プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。
初霜

今日は寒いですね~。
八王子では初霜ですかね?

奥多摩は凍っているのかな?
昔、コーナーを抜けたら雪だった事があったので気を付けてくださいね~。

さて、CB1100Rをとりあえず組んで、車検を取ってからのお話ですね。
CB車庫

その頃って、34歳外資系生保の営業は5年目位、子供が4歳と1歳という状況でしたかね。

なんとなく生活環境が想像できますか?

365日ほとんど休みは無い状況です。
正確には休んでいるんですが、どこまで仕事か遊びかがわからないのがフルコミッションの営業なんですね。
毎日夢の中まで仕事の事を考えている状況でした。

それでも、たまに休みが取れると朝方奥多摩へ向かいます。

朝、6時頃。
家族が寝ている間に、そ~っとレーシングスーツに着替えて。。。

カタ・カタ・カタ・・・・。

静かにガレージを開けてバイクを出し、通りまで100メートル位1100Rを押して行き、エンジンを掛けると暖機もそこそこにそろそろと走り出すんです。

そして、奥多摩へ向かいゲートオープンを待ち、2周位走ると9時~10時には家に帰ってきます。

そんな生活を家族が良く思う訳ないですよね(^^;

自分では、十分なゆとりを持った走りで流しているつもりでも、帰ってくる旦那を見ると汗だく状態でバンクセンサーはガリガリに削れているし、ジェネレーターカバーもアンダーカウルも擦ってるんですから(笑)

当然、バイクに乗るのには猛反発されますよね。

子供は小さいし、休みがほとんど無いんだから、たまの休日は家族サービスもしなくちゃね。。。

肩身の狭いお父さん。

何となく、気持ちを入れて走る状況ではなく、段々とエンジンを掛ける回数も減り・・・。

そんな時期に、以前から知り合いだったロンドンバスを広告媒体として走らせている社長さんからのお話が。。。

私の仕事のスタイルは、お客様の仕事に関係する様々なニーズをビジネスパートナーとしてお手伝いする事から始まります。

もっと目立つ広告媒体を考えて欲しいとのリクエスト。

ここからロンドンバスの事業を本格的に手伝う事になり、単なるラッピングバスではなく、劇的に目立つ広告媒体の開発を始めました。
そこで『お客さんがお酒を飲みながら銀座とかをロンドンバスに乗って走っていたら、絶対に目立つよな~』という発想が生まれたんですよね。
考えたのは通勤途中の中央線の中でしたっけ。

それが日本初となる道路の上を走りながらお酒が飲める飲食店
『Cruising Cafe&Bar DOUBLE DECKER』。
屋形船と、はとバスを組み合わせたみたいなお店ですね。
今の「クルージング パーティーバス ダブルデッカー」の前身です。

この件については、そのうちにまたお話します。

本業の傍ら、日本初の新事業の立ち上げ。

さらに時間が無くなりました。

そうこうしていたら、車検の時期があっという間に来てしまい・・・。

でも、来年は車検を取ろうと思い、廃車にはせずにガソリンを抜き、いつでも走れる状態にはしたのですが・・・。

また3月が来て・・・。税金を払い。。。

また3月が来て・・・。税金を払い。。。

いつしかガレージはゴミ捨て場となっていったのでした。

何だか絵にかいたような、普通のオヤジになっていくパターンですよね。

でも、忙しさを理由に守りの体勢に向かい過ぎているんじゃないかと思い始めた今日この頃。
周りからは十分に綱渡り生活で危険な家族だと言われておりますが(笑)

そろそろ、またバイクに乗ってみようかな。

『まだ、いけそうな気がする・・・。』

続きはまた明日。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ





2008/12/01(月) 09:16 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

そろそろ忘年会シーズンですね。
『うこんの力』がいっぱい売れるんだろうな~。

さて、昨日の続き。

完全にオートバイの世界から去ってしまって、もうすぐ4年になるのでしょうか。

乗りたいと思うと、いろいろな思いが込み上げてきます。

正直のところ、CB1100Rって私の中では、一度は乗ってみたいと思っていたんですが、本当の意味で気持ちを入れて乗れてなかった気がします。
確かに、峠とかツーリング先でのパーキングとかでは目立ちますよ。
そりゃ、1100Rがフルバンクでコーナーを立ち上がってきたら、知ってる人はビックリしますもんね。

でも、私の中では違うんですよね~。

やっぱり、最後にはカタナに戻りたいと思います。
奥多摩


近頃のカタナっていくらくらいするのかな~?ちょっとお友達のお店をググッてみますかね。。。

グーバイク・・・バイク屋モビー・・・系列店のアイアンマン・・・
↓↓↓
バイク屋モビー

おー!さすがモビーさん。
いいバイクを揃えてるね~。

おー!!私好みのカタナがいい状態であるじゃないの!!

