プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あけましておめでとうございます。吉田です。
0101_20110101092356.jpg

私は穏やかな元旦を迎えております。

今年の予定としましては、6月まではGSX-Rの車検が残っているので、早めにレストアを施してノーマル状態で、どの程度のパフォーマンスなのかを確認したいと思います。
6月以降はエンジンを降ろして吉田兄にモンスター化をお願いします。

CB1100Rは5月で車検が切れるので、少し休眠させてGSX-Rの車検が切れるまでにボアアップを済ませて、6月には復活させたいと思います。

車検はいつものように特殊なカスタム車両の申請&車検に強い『滝谷二輪店』でお願いします。
滝谷さんは車検登録専門です。
毎日外に出ておりますので、改造車の車検でお悩みの方はメールで直接連絡してみてください。
車種、改造内容、希望の構造変更などを明記した方が良いと思います。


本命のカタナはパーツも揃っているので、3月頃までには完全復活できればいいかなぁ~と思ってます。

車検も1年残っていますから、今年はカタナを中心に走りたいと思います。

なるべくお金を掛けないで、頑張るお父さんに少しでも役立つネタをお伝えしたいと考えておりますので、今年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2011/01/01(土) 09:24 | コメント:20 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

さきほど日本のモナコから帰宅しました。
0102 004

初島、伊豆大島も見えるお部屋で迎えるお正月は、今年も温泉&お酒&昼寝で過ごしました(^。^;)
0102 003

エンジンがまともに掛からなかったGSX-Rですが、とりあえずタンクを振りながらガソリンを抜き、新しいガソリンを入れてエンジンスタート!

オーバーフローは直り、通常の回転数では掛かっているんだけど、アクセルをあおってもバラバラパンッ!ボロロロロ~っていう状態。

う~ん。。。

こりゃちゃんと火が飛んでいないなぁ~(=_=)

プラグを外してみる。
1229 009

真っ黒。

プラグも新品に交換しないといけないなぁ~。

・・・。

今度ね(;一_一)

お金を掛けられない今は、ワイヤーブラシ&ウエスで磨いてみる。
本当はバーナーで焼くっていう方法を取るんですけど、今回はオイルとかで濡れている訳でもないので、そのまま装着してみる。

そうそう、プラグを見たらガスケットが全く潰れてませんでした。
締め込んでみると、ギュ~ってまだ締め込めましたから、排気漏れしていたかも。

再度エンジンスタート。

お~!
アイドリングも安定しました。
ちゃんとアクセルに付いてきます。

でも、やっぱりパンチのない吹け上がり方だね~。
そりゃノーマルはこんなもんなんでしょうけどね。
カタナのノーマル状態を思い出します。

TMRが欲しいなぁ~。
やっぱりサイドリンクの40Φが格好いいよなぁ。

どこかから手に入らないかな(^。^;)

確かQちゃんのカタナに入っていたな。。。

自宅も知っている。

こっそりとTMとかに交換しておいても気づかないかも。
ムフフ。(-"-)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2011/01/02(日) 20:32 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日から仕事始めですよ~!

まあ、そんな事言ったって私の場合は毎年の事ですけど、実際は10日までダラダラと過ごすんですけどね。
新年早々に保険を検討する人なんかいませんからね(^^;

さて、昨日は久しぶりに吉田兄がやって来た。

私以上に寒いのが嫌いなので、作業をやりたがらないんですよね。

だから昨日も10時~15時位までしか居ませんでした。

私がGSX-Rをメンテナンスしている間に中断していたカタナのエンジンに手を入れ始めた。

組む前の作業として残されているのは、あと少しだけですね。

昨日は16本のバルブを磨いてましたっけ。

ボール盤にくわえて磨くんですけど、この時はチャックでギュッと締めてはいけませんよ!
締め込み痕が付いてしまいます。
紙を巻いて手締めで十分なはずです。
0104_20110104080236.jpg

『本当はバルブも全部交換したいところだよね~』

いつもの事ですが、一人でブツブツ言いながら作業していました。

ちょっと分かりづらいかな?
一応はピカピカにしました。
0104 (3)

このバルブ鏡面も二つに分かれるんですよね。
磨くべきだという意見と、そのまま組んでも変わらないという意見。
0104 (4)

近頃のGSX-Rなんかは、そのまま組むみたいですけど。
これって材質の差なんでしょうか?

エンジン内部に関しては、私は解らない世界(-_-;)
興味が無いからよく調べてもおりません。

私のカタナの場合は、昔に組んだので当時の流行?の鏡面仕上げ。

新品バルブを買うお金も無いから、磨いて使っちゃいます。

そうそう、新品パーツを買ったり、データ収集するのにはパーツリストって必要ですよね。

でも、’89GSX-Rのパーツリストとサービスマニュアルって高くて手が出ないんですよね(@_@;)

どなたか、昔乗ってて今は必要なくなったっていう人はいらっしゃいませんかね(^。^;)

ベースが同じエンジンなら、なるべく新しい年式のパーツリストからガスケット類は取った方が安い場合もあります。
それならGSF1200だよね~ってヤフオクで見ていたら、ありましたよ!
0104 (2)

100円で!(^^)

送料80円!

180円でゲットできました(●^o^●)
0104 (1)


ヘッド&バルブを吉田兄が持ち帰ったので、擦り合わせ作業をしてきてくれると思います。
次には組んじゃうのかな?

あっ(-"-)

オイルを買わなくてはいけなかった(;一_一)

カタナに入れなくては走らない。

GSX-Rも交換しないと、怖くて走れない。

CB1100Rも、もう一度エンジンを開けるからオイル交換が必要。

・・・。

3台分のオイルかぁ~。

15リットルを別々に買うなら、20リットルを一気に買うのと同じような価格なんだよね。
やっぱり、今回もモチュールには手が出ないようです(T_T)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2011/01/04(火) 08:06 | コメント:8 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も仕事はありません(-_-;)

気づいたら、今度の週末って3連休なんですね。
こんなに休んでどうするのでしょう?

さて、先日から中断しておりましたCB1100Rのスプロケットカバー製作を進める事にしましょうかね。

この前は発砲スチロールでマスターモデルを作るところまでお話しました。
今回は、それを使ってメス型を作ります。

この作り方はバズとウッディーが良く知っているので、左のカテゴリー『バズの冒険』を見てください。

もう一度おさらいしておくと、

マスターモデルを用意して、
0105_20110105074753.jpg

最初の1枚はマスターモデルに対してアルミテープを裏返しで被せます。
これが一番面倒な作業です。
慣れれば何て事ない作業なんですけどね。
ベタベタしますけど、きちんと押さえてください。

2枚目は普通に貼ってください。
2枚目が貼れれば、綺麗に型どおりに押さえる事ができるはずです。

あとは強度を出す為に5枚位貼り重ねていきます。

そうしたら、カッターを使ってメス型を切り取って抜きましょう。
0105 (3)

メス型に使わない裏側は貼り重ねる必要なんてありませんからね。
私なんか、1枚目の押さえしか貼ってません。
0105 (4)

写真だけ見ても、よく解らないかもしれませんが、こればかりは経験するしかない部分ですね。

ほら、抜けた。
0105 (2)

メス型は作業工程と完成品をイメージして作らないと抜けなくなりますからね。
0105 (1)

次はFRPの貼り作業へ続きますね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2011/01/05(水) 07:51 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
今日あたりから通常の仕事モードでしょうか。

さて、昨日の続き。

アルミテープでメス型を作りましたから、早速FRP製作に入りましょう。

今回使うのはガラスマットにしてみました。
0106 (8)

最初に型に合わせてカットしておきます。
0106 (7)

そして実際に入れてみて、シワになる部分は切れ込みを入れたり、カットしたりして段取りよく作業が進むように準備します。
0106 (6)

そしたらポリ樹脂を混合するんですけど、今回は60ccを用意しました。
この混合時に新たに試してみたのが、着色です。

スプロケットカバーはオイルでグチャグチャになりますから、どうしてもクリーナーとかを吹きつけるので、缶スプレーで塗ると剥がれる可能性が高いと思われます。

別に剥がれてもいいんですけど、もともとの材質が黒だったらいいのになぁ~って思ってました。
そう思って調べてみたら何て事なく、顔料をポリ樹脂に加えるだけで好きな色のFRP製品って作れるんですね。

あれ?これって誰でも知っている事なの?

