プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は早く帰れたので、以前から預かっていた『きなパパ』のGB250クラブマンを修理する事にしました。
症状は200~300メートル走るとガス欠で止まってしまうという事でした。

先日、キャブレターを外してみたらガス欠以前の問題で、腐りきっているキャブレターだったからエアスクリューは完全に固着しており、過去に外そうとしてマイナスドライバーで強引に回したら、ナメてしまい、にっちもさっちもいかない状況でした。

吉田兄がそれを逆タップで外す試みをしたのですが、それでも外れない。

最後の手段で私がドリルでネジ山ギリギリの状態まで少しずつ削っていき、最後はスパイラル状の部分だけを取り外す手段で問題を克服しました。

ちなみにこんな面倒な作業はバイク屋さんでは、対応してくれませんよ。
当然の事ですけど、キャブレターのアッセンブリー交換です。

頼んでいたエアスクリューをバイク屋さんに取りに行き、作業開始です。
1202 (15)

エアスクリュー関係はセット販売になってました。
順番に組むとこんな感じ。
1202 (14)

これを問題だった部分に組みこみます。
ここまでくるのに大変な作業だったなぁ~(^^;

1202 (13)

基本の戻し回転数が判らないから、とりあえず全閉まで閉め込んで、1・1/2回転まで戻します。
こんなもんで、とりあえずは走るでしょう。

さて、やっとの事でスタートラインに立ちました。
ガス欠になるトラブルですね。

ガソリンが足りなくなるんだから、問題点としては簡単です。

1)ガソリンタンク内に錆び・ゴミが溜まっている。
→タンク内は綺麗だった。

2)ガソリン内に水が混入している関係で、ガソリンと分離してタンク内の下に溜まった水がキャブレターフロート内に溜まり、ガス欠状態になる。
→キャブレターフロート内に水は見られない。

3)問題として多いのがガソリンコックのトラブル。
中に入っているメッシュにゴミが溜まっている場合がある。
→綺麗なので問題ない。

4)今回は走っている状態からガス欠で止まってしまったので、考えにくい部分ですけど、キャブレターのスロージェットの詰まりもあり得る。
→全てバラしてチェック済み。

5)さあ、残る問題はな~んだ?

もし、あなたのマシーンが同じ状態だったら、何を疑いますか?

実際はここまで、他の状態をチェックしても問題なければ、残りは一つしかないんですよね。

ガソリンコックの負圧バルブです。

1202 (12)

たぶんメンテナンスしている時に何かを当てちゃったんじゃぁないでしょうか?
古くなったホースは簡単に裂けてしまったりします。

この負圧ホースでバルブを吸ってガソリンを落とします。
1202 (10)

原因が解ったので、対応は簡単。

どこかに負圧ホースってなかったっけ???

う~ん。。。

あっ!あった!!

誰にも引き取ってもらえなかったCB1100Rのキャブレター!
1202 (9)

これを使っちゃえ!(^^)

ほ~らできた!!
1202 (8)

マシーンにセットして、近所を一回り。

トラブルは直りました。

ちょっとPSが合っていないなあ。
濃いのか薄いのかよく解らない症状。
負圧キャブって普通に走っちゃうから解らないんですよね~。

こういう場合は1/4回転閉めた場合と開けた場合を乗り比べます。
そして調子の良い方を選ぶんです。

そんな事を考えながら戻ってくると・・・。

ガビーン!!

ガス漏れ。
1202 (7)

ボロボロに錆びたバイクって、ほとんどのパッキンが劣化してますから、次から次へとトラブルが出てくるんですよね~(;一_一)

もう一度、外してチェックしないといけないなぁ。
増し締めで止まるか、ガスケットかぁ。
注文するのは面倒だなぁ。
シートをカットして作る方が早いかも。

きなぱぱへ。
今週の土曜日にでも引き取りに来れます?
たぶん、午前中は仕事だから、3時以降がいいかな。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/02(水) 09:09 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
1203-1.jpg

12月に入って、表参道のクリスマスイルミネーションが復活しましたね。
1203-1 (3)

月曜日の始発電車帰りに続き、昨日も六本木の草原でウサギを追いかけていたら、終電を逃してしまいました(-"-)

でも、西東京バスさんが12月から始めてくれた新宿駅25:05発の高尾行き深夜バスのおかげで、2時過ぎには帰宅できました(^^)
たまたまなんですけど、この深夜バスの停留所は普段使っている自宅近くのバス停で下ろしてもらえるんですよね。
これで3100円ですから、安いです!

さて、先日の事。
カタナをYRPのジャッキで上げて、リアタイヤを外してメンテナンスをしている時に悲劇は突然やってきた(;一_一)
1203-1 (2)

19年間立ちゴケすらした事のない私のカタナ。
でも、メンテナンス中にコカした経験はあります。

・・・・。

そうです。
またやってしまいました(@_@;)

何にでも使えると言われたYRPのスタンド。
1026 (12)

以前にも作業中にズレてきて転倒しそうになったから、それを防止する為に先日エンジンハンガーを作成しました。
1026.jpg

確かに底部が三角形なので不安定な構造だったんですよね。
これは、サイドスタンド代わりに使う程度のもので、メンテナンススタンドとしては使っちゃいけなかったのでしょう。
リアホイールを取り付けてアクスルシャフトを締め込んだときに・・・・。

ひゅ~~~~。

あわわわわわわわわわわわわわわ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!

ぐちょ。

1203-1 (1)

あ~あ。。。。。。

ボール盤の角に左ホホが刺さりました(=_=)

幸いにもジェネレーターカバーとかは無事でしたけど、カウルとスクリーンがバリバリマシーンになってしまいました。

あ痛たたたたたたた。

もともと割れていたスクリーンだったから、交換予定でもあったんですけどね。

カウルかぁ。
またお金が掛かっちゃうなぁ。

でもね。
これって銀色のノーマルカラーに戻すにはグッドタイミングって事?