モビー・アイアンマンは、3つのランクで販売してます。
A・オークションから引っ張ってきた現状
B・メンテナンス済み
C・フルオーバーホールorカスタム

とりあえず、挨拶がてら大宮まで営業回りのついでに行ってみました。

吉田:『ち~す!!何だかもう一度カタナに乗りたくなっちゃったんで、安くてレストアベースの車両はありませんかね?』

社長:『オイオイまたこっちの世界に戻ってくるのかい?』
(これまたマンガの世界みたいなセリフを言うんだよね)

社長:『またあのカタナみたいなの作るの?』

吉田:『はい、あのカタナと同じ仕様でもう一度走ろうかと思います。』

社長:『吉田君・・・・。君のカタナはあのまま倉庫に眠らせてあるよ。もう一度戻って来いよ!』
『普通はこんな事しないけど、吉田君ならそのまま20万円もってきてくれたら、持って帰っていいよ。』

吉田:『社長~~~!!!!!』

そう、このモビーの社長こそ、私のカタナを20万円で買ってくれたT社長だったんですね。

『カタナに乗りたくなったら連絡して』って言ってたのは本当だったんですね。

本当に涙が出るほど嬉しかったですよね。

さあ、明日はカタナを引き上げに行くお話です。
感動のあまり、泣かないでくださいね。あははは。

今日はポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/02(火) 08:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日の続きですね。

中古のカタナでも探そうかな~と思って、連絡したら私のカタナが倉庫に眠っている事を知ったところからですよね。

眠っていると言っても、部品取りとして売ったので、動かない状態なんですけどね。

早速、普段はグレース♀をドッグショーに連れて行くのに棚を設置している我が家のファミリーカーVOXYの後部座席を外して、戸田にあるアイアンマンへ向かいました。
今日は倉庫からアイアンマンにマシーンを運んでおいてくれているんですよね。

アイアンマンはバイク屋さんというより、倉庫といった感じのお店です。
空冷の旧車が多いんですよね。

店内に入ると、一番奥に運びこまれてました。

俺のカタナ。。。

モビー1

モビー2

間違いない。
私が19歳の時に買って、当時32歳だった5年前に軽トラックで運ばれて行った、あのカタナでした。

足回りはとりあえず移動できるように、転がっていた17インチを付けている状態です。

私が欲しいのは、フレームとエンジンと特注で作ったキャブレターです。

他の部品は揃えれば済むのですが、この3点だけは、お金を払っても手に入らない仕様だからです。

モビー3

さすがに5年前から倉庫に入っていただけあって、ホコリだらけで、タンクとかも何かをぶつけたらしく凹んでいたりします。
そんな事はどうでもいい。。。

本当に再開できて嬉しい。
モビー4

アンダーカウルやシングルシートまで取っておいてくれたんですね。
もうサーキットは走らないから使わないだろうけど。

早速VOXYに積み込みました。
もびー5

モビー6

VOXYに乗るなんて意外でしょ?

草レースはこうやって、普通のお父さんが参戦しているんですよ。

何故、私が急いでガレージを片付けたのか?

CB1100RとGS750E、この2台の他にカタナを入れる為だったんですね~。

モビー8

このガレージの風景は只者じゃないですよね(笑)

カタナの写真を見てお解りのように、動かす為にはまだまだ掛かります。

なので、とりあえずはCB1100Rの車検を仕事の都合もあるので、ゴールデンウィーク明けあたりに通す事を目標にして、1100Rで3年間のブランクから体を慣らして、カタナは1年後位を復活の目標にしたいと考えております。

19歳の吉田少年と23歳だった吉田兄で、トライアンドエラーを重ねてきたカタナ。

私は37歳、吉田兄は41歳になっております。

既にあの頃のような走りはできませんが、吉田兄は技術的な進歩をしております。
技術料を度外視したオヤジ二人のプライベートチューンを今後はレポートできるように頑張りますね。

とは言っても、基本的にはレースをしていたり、チューニングショップをされている本業?の方には全く参考にもならないような素人目線からのお話です。

あくまでも、『あの日のバイク少年』がバイク中年になって復活を目指すだけですから、その辺りは多めに見て優しく見守ってくださいね(笑)

これからもよろしくお願いしま~す!!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/03(水) 08:22 | コメント:7 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

さて、今日からは、カタナとCB1100Rを同時進行でレストア?チューニング?していくお話です。

一応、私も二つの仕事を掛け持ちしている身なのと、カスタムは現在進行形のお話になりますから、今までと違ってかなりストーリー展開がスローペースになっていきます。

たま~に覗きにきてくださいね。

さて、今日のお話。

この週末、久し振りに吉田兄がやってきました。

距離にして3キロ位しか離れていない兄弟なのに、用がなければ、1年に一度位しか顔を合わせないんですけどね。(^^;

今回のリクエストはセルモーターの強化です。

カタナは圧縮比を上げているので、回りが悪いのと、CBはもともと致命傷的なセルのトラブル。

CBオーナーならわかりますよね。
弱いセルモーターで無理やりに回すから、ワンウェイクラッチのピンが飛び出してきて空回りするようになっちゃうんです。

とりあえず、ヤフオクでCB1000のセルを1000円とGSR-Rのセルを2000円で落札しました。
セル3

左がCB、真ん中がCB1000、右がGSX-Rです。

全然サイズが違うじゃん!!(* *)

でも、吉田兄弟は負けません。
サイズが違うなら作っちゃえばいいんです。(笑)

1100RにはCB1000の物を使用する事にしました。

セル2

セル1

写真を見て解りますよね?

