので、そりゃ速いの何のって!!
横に乗る人って、身体のほとんどを乗り出して走るんですから、人間技ではありませんよね。

サイドカー1

これはカウルの中身ですね。
見てのとおり、GSX-Rのエンジンみたいです。
恐ろしい方々ですね~。
さすがに私は手を出そうとは思えませんでした(^^)

この頃になって、サーキットへ行くようになると、派手なマシーンばかり見ているうちに目が慣れてきてしまったせいか、カタナの銀色のボディーカラーが地味に思えるようになってきちゃったんですよね。

今思うとよせば良かったんですけどね~。

明日は『青い鳥』のお話ですかね。
ポチっと押すのをわすれずに~!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ


2008/11/09(日) 09:27 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。
八王子の甲州街道は既にイチョウの木が散り始めて銀杏もほとんど落ちてしまいましたね。

さて、サーキットに行くようになって派手なバイクに憧れるようになったヤング吉田君。(気がつけば既に少年ではありませんでしたね。)

よせばいいのにオールペイントを考えてしまったんですね~。
本当にこれは失敗の始まりだった気がします。

塗装ってセンスが本当に問われますよね?
カッコいい塗装にはデザイン料・技術料が入っているから高いんです。

でも、いつものごとくヤング吉田君はプロにはお願いしない方法を選択してしまったんですね。

実はこの頃は貧乏だった訳ではなく、自由になるお金はあったんです。
何故かというと、仕事は現場監督だったので、残業代は制限無く付いていた時代です。
独身・自宅通い・タバコも吸わない・ギャンブルもしない・彼女もいない・休みも無い。
携帯電話なんてそれほど普及してませんでしたから、やっと手に入れた位の時期だったでしょうか。
おまけに食事は仕出し弁当450円でした。
缶コーヒーは職人さんがくれるので、一日1000円あれば生きていけたんですよね。
月の生活費は5万円というレベルでしょうか。
若い頃ってこれで生活できてしまうんですから不思議ですよね?

なので、独身女性30歳位で現金1000万円位を持っている方って沢山いるんですよね~。
女性はデート代も掛かりませんからね。

話を元に戻します。

とりあえず、カタナのオールペイントと言ったら、『あいつとララバイ』の『首都高の青い鳥』しかないと考えました。

これがそもそもの間違いだった~(悲)

ペイントは、とりあえずガン吹きできる友人に頼みました。
色は塗料屋さんに行って調合してもらいます。

そして吹いてもらう時にパールでも入れてみようか?という事になり・・・ドボドボドボと・・・。

箱根3

イメージと違うものになっちゃったんですね~汗;

何だか色褪せた感じで錆びたカタナって感じですか(涙)
おまけに所々塗装の中に虫が入っておりました。ヒエェ~!!

それでも、このまま行くしか無い。
休みも少なかったので、たまにツーリングに行くのが楽しみでしたね。
この頃は箱根ターンパイクあたりが多かったでしょうか。
箱根2

ぐるっと、ターンパイクを走って熱海に出て、宇佐美大仁道路を回ります。
箱根1

いつもそうだったんですが、西湘バイパスを全開~全開~全開~っていう感じで走っていくと、必ずハイスピードレンジでボボボ・・・ってなっちゃうんですよね。
何回セッティングしてもガスが薄い症状でした。
この頃は解らなかったんですけど、カリカリチューンでTMR40Φの場合、タンク内が負圧になっているんですよね。
ヨシムラカタナのアルミタンクのようにエアプレーンを付ければ直るはずです。

試しにこの症状でタンクキャップを開けてみた人の記事では、症状が直ると書いてありましたよ。

あっ!でもこのレベルって、結構スピードがでている領域ですからね。
何が怖いって、おまわりさんに怒られる事ですから試さない方がいいですよ。
これで赤い紙を渡される時って逮捕になっちゃいますからね(笑)

西湘バイパスって覆面と白バイがウジャウジャいますから気をつけてちょ!

今日もポチっとよろしくね~
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/10(月) 07:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます笑い。吉田です。

昨日の夜遅く、ようやく全国ツアーのロンドンバスが東京の秘密基地へと帰ってまいりました。
今回は北海道へは行きませんでしたが、高速道路が使えない為、途中フェリーも使いましたが、基本的には下道でしたからね~。
カリスマドライバーの山さんは本当にお疲れさまでしたbikkuri01

新潟1

新潟を移動中はこんな車窓。
新潟2

田んぼばっかりでした。
たま~に地方各地へ行くと、閉店したお店が立ち並んでいたりして、地方経済の深刻さを実感しますね。

どげんかせんといかん。。。

さて、本題。
青1

苦し紛れにラインテープを入れてみましたが、ドンドンぬかるみにハマっていく私のカタナ。

青2

やっぱり、オールペイントなんか、しなければよかった大泣き

カタナはやっぱいノーマルの銀が一番好きです。

でも、この頃の私。
実は最も乗れていた時期でした。
奥多摩

なぜか?前後のタイヤを流しながら走っても怖くなかったんですよね。
今ではとてもではないですが、できない走りです。

ところが・・・。

そろそろ来てしまったんですよね~。
パワーダウンの時期が・・・。

全体的なタレとでも言うんでしょうか?

当然、速いんですよ。
でも、違うんです。組んだ直後の頃とは明らかに。

以前にも話しましたが、チューニングエンジンは何かを犠牲にしてパワーを得る事ができます。
それはピークパワーが高ければそれだけ、どこかに必ずしわ寄せが来てしまうのです。
これをメンテナンスで維持し続けるのが、チューニングショップの腕の見せ所なんですが、私にはそれができるだけの技術とお金が無かったんですよね。
やっぱり、夏場のツーリングがマズかったんだろうなぁ~。

まあ、一般的には皆さんも同じ状況だと思うんですけどね。

本来のパワーを知らなければ、十分に楽しかったのかもしれませんけど。

この頃になって、何となく浮気してみたくなってきました。
カリカリチューンじゃなくてツーリングとかにプラ~っと行ける丸目のバイクに乗りたいな~。

ん?やっぱりZⅡか???

さて、ヤング吉田君の次なる行動は!!
また明日お会いしましょう!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/11(火) 08:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございますワンダーフロッグスナロ吉田です。

昨日も飲み過ぎましたビール朝がつらい。

さて、昨日の続き。

軽~くツーリングに行くマシーンを手にいれたいな~と考えました。

当然、買いたくても買えなかったZⅡに手が届く状況だったんですが、あまりのブームで面白さに欠けている部分?があったんですよね。

そんなタイミングで某キャブレターメーカーに就職したローレプの淳君からの電話。。。
『先輩が2台持ってるGSを1台手放すって・・・。』

その先輩とは、その頃雑誌などのよく出ている方でした。

ところで、GSって何?

あんまり知りませんでした。

確かウエス・クーリーとかがヨシムラで乗っていたアレですかね?

もともと打倒ZⅡを目標に作られたマシーンかぁ~。
フムフム。。。

悪くない。悪くない。悪くない。。。。

いや、むしろカッコイイのではないか???

いや、絶対カッコいいぞ!!

チャリ~ン!!

お買い上げ~~~~!!!!!!