やっぱりカタナは銀色が一番カッコイイと思うんですよね~。

お~!!
何てポジティブ(大笑)

銀色だったら塗り替えるより、中古を買っちゃった方がいいもんね。
あのカウルを修理するなんて全く考えません。

春までに外装一式を揃えられるのかなぁ。

資金をどこから調達しよう(;一_一)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/03(木) 08:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

12月の週末は通勤時から勝負服で武装?したOLさんが沢山いらっしゃるから、オジサンとしては見ていて楽しいですね(笑)
本日の合コン、上手くいくといいですね。

私も今日はトップシーズンという事もあり、夜はロンドンバスに乗車するようですね。
今日はミニスカサンタに出会えるかな?(^^)

さて、先日お伝えしましたとおり、カタナとCB1100Rにバッテリーチャージの取り出し口を増設する事にいたしました。
カタナはそのまま参考にしてもらえばいいんですけど、CBの場合は1100Rでこんな事する人なんていないでしょうから、なるべくならCB-Fに使えるような場所の設置を検討してみます。

今回は先日、秋葉原で購入してきた材料についてです。

ケーブルは、安く済ませようと思えば、200円位からいろいろありますけど、今回はちょっと色気づいて?みました(笑)
太さも色々あります。
単に充電だけだったら、オートバイの場合は低電圧で充電するので、細くても大丈夫なんですけど、私の場合はセルを回す為にブースターケーブルを繋げる関係でちょっと太めが欲しいなぁ~と。。。

何しろ、私の大嫌いな電装系です。
秋葉原の店員さんは凄く丁寧に教えてくれるんですけど、そんな細かいことを私に言われても解らないのだよ(;一_一)

見た目だけで選んだのは、アーシングキットに使われるケーブル。
そういえば、アーシングキットについては、賛否両論です。
我が道をいく吉田兄は否定的な考え派。

『お前さぁ、よく考えてみろよ。バッテリーはフレームと繋がっているんだから、当然アースされているんだろ?
それをわざわざ追加でバッテリーにケーブルで繋いで何の効果があると思っているの?
確かにイグニッションコイルからバッテリーにケーブルを直繋ぎして効果が出たっていう話もあるけどさぁ、それってそもそもコイルの取り付け部が錆びてたりしてアースがきちんと取れない整備不良車だったて事が結構あるんだぜ!
何でも商品化したいメーカーと何でもパーツを付けたがるユーザーに喜ばれるパーツだって事はないかい?』

相変わらず手厳しいねぇ~(-"-)

そんな事言ったって、俺は電気は嫌いなんだよ!
嫌いな分野はよく解らないんだよ。

CBの電装系がトラぶった時はワラをもつかむ思いでアーシングキットを作って取り付けたのさ。
ちなみCBの場合はイグニッションコイルの取り付けステーがアルミでできていましたよね?
このアルミが腐食してちゃんとアースが取れていない場合があります。
まあ、吉田兄が言うようにアーシングキットを付けても何の効果も出なかったんですけどね。

さてさて、話題がそれましたね。

その時に使った青ケーブルの残りがありました。
1203.jpg

今回はプラスとマイナスを間違わないように赤ケーブルを購入。
1203 (2)

確か1mで580円。

昔ニンジャに乗るベッチンが『吉田く~ん。バッテリーの充電をしているんだけど、煙がもくもく上がってきちゃった!!』って騒いでおりました。

おいおい(;一_一)

君はプラスとマイナスを逆に繋いでいるんだよ!!
爆発しちゃうぞ!!

楽しい思い出。あはははは。

あと、接続金具類も全て単品で1個から購入できるのが秋葉原の良いところ。
1203 (1)

1個15円とかの商品なのに、他のお店で買ったケーブルを見せて、『これを6ミリのボルトで固定したいんですけど、何を使えばいいですか?』って聞くと、オジサンは嫌な顔をせずにサクサクと動いて全てを揃えてくれます。

さすが世界の秋葉原。
買い物してても気分がいい。

直接、充電器のクリップを繋ぐ部分は鉄板を切って溶接で作ろうかと思います。
売っているパーツを使っても、結局はそのまま使えないから、一品物で作った方が簡単で安上がりなんですよね。

サイドカバーへの取り付け部分は完全に手作りで制作しなければいけないと思います。
今回も作りながら仕様を考えるんですけど、とりあえず選んだ素材はアクリル板です。
1203 (3)

これは東急ハンズ渋谷店の1階?でしたっけ?
材料コーナーのアクリル板コーナーへ行ったら、端材が売ってました。

東急ハンズって切断加工とかもやっているから端材が出るんですよね。
私はこの端材が結構お気に入り。
他にも金属とか皮材とかも各コーナーにあります。

15センチ×10センチで2ミリ厚が80円。3ミリ厚が100円でした。

明日は雨ですね。
午前中は仕事ですから、午後から少しは作業できるかな?
作り始めてみないと、取り付け方法とかのイメージが湧かないから、まずは手を付けてみますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/04(金) 08:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は結婚式とかがあったので、なんだかんだバタバタしておりました。

さて、先日作ったスプロケットガードなんですけど、取り付けないといけませんね。
取り付け方法をわざわざ書くほどじゃあないんですけど、悩む部分でもあるから書いちゃいます。

一般的には、オグさんに聞いたら、リベットの種類にメスネジタイプの物があり、それをバチンッ!と打ち込んでボルト止めにするみたいです。

そこで、東急ハンズへ下見に行ってきました。
確か600円位で売ってましたけど、やっぱり手持ちのリベッターではダメなんですね。
専用工具が必要みたいです。

それを揃えるほどは使わないよな~。
それに、当然の事ながら、スイングアームに開ける穴径も9ミリとかになってくるんですね。
別に穴径が多少大きくなったって問題はないんだけど、なんとなく気持ち的になるべく小さな穴で済ませたい。

他の手段を考えよ~っと!

普通のボルト&ナットだと、中で回っちゃうから締め付け&取り外しが大変になってしまいます。
こういう場合はナットを作ればいいだけの話。

まず、スイングアームに5.5ミリの穴を開けます。
127.jpg

普通は6ミリを2本とか使うんでしょうけど、私はなるべくスイングアームに穴を開けたくないから、両面テープ&5ミリボルト1本という仕様にしました。
1本だと振動で回ってしまう可能性がありますから両面テープも保険の意味で使いました。

ナットは余ってたアングル材にタップで5ミリネジを切って作ります。
127 (1)

後はスイングアームの内径にピッタリとなり、更にネジ穴にもピッタリとなる寸法で仕上げます。
127 (2)

後は、取り付けるだけ。

ところがですね。
取り付けた写真が紛失してしまいました。
(;一_一)

どこにいったんだ?間違えて消去しちゃったのかな?

まあ、大した写真でもないから、普通に付いた姿を想像してください(笑)

そうそう。
実は黒のスプレーが表を塗ったら無くなっちゃいました。
しかたがないから、裏面は余っていた赤になっちゃいました(@_@;)
127 (3)

何だか昔の不良の学ランみたいですね(笑)
裏地に赤とか青の龍の刺繍とか入れてませんでしたか?

あれが精いっぱいのお洒落だったんですよね~。

今でもあるのかな?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/07(月) 08:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

スプロケットガードを装着した写真を撮ってきました。
1208 (45)

1208 (46)

どお?
デザインから全てを素人が作ったにしては、上出来じゃないですかね?

