プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。


先日、帰宅するとスギちゃんが自宅で採れたライムを持って来てくれていた。

ありがとう(^O^)

私はコストコの激安ビールにスギちゃんのライムを絞って飲むのがマイブームです。


今日はipadが故障してしまい、現在はフリーズしたまま電源も切れない状態になってるから、アップルのサービスカウンターで順番待ちしております。

もう1時間経ってるけど、いつになるんだろう(ー ー;)

さて、2月になったので、そろそろCB1100Rのオイル漏れでも直しましょうかね。

ちょっと調べたんですけど、シリンダーとヘッドの間からのオイル漏れって、原因がいくつかあるみたいですね。

もしかしたら、もう一度シリンダーまで外さないとダメかも知れません。

一人で降ろすのって大変だから、吉田兄に手伝ってもらいましょうかね。

私が準備さえ済ませれば、1分で降りちゃいます(^_^)
2013/02/02(土) 13:18 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日から暖かいですね。
これだけポカポカだと、作業も進みますよね。
でも、暖かいのは今だけで、これからまた寒くなるんですよね~。

さて、昨日は、こんびさんから荷物が届いた。

じゃ~ん!!
23 002

こんびさん、ありがとう!!

おや?これは・・・・・。

750用のカーボン調メーターシールですね。
実は、偶然にも既に私もカーボン調シールを発注済みなんですよね(^_^;)

この件につきましては、今日あたりに届くかと思いますので、追ってご報告します。

どっちみち180km/hでは、使えませんので剥がします。
23 003

調べたところでは、メーターシールを使う場合には目盛などを剥がさないといけないようですね。
ステッカーを貼る時は塗装と同じように下地処理がとっても重要です。

タコメーターの丸穴をくり抜いたら、表面はなるべく細かいペーパーを掛けます。
23 008

裏は全部を剥がすのではなく、インジケーター部分のブラックは剥がしません。
23 007

こうしないと明かりが透けちゃうらしいんですよね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/03(日) 08:54 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

週末は暖かかったですね。
私は少しポルシェで出掛けたりしてました。


さて、私は通勤電車で暇なので、オークションのチェックとかするんですよね。

特に買いたい物なんて無いんだけどなぁ(。-_-。)

流し読みしていると、安いなら買っておこうかなぁ~っていう商品を見つけたりします。

今回もそうでした。

プロジェクトμのリアブレーキパッド。


カタナとGSXRの2台共通で使っているキャリパーです。


落札価格100円。

と、ところが。

流し読みだったから良く読まなかったんですよね。
勢いでクリックしてから気付いた。

こういう格安商品は送料で載せているんですよね、

送料は一律1500円とな。

結局は1605円を支払う事になりました。

まあ、高くは無いからいいんですけどね(;^_^A

使っていたヤマシダは半分位になっていた。

走行距離からすると、結構リアブレーキも使っているんですよね。


どちらかと言うとフロントのパッドの方が交換したい状態なんですよね(ー ー;)
2013/02/04(月) 07:16 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日はHUBで軽く飲んでました。


ギネスは泡が違いますよね(^_^)

さて、今日はネタっていう程でも無いのですが、カタナのホーンってデカイですよね(ー ー;)


オイルクーラーを大きくしたり、風の流れを考えたりするくせに、26年にも及ぶバイク人生で一度も使った事の無いホーンは本当に必要なのだろうか?

外すと、こんなに風の流れが良くなります。


車検の為だけに存在するパーツですよね。
2013/02/05(火) 06:38 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は春一番が吹くらしいですね。
そろそろ冬眠から目覚める準備を始めないと、出遅れちゃいますよ(^_^)

私が住んでる八王子では、まだまだ町内会という地域ぐるみのお付き合いが残っていて、今週末の連休はお通夜と葬式絡みで予定が埋まってるんですよね(・_・;

早くCB1100Rのエンジンを下ろして原因を見つけないといけないんだけどなぁ。

さて、大掛かりな作業ができないから、今日も小ネタです(;^_^A

メーターの防振ですね。

純正メーターを見れば分かりますけど、ステーにビス止めとかにすると針が折れたり、デジタルでも故障したりします。
必ず防振を考えましょう。

今回用意したのは、近くのホームセンターで購入した5ミリ厚の硬質スポンジと3ミリ厚のゴム板です。


どちらもシール状になっていて、価格は198円でした。

これを円形カッターで切り抜いてアルミステーに貼り付けます。


メーターが当たる上面にスポンジを貼ります。


固定方法は、付属してくる取り付けステーを丁度良い長さにカットして、黒く塗装しました。


そのままだと、走行中にメーターが回ってしまいますから、回り止めを施せば完成です。
2013/02/07(木) 07:40 | コメント:5 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