走って帰ってきたものの、足回りは何とかしたいなぁ。

と、目に入ってきたのは。。。

近頃調子を崩し始めてきた『錆びた青い鳥』こと私の愛すべきカタナ。

とりあえず、カタナの足回りでいってみますかね。

カタナとGSはステムシャフト回りが違います。

予備の’87GSX-R750のステムを調達して、知り合いのバイク屋さんで加工してもらいました。

一度ステムをプレスで抜いて、GSのベアリング径に合わせて削り、再度圧入します。

あとは、そのまま組むだけさ!

リア回りはブレーキもごっそりGSX-Rだったので、ほとんどボルトオンでした。

GS1

GS2

転がっていたオイルクーラーも付けてとりあえず、ツーリングに行ける仕様になりました。

あとはマフラーかぁ。

カタナに以前使っていたUSヨシムラを使おうとしたら、若干角度が違いました。

丁度この頃。

私は25歳で設備会社の現場監督を辞めていたんですね。

今で言うフリーター。

就職が決まるまでの1~2ヵ月は何かバイトでもしないとな~。

新聞の折り込み広告を見ていると。。。

『オートバイマフラーの製作』

レーシングプロジェクト村島?

なんじゃこりゃ?

家から10分くらいの場所だよなぁ?

ふ~ん。面白そうだから、行ってみようかな!

愛車JOGで向かうと。。。

小さな工場ですが、見た事のあるマークのトランポが止まっておりました。

『RPM』

え?あのRPMの事なの???

解説しよう!!

RPMとは、吉田少年が16歳の時に中型免許を取得する際にお世話になっていたバイト先の暴走族の先輩がCBXに装着していたマフラーである。
この当時はピー管と言えば誰でも知っているヨシムラと同じ位有名なマフラー。
性能というよりも、簡単に外せるインナーサイレンサーのおかげで、爆音に憧れる方々には喜ばれたマフラー。
一時期は偽物が出回る位に品薄だった。
そりゃそうだ。社員を含めても3人位が手作業で作っていたんですから(笑)


今はもう無くなっちゃたのかな?
名前も聞かないみたいだけど。

すぐにアルバイトを始める事にして、毎日溶接作業してましたよ。
メッキ屋さんに配達へ行ったりね。

そして、無事に就職活動も進み、2か月でRPMを辞める事になりました。
当然、ここで働いた手土産を持ってね。うしししし~。

昼休みに社長にお願いしてマフラーの部品を分けてもらい、GS用のマフラーを作る事にしました。

だから、世の中に1本しかないGS用のRPMマフラーという事ですかね。

とは言っても、カタナのUSヨシムラを切った貼ったして、サイレンサーを作っただけなので、ジャンク品なんですが(笑)

ちょっと話が長くなっちゃいましたね。
ツーリング仕様?のGSは明日も続きます。

ポチっと押して、また明日!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ





2008/11/12(水) 08:21 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます太陽吉田です。

冬物のコートっていつから着ます?
私は今週一杯まで秋物で来週から薄手の冬物にしようかなぁ~と電車の中で他の人の服装を見ながら考えております。

さて、昨日のGS750Eの続きですね。
本当は、ここでサーキットデビューのお話になるのですが、先にGSの全体像を明らかにしておきましょう!!

ヤング吉田君の打倒?ZⅡ仕様が・・・これだ!!ワン・ツー・スリー!!(テレビの見過ぎ?)

GS横

GS後

私としては、結構カッコよく作ったと思うんですけどね~。
ZⅡと並んでも恥ずかしくないでしょ?

ね!ね!ね!カッコいいでしょ!!

あははははは~~~~~!!

ツーリング仕様だと思って最初はパイプハンドルにしていたんですが、やっぱり研二君のZⅡみたいにセパハンにしちゃいました(オタクの笑い・・うひひひひ~)

GSを改造する時のデザイン的な大きなポイントはシートのアンコ抜きです。
ノーマルの野暮ったさはタンデム部分が厚ぼったくてダサいんですよね。
思い切って全体をシェイプしちゃいましょう!!

でも、以前にGSX-400Rの時にも言いましたが、シートポジションはあまり下げてはダメなんです。
なので、私の場合はフニャフニャのシートが嫌だったので、一度深めにスポンジをカットして、その部分に固めのスポンジを詰め直してダイレクト感を出しております。

あと、この時からキャブレターはK&Nのパワーフィルターを止めて直キャブ仕様にしました。
その理由は今度まとめてキャブレターのお話の時にでもさせていただきますね。

スイングアームは気分でゼファー400の物を使用してみました。
寸法的には’87GSX-R750とほとんど同じで、どこでも格安で手に入るので個人的には結構お勧めです。
ショックの取り付けはコの字型になりますけど。

この頃って確か12年前の25歳位だったかな~?

なんでステッカーをベタベタ貼っているかというと、これで草レースにも出ていたからですね。
このあたりは明日のブログで。。。

マフラーは昨日話したUSヨシムラ+RPM吉田スペシャルですね。
写真で見るとそんなに悪くないでしょ?

RPMのステッカーを貼っていると、昔の人?に声を掛けられる事があります。
こんなマフラー出ていたの?って。

う~ん偽物でもあるけど本物でもあるんだよな~(苦笑)

明日はレース初参戦ですかね。
あと、今日から六本木の東京ミッドタウンで、うちのクルージング・パーティーバス ダブルデッカーがクリスマスイルミネーションツアーを始めるので、その話題もちょっと入れますかね。

また明日お会いしましょう!!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/11/13(木) 08:11 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日から六本木の東京ミッドタウンでクリスマスイルミネーションが始まりました。
ミッドタウン1
ミッドタウン2
これは去年の写真なので、今年はもっと凝ってますよ~!

六本木ヒルズのけやき坂も凄い事になってますね。
ケヤキ東京タワー

これは、私が33歳の時に作った動く飲食店「ダブルデッカー」です。
日本で初めて保健所の認可を取得した、道路の上を走りながらお酒が飲めるお店は、私が考案して作り上げたんですよ~!!
ちょっと、凄いでしょ!(^^)
銀さ1

昨日からミッドタウンとコラボレーションして、クリスマスイルミネーションツアーが始まりました。
クリスマスパーティー、忘年会などに貸切でご利用くださ~い!!