CB1000用はブラシが4か所にありますよね?
つまり、単純な考えからするとパワーも倍になります。

強い力で一気にビュン!!と回すとワンウェイクラッチも傷まないんです。

これでガソリンスタンドで押し掛けしなくても済むかな~。
ツナギをきて夏場にあれをやると、死にそうになるんだよね~(^^;;

でも問題はそれほど、簡単ではないんです。

まず、取り付けが全く違います。
そもそも、長さが短くて、かろうじてギヤが掛かっている程度です。
セル

あと2ミリ位ギヤが噛み合っていれば、問題ないんだけどな~。

太さも違うから、取り付けたら、カバーも付かなくなっちゃうな~。

まあ、私はカスタムの方向性とパーツのセレクトをするだけ。

注文を聞いた吉田兄が何とかしてくれる事でしょう(笑)

でもね、昔聞いた情報だと、現行のホンダ車でボルトオンできるセルモーターがあるんですってね!

まあ、私達はお金を掛けずに手間を掛けるスタイルを貫く?ので、誰もやらない仕様でいってみますね。
趣味ってこんなもんですよ。あはははは。

今日もポチっとよろしくね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/04(木) 08:11 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は天気が崩れるみたいですね。

さて、今日は何をはなしましょうかね。
CBのカウルのお話でもしましょうか。

カタナの場合は最初からトップブリッジの下にセパハンが付いているので、カウルとの緩衝がさけられますが、CBの場合はレーサーレプリカと言ってもハンドルが高いんですよね。

私の場合はフロントフォークの短さを補う為と、もともと低いポジションが好きなので、CBもトップブリッジの下に装着してます。

当然、カウルにぶつかりますが、私は何の躊躇もなく、カウルステーに鉄板を溶接して4センチ程カウル全体を下げてしまいました。

CB購入2

CB-R2

写真を見てわかりますよね?

タイヤとカウルの隙間が少ないですが、これはフォークが短いんじゃないんです。
昔、ミハラスペシャリティーのニンジャがやっていた方法ですね。

さて、明日のお休みでセルモーターの改造が仕上がってくるのかな?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/05(金) 09:33 | コメント:3 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

今日はカタナの改造における原点のお話をしましょう。

改造の元はやはりレーサーですよね。

スズキの場合はヨシムラという事になるのでしょうか。

ヨシムラ改

この写真は近頃の雑誌ではあまり見かけないのではないでしょうか?

私が初めて衝撃を受けたカタナ改の写真です。
高校生の頃のオートバイ誌を切り抜いて今までスナップで持っておりました。
今から20年位前の雑誌でしょうか?

残念ながら、大切にしまっていたのですが、色褪せてしまいました。

NKレースで出場していた新しい?カタナレーサーとはかなり違いますよね。
でも、この荒い作りがカッコイイ!!

マフラーも今の技術からすると時代遅れの太いエキパイと、とりあえず付けたみたいなサイレンサーが実にいい味を出してますね~。

私のカタナのマフラーは時代の流れでテックサーフのエキパイ+ツキギのレースサイレンサーを付けておりましたが、今度のカタナは私も原点に戻って最初に使ったUSヨシムラの鉄パイプ+ショートサイレンサーで、この写真みたいな仕様を目指しますよ!
カタナ

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/06(土) 22:14 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

さて、昨日お話したマフラーの続きになります。

今回、カタナを買い戻す際、唯一売った時のパーツで不足したのがマフラーです。
レーサーに使っちゃったらしいんですね。

そこで、替わりにUSヨシムラのショートサイレンサーを付けてもらいました。
マフラー11
GS1000に加工して付けていたらしく、取り付けステーも逆に付いているし、ミドルパイプがフレームに当たるからと言ってハンマーで叩き潰されております。
強引な付け方するよな~(--;

シルバーサイレンサーが欲しかったんですけど、黒の塗装を剥がせばいいかな~と。。。(^^)
マフラー9


USヨシムラのショートサイレンサーも実は2種類あるんですよね。
内部構造が違います。
これは、たぶん音量規制によるものだと思われます。

旧タイプと比べて出口が細く絞られているのが、新タイプです。
マフラー10
中に筒が入っているでしょ?

ノーマルエンジンだと排圧の問題からしても、新タイプの方がいいのかも知れません。
無闇にイジルのは止めた方がいいですよ。音量の問題もありますから。

他人にはそう言っても、私は私の考えで突き進みます(笑)

旧タイプは抜けが良くて、ボアアップ+BIGキャブには必要不可欠な要素でした。
でも、音量が大きいから時代の流れと共にロングサイレンサーになっていったんですよね。

今回は原点に戻る為に抜けの良いショートサイレンサーを作ります(^^)

まず、分解。。。
3本のボルトをはずして。
マフラー8
こんな風に持ちます。
そして、ゴムハンマーでミドルパイプを叩くんです。
決して、外れないからと言ってサイレンサーをマイナスドライバーとかでコジッてはダメですよ。