連休を皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、少し時間が空いてしまいましたけど、カタナのメーターが完成したのでご報告します。

今回、私が購入したメーターシールはRIO PRODUCTさんです。

カタナのメーターシールに関して黒・白・赤・カーボンと、排気量も様々用意されてます。
一見すると12種類しか無いのかと思いますが、《次の12件》をクリックしていくと沢山ラインナップがあります。

ただし、これってノーマルメーターの貼替え用。
私のメーターは改造しているからタコメーターの表示が邪魔なんだよなぁ~。

でも、HPを見ると個人の方が作っているステッカーみたいなので、試しにタコメーターの表示を削除した特別仕様を作っていただけないか問い合せてみた。

言ってみるもんですね~(笑)
29 002

私が特注したのは、KATANA1100(逆車)フルスケール カーボン調2のタコメーター部分の文字を削除していただいた仕様になります。

通常価格2500円にプラス500円で対応していただけました。

作業方法も親切な手順書が付いてきますので、分かりやすいと思います。


塗装をペーパーで削りますが、ライト点灯時に暗くならないように、なるべくコンパウンドで磨く事をお勧めします。


ママレモン(近頃はママレモンなんか売ってないのか?)はスモークフィルムと同じで、わずかに泡立つ程度にしないと密着が悪くなります。
29 003

位置決めは慎重にやらないと、スピードメーターの目盛りがタコメーターの穴にギリギリです。


あと、水平も気を付けないと、インジケーター穴をカットした時に文字が斜めになりますからね。


完全乾燥後にカットした方が良いという意見もありますが、私は端部の水抜きを重視して、半乾燥でカットして端部のエアー抜きを再度行います。
29 006

こんな感じですね。


あとは組み立てて完成。

ほら、格好いいでしょ(^_^)

ちょっとタコメーターが小さいですけど、純正スピードメーターを使うには、この大きさが限界ですね。

興味があったら試してみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/09(土) 20:37 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

核兵器が飛んでくるかも知れない世の中になってしまいましたね。
中国からの大気汚染物質が飛んでくるだけでも問題だというのに(・_・;

さて、メーターですが、インジケーターのオイルランプが点かなかったのですが、単にゴムが硬化&固着していて電球の接触不良でした。


直った!
fc2blog_201302120708073f0.jpg

記事を見てチャレンジしようかと考える人がいるかも知れないので、情報だけお伝えしますね。

私がオートゲージメーターを購入したのはウェイモールというサイトです。

ここはオートゲージの代理店なんですかね?
細かく情報が公開されていて、価格も安いんですよね。

ところが、実際に自分のカタナのメーターを破壊して改造に踏み切る勇気なんか普通はありませんよね( ̄▽ ̄)

そこで、私が加工して使わなかったパネルと余った白ケースを早い者勝ちで差し上げます。
fc2blog_201302120719413e6.jpg

マイル用メーター表示なので、私同様にメーターシールに張替えてください。

このパネルにオートゲージ60Φタコメーターを入れて、当たる部分をカットして取り付け穴を開ければ作れると思います。

まずは公開コメントから連絡ください。

着払いで送ります。
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/13(水) 06:19 | コメント:7 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

防塵マスクが売れてるみたいですね。
関連企業の株価も上がっているんだろうなぁ。

さて、油温計のセンサー取り付けですけど、吉田兄がネジ切りしてきてくれた。


素人の私はセンサー側がテーパーネジだからメス側はストレートで切って、シールテープで装着する事を考えてました。

水道の水栓金具と同じですね。

蛇口は水栓継手がテーパーで、蛇口がストレートです。

ところが、加工屋さんにはテーパーのタップがあるらしく、テーパーネジで切ってくれました。

そりゃ、できるならテーパーの方が良いのは当たり前。


配線は接続場所が悪いから、コードを買ってきて作り直します。
とりあえず動作確認しました。

あと、吉田兄がハイスロとグリップを買ってきてくれた。


アクティブのハイスロは全部バラ購入になるのかな?