東急ハンズの材料売り場には沢山の種類の顔料が並んでいたんですけど、私は使い方を知らなかったんですよね。
0106_20110106075326.jpg

5~10%を混ぜるらしいんですけど、よく分からないから適当に混ぜちゃった。
0106 (5)

こんなもんなのかな?
0106 (4)

あとは、通常どおりにセットしたマットに垂らしてエアーを抜いていきます。
でも、ここで素人の作業らしく困った問題発生。

透明だとエアーが入っているのが見えるんだけど、黒にしたらエアーが抜けているんだかどうかが判らない(-_-;)
0106 (3)

まあ、何とかなるかと思ってそのまま終了。

20分位で硬化はするんだけど、私は半日置きました。

アルミテープを破って、型から抜きます。

想像どおり、大きなエアー溜まりができておりました(@_@;)
0106 (1)

まあ、補修すれば大丈夫でしょう。
0106 (2)

すぐにカットに入りたいところですけど、完全硬化していないと、カット作業で割れる事があるので、私は丸一日は放置するようにしています。

今度の休みにデザインを考えながら仕上げていきたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
2011/01/06(木) 07:58 | コメント:7 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今朝のズームインを見ていたら、東京でも氷が張ったとな。

ん?ずっと前から霜も氷も張ってるぞ(;一_一)

ここは、東京都八王子村です。

さて、手を入れる全てに不具合が発見される私のGSX-R。

やっぱり中古車は、こうじゃなきゃね~(笑)

お陰さまで飽きる事がありません(^^)

なにしろ、ガレージの出し入れでマシーンが重くてしかたがない。

とりあえずエンジンも掛かった事だし、次は足回りに進みますかね。

リアタイヤを上げて、タイヤを回す。
0107.jpg

ま、回す?

回らない(--〆)

こりゃ重たい訳だよね(@_@;)
0107 (7)

リアブレーキをバラしてみると、錆びた鉄板の塊が出てきた。
0107 (2)

動きが悪いという状態ではなく、完全に固着してました。

『自走で帰りますか?』って言ってたよね?
これで高速道路を走ったら、リアブレーキはチタンの焼け色みたいになってしまうところでした。

怖い怖い。。。

どうりでブレーキを踏んでもスポンジ―な訳ですね。
0107 (3)

ガレージを見渡したら、何本かメッシュホースがあったので、ちょうど良い長さの物に交換する事にした。
0107 (5)

中古車を買ったら、マスターシリンダーも一度は必ずバラしてくださいね。
0107 (4)

オーバーホールというと、必ずカップ類も交換しないといけないと考える方がほとんどですが、考えてみてくださいね!
作業工賃がタダなんですから、せっかく掃除するんだったら・・ってバイク屋さんみたいな考え方をする必要は無いんですよ。
バラして中に溜まっているゴミや錆びを拭き掃除してあげるだけでも十分なんです。
小まめなメンテナンスを繰り返す事が一番重要だと思います。
0107 (6)

さすがの私でも、ブレーキパットの再生はできません。

これは購入ですね。

でも、私のマシーンです(笑)

今回もみなさんの実験材料になりましょう(^^)/

カタナに使っているのは、ぷりんさんが通勤バイクに使って調子がイイと教えてくれた激安ブレーキパット『ヤマシダ』。
私が実際に使っているのはリアブレーキだけなんですけど、ギュ~って効くタイプのパットだから使い易いです。

今回もヤマシダを購入しようと思ってヤフオクを見ていたら、更なる激安パットを発見!

なんと、前後セットで3260円とな(@_@;)

オイオイ!
これって1セット以下の価格じゃないかい?
0107 (8)

そのメーカーは『ISUMI』。
リア用なんてメーカー名も書いていない『High Quality』とな(笑)

普通はこういうブログって高価なパーツを入れました!っていう記事を書くもんなんでしょうけど、私はどれだけ貧乏ネタを記事にできるかがウリなので、今回はこれに決めました(^^)

もし、私が使ってみて、この程度の性能で十分だと思う方は試してみてください。

でも、ブレーキパットって不安でもあるんですけど、実際のところは全くの素人が作れる物ではなくて、どこかのブランドメーカーに卸している会社がノンブランドで出していたりするから、そんなに性能的に使えないって事もないんですよね。
でも、ディスクとの相性もあるし、悪い場合はディスクに対して攻撃的?な材質だと摩耗させたりします。

私のGSX-Rはディスクが既に減っているから、良い実験材料ですね。(;一_一)

これも間違えないでもらいたいんですけど、見た目は同じような鉄板?でも、パットは性能によって全く効きが違います。
走る速度域や乗り方によって、初期制動力重視や高速からの減速による高温域にも対応しているパット等、使用条件に合った材質を選択するべきだという事だけは忘れないでくださいね。

私の場合、GSX-Rは車検が切れる6月までしか今の仕様では乗りません。
使ってみて調子が良ければそのままいきますが、世の中そんなに甘くはないと思ってますから、一時的な仕様で実験するつもりです。

春になったら走ってみますね(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/07(金) 08:16 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

また連休がやってきてしまいましたね(;一_一)

でも今回、私は月曜日に仕事が入ったので、精神的に楽です。
今日、明日はあまり手を汚さない作業をやりたいと思います(^^;

リア周りに手を入れ始めて困ったのは、今使っているレーシングスタンドをシャフト貫通型に改造してしまった事。

アクスルシャフトに通しているからリアタイヤを外せないんですよね。
一人作業ではとっても便利なんですけど。。。

普通はアタッチメントを交換して使うんですけど、このちょっとしたパーツも買うと結構するんですよね。

私の場合は狭いガレージなので、なるべくサイドスタンドではなくレーシングスタンドで保管しております。

もう1台分買っちゃおうかなぁ~。。。

いや、買わないとメンテナンスできないなぁ~。

そうだ!これは絶対に買わなければいけないパーツだ!!

そうと決まったら、いつものサイトにチェックイン!!

くっくっくっく~(^^)

スタンドで検索すればいいのかな?

フムフムフム。。。

おや?中古だと安いのね。

そりゃそうだよね~。

一時はみんな欲しくて買うんだけど、ガレージを持っていない人にとっては、熱が冷めるとこれほど邪魔なパーツって無いもんね(^^;

有難や~(●^o^●)

私が目を付けたのはJ-TRIPのスタンド。

一つはローラー付きで、もう一つはローラー無し。

当然ローラー付きの方がいいんだけど、両方とも2000円。

でも、ローラー付きは26件、無しは0件。

こりゃ~ローラー有りは競っていますね~。

終了時間はローラー無しが先です。

フムフムフム。。。

ちょっと、様子を見ていると、ローラー付きを狙っている人には『無し』は全く眼中にないみたい。

こりゃ『ローラー無し』に敵はいないと見た!

クリックだ!!

・・・・。

おめでとうございます!!あなたが落札しました!!

お~!!そのまま2000円で誰も入札しないまま落札。

結局ローラー付きは29件、7500円で終了。

送られてきた商品を見て驚き!