詳しくはこちら↓↓↓

クルージング パーティーバス ダブルデッカー

近頃、私は乗ってませんけど、お声を掛けていただければお伺いしますよ~!!
でも、この時期は予約を取るのが結構大変なんですよね。

さて、前置きが長くなっちゃいました。
本題ですね。

筑波サーキットでライセンスを取得して草レースに参戦する事にしました。
友人のローレプに乗る淳君が某キャブレター会社に就職して社内チームに混ぜてもらったんですね。

皆さんは凄い方ばかりですが、私はチームに入ったというより、エントリーする時にチーム名を貸してもらった程度ですがね。。。
TOF6

TOF1
ちゃっかりテントに入れてもらっちゃって。

TOF5
車検の通し方も教えてもらい。

TOF4
こんなに広いコースを走った事がなかったので、どのラインを走ればいいのか全然解りませんでした。
基本的に言って、T・O・Fは普通のおじさんが週末を楽しむイベントとして始まったので、速くても遅くても予選さえ通れれば楽しめますよ~。

でも、このGSはもともとツーリング用に購入したので、ちゃんと普段は走ってましたよ。
TOF3

みんなとキャンプとかにもいきましたしね。
TOF2

このあたりからレースも楽しいもんだと思って、峠からサーキットに移っていくのでした。
これが、結構貴重な体験の連続だったので、また明日に続きますね~。

今日もポチっとよろしくね~。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ



2008/11/14(金) 09:30 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はガレージの片づけをしようと思ったんだけど、寒くなりそうですね~。

さて、昨日の続き。

とりあえず、ツーリング仕様にと思って購入したGS750E。

社会人にもなった事だし、峠よりもサーキットを走った方がいいかな~とも思ったりして。

私が一緒に混ぜていただいていたチームはTMRを製造している某メーカーの社内チーム。
それも開発チームの方々ですから、勉強にもなりますよね(^^)

1997年11月グランドスラムですね。
レース2
これを機会に新しいレーシングスーツにしました。
初めて?ちゃんとした装備を買った気がします(笑)
スタート前って緊張しますよね?
レース4


1998年5月トランスエコー
レース3
3回目になってくると、だいぶリラックスできるようになってきました。
レース1

それでも、走ってみると何か違う。
レース5

何が違うか解らなかったけど、正直のところあんまり楽しくない。。。

今だから解ったんですが、基本的に私は競い合う事自体が好きじゃないんですよね。
ゲームとかも嫌いで、点数とかタイムだとかを追求して速く走る事を楽しいと感じない人間なんだと思います。
これは今の仕事に対する気持ちも同じで、他人がどうであれ、自分の気持ちを最優先させるマイペース型。
はい。私はもちろんB型です。

この頃走っていながら感じていた何かの違和感はそういった気持ちが問題だったんでしょうね。

やっぱり、ストリートの方が楽しい。

走りたい時に走って、休みたい時に休む。
全開で走って追い越したツーリングライダーにトイレ休憩中に抜かれて目的地には遅れて到着する。

こんな当たり前の走り方が実は一番楽しい。

この頃の私は建築関係のメーカーで営業をしていて、いろいろと制限される状況になっていたんですよね。
これが、社会人になるという事なんでしょうが、何か違うと感じ始めた26歳頃。

明日は本来のサーキットを走る最初の目的。
私のカタナをサーキットで走らせたら速いの?という疑問の答えですね。

そのあとにレーシングキャブレターについてのお話に繋げていきましょうかね。

今日もポチっとよろしくね!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ



2008/11/15(土) 08:30 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日はゆっくりとしたお休みだったので、プチ田舎『八王子』での休日の過ごし方についてお伝えしましょう!!
ん?興味ない?(^^;

まず、朝一番から普段はしない散歩なんかに行ってしまいました。
散歩
我が家の愛犬、グレース♀&ハリー♂です。

八王子は散歩スポットが沢山ありますから、犬好きさんにはお勧めですよね。
というより、都内の人から見れば、散歩コースの中に住んでる感じかな?

午後からは、ゴミ捨て場になっていた私のガレージを片付ける事にしました。

前回の写真がこれ(--:
ガレージ1

ヒドイよね~。

まあ、本当にバイクは全部処分してしまおうかと考えていたので、吉田家ではCB1100Rもゴミの一部として扱われておりました。

さ~て、今日は頑張ってCB1100RとGS750Eを救出しなくては。。。

全部を片付けるのは到底無理なので、まずはゴミを処分してスペースを確保しなくては。。。

さて、今日は私が外で作業するから、炭でも起こしますかね。
???

普通は自宅で何でもない日にこんな事しませんよね?
でも、吉田家では普通にやります(笑)

ダッチオーブンの登場です!!
肉2
とりあえず、オーブンに食材を入れて、七輪に掛けます。

この間にどんどんゴミを出していくんだよね~。
いつかは使うかもって思っていた物はどんどん捨てましょう!!

ん?それは、いつかは乗るかもって思ってるGSもゴミって事か(汗・汗・汗)

だいぶ片付いたでしょ?
掃除


普通は七輪って一家に一つでしょうが、吉田家にはいろんな種類があるんですよね。
仕事をしている間に夕食の準備も着々と進む。
肉3

日も暮れて仕事が終わったらビールの時間ですよ~(^^)
肉1
今日も上手にできました!!

周囲からは何で都心に引っ越さないの?って言われますけど、こんな休日の過ごし方はプチリゾートライフじゃないとできませんからね(笑)

職場まで1時間45分も掛かるけど、バイクオタクには必要な環境なんです。

さて、今日は浅草のロンドンバスが最終日なので、これから行かなくちゃ。
浅草までだと、2時間位かな。

明日はカタナのお話に戻りますね。

ポチっと押してって!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ







2008/11/16(日) 10:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

明日から寒くなるみたいですね~。
灯油は買いましたか?今日のうちに準備をしておきましょう!

昨日は浅草ロンドンバスの最終日でした。
浅草終り
1時間以上待ちで大盛況でした。

さて、レースに出た最大の目的。
吉田兄がチューンしたカタナは速いのか?
という疑問ですね。

GSからパーツを移してカタナをレーサーにしてみました。
テイスト

ほとんど、街乗り仕様から保安部品を外した程度ですね。

当然、ジェネレーターは外してカバーをカットし、サイドスタンドの付け根もカットしました。
この頃の外装はアクティブのシングルシートを付けてましたね。

結果としては、直線は速かったです。
と、いうよりコーナーが遅かったです(--;

だって・・・本当にあの人達と走るのは怖いんですもん。

ストレートではトップグループのカタナにも置いていかれる事はないんですが、突っ込みと立ち上がりでは、じぇ~んじぇん話になりません。

この頃って、確か結婚してフルコミッションの外資系生保の営業マンになった頃でしたかね。

守らなくてはいけないものができて、フルコミッションの世界で生きていく人間にとっては、転倒して怪我をするなんて事はあってはならない状況でした。

ですから、コーナーで並んだら最後のところで引いてしまう自分がそこにはいたんですよね。
土日もなく働いて、オートバイに乗れる時間など無く、レースに出るといっても数日前の練習走行だけでした。
これではレースになる訳もありませんよね。

でも、これが働くお父さんの現実でしょうね。

確かに凄い人は沢山います。
でも、そういう方は生活の中心をレースに注ぎ込む位の情熱をもっている方々なのでしょう。

私には、そこまでの生き方はできませんでした。

そんな自分が見えてきたところで、カタナのエンジンも調子が悪くなってきて、そろそろレースは止めようと思いました。

でも、サイドスタンドのフレームも切っているし、メーターもウルトラのタコメーターだけにしちゃったから、直すのが面倒だな~。

と、思っていたところに1本の電話が・・・。

悪魔の囁きでした。

『よっちゃん、出物のCB1100Rがあるんだけど!!』・・・・。

見たくなかったんですよね~。自分自身が危険な行動を取る人間だと理解しているだけに。

あはははは(^^;

明日は折角なので、キャブレターについてお話しましょう!
今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/17(月) 08:14 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
もう11月も後半なんですよね。
営業マンのみなさんは、今月の目標数字は見えてきましたか?(^^)

さて、今日はかなりマニアックなネタです。

キャブレターについてお話しましょう。

正直言って私は友人がメーカーにいたので、かなり恵まれた環境におりました。

私のカタナは当初ヨシムラTM40Φを装着してたんですが、レーシングキャブレターって、こんなもんなのかな~?というレベルだったんですよね。

アクセルはメチャクチャ重いし、パワーも出てるんだろうけど、この程度なのかな~と。。。

でも、TMRに変えた途端に技術の進歩に驚きました。
これは多分、FCRでも同じだと思います。

何と言ってもアクセルが軽い!
そして爆発的なパワー!!