ほら抜けてきた。
マフラー7

でも、ここから何かが引っ掛かって外れません。
こういう場合は自分だったら、どういう順番で組み立てるかを考えます。
最後に付けるのはエンブレムだよな~と。。

そうです。
エンブレムを止めているリベットが内部パーツに引っ掛かっていました。
マフラー6

全部を抜きだしたところ。
マフラー5
グラスウールが固着しているから、写真みたいなノコギリでグラスウールを切ってかき出します。

内部パーツはこんな感じ。
マフラー4

ほ~ら、出口が絞られているでしょ?
マフラー2

この絞りが無くなれば、こんな感じ。
マフラー3

最初がこんな感じ。
マフラー10

内部の作りも消音と製造工程を考えて凝った作りになってます。
でも、パワーを考えると、もっと抜けて欲しいんですよね。

と、言う事で、中を作る事にしました。
時間は1年もあるので、楽しみながら作業しますね。

あっ!!これは、あくまでもレース専用部品という解釈でよろしくお願いします。

できたら、製造工程も含めてレポートします。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ




2008/12/07(日) 07:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はCB1100Rのアンダーカウルについてです。

ほとんどのCB1100Rオーナーさんはアンダーカウルを外します。

実物を見た事がない方は解らないでしょうが、本当にデカイんです。
まるでシャチみたいです(--;

でも、外したカウルの置き場にも困るんですよね。
かと言って捨てるのも・・・。

なので、私はカットしちゃいました。
カウルカット

黒線のところでカットします。
そして三角形の部分はパーツとして使います。
マフラーの後側の部分もそのままの形でカットして使います。

後の黄色い部分は短くて間抜けなので余った部材をカットして追加しました。
CB-R2

アンダーカウル

なんとなく、それっぽく見えるでしょ?

加工は簡単。

ノコギリで切って、東急ハンズでFRPキットとグラスウールのシートを買ってきてパーツを繋ぎ合わせるだけです。
材料費は3000円位だと思いますよ。

後は限定車のカウルにノコギリを入れる勇気があるかどうかですよね(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/08(月) 08:04 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

寒くなりましたね~。我が家では雨戸を開けると、前の畑が霜で真白になっていて、雪でも降ったかと思う位ですよ。

さて、今日はマフラーの補足。

先日、USヨシムラのマフラーを分解して、内部構造について考えてみましたが、性能を追及していくと本当のところ、どんな仕様がヨシムラとしては理想だと考えているのかな~という疑問。。。

一般の方は考えるだけで終わりますよね。

でも、私は違いますよ~。

みなさんでは真似できない方法を私は実践してしまいました。

吉田家に転がっているもう一本のマフラー。
ヨシムラが昔、一世風靡した『ヨシムラサイクロン』ですね。
マフラー

私が持っているのは、ただのサイクロンではなく、実際に8時間耐久レースで使用した本物のレース管です。
ヨシムラT1

当然、ボロボロで穴とか開いているので実際には使用できないジャンク品です。

でも、サイレンサーの中が気になる・・・。

分解してみました!!

でも、この部分は企業秘密的なものもあるだろうし、ヨシムラさんに敬意を表して詳細は差し控えさせていただきます。

内部は実にシンプルな構造です。

驚く事に内部のパンチングメッシュまで薄いチタンなんですよね。
昔から軽量化をとことん追求してきたヨシムラならではの拘りなのでしょうね。
それと、カーボンは全く付いておりません。
本当に綺麗に焼けているんですよね。
プラグと同じようなキツネ色でした。
考えてみれば当たり前ですよね。プロなんですから(^^)

まぁ、やる前から解ってはいたんですが、レース管ですからね。
構造はシンプルが一番です。

私のサイレンサーも仕様が決まりました。

あとは図面を描いて(私は今どきでも手描き)、週末に加工するだけですね。
あとで東急ハンズでパンチングメッシュを買ってこよっと!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/09(火) 08:04 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はグレース♀が2回目のお仕事で『UOMO』の撮影に使っていただいた時です。
UOMO2
UOMO1

アンドレさん(男性)が引いているのがグレースです。
女性はSHIHOさんですね。

この写真と別のもう1カットは表参道駅を『UOMO』が駅ジャックした時に改札口の柱巻きで大きく使われておりました。
ダルメは妻の趣味なんですが、さすがに2カットを表参道駅に使ってもらえたので嬉しかったですね。

さて、今日のお話。

みなさんはツーリングとか、走りに行く時って荷物はどうしてます?

私の場合、手荷物というと・・・。

免許証、小銭、千円札3枚程、携帯電話、ハンカチ、場合によってはクレジットカード、家のカギ、この位でしょうかね。

大した荷物っていらないんですよね。

お金も遠出しないからガソリン代だけあれば十分です。
だからお財布もいらないんですよね。

昔はジーパン+Tシャツでバイクに乗ってましたが、社会人になってからはツーリングでも完全武装で走るようになりました。
レーシングスーツ+脊髄パットまで完備します。

夏はどうするかって?
家には9時とか10時には帰ってきます。
基本的には春と秋しか乗らなかったんですよね(笑)
暑いのも寒いのも嫌いなんです(^^;

ツナギだと、ポケットが無いから少ない荷物でも入れるところが無いんです。
ですから普通はウエストバックを使いますよね?

