プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

あっという間に2月ですね~。

昨日のFZRの足回りは、CB乗りの『てつさん』が買ってくださる事になりました。
他にも検討くださった方、本当にありがとうございました。

てつさん、ご連絡お待ちしております。

さて、今日は、せっかくなので足回りを移植する時に悩むポイントとして考えられるチェーン&スプロケットサイズについてお話しましょうかね。

CBのノーマルは530サイズ、カタナは630サイズです。

そもそもこのサイズはどういう意味か?

最初の5と6はコマの大きさを意味します。
正確に言うと、ピンとピンのピッチですね。
5/8インチと6/8インチを表現してます。

カタナのチェーンなんて、今見るとオートバイ用とは思えないデカさですよね(笑)

後ろの30はチェーンの幅を意味します。
3/8インチ幅という意味です。

だから、今どきのレプリカバイクに使われる520サイズは、コマの大きさは同じなんですけど、幅が狭いんです。
つまりは、細いって事。

ここで問題になってくるのが、旧車カスタムに使われる’88位までのGSX-Rのチェーンサイズ『532サイズ』です。

実は、このサイズは幅も530と同じです。
何が違うかと言えば、チェーンのローラーが強化の為に太いんです。
だからスプロケットの歯の形状が違うんですね~。

でも、あまり意味が無かったとみえて、このGSX-Rシリーズで消滅してしまったみたいです。

さて、困った。

じゃあ、どうすればいいの???

大丈夫ですよ!
アファムさんから530サイズへのコンバート用のスプロケットが出ております(^^)

こういう移植作業には、アフターマーケットパーツの適合リストをプリントアウトして組み合わせを検討します。
実は、このあたりの作業ははまってくると非常に楽しい。
0201_20100201082003.jpg

自分の目指す車種のリストをプリントアウトしてみて!
必要なページだけ出さないと、スゴイ枚数になっちゃうから気を付けて。

↓↓↓
アファムさんのHP

左のスプロケットとチェーンのカテゴリーから入ってください。

私はアファムとRKのリストを使います。

チェーンサイズの意味はRKさんのホームページを見た方がいいかも。
0201 (1)

↓↓↓
RKさんのHP

カタナの630サイズは、やっぱり大きくて重いですよね~。
重さというよりも、抵抗の大きさが気になります。

520までサイズを落とすとスゴイ軽いですからね。

でも、ストリートで使うなら、やっぱり530が妥当だと私は考えます。

まあ、今のチェーンは昔と違うから、最上級グレードを使えばそんなに簡単に伸びたりはしないんですけどね。
カミ様がチューンした隼なんか、モテギの最終コーナーの立ち上がりから1コーナーまでウイリーが止まらないって言ってたけど、520サイズでしたからね。
さすがに、これ以上のパワーはいらないって言ってましたけど。。。

アファムのHPを見て驚くのは、特注品のスプロケットの価格です。
これは、NSRのホイールをCBに装着している『ぷりんあらもーどさん』から聞いていたんですけど、他のスプロケットと変わらない価格です。

穴が開いていない素材価格+穴あけ工賃+アルマイト料で1万円位です。

つまり、NSRホイールに530チェーンを使うのは、納期の問題だけで価格は特別なものではないんですよね~。

まあ、加工屋さんなんて、素材を機械にセットして用意されたデータどおりに削るだけだから、作業としては同じなんですよね。
それを一般客相手に受けてくれるかどうかっていうだけの話。

昔、カスタムショップで特注スプロケットとか言って高い値段で売っていたのは何だったんだろう?(笑)

そうそう。
このチェーンに関しては、『Ride on GSXR!のたつをさん』のHPにもっと細かく記事として出していただいているので、こちらもご覧になってみてはいかがでしょうか?

GSXR!たつをさんのHP

当然ですけど、ドリブン側を530に交換したら、ドライブ側はオフセットスプロケットの530サイズに変更するんですよ!

ちょっと調べてみて!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/01(月) 08:23 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
昨日は中途半端に雪が降りましたね~。
今朝はビチャビチャしちゃって大変です。
02 001

さて、進めてきましたカタナのアンダーカウル。
02 005

TOMOさんの汎用品でしたが、大幅にカットしてエキパイ周辺を少しリメイクしました。
私の場合はYRPのスタンドを使うので、エンジンハンガー部分は穴あけ加工もしました。
02 004

塗装ですかい?
私のバイクですよ(^^;
いつものごとく下地処理もろくにしないで、缶スプレーで塗っちゃいました(笑)
どうせ、アンダーカウルなんか飛び石でボロボロになるし、私の場合は作業で何度も取り外しをするので、下を引きずりますからね。

適当に塗っておいて、剥げたらまた塗ればいいだけの事。

今回は、なるべくコンパクトにして黒で目立たないようにしてみました。
02 006

カタナでアンダーカウルを付ける人って少ないんですけど、違和感は少ないでしょ?

さて、カタナはとりあえず一通り春までの準備が終わったみたいですね。
いつでも走りに行けます。

エンジンはパワーダウンしているけど、このまま今年一年は使います。
OHは来年ですね。
こんな事を続けていたら、ついにこのカタナとは20年目を迎えてしまうんですね(^^)

カタナが終了したという事はガレージ内のポジションを変えて、次のマシーンに取りかかりますかね。
02 002

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/02(火) 08:07 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今週は寒いですね~。
今日も雪がちらつくかも知れないんですってね。

先日、ガレージでグリップを発見しました。
昔使ってたのかな?

私はグローブに貼りつく感覚の『スーパーバイク グリップ』を使用しております。
これって、長期間使っているとタイヤと同じように減るんですよね。
0103 (8)

別に減っても使えるんですけど、せっかくなので交換しました。

交換する時はですねぇ、ドライバーを差し込んでパーツクリーナーを吹き込みながらグルッと回せばニュルっと抜けます。
0103_20100203080807.jpg


入れる時は油分を綺麗に拭き取って、同じくパーツクリーナーを吹いて一気にニュルっと入れてください。
クリーナーが揮発すればOKです。

でも、私は念の為にもワイヤーリングもします。
0103 (7)

ワイヤーツイスターは安いから、1本持っていてもいいんじゃないですかね?
便利ですよ!
ねじった部分は指とかに当たらないように場所を考えてね。

アクセル側はスロットルから、はみ出るようならばグリップエンドをカットします。
結構あるのが、アクセルが重いって言う人のアクセルを見ると、アクセルグリップがハンドルにこすれていたりします。
見た目だけを目的にパーツ交換する人には新品のアフターマーケットのパーツをカットして使うなんて信じられないかもしれませんが、レーシングパーツってそういう物なんです。
そもそも、交換する意味はノーマルよりも優れている部分を使いきる事が目的なんですから、ノーマルよりも使い勝手が悪いなら、交換する意味が無い(;一_一)

あと、ノーマルキャブでもハイスロに交換する人もいらっしゃいますよね。

それは、悪い事ではありません。
使い勝手によっては、全開にするのに手首を大きく捻りたくない場合もありますからね。

私はカタナを手に入れた当初、確かGSX-Rのスロットルを使っていました。
これは、ノーマルのスロットルを見ていただければ解るんですけど、全体の大きさは同じでも、ワイヤーが当たるタイコの部分だけ大きいんです。
だから中身だけ交換すればハイスロになりますよ!