私はTMRが発売になってすぐにヨシムラTMR40Φを購入しました。

キャブ7

TMRを知っている方は、ん???と思いましたよね?(^^)

これが特注品です。
購入したのは、カスタムショップだったんですが、後に全てを組み直してもらったんです。

私のTMRは手組だった初期ロットなので、シルバーボディーに赤キャップ仕様ですね。
たぶん見た事ないと思いますが、ヨシムラステッカーも違うんです。

ファンネルは後から買ったヨシムラです。

この頃のヨシムラも通常のヨシムラTMRと同じセンターリンクです。
でも、私はお願いしてサイドリンク仕様に組みなおしてもらいました。
キャブ1

キャブ2

内部もMJNかニードル仕様かを選べましたが、私はあえてアクセルの付きにダイレクトに反応するニードル仕様を選択しました。
これは好みが分かれるところでしょうが、どっちでもいいなんて、贅沢な選択ですよね~。

カタナに40Φを装着する場合はインシュレーター接続アダプターで少しよろしくない部分があります。
この部分は実はメーカーではなく、販売元が仕様を決めたりするんですが、40Φだと太くて中々入らないんですよね。
更に問題なのが、筒状のアダプターとインシュレーター(ゴムの接続部分)で段差ができてしまいます。
38Φだと、ほとんどストレートになります。

これって、ポートとかの段差をピカピカに磨いている事を考えると許せない状態ですよね。

だからヤング吉田君は吉田兄にお願いしました。
『気になるんだけど、何とかして!』

あとは吉田兄がスペシャルな一品を作り上げてくれます。

数日後。。。

吉田兄。
彼は凄腕でした。

キャブからエンジンまでの距離はなるべく短い方がいい。
インシュレーターには装着し易くて、抜けにくい形状がいい。

それで、こんな形。
キャブ6
左が特注。右がノーマル(ショートタイプ)。

キャブは40Φだけど、ポート、インシュレーターのサイズは38Φが適正。

それで、こんな形。
こっちはキャブ側。(左右同じサイズ)
キャブ3

こっちはエンジン側。(左が小さく、右が大きい)
キャブ4

重ねてみると、こんなにサイズが違う。
違う言い方をすると、接続部分でこんなに段差が生じているのは問題ですよね。
キャブ5

つまりテーパー状に作ったんですね。

吉田兄に拍手~!!!!

彼は素人のレベルを逸脱してますよね。
まあ、この頃はNC旋盤を扱えるようになっていたので、普通の素人ではないんですが、絶対に商売ではやらないですよね(^^;

この程度の加工でそれほどパワーが上がる訳はありませんが、私のカタナはこういった小さな拘りが凝縮されていたのは事実です。

あと、キャブレター全般のお話ですが、よくZ用とかカタナ用ってありますけど、基本的にはZとカタナは同じ物ですからね。
エンジンのピッチが違うからCB用とかってなっているだけで、取り付けピッチさえ合えば何でも使えます。
単純に汎用品である単気筒用を4個繋げているだけですから。
あとはジェットを変えてセッティングしてください。
TMRとかFCRでしたら、ポン付けでも走りますが、基本的に若干のセッティングは必要です。

ちょっと話が長くなりましたから、明日また補足しますね。
ポチっと押して明日も見てね!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/18(火) 08:36 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

天気予報どおり寒くなりましたね~。

さて、昨日のキャブレターについての補足です。

サイドリンクに改造すると速くなるのか?

そんな訳ありませんよね~(^^;

セッティング

理由は簡単。
この写真は私達のツーリング風景です。
箱根かな?

以前にもお話したように私は走る事を目的にするツーリングには、あまり行きません。
なので、セッティングを目的にツーリングに行きます。(--;;

この写真ではタンクまで外して何かやってますが、サイドリンクの場合は基本的に、タンクを外さなくてもメインジェットの交換までできます。

もう一つの理由は、カッコいいからですかね(笑)
私の場合は全ての基本はカッコから入ります!あはははは~

あと、写真で解るようにヨシムラのヒートガードを付けておりましたが、これに付いてはちょっと悩みどころです。
確かにエンジンの熱でキャブレターのフロート内のガソリンが沸いてしまうのを防ぐ働きについては、評価するのですが、カタナの最大の問題である油温対策を考えるとかなりマイナスになります。
つまり、オイルクーラーのコアで温められた風がヘッドに当たり、キャブレター周辺を通って抜けていく構造なのにカーボンでできているヒートガードがあるために熱がこもってしまいます。

次回は取り外して何らかの対策を考えるべきだろうと考えております。

今日の一つ目のお話。

K&Nのパワーフィルターについてです。
かなりの確立で街乗りの方は付けてますよね?

私も付けておりました。
でも、メーカーの開発関係の方々とレースやツーリングに一緒にいると、様々な情報が入ってくるんですよね。
なぜ、フィルターを付けるのか?
ホコリやゴミが入るのを防ぐ為ですよね。

では、入ってしまったホコリはどうなるのか。
基本的に燃えてしまいます。
さすがに砂とかはよろしくないですが、ちゃんとリアタイヤからの巻き込みを防ぐプレートをキャブレターの後に付ければ、ほとんど砂を巻き込む事はありません。

K&Nのフィルターは低回転では良いのですが、全開で走っているとギュ~と縮んでくるんですよね。
なので、走る状況によって変わるからセッティングが解らなくなってきちゃうんです。

きちんと気を使って乗っていれば、ツーリングをメインにした直キャブ仕様で1万キロとか走ったエンジンを開けてみても綺麗なんですよ。

さすがに10万キロをノーメンテナンスで乗りたい方はちゃんとエアクリーナーボックスを付けて走った方がいいと思いますが・・・。
そういう方にはレーシングキャブレター自体をお勧めいたしません。

もう一つのお話はセッティングについて。

初めての方はキャブレターのセッティングマニュアルなんか見ても何の事かさっぱり解りませんよね(笑)
簡単に言うと、アクセルの開度によって担当しているジェットが違うだけなんです。

ちょっと簡単にTMRのセッティングについてお話しますね。
超初級編ですよ。
レースとか自分でセッティングできる人にとっては、常識内容ですから細かい事は書きませんよ。

まず、アクセルのグリップに白のマジックで線を書きます。
スロットルホルダーにもマーキングします。
これが、全閉状態です。

全開状態でも同じようにスロットルホルダーにマーキングします。

その真ん中にもマーキングします。

これで、全閉・真ん中・全開の状態がつかめましたね。

あとは、その領域で担当するジェットを交換していきます。

アクセルのツキの部分で大きく担当しているのはPS(パイロットスクリュー)。
PSはパイロットジェットとパイロットエアジェットで作られた混合気の量を調整するスクリューです。
この部分はFCRと構造が違うので注意してください。
FCRはエアスクリューで空気の量を調整する仕組みだったと思います。