グリップはデイトナ製です。

凄い柔らかくて、グローブに吸い付きますね。
良さそうだけど、減りも早そう^_^;

なんでも、ボディカラーに合わせたとか。

私はあんまり気にしない部分なんですが、吉田兄は妙なところを気にするんですよね。

抜け防止にワイヤーも巻きました。


あとは、スペシャルなTMRキャブレターが装着されれば、車検を取れるんだけどなぁ。

彼のブログを見るかぎり、キャブを組んでる時間は無さそうだもんなぁ。

GSXRに回したTMRを外してカタナに戻すかな。(。-_-。)
2013/02/14(木) 07:30 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

隕石の映像って、本当に映画の世界みたいに落ちるんですね。
地震、津波、隕石。
次は火山の噴火ですか?
富士山が噴火したら、我が家も火山灰で埋まるんだろうなぁ。

明日の安全なんか約束されていない世の中なんですよね(・_・;

さて、春も近付いてきたから、そろそろCB1100Rのエンジンにでも着手しましょう。


やっと慣らし運転が終わったところなんですが、何かがおかしい。


シリンダーとヘッドの合わせ面からオイルが漏れてます。


更にマフラーの汚れからオイルを食っているのが判ります。


CBのエンジンって、経験がほとんど無いからトラブルに対するノウハウがあんまり無いのです。

どこから漏れているのかなぁ?
2013/02/18(月) 07:18 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

あと1ヶ月でバイクシーズンが始まりますね(^_^)
そろそろ準備を始めましょう!

私の場合、CBを早く直さないと乗れるバイクがありません^_^;
暫くはGSXRで走ってもいいんてすけどね。

さて、日曜日は吉田兄と一緒にエンジンを降ろしました。


問題点は、1番2番の間のスタッドボルトからオイルが漏れてます。


ちょうどプラグ周りがオイルまみれになる状態ですね。

更にこれが原因だと思いますが、マフラーの汚れから推測するとシリンダー内にオイルが回っています。

何が原因なんだ?

カタナのエンジンならトラブルも判るけど、CBはノウハウがほとんど無いから考えられる原因を一つ一つ潰していくしか無いんですよね。

これがいつも言ってるショップのノウハウであり、作業工賃になります。

失敗と経験の積み上げになりますから、単一車種の専門店ほど適切な対応方法で処理してもらえる可能性が高いです。

でも、値段だけ一流なのに作業は高校生レベルのお店が存在するのも事実。
カスタムショップをハシゴする悲惨なオーナーさんもいらっしゃるので、十分なリサーチをしてからお店は選びましょう。

私の場合は、仕事ではなく兄弟の遊びですから、トラブルが発生したって気にしません。
二人で色々考えながらトライ&エラーを繰り返すのも、また楽しい(^O^)

ほとんど消耗品しか購入しないから、お金もそれほど掛からないんですよね。

ガレージ内は寒いですけど、始めましょう!


兄弟の作業だと、指示や確認をしなくても自分が二人いるような作業効率で進むから仕事が早い。

あっと言う間に降りました。


さあ、何が原因なんだろう?


CBの場合、カタナに比べて構造が複雑?です。
あの時代ですから、やたらと部品点数が多かったりするんですよね。
きっと開発者の人達も自分の考えられる理論を全て注ぎ込んで開発していったんでしょうね。

何だか当時の男達のロマンを感じます。

はたして、このオイルはどこから漏れているのでしょう?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/19(火) 07:03 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

みなさんは投資とかってやられるのでしょうか?
私はパチンコも競馬も、宝くじさえ買わない男ですから、株とか投資信託にも興味がありません。

でも、日本経済が本当に上向きになるのなら、これから面白い事になるんでしょうね。

ただし、今から手を出す人は既に遅かったりもします。

本当に利益を出せる人は、誰も日本株を買わなかった7600円当時に買った人です。
15200円まで上がれば、2倍ですもんね。

誰も買わない時に買うのが鉄則。
私の生き方にも似ていますね。

相場が変わらないので、資産としても役立つピカピカの1100Rを150万円で買うのが常識ですが、雨ざらしで放置されてた腐った1100Rを60万円で手に入れる。
リスクとリターンは裏表ですよね^_^;

さて、リスクしか無かった1100Rも、そろそろメリットを出さないといけませんから、早いところ直しましょう(;^_^A

降ろしたエンジンは、エンジン台に載せます。


レースもやって無いのに、こんな頻繁やにエンジンを降ろす人なんか居ないでしょうが、あると無いとでは作業効率が雲泥の差です。
私は台車部分と、マウント部分を分割にして、カタナ用とCB用で2種類のマウントをボルト固定してます。

さて、どんなトラブルが発生してるのかな?