確かにレーシングキャブに使うハイスロは格好もいいんですけど、内容は単にタイコを大きくしているだけです。
あと、レーシングキャブの場合はワイヤーの長さの関係でハイスロに交換しないとアクセルが全開にならないケースもあるんですけどね。

アクセル全開といえば、私が使っているハイスロはミクニのだっけ?
0103 (4)

0103 (2)

どこのだったか忘れちゃいましたが、ストッパーが付いているハイスロは、必ず一度緩めてワイヤーをセットしてからストッパー位置をロックするんですよ!
0103 (3)

0103 (1)

場合によっては、これが原因でアクセルが全開にならないケースもあります。

先日のクラッチワイヤーと同じように、アクセルワイヤーとスロットルホルダーのグリスアップをきちんとメンテナンスすると、気持ちの良いアクセルワークになります。
ハンドルを切るとアクセルが戻らなかったりしてませんか?
0103 (5)

ちゃんとオイルくらいは指しておいた方がいいですよ!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/03(水) 08:15 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
0104 (1)

寒いですね~。

先日、オグさんがエンジンを引き取りに来てくれた時に、キャブレターのファンネルカバーを持ってきてくれました。
0104 (2)

元の持ち主にお返ししますってね(^^)

これは、私がモビーの社長にカタナを買ってもらった時に付けて出したのをオグさんが見つけて持ってきてくれたんですよね。
しばらくは、あのキャブはオグさんのカタナに付けて走っていたんです(●^o^●)

ストリートで直キャブで乗る人は少ないから、あんまり参考にならない話かな(-"-)

普通はウエスとかを丸めてファンネルに押し込んで置くんですけど、汚れてくるし、面倒くさいでしょ?
だから私はアルミ板で作ったんですよね。

1ミリ厚を使用しました。
0104.jpg
これも、厚紙で型を作ってファンネル形状に合わせて曲げるだけだから簡単でしょ?
0104 (3)

レーサーを持っている方は参考にしてみて!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/04(木) 07:43 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

これだけ寒いとガレージで作業するのもキツくなってきますよね。

こんな時は家の中でできる事をさがしましょうかね。

みなさんは、オートバイに乗る時の持ち物って何ですか?

私の場合は基本的にオートバイには皮ツナギで乗ります。
ジャンバーが必要な寒い時期には乗りません。
暑い時にも乗りません。
ツーリングにも行きません。

・・・・・・(;一_一)

結局、オートバイには、あんまり乗りません(笑)

私の持ち物は、
1)免許証
2)1000円札3枚
3)コーヒーを買う小銭
4)汗を拭くハンカチ
5)携帯電話

以上です。

私の場合は大袈裟なライディングフォーム?なのでウエストバッグだと邪魔になるんですよね。
あと、万が一の転倒時って腰とかをヒットしたりするじゃないですか。

だから以前にも書きましたけど、私は胸に付けるバッグ?を作って使用しております。
0105 004

0105 005

当然、私の胸回りにサイズに合わせてピッタリに作りましたから、ライディング中でも全くズレません。

上に携帯電話を入れて、
0105 003

下は小銭入れ、
0105 001

ガソリンスタンドでヘルメットを被ったままでも見えるように、引き出せるようにしました。
0105 002

1年間使ってみて、改善点としては、ハンカチ入れが無い事。

今回、携帯電話をソフトバンクのAQUOS SHOTのに変えたら、サイズが大きくなって入らなくなってしまった事。

以上の理由から、作り直す事にしました。


さて、今度は皮細工ですよ!

ちょっと細かく書いていきますから、興味のある方は一緒に作ってみませんか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

2010/02/05(金) 07:36 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は、やる事が多くて作業が進みませんでした。

本当はCBのエンジンを下す準備とかができたら良かったんですけど、年に一度のJALポイントの日を決行いたしました(^^)

何じゃそりゃ?

去年も行きましたけど、私はJALカードを使ってポイントを貯めているんですけど、営業でもカードを使うから1年で結構貯まるんですよね。
つまり、私がどれだけ遊んだかが分かってしまう日でもあります(笑)

普通はマイレージで旅行とかに行くんでしょうが、我が家は羽田空港へ行って食事&買い物をして全部使い切ります。

ちょうど、娘の誕生日でもあったから、都合良かったんですよね。

日曜日は作業しようかなぁ~と思っていたら、妻からの頼まれ物。
何でも、急に撮影が入ったから、シンプルな首輪を2頭分作って欲しいとの事。

撮影には何本かの首輪を持参するんですけど、私が作る首輪は普通では売っていないような派手な物ばかりだから、スタイリストさん?カメラマンさん?に却下される事が多いらしいんです(^^;

なので、黒でシンプルな細身の物というオーダー。
ホテルの室内での撮影らしいんです。

普通のダルメシアンだと細い首輪は心配ですけど、グレハリは引っ張らなくなってきたので大丈夫。

首輪用にカットした皮が売ってますけど、私は自分でカットするところから作業を開始します。
0108 004

皮をカットするのは、エンジンのガスケットを取り除いたりするのに使っていたKTCのスクレーパーです。
本当はカットするナイフとかも売っているんですけど、私は使い勝手の良さから、スクレーパーを砥石で研いでカッターとして使います。
0108 005

今回は15ミリ幅にして犬を繋ぐ道具というよりアクセントとして使うらしいので、裏皮を貼り合わせたりして強度を上げる必要もありませんでしたから、簡単に作ってしまいました。

シンプルにと言われましたが、寂しい首輪は私の趣味じゃないので、石とペンダントトップまで付けてしまいました(笑)
0108 002

またカメラマンさんに却下されちゃうかな(;一_一)

もっと手間を掛けて、どこにも売っていないような首輪にしたければ、こんなのも作れます。

これはダイヤモンドパイソンの皮を貼って、ステッチを掛けて3ピースのバックルで仕上げました。
0108 001

さすがにこれは派手すぎて使う機会も少ないんですよね(-"-)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/08(月) 08:12 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は夜に雨が降るらしいですけど、18℃まで上がるんですって?

仕事なんかしている場合じゃないなぁ(;一_一)

おっと、いかんいかん。。。

さて、昔からカタナのカスタムの原点といえば、やはりヨシムラのレーサーですかね?
でも実際に見るチャンスって今となっては、あまり無いですよね。
20100209065919.jpg

昔はT.O.Fとかグランドスラムにヨシムラのブースがあって、展示されていたんですけどね。

あの当時は17インチの極太タイヤを履いたカタナが流行り出した頃だったので、最初に見た時にはあまりのカッコ良さにビビりましたよ(゜o゜)
20100209070209.jpg

でも、あの頃から私の視点は普通の人とはちょっと違っていて、自分で組むにはどうしたらいいのかと思って、パーツのデータ収集として写真を収めちゃったから、ちゃんとした写真が無くてごめんなさい。

20100209070047.jpg
このカタナは昔のレーサーと違って、商品開発の意見が取り入れられて作られたんですよね。
つまりは、1135Rも視野に入れたパーツ屋さんとしてのプロモーション作りの一環だったのでしょう。
20100209070328.jpg

このNK1レーサーが走った期間は短く、すぐにGSF1200にシフトされていくのでした。

そういえば、ヨシムラGSF1200に積まれていたエンジン。。。
クラッチカバーにJOMOのステッカーが貼ってあって、傷だらけのアレですけど。。。

あれ?誰かのマシーンに積まれていましたよね(笑)
オレンジのタンクにカーボンのリアカウルを付けてテイストの表彰台に上がってましたけど。。。
知っている人は知っている(大笑)