でもウエストバッグって、料金所でお金の出し入れをするのにもグルッと回さないといけないし、万が一転倒した時って腰とか背中を打つから、脊髄パットまで入れている私としては、なるべく付けたくないな~と思ったりします。

かと言ってタンクバッグとかだと、本当のツーリングになっちゃうしな~。
できれば、胸のあたりにウエストバックの機能を持ったバッグを付ければ便利かな?

と、考えたので作ってみました(笑)

長くなったので、詳細はまた明日~。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/10(水) 09:50 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日もそうでしたけど、今日も暖かいですね~。

この時期って忘年会の真っ最中ですよね?
昨年までは毎日ロンドンバスに乗ってクルージングパーティーをこなしていましたが、今年はチャッピー鈴木に担当してもらっているので身体が楽だ~(^^)

さて、昨日の続き。

ツナギを着た時に小物を入れるザック?ポシェット?バッグ?何て言うんだろう?とにかくバッグが欲しいという内容ですね。

利便性も考えて胸のあたりに最小限の物を入れたいと考えました。

実は私。
結構器用なんです。

そして、趣味の一つが皮細工なんですよね。
我が家の愛犬グレース&ハリーの首輪は私が作ります。

その私が私の体に合わせて作ったのが・・・これだ!!  ワン・ツー・スリー!!!
ポシェット1
ポシェット2
デザイン的には派手派手のレーシングスーツに合わせてワッペンを貼ってみました。

上のポケットは携帯電話のサイズに合わせて、雨対策としてチャックも付けてみました。
ポシェット6

下のポケットは小銭入れです。
ポシェット5

料金所でも取り出しやすいようにホルダーごと引き出せる仕様にしてみました。
ポシェット4

裏側には大きめのカード入れにして、高速道路のチケットを入れられます。
ポシェット3

装着してみると、こんな感じ。
ポシェット7

それほど違和感ないでしょ?

でも、後がもうちょっと検討しないといけないかな~。
ポシェット8

私の場合、峠を走る時は肘で軽くタンクを抱え込むようなフォームなんですよね。
たぶんギリギリ邪魔にならないサイズで作れたと思うんですけど、ぶつかるようなら作り直しですね。

今回はデザインと寸法を考えながら作ったから、3日位掛かっちゃったかな?
次はたぶん1日で作れると思います。

でもね、こんな私を妻が見て一言。。。

乗れるバイクが無くっちゃ意味無くない?

いつも厳しい女だよな~。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/11(木) 08:12 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この年末にスカイマークの飛行機に乗る方っていらっしゃいますかね?
12月中の機内誌には、うちの銀色ロンドンバス『ダブルデッカー』が紹介されてます。
スカイマーク2
スカイマーク1

さて、このところ少しずつガレージを片付けできました。

ブログを始めた10月頃はこんな有様。
吉田家のゴミ捨て場&灯油置き場。
ガレージ1

ちゃんとゴミも捨てましたよ~(^^)

今はこんな感じ。
ガレージ1

綺麗になったでしょ?
ガレージ2

昔流行ったオートバイに乗ってコーヒーを飲みに行くカフェバーを目指したいと思います。
な~んちゃって(笑)

今回はミラーのネオン管を付けてみましたが、私の場合、ロンドンバスのお店を始めた時は、日本初の動く飲食店だったので、様々な企業様が興味を示して物品スポンサーになってくださった関係で沢山ネオン管を持っているんですよね。

欲しい物は好きなだけ注文していいなんて言ってくださいましたからね。
有難いお話です。

一応、今回は吉田兄がエンジンを組むので、作業台のスペースを広めに取ってありますよ。
早くカタナのエンジン降ろせって言うんですけど、まずはCB1100Rを走れるようにしないとね。

来週月曜日にセルモーターのパーツができてくるみたいです。

次は発電系をオーダーしようかと思ってます。
今回は大掛かりな作業になるから吉田兄でも無理かな~?

吉田兄のブログはマニアック過ぎて普通の人には全く意味が解らないだろうけど、機械加工とかが好きな人は私のブログと一緒に見ていくと、CBとカタナのカスタムについて詳細部まで解ります。

↓↓↓
吉田兄ブログ

興味があったら覗いてみて。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/12(金) 08:22 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

さて、今日はCB1100Rのジェネレーターについてですね。

みなさん御存じのとおりCBは発電系が弱いです。
ちゃんとメンテナンスすれば問題ないんですけど、バンク角が少なくてちょっと本気になって走ると擦ってしまうんですよね。
峠の駐車場に戻ってくると、ジェネレーターからモクモクモク・・・・。

それを解消する為に1100RではCBR400Fと同じ小さなジェネレーターを使っています。
ですから、カプラ-を交換すれば、中身は手に入ります。

実は、私のCBは購入した時からカバーに亀裂が入っていて、ご想像のとおり今は使えない状態になってしまっているんですよね~。
最初はカバーくらい買えばいいじゃん!!と思っていたんです・・・。
ところが、カバーが無いんですよね。
欠品なので、ヤフオクで買おうとすると、綺麗な物は6万円位します。
単なるカバーですよ!!
汚い?ボロイ?(失礼!)物でも4万円近くしたりします。

アホくさ~い。

マニアの方は純正に拘るんですが、私の場合は何でもいいんです。
極論、走ればいいんですよ!!