コストは1個作るのも5個作るのも大して変わりません。
3000円位だったでしょうか?
今回の製作で使用した分でいけば、500円位なのかな?

まだまだ材料が残っているという事で、次のプロジェクトにも手を付ける事にしました。

私のブログは毎日読んでいないと、同時進行で3つ位のお話が進むので、訳が解らなくなっちゃうかもしれませんね(^^;

次もFRPネタです。
今回もスペシャルな一品を作りたいと考えております。

何を作るかと言えば、オイルキャッチタンクですね。
一般的にはヨシムラのようにアルミで作りますが、私は形状を自由に決められるFRPで世界に一つしかないスペシャルパーツにしたいと思います。

マスターモデルは前回と同様にダイソーの発砲スチロールを使います。
1208 (47)

今回はもう少し大きいので、前回の残りをボンドで貼り合わせてみました。
1208 (48)

1208 (49)

今はまだ大きさを合わせただけなのでこれからデザインをしていきます。
作業が進みましたら、またお伝えしますね。

さて、今日の本題。

今、重電系のお話をしているので、今日は充電器のお話。

みなさんはどんな充電器を使ってますか?

私は全てSELLSTARというどこにでも売ってるメーカーの物を3種類を持っています。
1208 (18)

これは、使用目的によって違うんですよね。

何故かと言うと、オートバイの充電にハイパワーな充電器を使うと、沸騰?しちゃって電極が落ちてしまいバッテリーが死んでしまいます。
低いアンペア数のモデルを使ってゆっくりと6時間とか掛けて充電しないとダメですよ!

オートバイの充電用は6V・12V対応のこのモデル。
1208 (24)

1208 (21)

電流は2Aですね。

車の充電や、セルスタートで使うのはこのモデル。
1208 (19)

1208 (20)

10Aです。
これでオートバイのバッテリーを充電すると、見ていてブクブクと泡が出て凄い充電されているように見えるから気持ちイイ?んですけど、バッテリーにとっては過酷な状態です。
私は電気が嫌いなので、細かい事は解りませんが、電気って水の流れと同じらしく、高低差が激しければ急激に充電されるらしいんですよね。
だから空のバッテリーには、一気に入っていき、ある程度充電されるとゆっくりと流れるみたいです。
この高低差が大きいとバッテリーには負担も大きいから、電極が剥がれ落ちたりして死んでしまうみたいです。

もっとハイパワーなのが、こちら。
1208 (23)

1208 (22)

17Aあります。
こんなので充電しちゃあダメですよ!

これは24Vにも対応できるので、トラック用です。
私はロンドンバス用に購入しました。

冬の間にバッテリーが上がって、春に充電を掛けたらバッテリーが死んでたっていう話をよく聞きます。
でも、これって実はバッテリーは死んでなかったのに、オーナーさんがトドメの一発として急速充電を掛けちゃったっていうケースが多いんですよね。

通常のジェネレーターで発電される充電機能って、バッテリーが沸くほどの強力なものじゃないでしょ?

この辺もよく考えましょうね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/08(火) 08:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日の夜は撮影でしたが、遊び人の妻も朝からグレース&ハリーを連れて出て行きましたから撮影みたいですね。
こんな両親に育てられる娘二人はどうなってしまうんだろう(^^;

さて、カタナの充電用の取り出し口についてですね。
加工を始めましたよ!

装着イメージはこんな感じ。
1209 (3)

当初、アクリル板で作ろうかと考えていたんですが、取り付けボルト穴が斜めになっていたりして、作るのが面倒だったから、ノーマルを加工して作る事にしました。
1209 (2)

でも、ピカピカのマシーンだと、いくら使わないパーツだっていっても、分解して加工するのって勇気がいりますよね~(=_=)

内部をバラすとこんな感じです。
1209 (4)

使うのはこのベース部分ですね。
1209 (5)

今回は仕上げをノーマルっぽくする為に蓋になる部分を加工しました。
1209 (6)

いつものとおりイメージを頭に描きながらサクサクとカットしていきます(笑)
1209 (7)

最初はこんなパーツでしたが。
1209 (8)

不要な部分をカットしました。
1209 (9)

1209 (10)

こうする事で押し込むスイッチが開けられる蓋に変身します。
1209 (11)

こんな感じ。
1209 (12)

最終的なイメージはこんな感じ。
1209 (13)

仕上げはまだですよ!
作っていくうちに変更点が出ると思うので、二度手間になります。
全体のイメージが完成するまでは、仕上げ作業は行わないください。

次に電極部分ですね。
これはアングル材を溶接加工で作ろうかと思います。
1209 (14)

イメージを具体的な形にする為にも作りながら固定方法やケーブルの取り回しを考えていきます。
1209.jpg

なんとなく、いけそうなイメージになってきましたね。

今日はバスに乗らなくても大丈夫みたいなので、早めに帰れそうですから、作業の続きができるかな?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ


2009/12/09(水) 08:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
もう10日なんですね。

ここからクリスマスあたりまで、忘年会とかが増える時期ですよね。
私の場合、今年は随分と少ないみたいですけど。
これも景気の影響ですかね?

さて、昨日は結局、いつもとあまり変わらない時間に帰宅したので、溶接作業を諦めてオイルキャッチタンクのマスターモデルに手を付け始めました。

先日ボンドで貼り合わせておいた発砲スチロールにカットラインを書きます。
1210.jpg

正確な寸法なんて測れませんから、結構適当です(笑)

1210 (5)

あとは、実際に当てながら、ぶつかる部分をヤスリで削っていきます。
1210 (4)

今回はエアクリーナー部分に入れることで、純正っぽく仕上げる事にしました。
昔はレーシングパーツを付けました!!っていう感じが好きだったんですけど、近頃はちょっと方向転換ですね。

昔のレーサーはテール部分までホースを伸ばして排気してましたけど、10年前位からはレギュレーションでキャブレター前に排気をしなければなりません。
なので、タンクからホースを使ってもっていくんですよね。
それならば、エアクリーナー部分に設置すれば、ホースも必要なくなります。
昔流行ったショーバイクとかって、メッシュホースを沢山使いたがったもんですけどね。
今の私好みではありません。

あと、容量ですけど、レギュレーションでは排気量と同等でしたっけ?
でも、私の場合はあくまでもストリートなので、目的が違いますから容量不足でも関係ない。
だいたい20センチ×10センチ×5センチ位なので1000ccといったところでしょうか。
レースで使う人はもう少しバッテリー側にスペースがあるから容量を調節してください。
私の場合は通常のメンテナンスを容易にしたかったので、容量の調節までは考えませんでした。