この頃ってオイルクーラーは薄型じゃあなくて、フィッティングも90°と45°の組み合わせだったりします。
20100209070443.jpg

逆にこういう角度の写真は見る機会が少ないでしょうから、何かの参考になればいいのですが。

でも、あの頃は憧れたんですけど、今となっては私には綺麗過ぎて興味があんまりない。
こういう綺麗なカスタムマシーンが増え過ぎちゃったんですよね。

やっぱり私にとっては、レース屋さんが組んだボロボロのレーサーに魅力を感じます。
原点が一番格好いい!!
ヨシムラ改

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/09(火) 09:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は昨日に比べると12℃とか下がるって言ってましたっけ?
こうして寒暖の差が激しくなって、雨が降り、春になっていくんですよね~。

さて、昨日のヨシムラカタナの写真を見て、昔からこのジェネレーターが欲しいなぁ~と思っておりました。
でも、カバーを見る限り鋳物とかで作っているんですかね?
さすがにこれは作れないなあ(;一_一)

でも、テイストに出ていたウイニングランさんのGS1000Sに付いてたジェネレーターなら自分でも加工できそうですよね。
20100209070944.jpg

これって400ccとかのパーツを付けているんだと思うんでけど、GSX系とかですか?
オグさん教えて!
きっとお店に並んでいるどれかのバイクに付いているカバーでしょ?

でも、気を付けないといけないのが、カタナの初期型SZとそれ以降では、ジェネレーターコイル取り付け部のテーパーサイズが違います。
たぶん、GS1000とSZは同じではないかと思うのですが、こればっかりは開けて確認しないと解りません。

私のCB1100Rに付けたメタルギアワークスさんのジェネレーターキットもたぶん400ccのジェネレーターキットを改造して、テーパー部だけを作り直し、溶接加工していますから、この方法を使えば作れると思います。

写真を見て解るようにアルミ板にボルト止めしているだけですから、きちんと芯だしできれば問題ないと思うんですよね。
ただ見ると、セルが使えませんね。
20100209070641.jpg


まあ、私の場合はガソリンスタンドでも押し掛けですから、問題ないかな(^^;

カタナで走っている方の悩みとしてあるのが、バンク角の少なさですよね。
CBよりは随分マシなんですけど、コーナーの立ち上がりでオイルが漏れていないかハラハラしてしまいます(笑)

右側は大丈夫なんですけどね~。
20100209070801.jpg

見た目もスパルタンで格好いいから、付けられる物ならトライしたいですね!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/10(水) 07:40 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は皆さんお休みですか?
私は近頃にしては珍しくお仕事です。

まあ、私の仕事なんて、お客さんとランチを食べながら1時間もすると終わっちゃうんですけどね(笑)

さて、昨日のジェネレーターカバーの件でオグさんからコメントをいただいておりましたが、もしかするとウイニングランさんのカバーってダミーなのかなぁ~と思うようになりました。

普通に考えれば、スプリントレースなんてジェネレーターを外すんですから、当然ですよね。
単にカットして溶接するのが面倒だったから転がっていたカバーを付けただけなのかな?

でも、こんな仕上がりで発電していたら荒削りで格好いいんだけどなぁ~。

私の場合は一応、ストリートが大前提なので、発電しなくては困る。
容量を必要とするセルモーターは最悪使えなくなっても構わないんですけど、着火不足でトラブルになるのは避けなくてはいけません。
ぷりんあらもーどさんみたいに冬の夜に止まってしまい、一人で凍えながら待つのだけは絶対にやりたくありませんからね(笑)

オグさんからの追加情報を待ってま~す!

そうそう、オートバイを買う時ってこういうオグさんみたいにマニアックなメカがいるお店で買った方が絶対にいいですよ!
近頃のバイクならどこで買ったって問題はないんですけど、20年も前のバイクは絶対にトラブルが発生します。
これは、絶対にです!
当たり前ですよね?
20年も前に作られたバイクは当然屋外に置かれているんですから、動いていなくたって経年変化を起こしています。
それを乗り切るのは経験しかないんですよね~。
あと、情報量と人脈。

その中でもGSとGSX系は、強いんですよね。

みなさん、もう覚えましたか?
中古バイクを買うなら、埼玉の『モビー』か『アイアンマン』ですよ!
オグさんは、アイアンマンにいるのかな?

↓↓↓
『モビーのショールーム』

出てないバイクは問い合わせてみて!

本物のゴディエジュヌー1135Rなんて見た事ないでしょ?
普通はマニアの方が大切に乗るんですけど、私ならホイール&タイヤだけ替えて走りに行きます。
これでフルバンクしながらコーナーを立ち上がってきたら、絶対にカッコいいですよ(^^)

そんな事を言っても、私はいつもお願いばっかりしていて、買った事がないんですけどね(大笑)
あはははは。

さて、宣伝はこの位にしておいて。

今日の本題。

普通はレースに出る場合はジェネレーターを外してカバーをカットします。
上がカタナ用で下がGS750E用ですね。
0211 007

アルミ板を溶接するんですよね。
0211 002

コードが通る穴は埋めてオイルストーンで磨いておかないと、オイルがジャジャ漏れしちゃいますからね。
0211 004

GS用はこんな感じです。
0211 003

0211 001

カタナ用は万が一って事を考えると使う可能性もあるから取っておいてもいいんだけど、GS用はマシーンを手放してしまったから、絶対に使わないんだよね~。

欲しい人います?

もし、これからGS750でレースに出るんだけど、仕上げはともかくなるべく予算を抑えたいんだよな~っていう人は連絡ください。

貧乏チューンを愛する私がプレゼントします。(笑)

ただ、ストック商品としたいだけならダメですよ!
それなら私がストックしておきますから。

レースに遊びに行った時にでも缶コーヒーをご馳走してください(^0^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/11(木) 09:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

今日は八王子だと雪が降ってます。
0213 003

作業をしようかとガレージに行ったんですけど、家のストーブが壊れたらしく、恐妻にガレージ用のストーブを取られてしまいました。
家には当然、エアコンもあるんですけど、こんなに寒い日は室外機の熱交換が悪いのでエアコンって暖かくないんですよね。
だから我が家では、冬は石油ファンヒーターなんです。

という訳で、さすがに氷点下での作業は止めました。
でも先日、FZRの足回りを買ってくださった『CBてつさん』がCB-FにFZR750のスイングアームを付けるにあたり、ショック受けの位置をどの程度の場所に付ければよいのかで悩んでいるとメールをくれたので、私のCBを実測してきました。

私のスイングアームはFZR750用に受けだけをつけた物です。
これは、友人が16年位前に大阪のカスタムショップで中古の足回り一式を購入した時に加工もお願いしました。
私がカタナの足回りを買ったショップですね。
他にもCB-F用のGSX-R750の足回りも買いました。
さすがに続けて私がオーダーしたので、対応も良くしていただいたんですよね。

寒かったから簡単な実測値です。
イメージとして参考にしてみてください。

15ミリ厚のアルミプレートに純正のブッシュを打ち込んであります。
0213 014

穴位置はスイングアームの上端から33ミリです。

後端からは78ミリです。

これは、当然の事ながら使うスイングアームによって厚みとかのサイズが違う訳ですから、異なってきちゃいますよ!