すごく丁寧な梱包。
0108 006

商品もすごく綺麗。
0108 005

これはガレージ内で保管されていたスタンドですね。

あとは、スタンドフックが必要ですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/08(土) 09:31 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は成人式ですね。
私にとっての成人式って、全く記憶に残らないイベントでした。
確かどっかの会館へ行って、すぐに家に帰ってしまったんじゃなかったっけ?
飲みにも行かなかったなぁ~。

さて、昨日と一昨日はずっと作業をしていましたから、かなり進みましたよ~!
01010 049

朝から晩まで、ろくに食事もしないでガレージにこもっておりました。
これくらい仕事も頑張れば、私ももう少し出世するんでしょうけどね(^^;

作業内容については、少しずつお話していきましょう。

レーシングスタンドを2,000円で購入したので、これを使うにはスタンドフックが必要になります。

どれどれ。。。

う~ん1980円とな。

高い(@_@;)

2000円のスタンドに対して、こんなフックに同じ値段を出せないよねぇ。

どう見たって、1個300円が適正価格でしょ(--〆)

東急ハンズで物色してみると、引出の取っ手がアルミの削り出しで500円位で売ってました。

これのボルト穴を8mmに拡大して・・・・。

う~ん。
ボルトを買ったりしたら、手間を掛けても値段的にあんまり変わらなくなっちゃうなぁ。

ヤフオクで調べてみると、・・・。

ありました(^^)

2個セットで即決価格600円。

ボルト無しだと2個セットで300円。
ピッタリ合うボルトを探すのが面倒だったから、セットの600円を購入。

これって、スズキの8mm用だから600円だったけど、ヤマハの6mm用は300円、カワサキの10mm用は400円で売ってます。
この価格ならドレスアップとしても許せる値段ですよね。

すぐに荷物は届いた。
01010 056

装着してみたけど、驚くようなパーツでもない(-"-)
01010 055

普通にスタンドが使えるようになっただけ(^^;
01010 050

スタンドと言えば、事件が発生しました。

昨日、全ての作業が終了して、片付けも終わり最後にバイクをガレージに入れていた時のこと。。。

先にCB1100Rを入れて、GSX-Rを入れるのに、もう少し寄せたいなぁ~と思い、エイッ!って1100Rを横に引っ張ったら・・・・。

しゃがんでいた私に1100Rが倒れ込んできた(TTT TTT)

支えようとしても、この体勢では間に合わない(=_=)

かろうじて、ショックを和らげようと下に潜ってこらえたけど(-_-;)

ミシミシミシ・・・・・・。

私の膝が1100Rの中にめり込んでいく。

クソッ!

何こんなところで寝てるんだよ!!(--〆)
01010 003

カタナに続いてガレージ内で転倒(T_T)
01010 002

あ~あ。
01010 001

シートカウルが割れちゃった。

他は大丈夫みたい。

また直さなくちゃ(^。^;)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/10(月) 08:26 | コメント:14 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

連休も終わり、ようやく普通の生活に戻りますね。
そろそろ仕事を始めましょうかね(^^)

さて、私のGSX-R。

まだ乗った事がありません(-_-;)

ナンバーも付いているんですけどね・・・。
いつになったら試乗できるんだろう?

GSX-Rって、当時のメインは750ccでした。

だから、どうしてもツアラー寄りに味付けされた1100ccって野暮ったい部分があるんですよね。
ほら、あの頃ってZZR1100とかが出始めた頃で、時代の流れが変わりつつあったのを思い出します。

私は最高速とかには興味が全く無いので、方向性としては750のようにもう少し尖った味付けにしたいと考えてます。

まずは、見た目が大事(笑)

軽快に見えるように不要なパーツは外していく事にします。

オイラはロンリ―ライダー。
タンデムステップなんかいらねぇ~ぜ(-"-)

左はシートロックがありますが、カギを外すだけです。
01011 (7)

シートの脱着は手でワイヤーを引っ張ればOKです。

ん?盗難が心配?

駅の駐輪場でサドルが盗まれた自転車みたいな状態ですかい?

こんなの盗む人はいないでしょう(;一_一)

そもそも私はイタズラにあうような場所へはバイクを止めません。
と、いうよりバイクで出かけません。

さてはて?
私は何の為にバイクを3台も所有しているのでしょう?(笑)

問題になってくるのは右側ですね。
つまり、マフラーステーです。
01011 (8)

野暮ったい(=_=)

それも何を考えていたのか、前のオーナーさんはステーの位置が合わなかったようで、強引にワッシャーと全くサイズが違うカラーを挟んで外側に出して装着していた。

もう少し、別の方法でやりようがあったんじゃないのかね(--〆)

ステーを製作しましょう。

手元にあったのは3mmのアルミ板。
01011.jpg

本当は5mm厚を使いたいところですけど、強度的な話からすると3mmでも割れた事はありません。

あっ!そうそう。
Qちゃん、もし5mm厚の板が手に入るようだったら、そのうちに分けてくだされ~(^^)

ボルト3本間の寸法を測って型紙に落とし込み、直接当ててみてチェックする。

そしたら切り出しです。
01011 (6)
フレーム取り付け部は万力に挟んで若干角度を付けました。

この時って、寸法が確定しているフレーム側の2本は穴を開けますけど、サイレンサーバンドの1本は一度セットして穴位置を再確認してから開けるようにしましょう。
01011 (5)

仕上げのヤスリ掛けは、全部の穴開けが終わってからです。
01011 (3)

切り出したままだと、のっぺらとしていて野暮ったいから穴を開けます。

ここで注意するのが強度の問題です。
5mm厚の場合は軽量化?もあって穴を多めに開けても良いのですが、3mmの場合はデザインで開けますから、最小限にしておかないと振動で割れてしまいます。
高速道路でサイレンサーを落とすという最悪な事故だけは避けなくてはないませんからね。

GSX-Rのリアカウルは大きいですから、実際のところは外に露出する部分はあまり無いんですよね。
だから、一度カウルをあてがって、最終的に露出する部分を見ながらデザインの穴位置は決めなければダメですよ!
01011 (4)

初めて作る人って、ステー単品を一生懸命に作る事に集中してしまい、装着してみたら見えない部分を一生懸命に加工していたっていう事が結構あるんですよね(^^;
01011 (2)

今回はこんなイメージにしてみました。
01011 (1)

最終的には、振動対策を施すかもしれません。
このあたりは、試乗してみて細部を煮詰めていくつもりです。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/11(火) 08:05 | コメント:9 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

近頃、妻のブログを一緒に見てくださっている方はご存知なんですけど、彼女の道楽?でやっているDOGモデルのお仕事として、日テレ系の新番組『デカワンコ』のポスターはグレースです。
01012-1 001

CGで黒ポチが増やされていますけどね(^^;
01012-1 002

新橋駅から地下道を日テレ方面に向かうと、巨大ポスターが貼られています。

実際のドラマには出ないんでけどね。

さて、今日の本題。

FRPを張ったスプロケットカバーの仕上げですね。

とりあえず、バリ部分をカットしてマスターモデルと同じ形にして、セットしてみる。

この時は当たりを確認する為にメーターギヤ用のアルミカラーもボルトでセットします。
01012 (7)

おや?ピッタリ(^^)

素人が全くの勘で作った原型モデルですけど、一発でここまで正確に作るとは。。。

自分の才能が怖い(大笑)

次にプレートを当ててみて余分なカットする部分をマーキングして、ギヤ用の穴位置も決める。
01012 (6)

これで外形の仕上げに進んでください。
01012 (5)

こんな感じにカットしました。
01012 (1)

ほら!カバーの上にプレートを被せれば完成です。
01012 (2)

固定方法をどうしようかと悩んでいたんですけど、奇跡的にピッタリサイズに仕上がったのと、メーターギヤ用の穴にボルトが刺さる事によって、ガタがない状態に仕上がってしまいました(^^)
01012 (3)

最終的には、空気溜まりでできた穴や表面の仕上げを施して完成になりますが、ここからの話はブログネタとしてつまらないから、そのうち暇になったらやりますね。
01012 (4)

ん?目立たないって?
このパーツは油汚れを防止するカバーだから、黒のノーマル風でちょうどいいかと思います。

さて、次はカタナ用を作ります。

カタナ用はQちゃんも欲しいって言ってたから、2個作るつもりです。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/12(水) 08:12 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も寒いですね(><)

先日、ガソリンタンクを外した時の事。
コックをOFFにしようかと思ったら、モリッとコックがもげた(--;
0113_20110113075758.jpg

見てみると、補修した部分でした。

でもね、これまた何を考えているんだか解らないけど、コ―キング材?みたいなもので貼りつけてあるだけだった(--〆)

これって売却する時に、とりあえずそれっぽく付いていればいいかな?っていう状態です。

シリコンみたいな物ですから、コックなんかは捻れは絶対に取れてしまいます。

また、このコ―キング材?補修は至る所に見られます。
こんな誤魔化し作業なんかしないで、壊れたまま手を付けずに引き渡してくれれば、余計な手間を掛けずにすんだのに。

このGSX-Rは今まで大切に乗られていなかったんですね。

私が生まれ変わらせてあげようじゃないですか(^^)

では、補修に入っていきましょう。
ただ、この程度のパーツは純正部品がまだ出るのかな?