今回の目的はエンジン内から出る、水蒸気を含んだ空気がブリザーホース内で冷やされてオイルを含んだ水滴になります。
これを貯めるタンクという位置付け。
でも、私の場合は雨天では乗らないし、ガレージ保管だからほとんど必要ないんですけどね。

収まりを確認。
1210 (3)

FRPの最大の利点は形状が自由に決められる事。
角ばった形状ならアルミとかでも作れます。

せっかくなので、角を落として自然な収まりにしたいところですね。
こんなイメージでいく事にしました。
1210 (1)

次はアルミテープの作業工程ですね。
今週は時間が無いかな~。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/10(木) 08:55 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日帰ったら、先日ヤフオクで落札したカタナのスクリーンが届いてました。
1211

いくらだったんだっけ?
900円位かな?
送料と同じ位だったと思います。

今回は中古の純正品だったので、期待はしてなかったけど、書かれていた『良品』ではない事は一目瞭然(;一_一)
1211 (15)

まあ、新品はどっちみちカウルと一緒にそのうちに購入しようかと思っているからいいんですけどね。

カタナオーナーなら皆さん一度は考えると思うんですけど、ヤフオクに前から出ている「B級品3500円」のスクリーンってどなたか購入しました?
歪みとかってどうなんですかね?
持っている方は情報をいただけますか?

オグさん情報によると、一番のオススメはオオノスピードさんのスクリーンらしいです。
ちょっと高いけど、ヒビ&割れが非常に少ないらしいんですよね。

カタナのスクリーンは振動でヒビが入りますけど、オオノさんのは粘り?があるから転倒しても割れる事が少ないみたいです。

オイオイ、オグさん(-"-)

私はガレージで倒しても、ライディングでは転倒しませんよ(--〆)

さて、今日は週末ですから、ちょっとコーヒーブレイクのお話。

先日も焼きリンゴを作りました。
お子さんがいらっしゃる方はこの週末にでも作ってあげてください。(^^)

私が愛用しているダッチオーブンはRODGEです。
ん?ロッシじゃありませんよ!ロッジです。
ロッシマン&ろっしおじさん!!(笑)
1211 (1)

まず、スプーンを使ってヘタをくり抜きます。
1211 (6)

1211 (7)

そしたら、中の芯も底に穴を開けないようにくり抜きます。
1211 (8)

その穴に普通はザラメを入れるんですけど、この前使いきっちゃったみたいなので、今回は手元にあった黒糖を使う事にしました。
1211 (11)

1211 (12)

量はこの位にたっぷりと入れましょう。
1211 (13)

次にラムをスプーン1杯位入れて香りを付けます。
1211 (14)

最後にシナモンパウダーを一振り。
1211 (2)

蓋をして、オーブンに並べます。
今回は12インチなので、8個入りました。
1211 (3)

1211 (4)

そうしたら、七輪に火を起こします。
上蓋に炭を載せるので、この位は必要です。
1211 (5)

下火が強いとすぐに焦げてしまいますから、上7:下3位の分量ですね。

ここからの写真を撮るのを忘れちゃいました。(^^;

ほったらかしで、30分位ですかね。
甘くていい香りがしてきたら、つま楊枝を刺して好みの状態に仕上げてください。
私はジャムの一歩手前位の状態が好きなので1時間位はこのまま放置しておきます。

簡単なのに娘には喜ばれるんですよね(^^)

アウトドアが好きな方はすぐに判ると思うんですけど、私のダッチオーブンは15年以上の愛用品です。
購入時はグレーなんですけど、使い込むほどにブラックポットと呼ばれる黒色に成長していきます。

ダッチオーブンは育てる調理器具です。
絶対に洗剤や金タワシを使っちゃダメですよ!
なるべく熱いお湯を使って、亀の子タワシで洗ってください。
よく乾燥させたらサラダ油を薄く塗って、新聞紙を挟んで保管しておくんですよ!
使っていくうちに焦げ付きが少ないオーブンになってきますからね。

私は10インチのディープタイプと12インチを使い分けるんですけど、もうすぐクリスマスですもんね。
チキンの丸焼きは12インチじゃないと入りませんからね(^^)

是非とも家族と一緒に丸焼きにチャレンジしてみてください!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/11(金) 08:01 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。
1213 (45)

今週もいろんな仕事?が入っていたのでバタバタでした。
と、言っても今もまだロンドンバスの中なんですけどね(^^;

昨日と今日でスケジュールの合間を見て充電口を作っちゃいました(^^)

まだ完成ではないんですけど、とりあえずこれで使ってみて不具合が出るかどうか様子を見ます。
蓋の装着はちょっと問題が出そうなので、これから考えます。

今回の最大の難関は、充電機のクリップを取り付ける部分の製作ですね。
私はアングル材を切り出して、溶接で作りました。
1213 (43)

同じ物を2個作る時は作業工程と溶接・切断の順番を考えながらセットで作る方が製品のバラツキが無くなります。
1213 (44)

加工が済んだら、錆び止めの為にペンキで適当に塗っておきます。
この時、通電させる部分は鉄地のままにしておかなければダメですよ!

そしたらベース部分にセットします。
この部分の固定は寸法がピッタリに作れていたので、リベット留めにしました。
1213 (20)

1213 (19)

仕上がりはこんな感じ。
1213 (18)

ケーブルも付けてみました。
1213 (17)

こんなんでどうだ?
1213 (2)

裏はこんなです。
1213 (3)

1213 (4)

クリップも付けられますね。
1213 (1)

最終的な仕上がりはこんな感じ。
1213.jpg

あ、そうそう。
通常、カタナのスイッチは左ですけど、私はガレージのコンセント位置の関係で左右交換して右側を使いました。

使ってみて、もうちょっと煮詰める必要がありそうですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/13(日) 20:41 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
今週から寒くなるみたいですね。

さて、この忙しい週末に充電取り出し口を作りながら、オイルキャッチタンクの製作も進めてみました。

1214 (13)

考えたんですけど、キャブレターの前って吹き返しがあるから、貧乏塗装だとダメなんですよね~。
塗装しない仕上がりって事で、カーボンとかを貼った仕様ならカッコイイのにな~と。。。

おっ!あれはカーボンじゃあないですか!!
1214 (17)

じゃじゃ~ん!昔使ってたヨシムラのキャブレターヒートガードだよん。
1214 (15)

このヒートガードって昔流行ったんですよね。
エンジンの熱でキャブのフロート内のガソリンが沸いちゃうのを防止するというもの。

でも、結局のところ、付けても付けなくてもそれほどの効果が見られなかったんですよね。
実際のところ、付けていないと問題が出るかって言えば、全く問題なくどのバイクも走っているんですからね(笑)