ちなみにGSX-R750のスイングアームだと、同じ受け部を使っているんでしょうが、GSX-Rには段差がありますから、私のカタナの場合は高さ32ミリ、後端からは112ミリとなっています。
0213 002

0213 001

これはショックの上側の位置がマシーンによって違う訳ですから、寸法が違うのは当たり前。
CBにカタナの寸法で加工すると、ケツは上がりますけどショックが立ってしまいますよ!

そこでカッコいいからと言って、思いっきりレイダウンなんかさせると、バネが柔らか過ぎます。
レイダウンしているヨシムラとかって堅いF1ショックでしたよね。

そのあたりが解っていてカスタムしていくのは、更なる面白さがでてくるんだと思うのですが、雑誌を見て格好だけで真似しちゃうと、変な動きのマシーンになっちゃいますよ!

でも、私はサスの細かなセッティングについて詳しくありませんので、詳細は別の方の意見を参考にしてください(笑)

あと、流用スイングアームを検討するときに重要なポイントは、『スイングアームは左右対称ではない』という事実を頭に入れる事。

あくまでも、ピボットに対してリアホイールをセンターに持ってくる事を第一に考え、左側にはダンパーを含むリアスプロケットを設置しなければいけないスペースの確保が考えられています。

幸いにもカタナにGSX-Rのスイングアームや、CBにFZRのスイングアームの場合は、若干の加工によって基本的にはタイヤはセンターにセットできるはずです。

カタナはピボット部を左右同じ寸法で削ればよく、CBにFZRの場合は寸法はボルトオンのはずです。

カタナよりCBの方がピボット寸法が広いので、GSX-Rスイングアームを組む場合は左右にカラーを入れればOKです。
この差がCBに極太タイヤを組みやすいポイントにもなってくるんですよね。

受け部の幅については、太いタイヤを履いても大丈夫なようにスイングアーム幅一杯にしてあります。
あの当時はまさか6インチのホイールを履く事までは考えなかったんですけどね(笑)
0213 010

0213 013

こうすると、チェーンとかブレーキとの干渉を避ける事ができるので、完成だと思いますよね?
でも、これだけじゃあダメです。

組んでみると解るんですけど、スイングアーム側を広げた事によって、ショックがハの字に開いてしまいます。

ちょっと話が長いので、続きはまた今度にしましょう。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/13(土) 13:32 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は晴れたんですけど、ロンドンバスのメンテナンスがあったので、今週も作業ができませんでした。
ところで、近頃の東京スカイツリーは見ましたか?
どんどん高くなってきましたよ!
0215 005

早く『きなパパ』にもらったコンプレッサーを直さないといけないんだけどなぁ~。
バーニーパパさん、もう少しお待ちくださいね。

秘密基地で作業が終わり、帰ろうかと思ったら、な~んとすぐ近くにNAPSがあるではないですか!

お~!休日に仕事をする私に神様がプレゼントを授けようとしているんだね!

何て言っても、昨日はバレンタインデーですからね(^^)
ん?関係無い?

こういうお店に来るのって、本当に何年ぶりなんでしょう。

目指すコーナーはブレーキパッドですね。

今はブレーキングのパッドを1100Rに付けていて、カタナに付いているのはガレージに転がっていたNSRの純正なのかな?
とにかく出処が不明なパッド(;一_一)

M&Sのディスクとの相性が悪くて全然効きません(笑)

昔はブレーキングのパッドを使わせていただいていたんですけど、今では繋がりも無くなってしまったので、メーカーはどこでもいいのかな。。。と。

メーカーは拘らないけど、初期制動力だけは重視したい。
高速域からのハードブレーキングもほとんど無いからそのあたりの性能はどうでもいい。
年間で1000キロも走らないんだから、減りが早いのは全く考えない。
最も重要なのは安い事(笑)

私は浦島太郎なので、今どきのメーカーは知らないんですよね。
何がいいんだかも良く解らない。

昔からあるメーカーで選ぶと、プロジェクトμかな?
そういえば、パドックにはいつもRKさんのブースもあったよなぁ。

どっちがいいんだ?

性能的には似たようなもんみたいだけど。

ここで決定的に違うのは、RKはキャンペーンで30%引きっていう事。

私に選択の余地はありませんでした(^^)
0215 004

セットで8000円位だったかな?
レジの女の子にバレンタインのチョコレートももらっちゃった。
あれ、私だけじゃないの?
な~んだ。恋に落ちそうになっちゃったのに~(T T)

ここで、貧乏チューンが好きな方へのアドバイスなんですけど、キャリパーの流用を考える時はこういったアフターマーケットパーツの適合リストを参考にするんですよ!
0215 003

これを見ると、NSRもBIG1もVTRも同じパッドでOKって書いてあるでしょ。
つまり、私の場合は1100Rに使っているVTRキャリパーもカタナに使っているNSRキャリパーも同じパッドでいいという事。
つまりは使いまわしが可能ってこと。

さらにパッドが同じなら、構造自体もほとんど同じって事。
みんなニッシンキャリパーでしょ?
RC30もNRも同じなの。

ただ気を付けないといけないのは、フォークとの取り付け部分が違います。
フォークとキャリパーのどちらにネジが切ってあるかです。
VTRとかBIG1用はキャリパーにネジが切ってあるますが、NSRはフォーク側です。
これによってオフセットが変わってもきますからね。
この違いを考えてフォーク、キャリパー、ホイール、ディスクを組み合わせていくんですよ!
ディスクはサンスターさんの適合リスト、を見ると流用できるホイールとかディスクが見つかります。

この知恵が付いてくると、ヤフオクとかで、人気車種の倍率が高くても、不人気車種だと同じ物が格安で手に入ってりもします。

調べてみると面白くなってきますよ!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/15(月) 08:23 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も寒いですね~。
八王子はみぞれ混じりです。

こんな日はさっさと帰宅しましょう(^^)

さて、このところガレージでの作業がなかなかできない状態だったので、寒い日でもビールを飲みながら作れる物をご紹介いたしましょう。

レースの時にピットを歩いていると、たま~に使っている人がいるんですけど、グリップのカバーって見た事ある?

気を使うメカニックの方は装着していたりするんですけどね。

メンテナンスをしている時にちょこっとマシーンを動かしたりするのにハンドルを握ったりするじゃないですか?
オイルを触った手をウエスでは拭くんですけど、結構グリップにオイルが付いちゃったりもします。

これだとせっかく滑らないグリップに交換してたりするのによろしくない状態ですよね。

だからメンテナンスする時はカバーを装着します。

今回はこれを作る事にしました。

カラーはなるべく派手な物を選びます。
今回はゴールドにしました。

よく使われるのはピンクとかイエローとかブルーとかですかね。
これはブラックとかだと、バタバタしている時に外し忘れるのを防止する為でもあると思います。

ほら、予選でガソリンコックをOFFにしたままで出て行ってしまうGS1000とかもいるくらいですから(笑)
ね、オグさん!