プラグホールにオイルが溜まるって事は、前にも話したとおりスタッドボルトを締めてるナット座面がギタギタ状態なのが最大の問題だと思いますから、まず処理しないといけないのは、ヘッドを降ろしての面出し作業です。

ヘッドカバーから漏れてませんから、プラグホール付近で外部に面しているのは、この部分しかありません。

ただ、今回は排気ガスから想像して、
シリンダーの内部にもオイルが回ってます。
ステムシールか、ピストンリングかを普通は考えますが、今回は両方とも交換してますから、原因を究明しないといけませんね。

あ。。。


全く想像していなかった別のトラブルを発見してしまった(爆)


カムチェーンテンショナーBが経年劣化でボロボロです。
摩耗で剥がれているのに加え、バキバキにヒビが入ってますから、今回開けないで走っていたら、もっと大きなトラブルになってたかも知れません。

ラッキーだったと考える事にしよう(・_・;

長くなったから、続きはまた明日にでも。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/19(火) 21:12 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

円安が進み、株価が上がってますけど喜んでばかりいられない今日この頃。

日本は、ずっとデフレが続いてましたけど、海外は少しずつ継続的なインフレの国が多かったのも事実でした。

それを感じなかったのは円高だったから。
ジワジワとガソリンが上がってますけど、これからは全ての輸入品が上がります。

モチュールの300Vを見たら、4リットル缶で1000円以上上がってます。
これから1ドル100円位までいく可能性が囁かれる昨今ですから、輸入品は全て2割近い値上がりを覚悟するべきですよね。
更に消費税が10%になる事を考えると・・・。

ポルシェを買うなら今ですよ!(笑)

さて、昨日の続きです。

スタッドボルトのナット座面が一番の原因だとは思えても、他にも少なからずトラブルが存在すると考えてシリンダーも抜いてみる事にした。

その理由は、少しネットで調べたらスタッドボルトのクランクケース側のネジからオイルが伝って漏れる事があると書かれていた。

オグさんからも、この情報を教えていただいたので、気になる部分はチェックする事にした。

今回は、さすがにスルっとシリンダーは抜けました。


見てみると、


ひえ~!
スタッドボルトの部分にオイルが溜まっていた。

スタッドボルトを抜いてみると、


ネジ穴にオイルが溜まっていた。

これが原因かと思い、溜まったオイルを抜き取ったのですが、オイルラインに貫通している訳でも無いんですね?

あれ?
試しに灯油を使ってチェックする。


灯油が抜けないから、やっぱりこのオイルは上から流れてきて溜まったみたいですね。


私の手元には750Fのパーツリストしか無いのですが、FBまでは後ろ側スタッドボルト4本にOリングが入って、クランクにもリングの切り欠きが見えますが、FCからはOリングが無いみたいなんですよね。


1100Rのエンジンは無くて正解なんですよね?
どうなんだ?

もう一つの疑問がスリーブのOリングです。


溝の大きさとリングが合っていないから、溝の中でリングが潰れることなく遊んでいてシーリング機能が働いてません。

これって、本来はどういう状態が正解なんだろう?
現状では、単に輪ゴムを入れてるのと変わらない状態です。
私は今のところ液状パッキンも併用しようかと考えてます。

これは、燃焼室にオイルが回っている原因を究明する為。


シリンダーとスリーブの隙間からオイルが上がっている可能性も考えられます。

ただ、この件はヘッドに歪みが出ていてヘッドガスケットが抜けている可能性もあるので、チェックしてヘッド面研するかも知れません。

1100Rには、あんまり手を掛けないつもりだったのに気がついたら、一通りのメニューをこなす結果になりそうです。

やっぱり、自分で作業できない人は、信頼できるショップでフルオーバーホールしたマシーンを購入するか、現行車を新車購入する事をオススメします。

間違ってもスギちゃんみたいな過ちを犯さないようにしましょうね(笑)
2013/02/21(木) 08:54 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

金曜日はお休みを取って人間ドックに行ってきました。
40歳を過ぎると何かしら不具合が出てくるものですからね(;一_一)

本当は一度くらいPET検診も受けた方がいいです。

私の本業は保険屋ですから、そろそろヤバイかなぁ~って思い、ガン・心筋梗塞・脳卒中に掛かった場合に一時金として300万円の給付金が出る特定疾病保障というものに単品で加入してから人間ドックに臨みました(笑)