それよりも、夏場とかだとエンジンの熱が抜けなくてデメリットの方が大きいと思います。

だから今回はこれを使っちゃう事にしました。
今回のカーボンシートを切って使うには、曲線では加工できませんから、平面を組み合わせたデザインにしなくてはいけません。
そこで登場したのが、またしても工作用紙。
これで前面部分を作り、アルミテープを貼りました。
1214 (19)

1214 (21)

メス型に収まる寸法でカットするカーボンの型も別に作ります。
1214 (11)

1214 (25)

1214 (23)

1214 (22)

それを使ってガラスシートも1枚物で2枚用意しました。
1214 (12)

カーボンはパーツごとにカットしておきます。
1214 (18)

1214 (16)

いざ、ポリ樹脂を塗っていきます。
だいぶ慣れてきましたね。
1214 (10)

今回は80ccを用意しました。
1214 (9)

カーボンを先に並べて、上からガラスシートを貼ります。
1214 (8)

これでどうだ?
1214 (7)


さあ!型を剥がすよ~!!(^^)
1214 (6)

1214 (5)

1214 (4)

ほら、どお?
1214 (3)

カーボンからはみ出した余分な部分をカットします。
1214 (2)

1214 (1)

装着するとこんな感じ。
1214.jpg

でもね、これも失敗作です。
写真を見て判るように実はカーボンとFRPもアルミ同様にくっつきません。

これは空気が入ったんじゃなくて、カーボンが剥がれたんです。

う~ん。。。

とりあえず、このまま進めちゃいますけどね(;一_一)

今回のを教訓に、そのうちに作り直すようでしょうね。
やっぱり、カーボンは素材を使って作らないとダメなんですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/14(月) 08:09 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

近頃は奥多摩周遊道路がバイクは一方通行になって走れなくなる?という話で持ちきりですね。
事故が多くなると必ず規制が入っちゃうんですよね~(悲)

まあ、たぶん取締を行っている時にUターンしてきたバイクを検挙するという内容になるのでしょうね。

さて、今日のお話は久し振りにCB-F&Rの足回りについてですね。

今は社外品のホイールを装着するのが当たり前となっておりますが、私は基本的に貧乏チューンが好き?なので流用パーツのお話です(^^)

おっと!類は友を呼ぶ。
ここにも貧乏チューンが好きな男がいた(笑)
ぷりんあらもーどさんのCB900Fですね。
1003 (2)

今回のお話はぷりんあらもーどさんが使っているNSRのホイールです。

NSRのホイールって、昔にCB-Fのカスタム用として流行ったんですよね。
スイングアームにリヤショックの受けを取り付ければ、簡単にごっそりと移植できます。
1215.jpg

2スト用のホイールで大丈夫なの?って思うかもしれませんが、ちゃんとダンパーも入っているから問題ありません。
1215 (2)

1215 (1)

ダンパーはレース用のダイマグとかと同じような構造ですから、全く問題ありません。

スプロケットだけ特注で作ってもらえば大丈夫です。
特注っていっても、アファムとかで出してくれるんだっけ?
大した加工じゃないから、通常のスプロケットとあまり変わらない値段らしいですよ!

このゴールドのホイールは純正のマグホイール『マグテック』です。
ぷりんあらもーどさんがスペア用に欲しいと言ってたので、昨日送りましたよ~(^^)/

フロントは私のCB-Rに使っております。
フォークとディスクにCB1000BIG1用を使えば、こちらもほとんど加工はいりません。

NSRのホイールは何しろ軽い!!
そして、リアも幅4.5インチの18インチだし、フロントも3インチ幅の17インチですから、CBにはベストマッチングなんですよね。
このホイールを付けると、切り返しがヒラヒラとなって違うバイクに生まれ変わりますよ!

これからホイールを検討している方にはお勧めです!

あっ!当然、カタナに装着しても同様になりますよ(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/15(火) 08:20 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

1216 (2)

1216.jpg

今日は昨日のホイールネタの補足ですね。

只今準備中さんから、問い合わせがあったりしたので、同じような事を考えている方もいるかなぁ~と思いまして。。。

私が愛用しているのはGSX-R1100のホイールなんですけど、型式は何だったけ?興味がない事は記憶に残らないんですよね(^^;

初期型が6本スポーク18インチ。
2型も6本スポーク18インチ。

何が違うかというと、アクスルシャフトの径が初期型は細いです。

私のは、その後に出た3本スポーク18インチです。
このホイールは当然、ベアリングを交換すれば初期型にも使えます。

1100のフォークはアンチダイブ機能がモーターで動かすタイプになってます。
この部分はブレーキを掛けると、スイッチが入ってオイル経路を絞るようになっていたと思います。
ですから、私は配線をカットするだけで、そのまま使ってます。

あと、三つ又のアンダーブラケットのボルトが1本仕様から2本仕様に変更され、強度アップが考えられております。

前置きが長くなりましたが、この3本スポーク18インチホイールが入手困難だという話。

今から15年位前から欠品パーツなんですから当然ですよね。
それを考えれば、程度の良いホイールがある訳ないです。

でも私は先日、程度の良いフロントホイールを再度手に入れちゃいました(^^)

これは、どういう事かと言えば、ちょうど欠品パーツとなった時期に神戸ユニコーンさんから純正流用の『18インチキット』というボルトオンキット&コンプリートが出ていたんですよね。

今、存在している中古ホイールで綺麗な物のほとんどが、こういったキットやカスタム車両に使われていた物になります。

当然その当時、大学生だった貧乏人がそんな高価なキットを購入できた訳もなく、中古パーツを探しました。

今と違って、ネットやオークションなどは存在しませんから、中古パーツ店を巡り、雑誌に載っている全国のカスタムショップに電話を掛けました。
そこで見つけたのが大阪で流用チューンを得意としていたショップ。

内容を説明したら、1台まるごと中古車を買ってきて足回りだけバラして送ってくれるとの事。
確か15万円位だったかな?