こんな1100R乗りは他にいないんでしょうね(^^;

そこで、いつものように吉田兄にスペシャルオーダーする事にしました。
と、言ってもまだ詳細は言ってないんですから、このブログを見てビックリするんでしょうね(笑)

まず、ヤフオクでGSX-R750のオルタネーターを2000円で購入しました。
オルタネーター

こんなのどうするの?

CBの改造と言えば、スペンサーレプリカですね。
スペンサー2

でも、背面にオルタネーターを設置したタイプもありました。
スペンサー1

ちなみにヨシムラのGS1000Rのオルタネーターはドライブスプロケット側面にスズキの軽自動車のものを付けていました。
8時間耐久レースだからスプロケットから取ってたみたいですね。
GS-R
これだと、街乗りでは発電不足でしょうね。

今回目指すのは、CBの耐久仕様です。

実は、これは現在でもウイニングランさんでも手に入るんですよ。
128,000円です。
ウイニングラン

取り付けについては、ウイニングランさんのホームページを見てください。

↓↓↓
ウイニングラン

この価格を高いと見るか、安いと見るか。
私は開発の手間と加工、ジェネレーター本体の部品代を考えると、良心的だな~と思います。

でも、残念ながら、あまり普及しないのは、もっと手軽でコンパクトで、安いパーツが存在するからなんですよね。

メタルギアワークスさんのジェネレーターキットです。
98,000円なり。

↓↓↓

メタルギアワークス

たぶん、ノーマルに拘らなければ、今はこのキットが一番いいんじゃないかな~と思います。

普通はキットを購入しますよね。
でも、それじゃあ私のブログはつまんなくなっちゃいますよね~。

だから、吉田兄にお願い(笑)

背面ジェネレーターキットを作ってちょ!!

作ってる人が存在するなら、君に作れない訳がない!!

きっと、文句をいいながら作っていくから、そっちのブログもチェックしてください。

↓↓↓

吉田兄ブログ

みんながブログを見る→プレッシャーを感じる→作らない訳にはいかなくなる→作業が捗る→早く作ってもらえる。
これぞカスタムの成功方程式!!(大笑)

もしかすると、企画倒れになるかも知れないけど、その時は潔くキットを購入します。
とりあえず走らせるなら、750Fのジェネレーターを付ければいいだけなんだけどね(--;
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2008/12/13(土) 10:36 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は寒いですね~。
今週あたりから忘年会が続く方が多いのでしょうかね?

私の場合、去年は基本的に毎日ロンドンバスに乗っていたのに加え、忘年会の数も凄かったので、週のうち半分位は終電or始発帰りでした(^^;

今年は楽をさせてもらっちゃってます(笑)

さて、今日はCB1100Rのキャブレターについて少し触れておきましょうかね。

大した内容ではありませんけど・・・。

口径は36ΦのTMRを使用しています。
36Φ


TMRの場合は35Φまではスモールボディー、36Φからはラージボディーです。
実は40Φも36Φもボディーは一緒なんですよ。
内部のパーツで口径を絞っているだけです。

昔は男だったら大口径キャブみたいな、全く根拠もない発想で1100cc位でしたら迷わず40Φとかをセレクトしたもんでしたけど、使用条件に合っていない大口径キャブは、ダメとは言いませんがベストな選択ではありませんからね。

私がレースでお世話になっていたキャブの開発チームの友人は、あえてGPZ750Fに35Φのスモールボディーを組んでいましたから。

エンジンをチューンして、下から上まで大口径でも綺麗に付いてきてくれる仕様なら大口径の方が当然沢山の混合気を入れる事ができるので、メリットがあるのですが、1100ccと言っても古いマシーンのノーマルエンジンで車検対応マフラー程度のカスタムなら、36Φ位の方が低速域では気持ち良く走れたりします。

使用条件に合った口径を選ぶ事は楽しく乗る為には結構重要だったりしますよ!
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/15(月) 08:30 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この寒空の下、私は今どこにいるでしょうか?
武道館

・・・。

武道館。寒~い(++)

私の今日のお仕事。

バーゲンセールの順番待ちです(笑)

朝8時から並んで、開場は10時なんですよね~。

私はいったい何屋なんでしょうかね(^^;

お世話になっているお客様に言われれば何でもするんですよね。
便利屋さんですかね(笑)

さて、吉田兄に頼んでおいたCB1100RにCB1000SFのセルモーターを強引に付けて欲しいという難題に対応したスペシャルセルモーターができたみたいですね。

これまた、ブログで書くと簡単なんですが、ショップでやってもらったらいくら掛かるんでしょうかね?
たぶん引き受けてくれないと思いますけど・・・。

でも、やっぱりCBにボルトオンで装着できる現行車純正の強化セルモーターがあるみたいですね。
どなたかのブログに『某車両』と書いてありました。

そんな程度の内容をもったいぶらないでくれよ~!!