中間域はニードル。
最初の頃はニードルの番数を変える事など考えずに、クリップの位置をずらすだけでセッティングしてください。
細かい事まで考えていると、解らなくなってセッティングが楽しくなくなっちゃいますよ。
メインジェットの穴にテーパー状の針が刺さってますよね。
クリップを上げれば、穴と針の隙間が狭くなるので、ガソリンは薄くなります。逆に下げれば隙間が沢山開くので、多くのガソリンが出るようになり濃くなります。

全開域ではメインジェットが担当します。

でもメインジェットを交換すると、ニードルのお話で解るように中間域でも影響がありますから、この辺りも考慮してください。

これを何回か繰り返していると、気持ちよく回るセッティングが見えてきますよ。

細かくお話をすればキリがないんですが、そこまでの事を考えていると、嫌になってきちゃいますから、最初の頃はこの3か所だけにして、どうしてもそれ以上のセッティングを出したい場合にはセッティングマニュアルの本を読んで勉強してください。
ここまでの内容が解るようでしたら、マニュアル本を読んでも、ジェットの担当域のグラフ図が理解できると思います。
その上で各ジェット類を揃えていってくださいね。

でも、ジェットって揃えると結構高いじゃないですか~。。。
それで、手を出してしまうのが、『デイトナ』のジェットセット。。。

私もそうでした。

4種類位が入っていて、これを買えば単品で買うより安いかな~と。

セッティングを出したいなら、とりあえず全部捨ててください(--;

何故かというと、同じ160番でもデイトナのは純正に直すと162.5~165番の穴径なんです。

これでセッティングの迷宮に迷い込んだ人が何人いたことか。。。

私もメーカーの友人に聞いて迷宮を脱出した一人でした。

TMRの場合はポン付けでも走れます。
基本的には、2.5~5番位の幅でメインジェットを持っていれば、1年中気持ちよく走れるはずです。

実はほとんどメンテナンスフリーなんですね。
CRスぺシェルとは大分違いますね(^^;

でも、必ず注意していただきたいのは、エンジンそのものが調子が良いことが条件です。
レーシングキャブレターの場合はこれが大前提です。
調子を崩したエンジンに高性能キャブレターを付けてもダメです。
いつまでもセッティングが出ない方は、エンジンのオーバーホールを先に考えなくてはいけない状態かもしれませんよ!

セッティングが出せるようになってくると、本当にバイクって楽しい乗り物だと実感できますから、頑張ってくださいね~!!
TMRはハイパーノズルなので、ピュ~~~って鳴くんですよね。
あの直キャブの吸気音はたまりませんよ。オタクですね~(笑)

今日もポチっとよろしくね!コメント・メールもお待ちしておりま~す。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/19(水) 08:38 | コメント:9 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
赤バス


昨日は浅草で終電まで飲んでいたので、朝がツライ。
さっき中央線で家に帰ったのに、今はまた中央線で通勤中です(^^;
まだ酔っ払っていて、昼過ぎまで仕事になりませ~ん。

昨日は、振袖さんに舞っていただきました。
振袖さんって知ってます? ↓↓↓

振袖さん

京都は舞妓さん。浅草は振袖さんです。
25歳が定年なんですよね~。
今日は六本木あたりで飲むのかな~。また終電なんだろうなぁ。

さて、今日はフレームについてお話しましょう。

近頃のカスタムバイクって、ほとんどの車両が補強を入れてますよね?
補強って何の為に入れるんでしょう?

コーナーとかで、耐えきれなくなってフニャフニャするのを抑える為でしょうか?
そんなに必要なのかな~???というのが私の考え。

RS系のZは当然補強を入れなくては話になりませんけど。。。

フレームだけを見た事ってありますか?
ZⅡなんかは、本当に補強が入っていないので、ヨレてしまうのは仕方がありません。
CBも首回りが弱いとよく言われますよね?

では、カタナってどうなんでしょう?

都市伝説のようにカタナのフレームは弱いという話を聞きますが、フレーム構造を見てみると、ちゃんと補強は入ってますよね?
補強を入れれば、当然鉄板や鉄パイプを溶接するのですから重くなります。

本当に高速域でヨレるのでしょうか?

少なくても私のカタナは220キロで両手を離してもまったく振れませんでしたし、そのまま針がメーターの数字の無い所を指しても大丈夫でした。
更に、その速度域で緩いコーナー中にレーンチェンジも普通にしておりました。
当然、サーキットではない場所です。

どれくらいの補強を入れていたかというと、スイングアームのピボット上に入れる『YRP』さんのアルミでできたダイレクトマウントキットのみです。
定価3万円位のをフリーマーケットで1.5万円位で買いました。

純正マフラーが補強の意味もあると言って、集合管にしたり、タンデムステップを切ったりすると強度が落ちると言われた時期もありましたが、私の場合は全く問題ありませんでしたよ。

これって、ライダーの乗り方も大きいと思うんですよね。
以前に『もて耐』にCBR900で出させていただいた時には足回りをイジッているCBRで裏のストレートで振り落とされる位に振られました。
でも、私の憧れる『カミ様』のアドバイスで乗車ポジションと荷重の掛け方を直したら収まりました。

最新のバイクでもそうなんですから、旧車では尚更です。
ドッカリと座りこんで車を運転するように走っていたら、ダメですよ~。
バイクはスポーツですから(笑)

あと、以前にもお話しましたが、フレーム補強を入れたから振られるという事もあります。
ちゃんとしたノウハウのあるチューニングショップが溶接するならいいのですが、溶接をすると、鉄は冷める時に必ず収縮します。
つまり、引っ張ってしまって、フレームが歪んでしまうんですね。

他には、一番多い問題として足回りを変えている事があります。

見た目を重視して太いタイヤを履かせたり、太いスイングアームや補強を入れたりしていませんか?
過度なハイグリップタイヤを履けば、当然フレームに負担が掛かります。

あとは、きちんとメンテナンスができているかどうか。
ベアリング交換、グリスアップ、空気圧、タイヤの摩耗は大丈夫ですか?
基本に戻る事は大事ですよ。

少なくとも、私程度のレベルで考えると、峠でクランクケースを擦って走ったり、ツーリングでメーターの数字がある範囲内までのスピード域でも満足できるなら、それほどのハイグリップタイヤは必要ないと思いますよ。

ただし、これがサーキット走行や最高速チャレンジの方だと話は違います。
ちゃんと補強して、全てをクリアーしていかないと、筑波のS字とかで宙を舞ってしまいますよね(笑)
最終コーナーをギリギリまで突っ込んでガツンとフルブレーキングするレーサーレプリカみたいな乗り方をする鬼走りライダーとかね。

自分の走るステージと速度域に見合ったチューニングをすることはとっても大事な事。

でも、誰でも一度は太いタイヤに憧れるもの・・・。

ヤング吉田君もそうでした。

それで、やってしまったのが、CB1100R。

正直失敗だったなぁ~。

そろそろ、1100Rのお話から、今現在のお話に繋げていきましょうかね。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/20(木) 08:38 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
グレ花
今日は写真が無いので、グレース♀にしてみました。

昨日は終電前に帰れたので今日は大分楽ですね。
それでも1時頃になっちゃいましたが。。。

さて、この前のお話の続きですね。

1本の電話。。。

『よっちゃん!掘り出し物のCB1100Rがあるんだけど、見るだけ見てみない?』

頼むから、オイラにそんな電話をしないでくれよ~!!