ただし注意しないといけないのは、加入してから90日間はガンに掛かっても免責期間で給付金は出ませんからね。
だから3ヶ月前私は加入してあったんですよね(^^)

期間を短くすれば安くなるし、長くすれば高くなる。
3000円/月位で組むのが一般的ではないでしょうか。

最短1年で組んで凄く安くすることも可能ですけど、この歳になったら今後も持っておいた方が良い保障だと思います。
使わないで済めば良いのですが・・・。

さて、エンジンを再び組むのにあたりパーツを注文しました。

CBのパーツに関しては、いろいろとアドバイスを受けたいので、モリワキさんではありません。

224 002

私がお世話になっているのは大阪のSUNNYSIDEさんです。

SUNNYSIDEさんは、前回のシリンダーが抜けなくて困り果てていたところを全く無関係の人間に対して写真付きでアドバイスのメールを下さったCB-Fに力を入れているショップです。

今回も純正部品が欠番になっている1100Rを組むに当たって、専門店ではどのような『妥協』で逃げ切っているのかをアドバイスいただきたいと考えた。

まず、一番の問題であったカムチェーンテンショナーBは、新品が出ました。
224 006

ただし、スプリングとカバーのチューブは新品が出ません。

この場合は、削れてボロボロになっているカバーとスプリングを再使用するか、750F用を使うかはオーナー判断になるようなので、私はカバーが擦れてボロボロだった事から750F用を使う事にしました。
224 005

次はシリンダーのベースガスケットですが、こちらはメーカー欠番みたいです。

でも、SUNNYSIDEさんではオリジナルでガスケットを作っていて、こちらをセレクトしました。
224 003

最後がCBにとって最大の難関であるカムチェーンテンショナーAをどうするのかです。

私のエンジンは何度OHを繰り返したのかが解らないくらいグチャグチャなエンジンなので、どうやら先にテンショナーAが折れて交換してたようです。

テンショナーBは折れるトラブルはほとんど無いみたいですから、これはオリジナルが付いていて経年劣化したと考えて間違いなさそうです。

私のエンジンに付いていたのは、改良されている1100RDに使われている後期型。
1100Fと共通部品のようです。

224 001

交換済みのパーツだけあって、このまま使っても問題は無いのですが、やはり摩耗もしているので時間の問題である事は間違いない。

当然、新品パーツなどある訳もないので、オーナーの皆さんは中古の中で程度の良い物をオークションで探しまわっています。

どうする(-"-)

そしたら、SUNNYSIDEさんからメールが来ました。

『もし、1100RBの純正パーツで弓型のテンショナーで良かったら、お譲りしましょうか?』

え????

そんな事ってあるの?

私は修理をお願いした事も、お店を訪問した事も、電話を掛けた事すらありません。

つまり、ショップにとってはお客でも何でもない間柄です。
それなのにこんな貴重なパーツを簡単に譲っていただけた。

もしかすると、本業の方にはどこかで手に入るパーツなのかも知れませんが、素人の私には入手不可能です。

この記事を見てSUNNYSIDEさんに『テンショナーを売ってください』とかって失礼な連絡を入れないでくださいね。
こういうパーツは自分のお店のお客さんの為に用意している貴重なパーツです。
ですから、普通は『テンショナーの交換作業をお願いします』っていう問い合わせです。

この場合、エンジンを降ろしてヘッドとシリンダーを抜きますから、腰上オーバーホールが伴うと思ってください。
それでもお金を払えば直るんですから有難い話ですよね。

SUNNYSIDEさんからのメールに書いてありました。

『吉田さんのようにガンガン走ってくださる方なら喜んで』と。。。

この歳になって、もう一度オートバイを乗るようになって良かったと思う瞬間ですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/02/24(日) 08:58 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

寒いですね~(。-_-。)
これから季節の変り目ですから、寒暖の差が激しくなるみたいですね。

さて、この週末は吉田兄が風邪でダウンしていたから、エンジンは進みませんでした。

こういう時は細かい作業を進めておきます。

CB1100RにTMRを装置する場合、一般的にはロングのスピゴットリングが装置された物がCB用として流通していると思いますが、私のはショートタイプに交換しています。