大した金額じゃないから、買った方が安いかも。

私の場合は、ちょっと気になる部分があったので、様子を見る為にも修理して使います。

気になる部分というのは、タンクを外す時にコックのレバーが長い為に、フレームに当たるんですよね。
これって邪魔じゃないのかな?
使ってみて、気になるようならショートタイプのレバーを作りたいと思います。

さて、作業は簡単。

一番面倒だったのは、余計な補修をしたシリコン材?を綺麗に掃除する事(-_-;)
0113 (3)

使うのは『プラリペア』。
0113 (2)

これって、結構持ちますね。

カウルなどのプラスチック製品の補修には最も簡単な補修材だと思います。

パウダーの中に液体を垂らして、盛りつけるだけ。

勘違いしてはいけないのは、接着剤ではありませんから、母体を少し削って盛りつける工程だと考えてください。

半日も置けば完全硬化します。
0113 (1)

私はいつも、夕方に作業をして、翌日の昼頃に次の作業に進むように硬化時間を確保します。
あせった作業は禁物です。

はみ出した部分をヤスリで削って完成。
0113 (4)

せっかくレバーを直すんですから、こういう時にはコックも全部バラして、溜まっているカスなんかを取り除いてあげるだけで、レバーの動きが蘇ります。
0113 (5)

こういう細かい作業の積み重ねって結構大事な事ですよ!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/13(木) 08:02 | コメント:10 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

もう週末ですね。
今日は新しく見つけた交流会に初参加してきます。
ほら、私の仕事って、どこで何が起こるか判らないから、普通の営業マンなら面倒だから、そんなのには参加しないんでしょうけど、私にとっては大事なお仕事なんですよね。

さて、少しずつトラブルをクリアーしていっているGSX-Rですけど、今度はフロント周りに手を入れ始めました。

まず、アクセルが重かったので、バラしてみると・・・。

(;一_一)

鼻クソが沢山溜まっていた(-"-)
01014 (5)

本当にメンテナンスした事が無かったんじゃないかな?

これじゃ~コーナーリング中にジワ~ってアクセルを開ける時に引っ掛かって、ドンッ!ってなっちゃってたんじゃないの?

メンテナンスって言ったって、洗浄剤を吹きかけて綺麗に吹いたら、グリスアップするだけ。
01014 (4)

ほ~らスルスルと回るようになった(^^)
01014 (9)

次に気になるのはブレーキ周り。
01014 (7)

ガレージにニッシンのタンク別体式が転がっていたから、これを使います。
01014 (8)

ただ、GSX-Rのノーマルは14Φでした。
01014 (6)

別体式も14Φと5/8インチがあったんですけど、ここでは5/8インチをセレクト。

使ってみないと判りませんが、ちょっとカッチンブレーキになっちゃうかも。

そのうちにロッキードに交換したいと思います。

あっ!いつもの事ですけど、中古のマスターシリンダーを使う時は、見た目が大丈夫そうでも必ず一度は開けて中を確認してくださいね。
中に錆びやグチャグチャしたカスが溜まっている事が多くて、これが原因でエアーが抜けない場合もあります。

次はついでにキャリパーも洗ってしまいましょう。
01014 (3)

洗剤を薄めたバケツにドボン!と漬けて歯ブラシで洗います。
01014 (2)

水洗浄もしっかりとやりましょう。
01014 (1)

私のGSX-Rみたいに屋外に停めてあったバイクはキャリパーに白い錆びが浮いている事が多いです。

これは洗ってもどうにもなりません。

私はマイナスドライバーで白錆びを削り落して、ワイヤーブラシで磨いちゃいます。
この時は柔らかめのブラシを使わないと傷だらけになっちゃいますからね。

ちょっと、光ってしまいますけど、許せる位には綺麗になりますよ!

最後にパットを外した状態で潤滑スプレーを吹き付けて、ウエスで磨いて終了。
01014.jpg

フロントのブレーキパットにはYAMASHIDAが入ってました。
まだ使えるパットですね。
01014 (10)

でも、ここでは一度、ISUMIの激安パットに交換して様子を見ます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/14(金) 08:09 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日の交流会は、いわゆる合コンサークルみたいなものでした(--;
つまり男女の出会いの場ですね。

しまった(;一_一)
完全に私一人が浮いている。

またしても女性から『何で指輪を付けている人が来ているんですか?』と冷たいお言葉を頂戴しました(-"-)
こうなったら、自分の世界に入るしかない。

場所は新宿歌舞伎町。
新宿で飲む事はあっても歌舞伎町で飲むのは何年ぶりなんだろう?
行ったお店は某大手チェーン店。

幹事の段取りの悪さと店のサービスの悪さで、着席早々帰りたくなる。

W社長。
あなたがテレビで頑張っている間にお店の管理は最低になってますよ~。
確かにもの凄い系列店の数があるから、社長が見ているわけでもなく会社の管理体制の問題なんですけどね。

まあ、歌舞伎町の客層は若い人がほとんどだし、格安店だから多くを求めてはいけないんでしょうけどね。

でも、乾杯のグラスは汚れで曇っていて、瓶ビールを注いでも泡が立たない(--〆)
01015-1.jpg

それにしても、この交流会ビジネスって儲かるのかな?

男6500円、女3000円。
たぶん数は40人位。
男女半々位だから9500×20=190,000円。

たぶん飲み放題で@3,000円位なのかな?

3000×40名=120,000円。
190,000-120,000=70,000円の利益。
このサークルは月に30パーティー位を実施しているから、
70,000×30=2,100,000円/月。

何人で回している会社で月のコストっていくら位掛かるのかな?
たぶん、ネットで集客しているだけだから、若い5人位の会社なのかな?

この会の凄いところは、全くサービスやイベントでコストを掛けないところ。
単に場所と出会いをセッティングして、格安店でコストを掛けない方針。

う~ん、これなら十分ビジネスとして成り立ちますね。

周りの男女がギラギラしながら連絡先を交換し合っている中で、私は自分の名前も聞かれる事なく歌舞伎町を後にしたのでした(;一_一)

さて、今日の本題。

フロント周りに手を入れ始めたGSX-R。

キャリパーを外した状態でタイヤを回しても重い(--〆)
一度全部をバラそうかと思って、フロントアクスルシャフトを緩めようとしたら・・・。

硬くて緩まない(--〆)

スゲー硬い!!

なに馬鹿力で締め込んでいるんだよ!