何でも、オーストラリアから輸入した状態で放置されているらしい。
状態はかなりヒドイみたい。

とりあえず、教えてもらった電話番号に電話をすると、ウサン臭いオヤジが電話に出て、調子のいい事を言うんですよね~。
でも、このオヤジ。もともと『もて耐』でお世話になったチューニングショップで働いていた人。
普通のチューニングショップじゃなくて、様々な雑誌とかでも連載記事を書いている位のチューニングの世界ではとっても有名な方のお店。

まあ、その繋がりなら大丈夫かなぁ~と思って横浜まで、見に行きましたよ!
見るだけですよ!と念を押して。。。

見るだけのハズは無いですよね~(笑)
わざわざ八王子から行くのに(^^;

チューニングショップへ行くと、バイクは別の所にあるからと言われ、車に乗せられ10分位で友達の居酒屋さんに到着。

ん???大丈夫???

裏手に回ると、シートは掛かっていましたが、ほとんど野ざらし状態で朽ち果てたCB1100Rが転がってました。
じぇじぇ~。
これかよ~!!

カウルは割れ、タンクは凹み、ウィンカーはもげて足回りは錆び錆びでオイルじゃじゃ漏れ、シートなんて何度も転倒の痕跡があります。
エンジンは掛かっていたと言うけど、バッテリー上がりで不動状態となってました。

はっきり言って、ただのゴミ。。。

でも、よく見ると、フレームは曲がってないみたいだな~。

価格を聞くと、そのオヤジは事もあろうか、このゴミを60万円だとヌケヌケと言うじゃないですか!!
普通の神経じゃないですよね~。
どう見てもkg当たりいくら?という状態ですよ(笑)
その頃で普通の1100Rが120~130万円というところでしたでしょうか?
どこにそんなゴミを買うアホがいるんだよ~!!

・・・・。

その時、その現場にはアホがいたんですね~。

チャリ~ン!!お買い上げ~~~!!!!!!!!

運命なんてそんなもの(笑)

ゴミだと思うから、ゴミになるんです。
ダイヤの原石だと思えば宝に見えるんです!!

どうせ、エンジンが掛からなければ、フルオーバーホールすればいいし、カウルはFRPだから自分で補修するでしょ!
足回りは、どっちみち全部何かを移植するつもりだから、ノーマルなんかいらないや!!

と、いう事は使うのはフレームだけかな?
あとは、とりあえずパーツが付属で付いてくれば何とかなるかな~。。。

何てポジティブなんでしょうね(大笑)

こうして、部品取り?の1100Rは吉田家にやってきたのでした!

明日からは1100Rのお話ですね。
カタナ関係の方はちょっと、お待ちくださいね。

あれ?ところで、カタナはどうなちゃうんだろう?
気になったら明日も見にきてちょ~!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/21(金) 10:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日から3連休ですね。でも中途半端な時間でお仕事が入っているから、何もできないかな~。

さて、昨日のCB1100Rを買ったところからの続きですね。
昔から一度は乗ってみたいと思っていたバイクなので、嬉しかったんですが、カタナを買った時ほどの感動はなかったですかね。

とりあえず、怪しいオヤジが軽トラで納車に来て、お金を払い書類関係を受け取りました。
それじゃあ、また近いうちに連絡しますね~なんて感じで・・・。

このシチュエーション。今後何が起きるか何となく想像できてきました?・・・。

まず、腐ってもCB1100Rですから、洗車してワックスを掛けてみました。
CB購入2

CB購入

CB購入3

こうして見ると、それ程ヒドクもなさそうに見えますね。

でもね・・・。

カウルはRDでもカラーリングはRC。
エンジンはRB。
フレームはRC。

とりあえずバラしてみたら、ヘンテコなワッシャーとか違う種類のボルト(いわゆるネジ?)で組まれていて、シートなんか裏のベースがバキバキに割れていて針金で留めてありました。

カウルステーも曲がってますし、カウルは何度も転倒を重ねて全体が割れ、補修を繰り返してました。
レースに使われていたのかもしれませんね。

エンジンなんて、フレームに積んだまま管スプレーで塗られてますからね(--;

まあ、想定範囲内でしたけどね。

それよりも、書類上で重大なトラブルが発生したので、オヤジに連絡してみると・・・。
繋がらない???

車両を保管していた居酒屋さんに行ってみると、オーストラリアに移住してしまって、暫くは戻らないとな。。。

じぇじぇ~!!やられた~!!!!

私の場合はその居酒屋さんが、連絡を取ってくれて、何とか処理はできたのですが、いくら顔を知られた人であっても、個人売買はちゃんとやらないといけません。
いくら有名店の関係者であっても、個人的な問題はお店としてはノータッチですからね。

とりあえず、全部をバラしていく事にしました。
見れば見るほど、ヒドイ状態。
ホイールなんて、固着して外れませんでしたからね。

私はガレージを持っているから、作業途中でもその状態のままにしておける恵まれた環境。

なので、マシーンは上げた状態にします。

さっそく溶接機を出してきて、もらってあった錆びたアングル材をカットして作業用スタンドを作ります。

スタンド2
これで、前後の足回りを外しても、安心して作業ができるようになります。

スタンド1

分割タイプで作る事で、ジャッキアップすれば簡単にセットできる仕様にしました。

明日からは寄せ集めパーツで組んだCB1100Rのお話に本格的に入っていきますね。

あっ!60万円払ったら、カスタムするのに必要なお金が無くなっちゃた!!
どうしよう!!あと20万円位あれば何とかなりそうなんだけどな~。
じ~~~~。。。。目線の先にある物は(-_-);;

何が目線の先にあったのかな?
ポチっと押して明日も見に来てちょ!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/22(土) 09:33 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日もダッチオーブンを出してみました。
焼きリンゴ1

何が入っているのかな~?

じゃじゃ~ん!焼きリンゴだよ~ん。
子供達が喜ぶんですよね。
普段、家にいないお父さんはこういうところでポイントを稼がなくちゃ!!
焼きリンゴ2

さて、昨日の続き。

CB1100Rを買ったのはいいんだけど、お金が無くなっちゃったんですよね。
お解りのように16歳から、オートバイに夢中になって生きてきましたから、寄せ集めのパーツは持ってますから、大きなお金は必要としませんが、それでも20万円位は無いと、何もできません。

ガレージを見渡すと・・・。
レーサーカタナ

そこには、19歳の時に買って、数々のトライアンドエラーを繰り返してきたカタナがありました。

この時って今から5年前の32歳位だったでしょうか?