作り方はいたって簡単。

グリップの大きさに合わせて皮材をカットします。
0216 (2)

私はいつものとおり、東急ハンズとか御徒町の皮材売り場で端材を買っておいた物を使用します。
端材の値段なんて、あってないようなものです。
同じ物でも、その時の気分?によって違います(笑)
20センチ×30センチ位で400円~1000円位でしょうか。

これにノリ付きのマジックテープを貼って、縫うだけです。
0216 (1)

このレベルだと、ミシンでも縫えますが、私はいつものように手縫いで作ります。

手縫いの場合は、最初に菱目打ちと言って、縫い易く、均一な縫い目になるように下穴を開けておきます。
0216.jpg

こんな感じに2個作ります。
0216 (4)

ほら、ぴったりでしょ?
0216 (5)

装着するとこんな感じになります。
0216 (3)

だから何って?

こんな物あっても、はっきり言って意味ないですよ(大笑)

でも、ほら(^^;バイクいじりって気分も大切ですから・・・(●^o^●)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/16(火) 08:05 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
0217 (9)

今年は雪が多いんですってね。
特に都内から電車で帰る頃って、八王子に近づくにつれて雨が雪に変わるのが、とても悲しい(^^;

さて、先日はCB-F&Rにリアの足回りを組む際のリアショック受けについてお話しましたが、今日はその続きとして、ハの字になってしまう上側はどうするのっていう話です。
0217 (4)

幅を広げたスイングアーム側に合わせてみると、上側もずらさないといけなくなるはずです。
ちなみに、CB-Fにカタナのスイングアームを入れたりする場合はショックの幅もそれほど変わらないので、こんな問題は発生しないはずです。

私の場合は左側8ミリ。
0217 (10)

右側18ミリのカラーを入れております。
0217 (11)

こうなると問題になるのが、ボルトの長さが足りなくなる事です。
0217 (8)

カタナの場合は純正でもワッシャーで数ミリの調整が可能なので、私のカタナは問題なく装着されております。

ただ、私のCBのように18ミリも外に出してしまったら、それなりの加工が必要になります。

今の私の1100Rは吉田兄が削り出しで特殊ボルトをワンオフで作ってくれたので、綺麗な仕上がりです。
0217_20100217081651.jpg
それも材質はチタンを使ってます。
贅沢でしょ?
これについて吉田兄は、
『材料が余っていたから、チタンの方が珍しいだろ?』って。
そりゃそうだけど、1100Rの場合はカウルの中に入っちゃうから見えないんだけど・・・。(;一_一)
0217 (12)

でもね、こんなボルトは誰にでも手に入る物じゃあありません。

私が最初に組んだ時の方法をお話しましょう。

作業は、いつものとおり、手削りです(笑)

用意するのはこれ。
0217 (5)

何だか解る?

自動車のアルミホイール用のナットです。
オートバックスみたいなお店に行って、軽自動車用を見てください。
軽自動車はボルト径が10ミリです。
ネジピッチが1.25と1.5の2種類があるはずです。
CBのリアショックは1.25のはずです。

本当は、この形状のナットが売っていると作業が楽なんですけど、軽用には無いんですよね。今はあるのかな?
0217 (7)

0217 (6)

私は仕方がないので、この形状の物を使ってサンダーとヤスリで作りました。
0217 (2)

でも、今なら材料屋さんに六角形のアルミ棒が売っていますから、これを使ってネジを切って加工した方が楽かもしれませんね。

このナットは、それほどの精密さは必要としない部分です。
手削りでも問題なく作れます。

装着が面倒かもしれませんが、治具を作ってナットをドリルに加えて加工すれば、綺麗に削れるんですけどね。

ショックを外に出した方がマッチョで格好いい(^^)
でも、そうすると今回みたいな問題も出ます。

左側はチェーンの関係で、10ミリオフセットスプロケットを使うとフレームとギリギリです。
0217 (1)

それでも180のタイヤと干渉しないのが、CBの凄いところ。
カタナの場合は520チェーンとかに変更しないと無理が出てきますよね?

右側はリアキャリパーとの干渉を考えて!
フローティングマウントにすれば、もっと受けを内側に寄せて、左と同じ8ミリカラーでもいけると思うんですけどね。
0217 (3)

このあたりは、実際に現物合わせで考えてみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/17(水) 08:24 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も雪ですね~。今年はよく降りますね。

さて、今日のお話は、CBのフロント足回りをごっそり替えた場合に問題となるヒューズBOXの処理についてお話しましょうかね。

CBは昔ながらの管ヒューズなので、邪魔なんですよね~。
処理の仕方は色々あります。

たぶん、ショップなんかでは、現行車の板ヒューズを使用している車両からヒューズBOXを移植するのかな?

面倒くさがり屋さんは、強引にライトBOXに押し込んじゃいます。
中の配線を上手く逃がすと入らない事はないんですけど、スマートじゃあ無いですよね(^^;
この場合は絶縁処理しないと、走行中なバチッ!とヒューズ切れを起こしちゃいますからね。

私の場合は、使える純正パーツは残したい派です。
なんとなく、CBの場合はBOXがあった方が旧車っぽいかなぁ~と思いまして。
0218 004

パイプハン仕様だと、ハンドルポストの関係で難しくなっちゃうかもしれませんけど。

そのままトップブリッジにネジタップを切っても良かったんですけど、配線を目立たなく引き込む為に私は3ミリ厚のアルミプレートを使いました。
カバーとピッタリサイズでアルミ板を作ります。
当然、金ノコ&ヤスリの手仕上げですよ!

あんまり意味はないんですけど、ノーマルっぽくガスケットシートも同じ大きさに切って使いました。
0218 003

ここでポイントになるのが、配線の引き込み。
0218 002

カバーを少しタンク側に寄せて、ステアリングナットの部分はアルミ板を大き目にカットします。
そうすると隙間ができて、ここから引き込みが可能になります。
0218 001

アルミ板には4ミリだったかな?のネジタップを切ってカバーを純正ボルトで固定できるようにします。
この時はボルトの長さを締め込んだ時にアルミ板ギリギリになるように長さ調整してカットしておきます。

ピッタリにカットしても、トップブリッジに傷が付く恐れがあるので、アルミ板とトップブリッジの固定には1ミリ厚位のスポンジ状の両面テープを使います。

どこにでも売ってるエーモンとかの緑色?の強力タイプっていうヤツですよ。

これも非常に簡単な処理ですけど、見た目はそれっぽく仕上がると思うんですよね。

でも、FZRの足回りを使うCBてつさんは、トップブリッジが平らじゃあないから、もう少し加工が必要になっちゃいます。
パイプハンにする場合は、どっちみちヒューズBOXを移植しないとダメになるんですけどね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/18(木) 07:57 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

あっという間に週末ですね。
今週はちゃんと仕事しましたか?