先日、ヤフオクで3本スポークの前後足回り一式が12万円で出てましたけど、最終的にはいくらで落札されたんだろう?
つまり、一式の値段は私が購入した当時とそれほど変わりません。
でも、今となっては、他に使いたいフォークとかがいくらでもありますから、使うのはホイールだけになっちゃうんですよね。
だからホイール単品だと、なかなか出てこないし、ましてや程度の良い物を探すのは至難の業です。
だって、欲しいとおもっている人が沢山いるんですからね。

そうなってくると、ちょっと高くても今は価格が18万円位で買えるアフターマーケットのホイールがあるんだから、それを買った方がいいかも・・・。って事になっているみたいです。

中古ホイールの適正価格なんてありません。
当時新品で3万円位でしたっけ?
私なら程度がよければ中古が3万円位でも、次にいつでてくるか解らないホイールなら買っちゃいますよ。
安くても2万円位でしょ?
そしたらプラス1万円程度なら良しとして考えてもいいんじゃないですかね~。

でも、普通の感覚では今まで欠品となっていたダイマグとかが普通に入手できるんですから、そっちを買った方がいいと思いますよ!
私は白のGSX-Rホイールがカタナには一番似合っていると思いこんでいるから、自分の拘りで使用しているだけですから。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2009/12/16(水) 07:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

カタナのスプロケットガードが作れたので、今度はCB1100Rの分もついでに作る事にしました。
もうマスターモデルがあるから、2個目からは簡単に作れます。
1216 (1)

メス型は20分位で作れるから、FRP張りまで考えても1時間位で作業は終了しちゃうんですよね。
慣れてくれば簡単でしょ?

さて、これな~んだ?
画像 025

怪獣の足だよ~!

な~んちゃって。
画像 024

うちの娘が大好きな汐留にある日テレさんです。
毎日ズームイン!を見てますか?

これってカラクリ時計なんですよね。
画像 023

決まった時間に動くので、見れたらラッキーかな(^^)
画像 022

さて、近頃はいろんな人にバスを東京で見たよ!って言われます。
それも赤いバスだと。。。

違うよ!うちのは銀色です!!

赤いのは日の丸自動車さんのスカイバスです。

丸ビル周辺には奇妙なバスが並ぶんですよ。

スカイバスはこれ。
丸の内バス

丸の内バス (1)

トローリーバスはこれ。
丸の内バス (3)

丸の内バス (2)

バスとかが好きな人には見ていて楽しいんでしょね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/17(木) 08:59 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は忘年会のピークですね。
私も昨日の夜に今日のお店を探したんですけど、もたもたしているうちにドンドンお店が埋まってしまい、焦ってしまいました。

さて、昨日のコメントでミナミさんからCBのフェンダーカットについて問い合わせをいただいたので、こちらでお話させていただきますね。

カスタムでもなんでもないんですけど、確かに経験がないと悩むのかもしれませんね。
それも1100Rだと失敗もしたくありませんからね(笑)

CBの場合はCB-Fも1100Rも加工方法は同じです。
CB-Fの方がテールカウル内に隠れるので綺麗に見えます。

アフターマーケットでフェンダーキットとか出てますけど、いつもの私の考え方で解るように、その程度の物にお金を掛けるのは勿体ない(^^;

ノーマルをカットしちゃいましょう!!
ただ、1100Rのはカットしたくないでしょうから、たまにオークションで出ている中古を買ってもいいんじゃないですか?
CB-Fと共通品ですよ。

加工内容は本当に大した事がなくて、期待外れでごめんなさい(><)

1218 (4)

CBのフェンダーカットは必ず裏に入っている鉄板を残してください。
これが補強となって走行中のテールレンズの振れ止めになります。
軽量化とか言って外したって意味ないですよ(-"-)

1218.jpg

カットするラインも裏の鉄板に合わせると綺麗に仕上がります。
その鉄板に2か所6.5ミリの穴を開けてアルミ板をボルト固定します。

1218 (5)

アルミ板は15センチ×10センチ位かな?
フェンダーの幅に合わせてください。
あまり小さいと振動で割れちゃいます。
昔は適当にエーモンの穴が沢山空いているステーをホームセンターとかで買って付けている友達がいましたが、それだと振動で折れるんですよね。

カウルを外したり、よく見ると1100Rの場合はステーが見えちゃいますけど、今まで写真では気付かなかったでしょ?
そんなもんなんですよ(^^;

CB-Fの場合はこの部分もカウルで隠れちゃいます。

ステーは、テールレンズの下に付いているゴムの下に挟む感じがいいと思います。
1218 (2)

こんな程度なんですけど、何かの参考にしてみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/18(金) 08:07 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

このところ、時間が無くてきなパパのGB250クラブマンの修理が止まってましたが、昨日は急に午後から時間が作れたので、きなパパに来てもらいました。

キャブレターのオーバーホールというか、修理というか、手術?は私が行いましたが、ガソリン漏れが発生していたので、その部分はきなパパに作業してもらいました。
1220_20091220095831.jpg

たぶん私が行えば30分で終わってしまうのですが、自分で作業をしてみなければ、バイク屋さんにお願いするのと同じ結果となり、いつまで経っても自分でキャブレターの脱着すらできませんからね。

吉田ガレージでは、自分でできる作業は自分でやってもらいます。
昨日きなパパはお友達と二人で来たので、とりあえず頑張って作業を開始。

その間に私はCB1100Rのスプロケットガードを作る事にしました。
1220 (2)

慣れれば簡単!簡単!
1220 (1)

ノーマル状態のキャブレターを外すのは、知恵の輪みたいですよね。
エアクリーナーBOXを少し後ろにずらして、インシュレーターのバンドを緩めて・・・。
説明したら、とりあえずやってもらい、手こずっている場合だけ手を貸します。
1220 (5)

予想どおり、フロートチャンバーのパッキンが腐っておりました。
1220 (4)

これはパーツを注文しないとダメですね。
でも、今日は乗って帰ってもらいますから、とりあえず耐ガソリン性の液状パッキンを塗って組んでしまいます。
後日パーツを組み直す必要がありますね。

あとは組みこむだけなんですけど、経験が無いと何らかのトラブルが起こるもの。

まあ、大抵は最初になんらかの失敗をするので、それを私が指摘して走るように仕上げていきます。

エアスクリューの調整は、一気に気温が下がったおかげで明らかに薄い事が判明。
本当はきなパパに調整してもらおうかと思っていましたが、キャブレターの構造を説明しながら私がやってしまいました。

これで暫くは普通にはしれるんじゃないですかね(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/20(日) 10:12 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

寒くなりましたね~。朝が本当にキツイです(><)

さて、今日は割れてしまったカタナのカウルについてお話しましょうかね。
お伝えしたとおり、私は青い外装に全く未練がないので、春頃を目標に銀色の外装を手に入れるつもりです。
でも、それだともし急に乗る事にでもなったら、さすがに困るな~と。。。

とりあえず、走れる程度には補修しておく事にしました。
一応は、これをもっと丁寧に仕上げていけば、復活はできますから何かの参考にでもしてください。

1221_20091221073408.jpg

カタナはコケるとミラーの付け根が必ず割れます。
1221 (7)

おーデカい穴だ(;一_一)

破片を集めます。
1221 (6)