サイドスタンドのフレームも切っちゃったし、ハーネスとかも、結構イジっちゃったなぁ。
面倒くさいなぁ~。
エンジンも多分、全部オーバーホールしなくちゃいけない時期だよね~。
ざっくりと見積もって、50万円かぁ~。

レースでもお世話になっていた、お友達のバイク屋社長Tさんに電話。。。

「あの~Tさん、CB1100R買ったら、お金無くなっちゃったんですけど、カタナのレーサー部品取りに買いませんか?」

「いくら欲しいの?」

「たぶん1100R作るのに20万円が必要なんですけど」

「よし、買った!」

「よし、売った!!」

売る時なんて、こんなもの。

ここまでくるのにいくら注ぎ込んだんですかね~。

まあ、知らない人に乗られる位なら、知り合いが何かに使ってくれた方がいいかと思いまして。

さすがに独身貴族と違い、結婚して娘が二人いる生活では、3台も所有できませんからね。

最後の別れの時はさすがに寂しかったな~。
軽トラに積まれていく私のカタナ。
色んな思い出もあったなぁ。
13年間、転倒等では一度も傷を付けた事がない思い出のマシーン。

「吉田君、どうしてもまたカタナに乗りたくなったら電話でもしてみてよ。」

そんな事言ったって、部品取りでバラバラになっちゃうんだよね~。

さて、気持ちを入れ替えて、CB1100Rを作るぞ~!!

これが、今から5年前。
足早にお話しましたが、私の若い頃を振り返る「バイク少年記」は第1章として今回で完結します。

これからは、気付いたらいつの間にかオヤジになってしまってた私が、1100Rを作り上げた後にバイク生活を止めてしまう第2章ですね。

CB1100Rについては、現車があるので、少し細かくお伝えしていきましょうかね。

お客さ~ん。まだまだ目が離せませんよ~!!
ポチっと押して、また明日をお楽しみに~!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/11/23(日) 09:30 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日の八王子はイチョウ祭りだった事もあり、大渋滞でした。
仕事だったので、駅までバスで行こうと思ったら、渋滞してたので歩いてしまいました。
歩くと30分位なんですが、バスを5台位追い越しましたよ(^^)

さて、今日からはCB1100Rのお話ですね。

予想していたとは言え、バラせばバラす程、悲惨な状態でした。
実際には3台~4台の寄せ集めで組まれていたみたいですね。

本当なら、きっちりとパーツを揃えて組んでいけばいいのでしょうが、私には20万円の予算しかありません。
幸いにも吉田兄の元にCB750Fをカスタムした部品取りが放置されておりましたので、とりあえずはこのパーツを使わせてもらう事にしました。

ホイール類はFZR750とハヤブサとNSRの3種類が前後セットでありました。

FZR750ならば、750Fに前後一式で付いているので簡単なのですが、せっかくなので一度チャレンジしてみたかった極太タイヤを使ってみますかね。
たぶん乗りにくいんだろうな~とは思っていたんですけど、格好重視の私としては、一度くらいは・・・ねぇ(^^;

結果としては、先に言っておくと案の定失敗でした(--;;

CB-R1

CB-R2

リア

写真で見ると、バランス的に言って悪くなさそうですよね?
真っ直ぐ走りそうでしょ?

確かに真っ直ぐには走るんですけど・・・。

明日からはちょっとずつ詳細についてお話していきましょう!

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/24(月) 10:24 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

連休はどうでした?

さて、今日からは、CB1100R編ですね。

まず、手始めにフロント回りからお話しましょう。

以前にもお話しましたが、基本的に私のやり方は邪道ですから(笑)
所詮、ガレージにストックしてあったパーツを不動車にくっ付けて走れる状態にした程度です。

こういう事に興味がある方は参考にしてみてください、というレベルですからね。
予算があればこんなパーツのセレクトもしませんし、お勧めもしません。

予算的に余裕がある方には、できるだけカスタムショップに全てをお願いするか、もう一つは専用のレーシングパーツを購入する事をお勧めします。
レーシングパーツの装着はマシーンの性能を上げる基本であり、早道でもあり、ポテンシャルアップで言うと最終的な到達点では安上がりになります。

でも、私には20万円の予算しかなく、何よりも自分で作るのが好きだからこの道を選んだまでです。

前置きが長くなりましたね。
フロント編です。

フロント1

今回のパーツセレクトでは、本来なら18インチのフロントホイールを使いたかったのですが、手元にある18インチはCB1000SFしかありませんでした。
CB1000SF用では、さすがに太すぎます。

仕方なく17インチにしますが、隼用も太すぎるので、今回はNSR用を使用する事にしました。

フロント2

フロントフォークはCB1000SF用があったので、これを使います。
本当は、あと2センチ位長いのが良かったんですけどね。
とりあえず様子を見る事にします。

この内容でしたら、一般的に言ってCB1000SFのステム回り一式を購入して加工すれば簡単に装着できます。

でも、私はもう少しクイックなハンドリングにしたかったので、オフセットを減らしてフォークピッチを広げられるGSX-R750用を使用しました。
これだけ新品を購入しましたが、43Φの90年式あたりの物だった気がします。

明日からは、細かい装着方法についてお話しますね。
ポチっと押して、また明日~!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/25(火) 08:23 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はフロントブレーキについてお話しましょう。CB-R

ホイールはNSR250用の3インチ幅を使ってます。
本当はマグテックを用意しておいたんですが、作業後にガレージの外に置いていたら、盗まれちゃいました。
実はもらってきたホイールだったんで、いつ盗まれたのかも解らなかったんですけどね(^^;

断念した隼のホイールは3.25幅かな?
タイヤサイズは両方とも120-70-17なんですが、CBに取り付けるにはタイヤの丸みが緩過ぎます。
もっと尖がってないと、古いバイクのカスタムでは、ヒラヒラした切り返しができなくなります。

NSRのディスクは275Φです。
私は大きなサポートやBIGキャリパーがあまり好きではないので、純正っぽく仕上げました。

ディスクをCB1000SF用に交換します。
ボルトオンで310Φになります。
このあたりはCBR400RRのホイールとかも一緒だったと思います。

フリーマーケットでVTR1000のキャリパーが2000円で売ってたので、購入しました。
たぶん、CB1000SFと色違いなだけだと思います。

VTR

GSX-Rのステムを使っているので、7ミリのカラーで調整してます。

実は、オフセットでいうと、偶然にもNSRのキャリパーだとピッタリなんですよ!
NSR

でも、NSRキャリパーにはネジが切ってないんです。
ですから、カラーを入れてでもVTR用を使います。

17インチにした事でフェンダーとタイヤに隙間ができて間抜けになっちゃいますから、拾って来たVFR-400のフェンダーを取り付けました。
フェンダーアングル

アルミのアングル材を使って2センチ位下げてます。

この部分でのカスタム費用は余り物ばっかりでしたから、3000円位で済んだでしょうか?

フリーマーケットで思いだしたけど、もうすぐテイストオブフリーランスの時期ですよね?
12月の初めでしたっけ?