昔聞いた話だとVTR1000とかだったかな~?
知っている人がいたら、今後の参考の為に教えてくださいね。

どんな仕様になったか吉田兄のブログをチェックしてみてちょ!

↓↓↓
吉田兄ブログ

お待ちしておりますので、お気楽にコメントくださいね~。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/16(火) 08:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日も、六本木でバニーちゃんと盛り上がっていたら終電を逃してしまい、始発を待って帰宅する事態になりました(--;

朝、6時に帰宅すると、シャワーを浴びて7時には家を出るんですよね~。

まだ酔っ払ってます。。。

さて、本題。

カタナのウインカーってどうしてます?

CBもそうなんですけど、半分位の方が小型ウインカーに交換しているんでしょうかね?

私の場合は逆です。
カタナ

購入した時は埋め込みの小型ウインカーが付いておりました。

でも、何となくあれだけデカいウインカーって昔のビッグバイクの特権みたいなスタイルだと私は思うので、ノーマルウインカーに戻しました。
カタナ改3

カスタムって他の人とは違う仕様にしたくて改造するので、昔はみんなデカいウインカーだったから小型ウインカーをレーシーだと思って交換したもんですよね。

でも、今はみんな小型ウインカーだから、大型ウインカーが目立ったりします。

パイプハンとセパハンの関係みたいですね。

ん?セパハン???

そういえば、小学5年生の時にママチャリのハンドルをブッタ切ってセパハンにしていたH君のその後を話していませんでしたね。

↓↓↓
H君のお話

明日は、久し振りに『あの日のバイク少年』のお話でもしましょうかね。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/17(水) 10:55 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

ちょっと昨日の続きですけど、GS750Eの前からの写真が出てきました。
GS前

私は丸目もデカいウインカーの方がカッコイイと思うんですよね~。
もしゼファーとかに乗っていたら、アフターマーケットのZⅡ用とかを付けたい位です。

さて、本題。

12歳で『汚れた英雄』とマンガ『セパハン』に影響されて、将来はレーサーになるんだと言っていた同級生のH君。
いくら小学生でも、そんな簡単にレーサーなんかになれる訳がない事は知ってましたよ。
まるでアイドルになりたいって言っているのと同じ事ですからね。
私はまたアホな事言ってるな~と思っておりましたっけ。

彼は中学生の時に山梨に転校してしまい、一度遊びに行ったら当時『はかま』と呼ばれていた学生服を着ていましたっけ。
これって、ボンタンとかボンスリとかドカンの上をいく太さで、わたりの太さが60センチ位ある学生?ズボンですね(^^;

それが、13歳位でしたが、思いもよらない場所で遭遇する事になりました。

私が当時、結婚もしたし草レースを止めようかな~と思っていた頃ですね。
その頃に回ってきた話です。

『もてぎ7時間耐久レース』へのお誘い。
確か33歳位だったと思います。

このチームは昔大ヒット曲を歌っていた芸能人の方がチーム監督を務めておりました。
ですから、優勝を狙うマシーンと単に遊びで走るマシーンの2台をエントリーしました。
当然私は遊びの3時間耐久に出場する事を目的としたマシーンのライダーがケガで出れないから急遽誘われただけの位置づけです。

ちゃんとスポンサーも付いてましたから、レーシングスーツやブーツなんかも用意していただきました。
凄い恵まれた環境ですよね。
スタッフも凄い方が多かったので、ヨシムラ社長とかもピットに来てましたからね。

そこで、車検を通すのに列に並んでいた時です。

『あれ~!!』と叫んでいるひょろっとした男性。
誰だコイツ???

ん?ん?ん????????

H君ではないですか~~~~~!!!!

何やってんだよ!こんなところで???

聞いてみたら、どうやら本当にレーサーになっていたんですよね~!!

それも、ちゃんと有名どころで、ヘルメットに大きな目玉がトレードマークの、あのチームに所属して125ccでは結構コースレコードとかも持っている位になっておりました。

凄い事ですよね~。
人間って本当に一つの事に打ち込めば、ある程度の事はできるもんだなぁと実感しました。
本気で打ち込んでいると、その姿に協力してくださる方が現れ、チャンスは巡ってくるもんなんですね。

たぶん彼は人生のほとんどをオートバイに注いだんだと思います。
才能と努力ってよく言われますけど、人間ってやればできる事ってあるもんだな~と思いましたね。

20年ぶりに偶然出会った過去の友人からとっても重要な人生観を学んだ気がしました。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/18(木) 08:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

先日、仕事から帰ってから、オルタネータの装着イメージについて考えてみました。
だいたい私が適当に、できそうかな~?というイメージを伝えると、吉田兄が実現させる為の手段を考えます。
私がデザイナーで吉田兄が開発部みたいなもんですかね。
私はいつも勝手な事ばかり言っているんですけどね(^^;

とりあえず、作業が捗るように進めます。

この前用意したGSX-R750のオルタネータですね。
年式は不明ですが、たぶん’87とかじゃないでしょうか?
取り付けステーが違うかもしれませんが、基本的にはGSFあたりまで同じなんじゃないかな~?
どっちみちバラしちゃうから年式なんか何でもいいや(^^)
オルタネーター