補修はコテで溶接していきます。
1221 (5)

1221 (4)

本格的に補修する場合は、今回のようにコテで裏側から溶接をして、表をプラリペアで補修を掛けると、強度もノーマルと同じ程度まで復活します。

割れ目をコテでなぞって溶けたプラスチックを練り合わせていきます。
1221 (3)

全部を溶接します。
1221 (1)

仕上がりはこんな感じ。
1221 (2)

このままだと強度不足です。
塗装まで仕上げるには、このままパテを盛っても割れてきますよ!
必ず表面は面取りして、プラリペアを盛りつけ&仕上げた後にパテ盛り工程に進んでください。

私の場合は、どうせボロい外装ですから、多少の傷が増えたって気にしない。
しばらくは、このまま乗ります。

多少というレベルでは無いか?(-"-)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/21(月) 07:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

もうこの時期になると、仕事をする雰囲気じゃないですよね~。
私は年内の仕事は、既に終了です。
あとは何回かバスに乗るだけかなぁ。
今日なんて、頼まれてた海老蔵さんの新春歌舞伎のチケットを新橋演舞場に取りに行くだけですから(笑)

さて、先日購入したGSX-Rの18インチホイールを仮組みしてみる事にしました。

今はZXR400の17インチが入ってます。
1222.jpg

これを18インチに替えてみると
1222 (1)

おー!カッコイイ!!
やっぱり、このホイールが最高!!
私は個人的にダイマグやマルケジーニとかより、GSX-Rの方が好きなんですよね。

サイズも17インチだと小さく見えちゃうじゃないですか?
私の基本的な感覚は『あいつとララバイ』の世界ですから、タイヤは太くて大きくないとね(^^)

たまに対向車線に19インチのバイクが走ってくると、スゲー格好良く見えないですか?
でも、さすがにノーマルホイールだと細くて迫力に欠けるのも事実。

タイヤの選択肢と乗り味と私の美的感覚?からいくと、カタナはやっぱり18インチが好き。

でも、BIG1の18インチだと、3.5インチ幅だから、ちょっと太すぎです。
ガレージに白のBIG1ホイールならディスクだけ1100Rに使いましたから転がってますよ。
欲しい人がいるならあげますよ~(^^)/

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/22(火) 07:49 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

ガレージ内で古いパーツを探していたら、昔に使ってたK&Nのパワーフィルターが出てきました。
1223 (3)

昔に書かせていただきましたけど、このフィルターはあまりお勧めはできませんが、キャブレターを自分の手でいじる第一歩としてみては面白いんじゃないですかね。

カタナのノーマルエンジンだったら、ノーマルキャブに装着してメインジェットだけを購入します。
スロー系はPSの調整だけで走れるはずです。
中間域はニードルのクリップで調整できたはずです。

CBのノーマルキャブだとニードルにクリップが付いておりません。
ワッシャーを挟めば多少は調整できますけど。
あと、メインジェットが2個付いていて、調整する構造です。

このフィルターは確かカタナに使った物だと思うんですよね。
1223.jpg

53Φ位かな?ゴム+バンドだから普通に装着できるはずです。

1223 (2)

でもね、もう18年位前に使ってたので、ボロボロです。
1223 (1)

灯油で洗えば問題なく使えはするんですけどね。

使いたい人がいらっしゃったら、あげますから連絡ください。
着払いで送りますよ。

ノーマルキャブじゃあ、大してパワーなんか上がりませんけど、股下からグウォ~って吸気音が聞こえてくると、その気にさせられます(笑)
試してみて!

そうそう、話は変わって、昨日はチビ人間1号が自転車を倒したから直してくれと言ってきた。
1223 (7)

おー!
君もカウル?が割れたのかい?
お父さんと一緒だね(^^;

お父さんは、この手の修理はついこの前にやったばかりだよ(;一_一)
1223 (6)

簡単な作業さ!
1223 (5)

1223 (4)

ほ~ら直った!
お父さんは何でも直せるんだから(笑)

割れたカウルと言えば・・・。
1223 (8)

う~ん。
ダサいカラーリングだったけど、割れて塗装が剥がれたら、格好良くなったじゃないですか?
私の感覚は芸術家かい?(大笑)

ここまでボロボロになったら、これはこれで面白いなぁ。
レーサーっぽくなってきた?
峠とかで、ボロボロのレーサーレプリカとか見るとカッコよく見えたりします。
恐ろしき変態感覚。

どうせなら、春まではもっとレーサーっぽくしちゃおうかな?

くっくっくっく~。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/23(水) 09:44 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日はクリスマスイヴですね。
今朝のズームイン!!でサンタさんが家を出発したっていう話題になっていたら、チビ人間1号&2号の喜ぶこと(^^)
田舎の少女は可愛いでしょ(笑)

さて、昨日は以前に『かれんパパ』から鹿肉をいただいていたので、これを調理する事にしました。
1224 (20)

普通はこういう料理って特別な日に作るでしょ?
でも吉田家では、父親が家にいる日が特別な日です(笑)
だから作れるときに作ってしまいます。

今回も使うのは12インチのダッチオーブンです。
1224 (7)

今回使った鹿肉は1.5kg位ですね。
1224 (18)

本当は一晩、野菜と赤ワインに浸けこむんですけど、私には時間が無かったので2時間置いただけです。

型崩れしないように調理用の糸で縛ります。
1224 (19)

1224 (8)

そしたら、肉を焼いて
1224 (6)

玉葱、にんにく、ニンジン、セロリを炒めます。
1224 (5)

肉と野菜を一緒にしてトマトの缶詰を1缶投入。
コンソメも2つ入れました。
1224 (4)

後は浸けこみに使った1.5本程度の赤ワインをも入れます。

庭にパセリが育っていたので、これを10本程度入れました。
1224 (17)

そしたら、炭を準備します。
今回はこの位ですね。
1224 (3)

ダッチオーブンの本を見ると、ブリケットと呼ばれる固形燃料を使うように書かれていたりします。
1224 (9)

これは、初心者でも火加減が解り易いようにする為でもあります。
ブリケット上20個、下10個とかね。
何故かダッチオーブンを使うとアクが出ません。
そのまま放置しておくと完璧な調理をしてくれます。


完成!
1224 (1)

妻がパエリアも作ってくれました。
1224.jpg

赤ワイン煮は、本当に美味しくできました。
鹿肉は脂身が少ないので、ワイン煮にも合っているみたいですね。

かれんパパ、御馳走様でした!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/24(木) 08:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日のクリスマスイヴはどのように過ごしましたか?

朝のズームイン!!では、イヴの日に結納をされた芸能人のお話をやってましたね。

ん?

海老蔵??