さて、先日お伝えした皮細工で小物入れを作るお話ですが、ようやく取り掛かり始めました。
0219 (3)

0219 (4)

ちょっと細かくお話していきますね。

私は営業途中とかで、時間調整でプラプラする時は、よく東急ハンズとかで材料を調達していたりします。
少しずつ集めた皮の端切れも結構な量になってきました。
0219 (5)

今日はベース部分です。

サイズは工作用紙のマス目で解るかな?
0219.jpg

今まで使っていた小物入れより、横幅を1センチ大きくして、ベルトの止め金具の位置を少し変更する事にしました。
カッコよく言うとプロトタイプの改良型でしょうかね(笑)
0219 (2)

型紙に合わせてカットすると、こんな感じになるはずです。
0219 (1)

今回もベースだけは、しっかりとした強度が欲しかったので3ミリ厚を使用しました。
穴が沢山開いている部分は脇の下になります。
こうする事で堅い皮材も柔らかくなって体にフィットします。

あとは、これにポケットを縫っていきます。

ゆっくりペースで作りますね~。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/19(金) 07:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

今日は私だけ留守番してても良い休日だったので、久しぶりにガレージで作業しました。
やらなくてはいけない事が沢山あるんですけど、順番から言って次の作業工程を考えてCB1100Rのエンジンを下してしまう事にしました。
0120.jpg

言うのは簡単なんですけど、1100Rってちょっと特殊なんです。

今回はヘッドのOHだけの予定なんですけど、CBの場合はスタッドボルトの関係で車上ではヘッドが外れません。
だから面倒でも、一度エンジンを下さないといけないんですよね~(;一_一)

さらに面倒なのは、ご存知の方も多いですけど、1100Rだけはフレームが違います。
レースで勝つ為に作られたマシーンなので、Fのようにダウンチューブで脱着時の作業性を良くする事なく、剛性だけをメインに考えた末に素材はクロモリ鋼で作られ、エンジンを下すにはオイルパンを外さないとフレームから抜けない構造なんです。

Fなら一人でも簡単に作業できるんですけど、Rは普通二人とかチェーンブロックを使ったりして作業します。

でもね、私は普通じゃあないから一人でサクサク下しちゃいます(笑)

まず、カウル類を外してキャブを外します。
そしたら、驚きの事態を発見してしまいました(@_@;)
これはそのうちにお話ししますね。

ドロドロのオイルを抜いて、オイルパンを外します。
0120 (18)

おや(^^;ストレーナーに何か詰まっている。
金属の削りかすかと思ってビビりましたが、液体パッキンのバリでした。
0120 (16)

外したボルトは灯油に入れて洗浄も同時に行っていきます。
0120 (17)

ほら、すっきりしたでしょ?
0120 (15)

普通の人が一人でこの方法を取る時は軽くする為に足回りを外した方が楽です。
ところが、私は面倒なので、足回りはおろか、カウルステーとかもボルトを外しただけでやっちゃいました(大笑)

用意するのは捨てる予定のリアタイヤ。
太い方がエンジンを守れる?からオススメです。
0120 (10)

2つを重ねて、1つはスイングアームあたりの位置にセット。

どうするかって言うと、そのまま倒しちゃいましょう!
0120 (9)

あはははははは!!!!

普通は毛布とかを使う人が多いですけど、一人の場合は45°位からエンジンが古タイヤに乗っかる位の方が楽です。

あとは、少しずつ位置を調整しながら抜いていきます。
0120 (8)

二人なら、ゴロンと寝かしてフレームをヒョイと持ち上げれば抜けるんですけどね。

私はブログ用に撮影もしながら作業しましたよ~(^^)
0120 (6)

ほ~ら抜けた!
0120 (5)

どお?
0120 (7)

傷も付けずに作業終了!

カウルを外すところから、1時間位で下りちゃいますよ。

始めれば簡単なんですけど、何しろ面倒くさくてね~。
吉田兄弟は作業分担が明確になっています。

以前から話しているように、私はエンジンをいじれません。
何故かって?

自分で組んだエンジンでアクセル全開なんて恐ろし過ぎますよ~(=_=)

その代わり、吉田兄は面倒な作業とかは、やってくれません。

まるで大学病院のオペみたいです。

全ての準備が済んだところで、『先生、お願いします』みたいな感じでしょうか(笑)

このままの状態でエンジンを組むのも作業性が悪いですから、エンジンスタンドも作りました。
0120 (3)

ちょっと話が長いから、それは明日にでもしましょうかね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/20(土) 21:11 | コメント:12 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は天気が良かったから、家族で裏山へ散歩に行きました。
先日行ったのは北側にある裏山。昨日は南側にある裏山。
どこへ行っても山ばかり(^^;

でもね、近所の山って、住宅地の公園みたいな位置づけですから、ちゃんと手入れがされていて散歩コースみたいになっているんですよ!

いつものように山へ入ったらノーリードで散歩します。

整備された公園とも繋がっています。
0222 001

すごい光景でしょ。
これでも東京都なんですよね~。
0222 004

コースには小川も流れていて、夏になると無数のホタルが飛んで、凄い綺麗なんですよ。
0222 002

これって何だか解る?
猪が掘った穴です(@_@;)
ここの50メートル先は住宅街なんですけどね~。
0222 003

こんな田舎の環境で育つ二人の娘。
小さい頃はよく山へ散歩に行ったなぁ~なんて思う日が来るんでしょうね。
でも、こんな世界しか知らないかというとそうでも無く、銀座や六本木、浅草なんかを良く知ってたりもします。

変わった大人に成長してくれれば良いのですが(笑)

さて、本題。
土曜日にCB1100Rのエンジンを下したあとに作業性を良くする為にエンジンスタンドも作っちゃいました。
普通の人はエンジンを下したら、その日の目的が終わるんでしょうけど、私はどんどん作業を進めちゃいます(^^)

一般的には木枠を組んでエンジンを載せるのかな?

私はしっかりとしていて、移動できるようにアングル材で作りました。
0120 (1)

ベースにしたのは、以前に作った分割式のジャッキアップシステムの下の部分。
これに今回はエンジンマウントだけ作ってボルト止めしました。

ひっくり返して寸法を取って、溶接作業をするだけです。
0120 (2)

大した作業じゃありません。
でも、これだけの事で作業効率は一気に良くなります。
何事も準備が大切。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/22(月) 08:01 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

気が付けば私にとっては、明日が締め日。
営業の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、CB1100Rのエンジンを下す際、キャブを取り外そうかと思った時にガビーン!な事実を発見してしまいました(@_@;)

これこれ。
何だか解る?

0224.jpg


TMRの加速ポンプが外れていたのだ(;一_一)
0224 (1)

これじゃあ、ダメな訳ですよ~。

私のブログをずっと読んでくださっている方じゃあないと解らないネタなんですけど、夏場のセッティングで、気持ち濃いめで妥協していたのが冬になって一気に気温が下がった時点で調子が良くなったと喜んでいたのに、次の週に乗ったらいきなり不調になっていたというのが粗筋です。

まあ、どっちみちエンジンはオイル下がりでどうにもならない状態だったので、絶対にOHは避けては通れなかったんですけど、その時の一気に調子が悪くなった状態が、昔カタナで白煙をモクモク吐いてブローしてしまった時に似ていたので、シリンダーも外さないといけないかなぁ~と思っていたんですよね。

致命傷の原因が判ったので、これならヘッドだけ外して、他は見なかった事にして閉じちゃっても大丈夫かもしれない(笑)

普通はエンジンを下してOHするんですから、せっかくなのでできれば腰下もバラして、ついでにエンジンの塗装までやっちゃおう!それもどうせ塗るならちょっと無理してでもカルガード塗装にしちゃおうかな?なぁ~んて考えるのが当然の心理状態です。

でもね、私の場合は違います。

この『あとちょっと』っていう作業の積み重ねでコストはどんどん膨れていきます。
2台もこんなマシーンを維持するには、そんな考え方をしていたら何もできなくなってしまいますよ!