完成イメージはウイニングランさんの背面ジェネレータキットみたいな感じ。
ウイニングラン

装着方法はスペンサーのCBを見習って、やはりベルト&プーリー駆動が比較的簡単かな~と。

まずは、プーリー装着部に付いているギヤを外します。
1212 (7)
でも、カシメてあるし、クルクル回っちゃうんだよな~。


そんな時でもあせらない!!
私は昔、設備屋さんだったんですよね~。
じゃじゃ~ん!!
1212 (5)
3種類もデカイパイプレンチを持っている人ってあんまり居ないでしょ~。

ウエスを巻いてエイ!!っと回せば簡単に外れました。
1212 (6)

ギヤを外すとちゃんとダンパーまで組まれておりました。
1212-4
1212 (3)

装着場所はキャブの関係で結構スペースが無いもんですね~。
1212-2
1212-1
1212

最初はプレートを取り付けて、3本のボルトで固定しようかと思いましたが、ちょっと無理そうですね。
中身だけ使って、ウイニングランさんと同様にボディーは削り出しで作るしかないかな?

後は吉田兄が何とかしてくれる事でしょう!!(笑)

お願い!!何とかしてちょ!!

↓↓↓
吉田兄ブログ

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/19(金) 13:28 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

忘年会シーズンですね~。
去年より減ったとは言え、来週は1週間、毎日終電になりそうです。(**;

さて、今日は少し時間があったので、オルタネータの位置決めを始めてみました。
こういった、パーツ開発はトライアンドエラーの積み重ねです。

まずは寸法を正確に出す為のダミーベースを作らないと、吉田兄が作業に入ってくれません。

本当はアルミ板で最初から作るんですけど、私の場合、電動工具としてはボール盤しか持っていないんですよね。
ですから、基本的に手作業です。
これって兄の加工とは天と地の差ですよ(^^;

電動工具が無い場合はなるべく加工を楽にしたい。
ですから、第一段階は5ミリ厚のベニヤ板を使用します。
1220 (1)

これなら簡単にカットできるでしょ?
3ミリ厚ならカッターで切れたりしますもんね。
もっと細かいパーツは厚紙にマス目が入った工作用紙を使います。

ざっくりと、位置を見たら大まかにカットします。
1220.jpg

これでイメージと穴位置を調整して、寸法を計測し易くして、次に3ミリ厚のアルミ板でダミーを作る事にします。
この作業は明日かな~。
明日は少ししか時間がないけど、ここまで進んだらいいな~と思っています。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/20(土) 20:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

とりあえず、強化セルモーターが装着できたので、次の作業『背面オルタネータ』の装着を検討してみました。

1221(2)

写真を見て解るように、キャブの下に付けたいところなんですが、スペースが狭いんですよね~。

ウイニングランさんは、キャブレターにTMRとかFCRを使用していないみたいなので、装着できているようです。

これは、困った。
私はTMRだけは譲れない要素なので、強引にいってしまう事にしました。
1221 (1)

まだ、イメージの段階なので、遠目の写真でお茶を濁しておきます(笑)

キャブを上げれば収まるんだよな~。

キャブを上げると、タンクも上げないと収まらないなぁ~。
1221.jpg

あっ!今度はガソリンコックがぶつかって、収まらないや・・・。

取り外しちゃうかな~。

今回の改造は、誰もが気軽に真似できるような簡単なものでは無くなってきちゃったみたいですね。

一応、名車と呼ばれたCB1100Rですが、吉田兄弟の手に掛かると、何でもアリの世界になってしまいます。

ピカピカのフルノーマルに乗るオーナーズクラブの方からクレームが入らない事を祈ります(笑)

私の友人は以前にケンメリスカイラインにオーバーフェンダーを付けようとして、フェンダーカットする事をブログに書いたら、マニアの方から物凄いお叱りを受けたそうで・・・。

私のCBは私が復活しなければ、間違いなく朽ち果てていたんですから、動かすだけでも名車の延命処置に貢献しているんだと、お許しくださいね。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2008/12/22(月) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

毎日毎日、遅くまで飲み会が続いている今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

本当に今週はキツイです(^^;

一昨日なんて、突然札幌に行かなければいけなくなり、飛びましたが、滞在時間30分で東京に戻ってまいりました。
せっかく北海道まで行ったのに、食べたお昼ご飯は札幌駅の立ち食いソバですよ~(--;

昨日も飲み会でしたが、終電にギリギリ滑り込みました(^^((=

昨日のお店は私のお友達関係のお店なので、ちょっと宣伝を。。。
1225.jpg

写真を見るとすごそうなお店ですけど、週末イベント以外は普通にデートとか軽い接待で食事に使えるお店です。

↓↓↓
砂漠の薔薇

場所は銀座のプランタン裏です。
結構テレビにも出ているので知っている方も多いのでは?

砂漠の薔薇は週末になるとクラブみたいな雰囲気になって、ポールダンスやベリーダンスとかのショーを見せてくれるんですよ。
価格も良心的なので、気軽に利用できます。
是非使ってくださいね。
2008/12/25(木) 10:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索