スピンナーハンドルで緩めたら、シャフトの頭をナメそうだったから、インパクトレンチを登場させた。
01015-1 (5)

オートバイのメンテナンスで、インパクトが必要なほどのトルクってほとんど無いから、普通はこんなの持っていないんですけどね。

GSX-Rのフロントアクスルシャフトは、あくまでも2本のボルトで固定されますから、トルクはそれほど掛けなくても大丈夫なんです。

タイヤを外してみると・・・。

メーターギヤが腐ったグリスで固着している。
01014 (11)

これも、’89年からノーメンテナンスなのかな?(;一_一)


私の場合、メンテナンス性を上げる為に、キーシリンダーは取り外せるようにします。
これは完全ガレージ保管だからですよ!
屋外保管だと盗まれちゃうかもしれないから、真似しない方がいいと思いますけど、一応やり方を説明しておきます。

裏のボルトはカシメタイプになってます。
01015-1 (4)

これの中心に2mm位のドリルで下穴を開けて、ドリルが逃げないようにしたら、7mm位のドリルで揉みます。
01015-1 (3)

そうすると、頭がグリンッ!って取れます。

01015-1 (2)
あとは指でもスルスルって抜けるはずです。
01015-1 (1)

錆びていたらバイスプライヤーで掴めば外れると思います。

あとは普通のボルトに交換するだけです。

さて、実は私が今回フロント周りを全バラにした理由は他にあります。

話が長いので、また次回にでも(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村



2011/01/15(土) 09:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

今日はこれから横浜でお仕事です。
こんびさん、
スケジュールが合わなくて申し訳ございませんでした。

まっちゃん、
貴方が欲しがっているNSRのリアキャリパー周りは、こんなのでいいんですかね?
パットはありませんでした。
01016 014

こんなパーツは、あげますよ!
わざわざ取りに来なくても着払いで送りますけど。

来週の日曜日はAM10:00~PM15:00まではガレージで作業をする予定ですが、もしかしたら仕事が入ってしまうかもしれません。
でも、パーツは渡せても、私は自分の作業があるから手が回らないと思いますよ(^^;

さて昨日の続きで、フロントをバラし始めた本来の目的について書いていきましょうかね。

私が気になっていたのは、GSX-Rのポジションです。

まだ乗った事はないんですけどね(^^;

でも、23年もオートバイとこんな関わりある生活をしていると、乗らなくてもまたがっただけで自分の好みのポジションではない事位は判ります。

よく雑誌とかでGSX-Rはステップの位置が悪いと書かれているんですけど、私はハンドルだと思うんですよね。
1223 025

そもそも、750ccはトップブリッジの下に付いているのに、1100ccはヨーロッパのツアラータイプを意識して上に装着されました。

ふ~ん。。。
やっぱり、レーサーレプリカはツアラーではないのだから、750ccみたいなポジションでいいんじゃないの?って私は考えてしまいます。

セパハンかぁ~。

価格チェックすると、カタナとCB1100Rに使っているサンセイレーシングは14800円位ですかね?

高い(;一_一)

177,000円のバイクにそんなお金は使えません。
やっぱりハンドル交換に使えるのは3000円が限界だろう。。。

そもそも、セパハン。
正式名称はセパレートハンドルですね。

つまり、パイプハンドルに比べて、分かれているハンドルの事です。

ん?
GSX-Rはセパハンですよね?
何が悪いんだ?

角度かい?

角度をどうのこうの言うレベルじゃないよね?

なぜ、スズキのセパハンは悪いんだ?

悪くないよね?

ピンポ~ン!!

な~んだ!簡単じゃんか!!(^^)/

ノーマルのハンドルをそのままトップブリッジの下に回せば、全ての問題が解決するじゃないか!(^^)

ちょっと加工が必要なんだけど、誰もやらないなら私がやりましょう!

ほ~ら!どお?
01010 006

カッコイイ~~~~~~!!
01010 005

やっぱりレーサーレプリカは、こうでなくちゃね!
01010 009

ハンドル位置の関係で750RKとカウルの形状が違うって言われていたんだけど、そのままで全く問題ありません!
ハンドルの切れ角もそのままでOKです!
01010 004

跨った感じはバッチリです(^^)
これだとハングオンの時に腕から胸あたりがタンクに当たる感じのフォームになると思いますから、私のカタナと似たような乗り方ができるはずです。

手間は掛かるんですけど、予算は1000円で済ませるつもりです。

明日はどういう加工を施していくかをお話しますね~!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/16(日) 13:44 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。ビバンタムです。
01017 (1)

さて、昨日の続きですね。

ハンドルをトップブリッジの下に回す加工編に入っていきましょう。

通常このカスタムでは、フォークに締め込むタイプのセパハンで対応します。
でも、私はお金を掛けたくないからノーマルを使うまでの話ですからね(^^;

私だって、できる事なら他の2台と同じサンセイレーシング製を使いたいですよ。
1100Rのハンドルを使っちゃうっていう方法もあったんですけど、そうすると全部が不動車になっちゃうから止めときました(笑)

まずは、フロントフォークを抜いて、加工方法をイメージしていきます。
01017 (7)

01017 (6)

一応、抜く前に突き出し量を見ておきます。
ハンドルの厚さ分で30mmが基準値です。
01017.jpg

加工する時はトップブリッジを裏返して作業しましょう。

フムフム。。。

このリブが当たる訳ね。
つまりちょっと削ればピッタリ入るのね。
01017 (5)

目印を付けたらいつもの要領で削っていいます。
01017 (4)

こんな程度、削れば大丈夫です。
01017 (2)

ほ~ら入った!
01017 (3)

でもね、このままじゃダメですよ!
確かにM10のボルトで停めますから、回転方向に対しては有効なんですけど、下に掛かる荷重には全く対応していません。
それも、ハンドルに付いているのは振動防止のラバーです。
高速からの減速で力を入れたらズボッって抜けちゃいますよ(@_@;)

これの対応策はすでにヤフオクで落札してあり、もうすぐ届くと思いますから、今度の週末にでも加工をしますね!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/17(月) 07:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も寒いですね~。
気が付けば18日。
締め切りまで、あと1週間。

神頼みの営業が続いております(^^;

さて、外装もボロボロなGSX-R。

最初から溶けていたフロントフェンダー。
01018.jpg

外してビックリ!
裏返したら、チューインガムで塞いであった(;一_一)
01018 (8)

さずがにガムっていうのは冗談ですけど、粘土パテみたいなヤツですね。

剥がしてみると完全に穴が開いてました。
01018 (7)

・・・・。

これ、どうする???

オークションで見たら、それなりの商品は5000円くらい。
ボロいのは1000円くらい。

どうしよう。

お金は掛けたくない。。。

こういう時は(-"-)

じゃ~ん!
01018 (6)

いらない部分をカットしちゃえ!!
01018 (5)

うひゃひゃひゃひゃ(^0^)

あとの事なんか考えないもんね~(笑)
01018 (4)

どうだ!!
01018 (2)

前と後ろのバランスが悪いって?

普通の人は、パーツを単品で見るから後ろ側も合わせてカットするでしょうけど、後ろは残しておいた方がいいんです。
これは何故かというと、後ろを短くするとオイルクーラーに泥が跳ね易くなるから。

実際のところは、カウルを装着するから、後ろ側は見えなくなります。
01018 (1)

だったら残しておきましょう。

短くて格好悪い?
01018 (3)

パーキングで『フロントフェンダー短過ぎじゃないッスか?』って言われたら、『あ~耐久レース仕様だからね~』って言っておきましょう(大笑)

実際のところ、最高速とかでは影響があるんでしょうけど、私の乗り方ではどうでもいいパーツです。

耐久レースでは実際に外して走るチームもあります。

外すと、何でも水温が若干落ちるとか。。。

見慣れてきてもダサイと思うようだったら、中古品を購入するつもりです。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/18(火) 07:52 | コメント:8 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

仕事はしていなくても、締め切りはどんどん近付いてくる(;一_一)
営業のみなさま。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、3台を同時進行で手掛けているので、早めに終わらせたいネタを片付けていきましょう。

今回は作業に飽きたCB1100Rのスプロケットカバーを仕上げました。

FRPを張ってカットしたままでしたからね。

一発仕上げでしたから、当然ボコボコ状態でした。

最初は金ヤスリで大きな出っ張りを削ります。
01019.jpg

そしたら#250と#600の耐水パーパーで磨いてみました。
01019 (3)

ほら、なんとなく製品っぽくなったでしょ?
01019 (1)

本当はこれにパテを盛って気泡を埋めて、#1500~コンパウンド磨きに進めばピカピカになります。

普通の人の作業は、そこまでやるんでしょうけど、私の1100Rですからね(;一_一)

こんなパーツは、どうせ見えないんだから、そこまでのクオリティは望んでません。

これでフィニッシュです(笑)
オイルが飛び散らなければ十分だと割り切る事にしましょう。
もうこのパーツは飽きました。
早くカタナ用を作りたいんですよね。

そうそう。
大きな気泡は黒いパテが無かったからポリ樹脂で埋めちゃいました。

その時に20cc位混合して余ったので、勿体ないからもう一つパーツを作ってしまいました。

目に入ったのはGSX-Rのリアフェンダー。

’89からはリアタイヤに泥よけが装着されているから、実際にはフェンダーに泥は跳ねないんですけど、それでもシートの下の配線には埃汚れが溜まります。

う~ん。
リアブレーキのリザーブタンクの部分はこんなに穴が大きくない方がいいよね。
01019 (7)

よし!埋めちゃおう!!