レースよりもフリーマーケットを目的に行ってみようかな~。

今日もポチっとよろしくね~。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/26(水) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日も飲み過ぎて・・・。
朝から反省。。。

さて、今日はタコメーターですね。
タコメーター

カタナのレーサーに使っていたウルトラ製を使用しております。

このタコメーターってステッピングモーターを使っているから、ビュン!ビュン!ってスゲーカッチョイイ動きをするんですよね。
でも、これを付けても速くはなりませんよ(笑)

全体的なメーター回りはこんな感じで、トップブリッジにCBの純正ヒューズBOXを付けてます。
普通はどこかに移設するんですが、私はあえて純正っぽくしてみました。
フロント4

マスターシリンダーは古いロッキードが転がってましたから、これを使用しました。
フロント3

昔は何でもいいから大径ピストンを使用したマスターシリンダーにして、カチカチのブレーキが効くもんだと思ってましたが、ギュ~っと握っていったところで効くブレーキじゃないと細かいコントロールはできないんですよね。

経験を積み重ねると自分の中の常識も変わってきますよね。

さ~て。
そろそろ仕事の時間ですね。
今日もポチっと押してお仕事を頑張りましょう!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/27(木) 08:02 | コメント:8 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

バンサンカン
今日の写真はグレース♀が初めてファッション誌に登場した時の写真ですね。
右側だよ~ん。vansankanだったかな?

今日は雨ですね~。
でもこの時期の雨って、ホウレン草とかの発育にはどうしても必要ですから恵みの雨なんですよね。
近所に農家がないと、そんな事は気にもした事ないでしょ?

さて、昨日の補足ですけど、三つ又のお話です。
トリプルツリーとも言いますね。

私は43ΦのCB1000BIG1フォークを使うので、GSX-R750の最後の正立フォーク用を使いました。
フロント4

写真で解るようにオフセットは少なめです。
普通にツーリングを目的にするならBIG1用をそのままごっそり移植した方が良いと思いますよ。

取り付け加工ですが、ベアリングの外径がCBとGSX-Rは同じなので、GSX-Rのベアリングを使えば簡単です。

しかし、当然の事ながら長さが短いです。

普通はカスタムショップでは、プレスで抜いて、削り出しでつくったステムシャフトを圧入します。

でも、私にはそんな予算はありませんでした。

とは言っても3万円位で作れるんですけどね(^^;

超簡単、安上がりな方法は・・・。

サンダーを用意して、シャフトの真ん中で半分に切断します。
CBのノーマルシャフトの長さを計測して延長するボスを作ってもらいます。

普通はボスを作れる環境なら、シャフトごと作ってもらっちゃうんですけどね(^^;
昔は何かのアクスルシャフトの外径がステムシャフトの内径とピッタリ同じだったので、それを使ったんですけどね。

それを持って、近くの板金屋さんに行きましょう!!

この時はビールの6缶パックを持参しましょう。
今後のお付き合いを考えると、500ml缶にした方がベターです(笑)

後は笑顔でお願いするだけ。。。

ほ~ら、CB1100R用の三つ又の出来上がり!!

この部分は引っ張りに対する強度があれば大丈夫なので、キチンと隅肉溶接ができる板金屋さんなら問題ありませんよ。
フォークを仮組して、ストレスなく入るかどうか歪みのチェックは忘れずに!

この部分は新品を買ったので、セットで15000円位だったのかな~?

フロント回りは全部で2万円は掛かっていませんね。

安くできたでしょ(笑)

明日はリア回り編ですかね。
先に言っておきますが、ハンドリングから言うと失敗作です。
格好重視の太いタイヤは止めた方がいいですよ(汗・汗・汗)

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/28(金) 09:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

今日は午前中にガレージの片づけをしました。
さて、質問。
これ、な~んだ?
シュポシュポ

みなさん知ってはいても持っていないでしょ?(笑)

シュポシュポ。正式名称は何だろう?

3年位前にチビ人間②がトイレを詰まらせて・・・ヒエェ~!!

その時に買ったんですけど、さすがにもう使う事はないだろうとうと思って処分ですね(^^;;

今日の本題。

CB1100Rのリア回りですね。
リア1


先日もお話しましたが、事もあろうか隼の6インチホイールを履いてしまいました。

マッチョな後ろ姿に憧れたんですよね~。
ろくな事にならないだろうな~とは思ったんですけどね(笑)

とりあえず、真っ直ぐには走りますよ。
峠ではヒラヒラとした切り返しができなくなるので、私の好みとは全く違う仕上がりになってしまいましたけど。。。

サーキットとか、限られた環境で走る分にはタイヤの選択肢が大幅に広がるから、メリットはあるんですけどね。
リア3

リア2

ブレーキ回りは昔フロントに使っていたロッキードの2ポットです。

リア4

チェーンは530サイズでタイヤは1サイズ落して180を履いてます。

CBはカタナと違って、スイングアームピポット幅が広いんですよね。
ですから10ミリのオフセット、ドライブスプロケットを使用すればフレームの加工無しで取り付ける事は可能です。

スイングアームはFZR750の初期型を使用してます。
ピボット幅、シャフトサイズまでピッタリ同じでボルトオンです。

リアサスの取り付けだけ加工すれば、お手軽ですね。

私の感覚だと、スイングアームの強度も、この位でとどめておいた方がノーマルフレームにはいいと思います。

あっ!
知っている人は知っているんですけど、1100RはFと違って、エンジンマウント部が分割式ではなく一体型です。
モリブデン鋼を使用しているんですよね。
Fの場合、激しい乗り方をしていると、ダウンチューブの取り付けボルトが吹っ飛ぶので、定期的に増し締めチェックが必要ですよ。

この違いが1100Rのフレームは高値で取引される理由でもあります。

こんな感じで1100Rは全部で5万円位で作ったでしょうか。

あとは、乗車人数も一人にして構造変更を掛けた車検ですね。
この部分は私の知り合いがスペシャリストなので、全てお任せして15万円位だったでしょうか。

ほとんど予算の20万円で乗れる状態になりました。

せっかく組んだCB1100R。。。

しかし、人生には転機が訪れるものなんですよね。。。

明日はそのあたりのお話を・・・。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/29(土) 13:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は私の夜遊び?についてお話しましょう。

みなさん、浅草へは行ったことあります?

私はロンドンバスの関係で浅草のみなさんには本当にお世話になりっぱなしなんですよね。

昨日は、先日もお話しました『振袖さん』と一緒に夜遊びしてきました。
と、言うより、帰れなかったので、まだ浅草にいるんですが(笑)

↓↓↓
振袖さん

浅草と言えば「浅草寺」ですよね。
浅草5
浅草4
浅草3

数年前から浅草寺は五重塔をライトアップしていて綺麗なんですよ!
浅草2

昨日は「お酉さま」だったんです。
浅草1

振袖さん達は毎年、熊手を買いに訪れるんですよね。

そこに今年は私もお呼ばれした訳です。

当然、その後はお寿司屋さんで宴会となる訳ですが。。。

振袖さんは18~25歳です。
私服姿とは言え、宴席では全ての接客を完璧にこなす彼女達10人との宴会が楽しくない訳もなく・・・。

また飲み過ぎてしまいました(^^;

私は振袖学院を経営されている社長さんに可愛がっていただいているので、いつも御馳走になっておりますが、これを自腹でやったらとんでもない請求がくるんでしょうね。

あっ!ちなみに振袖学院の会長さん?は石坂浩二さんなんですよ。

私の人脈って不思議でしょ(笑)

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/11/30(日) 08:22 | コメント:4 | トラックバック:0 |
ブログ内検索