先日の内容でもお解りのようにエンジンなんて、下そうと思えば焼きリンゴを火に掛けてそれから作業を開始したって、焼きあがりまでには片づけまで終わる程度の内容なんです。
つまり、いつでもOHは気軽にやれるって事。

ぷりんあらもーどさんなんて、仕事から帰って寝る前にエンジンを組んでいる位ですから(笑)

今回、ピストンリングは開けてみてどうするかを考えますが、クランクまで割る事はありません。
この理由として、私のCBはあてになりませんけど、メーターは10万キロで1周した事になってます。
エンジン番号とグチャグチャになっていた外装からしてレースに使われていたのは間違いない。
エンジンは何度も開けられた形跡があり、事実エンジン脱着の時に外されるオイルパン部分は傷が残っています。

これをどう考えるか。
たぶん、ノーマルでオーストラリアを走っていた10万キロエンジンなら間違いなくクランクも割らなくてはいけない状態だと思います。
でも、何度も開けているエンジンの場合は、OHに必要な消耗品は交換されている可能性が高いんです。

とは言っても、これはあくまでも可能性であり、ちゃんと組まれたエンジンならばという前提ですけどね(;一_一)

怖い。怖すぎる出処不明のエンジン(-"-)

それに、CBのシリンダーはテツさんのブログでも書かれていましたが、GSと同じでシリンダーを外した時に確実に砂ゴミがクランクに落ちるらしいので、エンジンをひっくり返して抜かないといけないらしいんです。
そんな面倒な事はしたくない。
やっぱりカーボンだけ落として蓋をしちゃいたい。

フレームに積まれたまま缶スプレーで塗られているエンジン塗装もそのまま組むつもりです。

ほら、ダメージ加工っていうヤツですかね(大笑)

小さい事は気にしない(^^)

気が向いたら耐熱の缶スプレーでも吹いてもいいですけど、ボロボロの下地を処理していたら、春までに間に合いませんからね。
私のマシーンは人に見られない時間帯にちょっとだけ動かすだけですから、見た目なんてどうでもいいんですよ。
だから、ツーリングとかのパーキングとかって結構苦手だったりもします(^^;;

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/24(水) 08:07 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

実は昨日、どうしても気になる部分があったので、1100Rのヘッドカバーを開けてみました。

・・・・。

こっ、これは!?

むむむ???

でもですね~。写真を撮って今日のネタにしようかと考えていたのに、新しい携帯電話のカメラ機能を使いこなせない私は、間違って画像を消去してしまったんですね~(;一_一)

気になる真相は、またそのうちに(=_=)

さて、ネタが無くなってしまったので、どうでもいいお話を。

エンジンを降ろしてみると、気になる部分が当然出てきます。

メーカーは製作コストと組み立て効率から妥協点を出して商品化するんだと思います。
1100Rは採算度外視で作られたマシーンなので、CB-Fに比べれば強化パーツとかも使われているんですけど、それだって20年以上も前の旧車ですからね。
今となっては、大した内容ではありません。

ですから小さな事でも、ちょっとずつ手を入れてあげると、積もり積もって動きが良くなってきてくれるんですよね。
特に私みたいな鈍感な人間だと、一つのパーツを変えても大した違いは体感できないので、足回りのセッティングとかが好きな方とかだと、もっと良く解るんじゃあないですかね?

私なんて、減衰圧とかプリロードとかスプリングの堅さとかって、興味が無いから全然解らないですもん(笑)

解らないというか、その違いを人に伝えられないというか・・・、つまり感覚だけで乗るタイプです。
だから、速く走れないんですよね。

私の場合は、1)高速で真っ直ぐ走るか、2)レーンチェンジが思ったようにできるか、3)コーナーでは思ったラインに載せられるか、これだけができればオートバイって楽しく走れるんだと考えてしまいます。

一番重要なのは、走っていて怖くないか?これだけです。

峠を走っていて怖くてアクセルを開けられない。
逆にアクセルを開けていないと、怖くて走れない。
高速を走っていて振られてしまう。
もっと言うと、レーンチェンジをしたら、そのまま横に走ってガードレールをキックするかどうか真剣に悩んだ事がある。

こういうマシーンは足回りの何かがおかしいんです。

ほとんどの方の悩みって、ここまで酷くはないでしょ?

私の場合はこういう状況を経験してきた末に考えたのが、以前にも話したように『ちゃんと整備されたノーマルは乗りやすい』という結論。

でも、もう少し手を入れてあげるともっと乗りやすくなる。
以前から言っているようにメーカーが商品として世に送り出した完成品に手を入れていくと、バランスが崩れてしまい、結果として怖いバイクになってしまいます。

基本は『誰が乗っても乗りやすい事』

カスタムって、細かなセッティングよりも実は根本的に悪い原因があったりしますから、やり過ぎには注意が必要ですよ!

でもね、私は変態だから、悪いと解っていても我が道を突き進みます(笑)

曲がらない?
そんなのは自分でコントロールできて怖くないレベルで曲がってくれればいいですよ!
あっ!これは勘違いしてもらうと大変な事になっちゃいますから付け加えると、いつでも余裕をもったコントロール可能範囲を意味します。

確かに真っ直ぐに走らないとか、バンクしながらレーンチェンジができないのはダメですけどね。

高速のレーンチェンジで効果を発揮するのが、実はエンジンハンガーだったりもします。
これは、カタナに使用しているYRPさんのダイレクトマウントキットのお話でもお伝えしたように効果は絶大です。
でも、実はあの製品もちょっと気になる部分があるので、私は少し手を加えて使用しているんですけどね。

エンジンとフレームの関係って、技術の進歩によって考え方が大きく変わってきたと思うんです。

昔はフレームはエンジンを積む枠という位置づけでした。
例えばZ、CB、カタナあたりのマシーンです。

これが、エンジンをガッチリと固定すれば、フレーム強度の一部になるかも?という考えになり、今では技術の飛躍的な進歩でアルミフレームの強度が上がったので、エンジンをフレームの一部として考えなくても良くなってきた、っていう感じなのでしょうか?

これは、当然様々な要因が絡み合う事であり、その専門分野の方の意見を聞けば全然違うのかもしれませんが、素人が本当に大雑把な話をしているだけですけど。

ですから、Z、CB,カタナを一気にレプリカのフレームに合わせた足回りにしてしまうのには、無理が生じます。
これを、ゼファーあたりを目標にすると本当に生まれ変わるんですよね。

サーキットを走るモンスターEVクラスなんかを意識したフレームになんかしたら、その辺の峠では堅過ぎて怖くなっちゃいますよ!