直接アルミテープを貼って、そのまま型にしてFRPも張っちゃいました。
01019 (2)

一晩置いたら出来上がり!
01019 (9)

余分な部分をカットして、
01019 (5)

ペーパーで荒削りしたら完成さ!
01019 (8)

こんなのは当然仕上げ磨きなんて私はやりませんよ~!

当たり前なんだけど、全くのガタもなくピッタリサイズなのさ!
01019 (6)

後で取り外しもできるように両面テープで貼りつけて完成!
01019 (4)

あっ!作っておいて言うのも何ですけど、全く必要性の無いパーツです(笑)

でもね、シートを外す度に見えるじゃないですか。

そうすると、オリジナルパーツが目に入ってくると、何だか嬉しいものなんですよね。

はい。完全に自己満足の世界です。

それでいいんです。
他人の意見なんか求めてはいない。
私だけのオリジナルマシーンなんですから(^^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/19(水) 08:18 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は浅草へ行ってきました。
いつものお蕎麦屋『十和田』ですね。

ここのお蕎麦と天婦羅は本当に美味しい。
そして良心的な価格です。

私は浅草へ行くと、必ず立ち寄るお店があります。

『SPORTS ZYUEN』スポーツ ジュエンというスポーツ用品店ですね。
チェーン店で上野とかにもあるお店ですけど、ここのお店は激安ワゴンセールのお店なんですよね。
ちょっと型遅れのスポーツウエア―が信じられない価格で山盛りワゴンに積んであります。

スポーツとは縁遠い私。

ここに立ち寄る理由は『靴』です。
爆安の子供用の靴がたま~に置いてあるんです。
その日によって、外積み商品は全く違うので、タイミングが合うと面白い商品をゲットできます。

昨日は小学2年生の娘用に4足買いました。
01018 -1

安っぽい靴なんか買って(-_-;)って思いました?

ウチの子って、八王子に住んでいるから山とか川に妻と一緒に行くんですよね(父親と一緒ではありません)
だから、そういう時の為にもどうなっても良い靴があると便利なんです。

さて、ハウマッチ?(ん?古くて判らないネタ?)

じゃ~ん!
01018 -1 (8)

税込100円だよん。
それも、この店の凄いところは、無料で作る会員カードを持っていると、どんなバーゲン商品でも全て10%OFFにしてくれるんです。

だから1足90円なり。

これならアリでしょ?
でもね、スーツ姿でビジネスバッグを持った男がワゴンの中から見つけている姿って怪しいですよね。。。
私はそんなの気にしない(笑)

さて、去年から吉田兄が私の不得意分野の電気部品を作っている。
何だかカタナをパワーアップさせる物らしいんだけど、私には全く理解できない(;一_一)

吉田兄も教えてもらいながら作っているらしいから、先生が存在するらしいです。
世の中には凄い人がいるもんですね~。
完全に素人の域を超えてます(@_@;)

3か月に1回位しか更新しないブログですけど、オタクの方は覗いてみてください。
吉田兄のブログ

これって、内部は見せちゃっていいのかな?
吉田兄のブログにも出てるから、良しとしておきましょう。

実際には、この黒いパーツの中身が技術の結晶なんでしょうからね。

見ても聞いても全く理解できない私。

『これを入れるBOXが欲しいけど何かない?』って言われた。

そういう事なら私の得意分野です。

オーダーメイドパーツにピッタリなBOXなんかある訳ない。

だから作ります。

東急ハンズ渋谷店でアクリル板2mm厚を4枚購入。
1枚80円。3枚使いました。
01018 -1 (6)

アクリル用のカッターでカットしていきます。
アクリルは半分位切れ込み?を入れたらパチンッ!って割ります。
01018 -1 (4)

だから切り口がガタガタなので、幅を揃えて仕上げます。
01018 -1 (7)

最終的にはこんなBlack BOXに仕上げる予定。
01018 -1 (1)

あとはどこに設置するかですね。

今はバッテリーの後ろあたりを考えてます。
01018 -1 (3)

どうやらモニター?コントローラー?何が付くのか判らないけど、ケーブルの差し込み口が必要になるみたいです。

どっちの向きにどういう止め方をしたらいいのかな?
01018 -1 (2)

μさん
今度の日曜日は仕事ですか?

暇だったら来てください。
指示された向きにセットして完成させちゃいたいのでお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/20(木) 08:19 | コメント:13 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

またしても週末(;一_一)

来週月曜日が締め切りです。
そろそろ本気で仕事をしないとヤバイですね。。。

ウチの会社って少し変わっていて、子供だましのご褒美が好きみたいなんですよね。

たとえばこれ。

グリコの詰め合わせ。
01021 (2)

そりゃ~1粒で300メートルのキャラメル食べて頑張ろうっていう気持ちも判らないでもないんですけどね・・・。
01021.jpg

さて、昨日に続いて私の嫌いな分野のお話です。

GSX-Rを買った時に、シートを外したらダイナマイトが出てきた(@_@;)

こりゃなんじゃ???
01021 (1)

あれ?
m-maruさんのインチキCB750F?にも積んであったっけ?
あれ?誰のバイクで見たんだ?

これって確か、セルなどで一時的に大容量の電気を使う時にバッテリー容量?を助けてくれるパーツでしたっけ?

すみません(-_-;)本当に電気の事は解らないので、何が何の役割かも理解していないから、ちゃんとした説明すらできません(-"-)

これは中にコンデンサーが入っているだけって言ってましたっけ?

本当に有効なのかな?

実際は今の冬場でもこのダイナマイトを取り外したって、問題無くセルは使えます。

ん?
それって必要無いって事?

私の場合、嫌いな電装系は無くてもいいならなるべくシンプルにしたいと考えます。
意味も無く社外製のパーツに交換したりもしません。
昔はライトは明るい方がいいからと言ってハイワッテージキットとかをゴチャゴチャ付けましたけど、今は夜に走る事なんかないので、『昼間もライトオン』を目的にしているだけです。
当然バルブも60Wのノーマルです。

無闇に電装系をいじると、関係無い他の部分で弊害が生じる事があるので、なるべくリスクを減らしたいんですよね。

そうそう。
ちょっと話が脱線してしまいますが、ここで昨日の電装系のお話を挟ませていただきます。
今回、吉田兄がイグナイタ―とかに手を出す事に何も言わないのは、あれは私のカタナであり、チーフメカニックが吉田兄であり、実際にライディングするのは私です。
全てのリスクを二人が負う事でマシーン作りをしております。

大袈裟な話をしてしまってますが、自分で全てのリスクを負えない分野には手を出さない方が良いという事は頭に入れておいてくださいね。

話を戻します。

さて、ダイナマイトはどうしよう。
凄い効果のあるパーツなら残したいけど、どうでもいいなら外したい。

どなたか『これを付けるとターボパワーが手に入ります!!』みたいな夢のような経験をお持ちでしたら情報をいただけますでしょうか?

よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

2011/01/21(金) 08:06 | コメント:11 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は締め切り直前という事もあり、バタバタしてましたが、空いた時間で作業を進めましたよ!
01023 064

普段はガレージで作業している時って、門扉を閉めてグレース&ハリーを放牧?するんですけど、今回は娘二人がおままごとをしていました。

寒いだろうと思って、七輪を出してあげたついでに、料理ごっこもさせて勝手に昼ご飯も食べさせてしまいました(^^)
01023 053

ジャガイモを茹でて、じゃがバターと、塩ホルモンでホルモン焼き(笑)
01023 051

01023 052

八王子の小学生はオヤジメニューが好きです。

さて、ハンドルをトップブリッジの下に回す加工編ですね。

今回、お金を出して用意したのは43Φのステアリングダンパーのホルダー。
ヤフオクで510円で落札しました。
01018 003

つまり、ハンドルに掛かる荷重はM10のボルトでも、折れて抜けるなんて事はあり得ないんですけど、クリップ式では無いので当然ガタが出ます。
それを防止する為にステアリングダンパーのホルダーで固定します。

まず、先日のハンドルにおける削り加工の次は、ボルト部分の加工ですね。

ボルトは純正ボルトをそのまま使います。
でも、ボルトをそのまま締め込むと、頭の部分が加工の問題で最後までネジを切っていないから、トップブリッジに最後まで締め込む事ができません。
01023 070

吉田兄が特殊ボルトを製作してくれる時には、この部分も考慮してエグリ加工してくれるんですけど、今回はトップブリッジ側を削ります。

11mmのドリルで本当に少しだけです。
トップをナメる程度で大丈夫です。
01023 069

01023 027

ほら、ピッタリ入った。
01023 026

01023 072

そしたら、仮組。

ハンドル。
01023 075

防震材。
01023 074

ワッシャー。
01023 073

ナット。
01023 071

ワッシャーは外形30mm、厚み2mmのステンレス製を用意しました。
01023 077

M10用で丁度良い外形が無かったので、M8用の穴を広げます。

小物加工は怪我をする可能性が高いですから、しっかりと固定して作業してくださいね。
01023 076

本当は防震材を入れたくないんですけど、そのままワッシャーだと、ゴム板の分3mm位隙間ができちゃうので、ノーマルと同じ順番で組む事にしました。
01023 078

トップブリッジとハンドル穴まで5mmの隙間ができると思います。
後日カラーを作る事にして、今回は作業を進める為に外形19mmのワッシャーを5枚入れて対応。
01023 025


01023 024

次にステダンのホルダーですね。

左はGSX-Rに付いていたホルダーを使っちゃいました。

当ててみると、ワッシャーがホルダーに当たって、ぴったりとハンドルを固定できません。
01023 020

当たる部分は削っちゃいましょう。
01023 019

ノーマルのホルダーはステダンの固定部分が邪魔になりました。

当たる部分はカットしてしまいましょう。
01023 018

これで完成。
01023 017

左。
01023 007

右。
01023 008

これで様子を見る為にカウル一式を付けてみると・・・。
01023 068

あっ(;一_一)

やっぱりカウルに当たる。。。

でも、普通は焦る状態ですけど、私はこんな小さな事は問題だなんて考えない。

だって、私はルートマスター。
他人とは違った感性の持ち主(大笑)

今度はカウルの加工編に続きます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/24(月) 08:16 | コメント:8 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

本日、締切日。

何とか今月も乗り切る事ができました(^^;
営業の皆さんはいかがでしたでしょうか?

さて、昨日の続きですね。
01025 (1)

ハンドルを下げたらカウルに当たってしまったという問題です。
01025 (10)

GSX-Rはメーターがトップブリッジマウントなので、カウルだけの問題ですが、他のレプリカバイクは通常カウルステーにメーターが設置されている事が多いので、ハンドルを切った時にメーターとの干渉も考慮する必要がありますから、場合によってはメーターの移設を施さないといけないかもしれません。

この問題を一気に解決する方法は、私がCB1100Rで行った『カウルステーごと一式を下げる』という方法。
これならカウルもメーターも全部が下がるので、超簡単!

でも、この手法をフルカウルに施すとアンダーカウルまで下がってしまい、無理やりに繋ごうとするとセンターカウルを大幅に作り直すか、取って付けたような仕上がりになってしまいます。

そうしたら、残る加工方法は・・・。

当たる部分をひたすらカットするのみ!!

うひゃひゃひゃひゃ(^0^)

まず、GSX-Rのアッパーカウルは熱風がライダーに当たらないように上にもカウルが巻き込まれております。

これを外してしまいましょう。

見れば解りますが、一体式ではなくスポット溶接されてます。
01025 (11)

これはマイナスドライバーを差し込みながら、ハンダゴテで溶かしていけば綺麗に外れます。
01025 (13)

01025.jpg

あくまでも溶かすのは上のカバーだけですよ!アッパーカウルは無傷で仕上げてください。
01025 (12)

そうしたら、一度カウルをセットして、ハンドルが当たる部分をマーキングします。
01025 (9)

今回は塩ビ用の鉄ノコ?を用意してカットしました。
01025 (8)

アッパーカウルに
01025 (7)

サイドカウル。
01025 (6)

重要なポイントは、絶対に一発で仕上げる事は考えない事。

当たる部分を少しずつカットしていって、最後に全体のバランスを見ながらカットラインのデザインを考えます。
01025 (5)

誰かがやった事を真似するなら簡単なんですけど、誰もやらない事って全ては行き当たりばったりの作業の連続です。
常にミスった時の逃げ道も考えながら作業を進めましょう。

とりあえずハンドルは当たらなくなりました。
01025 (2)

でも、もう少しカットしないとクラッチを切ったままハンドルを切ると指が当たってしまいます。
01025 (3)

これ以上って事はアッパーとサイドを繋いでいる端のボルトは移設しないとダメかもしれませんね。

こういう作業を繰り返す事で世界に1台しかない自分だけのオリジナルマシーンは生まれるんですよ(^^)

ほら、盗まれて色を塗り替えられても絶対に自分のバイクだって言い切れるでしょ(笑)

でもね、私はまだ買ってから家の周りすら乗った事がないんですよね。

さあ、あなたは買ったばかりのバイクのカウルを切り刻む勇気はありますか(大笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

2011/01/25(火) 08:11 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

私のオフィスは新宿にあります。
01026.jpg

だから毎日のランチは高層ビル内で済ませます。
東京って、どこまでもビルばっかりだね~。

さて、今日は久しぶりにカタナのネタでも書きましょうかね。
01026 (24)

先日作ったCB用に続いて、今度はカタナ用の製作です。

私は吉田兄が作ってくれたスピードメーターギヤの取り付けプレートを使用してますけど、外形などはヨシムラのプレートをパクりました。
01026 (6)

カラーやベアリング部分なんかもヨシムラ用をそのまま使ってます。
01026 (5)

どういうデザインにしましょうかね?
01026 (4)

CB用を当ててみる。
01026 (3)

まあ、イメージはこれと同じで行っちゃいましょうかね。

寸法を計測しながら、工作用紙にイメージ図を描いていく。
01026 (23)

この時に必要なのは、完成イメージは当然なんですけど、型抜きのイメージとカット方法、計測した時の寸法誤差をどうやって逃げるかを考えながらシンプルにする事。
つまり、絶対的に必要な部分はきっちりとした寸法なんだけど、カットで誤魔化せる部分は多少大き目に作っておくという事ですね。

これが試作品のポイントです。

今回も使うのは100円ショップで買った発砲スチロール。
01026 (20)

型紙をあてると、寸法内に収まらなかった。
01026 (19)

どうしてもという場合は先にボンドで発砲スチロールを連結しておくんですけど、今回はカットしても大丈夫な部分だったのでデザインを小さくする事で対応しちゃいました。

型紙を使ってマジックでマーキング。
01026 (18)

両面にマーキングすると、糸ノコでカットし易い。
01026 (16)

デザイン的な部分で角を斜めにカットする。

こんなの適当。
灰皿を当てて丸を描いてデザインを決める。
01026 (15)

01026 (14)

このラインに沿って糸ノコを入れれば綺麗に切り出す事ができます。
01026 (13)

これって小学生の時に『釣りトップ』っていう小学生向きの釣り雑誌があって、バルサ材を使ったルアー作りっていう記事があったんですよね。
それを見ながら作った経験がこんなところで活かされてます(^^)
あれって、チビ人間1号と同じ10歳位だったかな?
気が付けば30年位前の話なんですね。

ほら、切れた。
01026 (12)

あとは紙ヤスリで仕上げます。
01026 (11)

ここでデザインが仕上がったらアルミテープを貼ります。
01026 (10)

このアルミテープで滑らかな状態まで仕上げたら、マスターモデルの完成です。
01026 (9)

だいたいここまでの作業は2時間位かな?