お正月の公演??

そりゃあ、ファンのおババ様達が押し寄せるんでしょうから、プラチナチケットなんでしょうね~。

プラチナチケット???

さて?はて?

どこかで歌舞伎のチケットってみたよなぁ~???

あ~!!!カバンに入っているこのチケットは海老蔵の新春歌舞伎のチケットじゃないですか!!!

1225_20091225085028.jpg

それも、1月4日の前から7列目。
お~!!こりゃあイイ席ですよ~。

私の闇ルート?を使うと電話1本で用意できたりするんですよ(^^)
でも、私は全く興味が無いから自分では行かないんですけどね(^^;

昨日の吉田家はクリスマスイヴごっこみたいな夕食でした。
娘と一緒に買ってきたスポンジを使ってケーキを作り、妻がチキンを焼いてワインで乾杯をしました。
そして娘が寝ている間に枕元にプレゼントを置く。
でも、その時私は既に夢の中。
私がクリスマスに家にいるなんて何年振りなんでしょうか(-"-)
ささやかな幸せ(^^)

ごっこ遊びといえば、私の錆びた青カタナ。
転倒により、ボロさに磨きが掛かり進化していく(;一_一)

どうせなら、レーサーレプリカ?にして、違う意味で目立つ仕様にする事にしました(笑)
テイスト

でも、これは私の冬の間だけの遊びですから、春とか夏頃までの仕様ですね。
お金が貯まったら銀色の外装に交換します。
春までって、いったい何回乗るのかな?
1回?2回?
まあ、遊びですから細かいことは考えない(笑)

何をするかと言えば、復活の時に製作途中だったシングルシートにします。

アクティブのシングルシートはゼッケン部分をカットしたから、この部分をFRPで補修しなくちゃいけません。

1225 (5)

補修に使うアルミテープをダイソーに買いに行ったら、このところず~っと品切れなんですよね。

そこで考えた。
テープ売り場は品切れ。他に使える物はないかと思って店内を捜索。

キッチンコーナーにありました。
1225 (6)

厚紙にアルミを貼った物もあったから使えるかな~と思って購入しましたが、これはアルミが薄すぎてダメでした。

カウルシートの固定はアングル材にゴム板を貼って作りました。
1225 (4)

1225 (3)

1225 (2)

1225 (1)

仕上げはカッティングシート&ステッカーで作ろうかと思ってます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2009/12/25(金) 09:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

クリスマスが終わると何だか寂しくなりますね。

さて、途中で止まっておりましたカタナのオイルキャッチタンクの製作を再開しますかね。

どういう作り方にするのか工法を考えていたんですけど、結局はモナカ工法にしました。

手を抜いて裏面はマスターモデルに直貼りしてメス型を作るようにしました。
1226 (11)

剥離は多少入り組んでいるので、発砲スチロールをかき出します。
1226 (8)

1226 (10)

ほ~らできた。
1226 (6)

合わせるとこんな感じ。
1226 (5)

これからホースの取り出し口を作らないといけませんね。


先日お話したシングルシートの手直しも進んでますよ。
1226 (15)

ゼッケンの下をFRPで継ぎ足して補修しました。
簡単にパテを盛って適当に仕上げるつもりです。
1226 (14)

そうそう、今年も蔵元から焼酎が届きました。
1224 (22)

何年か前は魔王とかも送ってくれたんですよね。
今年は富乃宝山でした。
1224 (21)

義母さんに感謝(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/26(土) 15:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

1228.jpg

東京タワーの『2009』もあと4日で終わりですね。

さて、この週末もロンドンバスに乗る前の2時間程度を使って作業を進めました。

今回はモナカ工法で作るオイルキャッチタンクのホース取り出し口をどういう仕様にするかで悩みました。
すると、ガレージに昔使っていたエンジンオイル注入口に取り付けるブリザーホースを発見!

よ~し、このホースとフィッティングを使う事にしよう(^^)

普通の人なら穴を開けて終わりですけど、私の場合はこの部分も作っちゃいます(笑)
それも、アルミのフィッティングは、ちゃんと取り外しできるようにね!

この部分のネジ山なんて、取り付けと取り外しができれば精度なんて全く関係ない。
そこで目に止まったのは、水道の蛇口に使うシールテープ。
1228 (3)

あとは、ホースの取り回しの都合で斜めに上向きになるように取り出し口を作ります。
1228 (2)

1228 (1)

1228 (10)

もう一つ、排気口用も作ります。
1228 (4)

FRPを貼って型を抜くとこんな感じ。
1228 (9)

1228 (8)

排気口用も仕上げました。
1228 (7)

表面に穴を開けて取り付けるとこんな感じになるのかな?
1228 (5)

中で貼りつけを行えば見た目も綺麗になるでしょ?
1228 (6)

次の作業はいよいよ組立ですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/28(月) 07:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

1202.jpg

今日からお休みですか?

私は明日までロンドンバスに乗らなくちゃいけないんですよね~。
早く作業の続きをしたいところです。

次々にやりたい事が思い浮かんでくるんですよね。
まあ、それが良い事なのかどうか、そして効果があるのかどうかは疑問ですけど(;一_一)

でも、さすがにこれだけオートバイをイジっていれば、さぞお金も掛かっているのかと思いきや、ブログを読んでいただいてるとお解りのように、実際に購入しているのは数百円~数千円の材料ばかりです。

それも、なるべく100円ショップで売っている材料?を使うようにしているので、高校生のお小遣いでも可能な内容ばかりだと思います。

ほら、完成した模型を買うよりも、プラモデルを買って自分で組み立てた方が当然楽しいでしょ?
私の場合は、プラ板を買って作るタイプなのかもしれませんね(笑)

オークションで購入する商品も、ほとんどが送料と似たような価格帯のばかりです。
商品であっても、何かに流用する材料の一部だったりしますから、ジャンク品とかが好きだったりもします(^^)
本当はガレージセールで数百円の商品を段ボール一杯買ってくるのが一番楽しいんですけどね。

材料を買って作るという事は世界に一つしかないスペシャルパーツになるのは間違いない事実。
商品を買うより数倍楽しめて、同じ予算で考えれば数倍のスペシャルパーツが手に入るという事にもなります。

そうして、コツコツと22年間の結晶として作られたのが私のCB1100Rとカタナです。
ゴミだと言われればそれまでですけど、本当の意味での吉田仕様のスペシャルマシーンである事も事実。

さあ、今日から休みのお父さん。
ボーナスの中から3000円を握りしめて東急ハンズとダイソーに材料を買いに行ってください(^^)/
間違いなく、有意義な正月休みを過ごせるようになりますよ!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2009/12/29(火) 07:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索