前置きがすご~く長くなっちゃいましたけど、今回は1100Rのエンジンハンガーも作る事にしました。
CB-Fの方はエンジン脱着時に有効なダウンチューブを本当は1100Rみたいに溶接すると効果が高いらしいんですけどね。

このピボット上のハンガー部分だけ言えば、カタナに比べると、構造上剛性が高いのは明らかです。

でも、間に入っているカラーとかは何とかしたいですよね。
0225 (1)

あと、他のエンジンハンガーは厚手のアルミ製なのに、ピボット上部だけ弱いプレートになってます。
ちょっと詰めが甘いんだよなぁ~。

この部分だけなら簡単そうですね。
0225.jpg

時間がある時にでも作っちゃいましょう!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/25(木) 08:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は春一番が吹いて、濃霧で大変だったみたいですね。

風が吹くと言えば、今年も熱い思いと共にデイトナへ乗りこむ台風の目が今日、日本を飛び立ちます。

私が勝手にお友達と呼ばせていただいている(単にお世話になりっぱなしなだけ?)の二人のライダー。

モビーの社長と、
画像 167

ぷりんあらもーどさん。
1102 (9)

去年と違って、今年のデイトナツアーは2台だけのエントリーらしいです。

どうやら、オグさんもメカニックとして付いていくみたいですね。
オグさん、珍しいステッカーとか持ち帰ってくれないかなぁ~。(^^)

既に1カ月前にはコンテナでマシーンは送られていて、明日の朝にデイトナ入りするんですけど、超弾丸ツアーなので、なんと着いたらすぐに車検を受けて明日の午後には1本目のレースに参戦するみたいです(笑)

1つのレースに出て、あとは観光する訳ではなく、5日間位で次々に参戦が予定されているんですよね。
本当のレースツアーです。

こんな話を聞くと、お金持ちの道楽だと思うでしょ?
確かに道楽ではあるんですけど、彼らは決して凄いお金持ちではありません。
スポンサーがいる訳でもなく、更にあぶく銭が入ってくる環境でもない、普通の働くオジサンです。

でも、何が違うかと言えば、このオートバイと関わる生き方が彼らにとって全てだからです。

他人の生き方を私が語るのはおこがましいんですけど、少なくとも今現在はそうだと思います。

湾岸ミッドナイトでもブラックバードが言ってるでしょ?
『全てを掛けている』って。

こんな生き方に私は憧れる。

もし、あの時の分岐点で違う道を選んだなら。
もし、住宅ローンを抱える道を選ばなければ。
もし、結婚していなかったら。
もし、子供がいなければ。
もし、違う仕事に就いていたら。
もし・・・。

『もし』って言う事を語る人って多いけど、結局はその道を選ばなかった事実は変わらないし、選べなかった現実問題もある。

完璧な理想の人生なんて有り得ない。

もし、今の生活が幸せならば、それが最善の選択だったと喜ぶ事が一番なのかも知れない。

今を幸せだと感じる『私』が選べなかった生き方をしている男達。

少しずつ仲間からのサポートを受け、完成させたマシーンで戦います。
ちまたで有名なCRスペシャル改も装着されてます(^^)

何よりも無事で帰ってきてもらいたいものです。

参戦するのは、テイストみたいな草レースです。

2種類あるみたいですけど、どっちのレースかな?
0226 001

マシーンが日本に戻ってきいたら、すぐに春のT.O.Tに参戦予定です。
みなさんも今度のツクバは、応援しに行ってみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/26(金) 08:33 | コメント:5 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

暖かくなっても雨じゃあね~(^^;

昼近くに一時止んだので、今日はきなパパにもらったエンジンコンプレッサーを直してみる事にしました。

数年間雨ざらし状態だったので想像はしておりましたが、さすがの私も今回はちょっと直すべきか悩みました(笑)

3台もらいましたが、一番まともそうな大きなタンク仕様を選びました。
0227 017

さてさて、どうかな?
0227 015

ガソリンタンクを覗いてみると。
0227 016

やっぱり錆びてる(;一_一)

見える部分だけでもワイヤーブラシでゴシゴシ。。。

灯油を入れてジャブジャブ。
0227 014

どうせ完璧になんて掃除しきれないんだから適当なところで妥協します。

次は問題のキャブですね。
0227 013

その前にエアクリーナーは・・・。
0227 012

うひゃ~!!グズグズ状態だ~!!
エアフィルターなんか買ってられないから、とりあえず直キャブでエンジンを掛けてみましょう。

その問題のキャブは・・・。
0227 011

・・・。

まさか、キャブレターの内部をワイヤーブラシで掃除するとは(@_@;)
0227 010

ジェットなんか穴がどこにあるのか解りません。

細い針金で突いて強引に貫通させました。
オートバイでこんな事をしては絶対にダメですよ!
ジェットの内径は本当にデリケートです。

今回はエンジンが掛かればいいと思っているので、何でもやっちゃいます。

大丈夫とは思えないけど、蓋を閉じちゃう事にしました(笑)
ところが、フロートのOリングがポロポロと千切れてしまいました。
0227 009

こんなOリングなんてどこで買うんだよ~(T T)
在庫を見たら、カタナ?の余ったOリングが出てきたので、これを切って使っちゃう事にしました。
0227 008

繋ぎ部分は液体パッキンでも塗ってごまかしちゃいましょう(笑)
0227 007

さ~て。
どうかな?
掛かるかなぁ~???
0227 006

お~!!掛かった(^^)

でも、チョークを引かないと掛からなくて、そのままだとカブって止まってしまいます。

エアクリーナーも外しちゃったからなあ。

とりあえず動く事が解ったので、この後のメンテナンスはまた後日にでもやる事にしましょう!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/27(土) 21:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。
私は今からお仕事なんですよね~。

今日は雨も降ってたし、止んだあとも寒かったから、ガレージでの作業は中止しました。
でも、中途半端な時間がもったいなかったから、東京マラソンと津波速報が流れる中、テレビを見ながら作り物をしました。

今回考えたのは、車載工具と車検証入れをどこに収納しようかな~という事。

カタナって、収納スペースが無くて困りますよね。
エアクリーナーがあった場所に工具入れを設置する方もいらっしゃいますけど、ノーマルでは一応、テールランプ前に押し込むスペースがあり、車検証などはリアフェンダーに袋を貼りつけたりします。

私の場合はシングルシートにしてしまいましたから、作られた空間は有効に使いたいものです(^^)

今回、目に止まったのは、これ。
0228 (1)

何だか解りませんよね?(^^;

グレースが子犬の頃に、買った初日に遊んでいて食いちぎったハーネスです(-"-)
何かに使おうと思って取ってありましたので、今回はこれを有効利用してみましょう。
0228 (11)

まず、食いちぎられた部分をカットすると、同じ長さの2本のバンドになります。

さてさて。
ガレージのジャンクBOXを探すと、同じアングルが二つ見つかりました。
0228_20100228161230.jpg

これを使ってノーマルリアカウルのボルトに固定してみると。。。
0228 (10)

おー!
ぴったりじゃないですか!

私は普段車載工具をTシャツに包んでおります。
これには理由があって、Tシャツを1枚入れておくと、ウエスとかにも使えたりするでしょ?
これを収納すると、これまたピッタリ。
0228 (9)

でも、イマイチお洒落じゃないなぁ~。
あと、車検証の収納もあるんだよね。

・・・。

仕方がない。
無いものはつくりますかね(笑)

近頃は皮細工も大きな物になってきちゃったなぁ。
0228 (8)

でもね、今回使うのは本革じゃあダメですよ!
湿気で必ずカビてしまうと思ってください。
ですから、私が使ったのはシート布地で使ったビニール材です。
これなら多少は防水性もありますからね。

使い勝手を良くする為にチャックも付けました。
0228 (7)

あとはテレビを見ながら縫っていくだけ。
0228 (6)

さあて、縫えたらどうするかって言うと、裏返します。
0228 (5)

ほら、完成!
0228 (4)

サイズは車検証に合わせたので、ピッタリ綺麗に収まります。
0228 (3)

これに先ほどの工具を入れて、収納スペースにセットすると、こんな感じ。
0228 (2)

どお?オーダーメイドの車載工具入れの出来上がり!


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2010/02/28(日) 15:45 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索