話が長いから、続きはまた明日。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/26(水) 08:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日からディズニーリゾートにある東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾートへ来ております。
01024 004

今回も表彰パーティーなんですよね。
01024 001

何だか毎月こんなイベントばっかりですね(^^;

またしても子供だましの記念品をいただきました。
01024 003

う~ん。。。

うちにもあったような、既に処分したような。。。

本当は今日、チケットをいただいているのでディズニーランドで遊べるんですけど、家族と一緒に来ていないからねぇ(-_-;)

オジサン達と一緒にミッキーと記念撮影するのも何だし・・・。

基本的に団体行動が嫌いな私。
昨日も二次会までセットされておりましたが、前日も帰宅したのがAM4:30だったので、部屋に帰って寝てしまいました。

リゾートホテルで一番好きなのは、朝食のバイキング。
朝からミニハンバーガーをお替りして食べちゃいました。
01024 002

あっ!当然モーニングも一人が好き。
お一人様っていうヤツですかね。

食べたい物を食べたいだけ、食べたい時に気が向く時間にポケ~っとしながら食べる。

こう見えてもビジネスの時は、気遣いで気が張っているから、オフの時は誰からも干渉されずに、そっとしておいて欲しいんですよね。

だから、オートバイって好き。
自分の世界に入れるから。

ガレージにこもって作業するのも、こんな理由から。
自分のペースで好きな時に好きなだけ、そして段取りも、3つ位の作業を同時進行していくから、グチャグチャなような作業風景は全部が作業中だから。

ここは私のお城です(^^)

さて、前回の続きですね。

マスターモデルが仕上がったので、メス型を作っていきます。
01026 (7)

今回は量産?を考えているから1個作ったら、それをマスターモデルにしてメス型もFRPで作る予定です。

いつもの作り方でメス型が完成。
01026 (2)

今回も黒仕様にしました。
01026 (1)

色を着けると、オイルでグチャグチャになる裏側に、色を塗る必要がなくなるから都合がいいです。

一晩置いて完成。
01026 (22)

あっ・・・。

またエアーが入っちゃった(;一_一)
01026 (21)

う~ん。
これって、Rの部分は硬化中にエアーが入っちゃうんですね。

なるほどなるほど。

1枚物で仕上げているからダメなんだね。
今度からは、この角の部分には小さくカットしたグラスマットを入れ込むようにしましょう。
何事も経験。
最初から完璧な人なんかいませんからね。

やらないで知った風な事を言う人間よりも、経験して失敗した人の方がエライと私は考える(^^)

次はカットと設置に作業は進みます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

2011/01/28(金) 10:16 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は突然の事なんですけど、大きな出物を発見してしまったので見に行ってきます。

オートバイじゃないんですけど、ブログのネタ的?には、非常に魅力的な商品なので何とか購入の方向性で進めたいと思います。
たぶん、こんな事するのも日本で私だけかなぁ~と(笑)

お楽しみに(^^)

さて、そういう訳で今日は途中になっている作業ができないので、次々に見つかるトラブルについてお話していきましょう。

先日、ハンドル周りを加工しようと思って、メーターを触ったら・・・。

モリッ。。。

じぇ(--〆)

なななんだ????

ガビーン!!
01029 (7)

解ります?

そろそろ本気で頭に来てます(-_-メ)
何と、メーターのつまみもコーキング材でくっついていた。
01029 (4)

これって、間違ったメンテナンス方法ではなく、GSX-Rはネジではなくブスッと刺すだけのタイプ。
それに対して、付いていたのはCB用かな?本来はネジて固定するタイプで、穴径も全く違います。
明らかに確信犯。

まあ、私にとっては大したトラブルでも無いからどうにかしちゃいますけどね(笑)
01029.jpg

それよりも、メーターを外したら、タコメーターの中で何かがカラカラ転がっている。
分解してみたら、バルブが出てきた。
01029 (8)

更にインジケーターのカバーも、間に入っているブッシュが抜けているのに強引に締め込んだらしく、割れてしまっていた(--;
01029 (2)

これは、アクリル板の接着剤『アクリダイン』を使うと綺麗に接着できます。
もう一方の穴周りが無くなっているのは、皿部分が少し大き目なボルトを使えば固定できるでしょう。
不具合が出たら穴周りだけ作り直します。

メーターノブは、構造が解ったから後日作ります。
たぶんプラリペアを使って穴径を細くするだけで簡単に使えるようになると思います。
01029 (3)

GSX-Rのメーターパネルはアルミ板が貼ってあります。
01029 (5)

そう言えば、吉田兄がピカピカしていて嫌だって言ってたなぁ。

探したら、カーボン風のカッティングシートが少しだけ出てきた。
01029 (6)

こいつを貼っちゃえ!

私はこんな部分に高いお金を出して本物のカーボン製に交換する必要性は無いと思ってしまう。
オイルキャッチタンクの時に使ったヨシムラのキャブレターヒートガードのカーボンが残っているから、これを使ってもいいんですけどね。

ほら、なんとなく格好良くなってない?
01029 (1)

こんなの気分の問題なんですけどね。

明日はスプロケットカバーの続きができるといいんだけど。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

2011/01/29(土) 09:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日で1月も終わりですね。
暖かくなるまであと1カ月半くらいでしょうかね?

さて、昨日は1時間位作業時間があったので、スプロケットカバーを装着するところまでは作業を進めました。
0131 005

バリをカットしてエンジンに当ててみる。
おっ!スゲー!
チェーンとのクリアランスも予想どおりだし、ガタが出ないよに想定していたリブへの当たり具合もピッタリです。
0131 006

アルミプレートをセットして、エンジン側との当たり具合を確認する。

せっかくのフルオーダーメイドですから、汎用品とは違ってピッタリサイズで作りたいですよね。

私の場合、普通のヨシムラ製のプレートと違って、メーターギヤがありますから、センター位置をピッタリに合わせないといけませんから、少しずつ現物合わせで位置決めを行いました。
0131 004

今回の固定方法を考えたんですけど、メンテナンス時の作業性を考えて、プレートに固定して一体化で考えました。

両面テープで固定しても大丈夫だとは思いますが、掃除の時には分解できた方がいいし、逆にピッタリサイズだから落ちる事はないんですけど、走行中に外れて事故にならないようにM3のボルト2本で留めました。

チェーンとボルト頭との干渉はクリアランスの問題で全く大丈夫です。

ほら、CB1100Rと同じシリーズみたいに作れたでしょ?
0131 003

お上手~(^^)
0131 002

カタナ用は今回のマスターモデルを磨いて仕上げたら、これを使ってFRPのメス型を作って、量産できるようにします。
GS1000のけんたろーさんもQちゃんと同じカタナ用のヨシムラプレートを使うみたいなんですよね。
0131 001

とりあえず、私はFRPを張るところまでやりますから、カットして磨いてセットするのは自分でやってくださいね。

またみんなで焼きそば大会とかトン汁大会とかやりながら作業しましょう!
誰が一番上手に作れるかな?(^0^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2011/01/31(月) 07:52 | コメント:6 | トラックバック:0 |
ブログ内検索