あれ?
これって、交換したんじゃなくって吉田兄が削って短くしたんだっけ?
昔の事だから忘れました(;^_^A

どっちにしても、短くすると1100Rの場合は燃料コックに当たります。

当たるなら、当たらないようにすれば良いだけの事。

今までは、とりあえず適当なアルミ板を噛ませてタンクを持ち上げてました。
今回は時間があったから、このスペーサーを製作しました。

私はボルト固定ではなく、Rピンを使った固定方法にしています。


まず、貼り付けのベースになる部分を3ミリ厚のアルミ板から切り出します。


これにFRPを貼りました。


グラスマットを5層に重ね、厚さ10ミリにします。
一番上にはカーボンシートを貼りました。


こんなのは、アルミテープで受け皿を作ってポリ樹脂を流し込んだだけですよ^_^;

土曜日に作業したら、完全硬化させて日曜日に切り出し作業に入ります。
ペーパーを掛けて軽く磨けば、こんな感じに仕上がります。


作業をしているうちにアルミ板とFRPは必ず剥がれてきます。
そしたら接着剤で貼ってください。


この接着剤ですけど、近頃のお気に入りは100円ショップで売っている2液性のもの。
大事な部分に使うのは躊躇しますが、今までのところでは問題なく使えているんですよね。

仕上がったら、両面テープで貼り付ければ完成。


最後の一層だけカーボンシートを使えば、塗装しなくて良いので擦れるパーツには使い勝手の良い仕上がりになります。

これでタンクを10ミリ浮かせる事ができました。


ただ、当然ですけどシートとの合わせ面には隙間ができますからね。


でも、今までだって私の1100Rを見て、隙間が気になっていた人なんか居ないでしょ?

言われなければ分からないし、そもそも他人のバイクなんか誰も気になんかしていないですから(笑)

機能を優先するのが吉田流のカスタムです(^_^)
2013/02/25(月) 08:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は久しぶりに六本木で合コンでした。
ミッドタウンでは、スケートリンクがライトアップされて綺麗でしたよ。


さて、週末に作業した小ネタをもう一つ。

CBのオイル漏れで定番ポイントと言えば、タコメーターケーブルの取り出し口ですよね。


なんでこんな構造にしてしまったのでしょう?(・_・;

カバーパッキンがゴムで、ボルト部もゴムで押さえていながらケーブル取り出し口もゴムパッキンという訳の解らない構造。

液状パッキンを使わないと必ず漏れます。

これって何とかならないんですかね?

初めてCB750Fを手に入れた19歳当時から、そう思っていました。

ボルト固定とかで押さえたくても、固定手段が無いんですよね。

でも、750Fはタコメーターをワイヤーで動かす機械式ですが、1100Rは電気式です。

だから、この取り出し口は蓋が装着されて使わないんですよね。


それなら、カバーを作って被せてヘッドカバーとボルト留めしちゃえば良いのでは?と考えた。

・・・・。

あれ?

単純に考えたら、何でこの出っ張りが必要なんだ?

取り出し口はカムホルダーを兼ねてます。


確認すると、他のホルダーはこんなにシンプルな構造。


実際に必要なのは、ボルト穴とカムの当たり面のみ。


不要な機能って事だよね?


・・・・・。

不要なパーツが付いている事でトラブルの原因になるなら・・・。

え~い!
切っちゃえ!



うひゃひゃひゃひゃ。

誰にもオイラは止められねぇ~ぜぇ~

シャキ~ン!!


他のカムホルダーと同じように極力シンプルにカットしたくなりますが、ケーブル穴の関係で肉抜きされてますから、補強リブなどは全て残してヘッドカバーから飛び出る部分だけカットしました。

あとはヤスリで仕上げます。


こんな感じです。


こんな事でカムの当たりが悪くなったら悲惨なので、強度が落ちるリスクは避けました。


摺動面には無関係です。


あとは、カバーの穴を埋めます。
強度は必要無いのでクリアランスを考えて1ミリ厚のアルミ板を使い、表面を荒らしておきます。


これを接着剤で貼りました。


この接着剤は、仮止めで考えてます。

本当の意味での接着と、シーリングはメタルパテで処理します。


このGM8300の効果は、ジェネレーターカバーで実験済みです。

この窪みにメタルパテをながしこんで蓋をします。


なぜアルミ板を外では無く中に入れたのかは、振動で万が一メタルパテの角が小さく欠けてエンジン内部に落ちるのを防止する為。

接着面積を考えて縁の上に盛り込むようにしました。


ヤスリで仕上げるとこんな感じです。


空気が入って穴が開いていた(爆)


オイル漏れには無関係だから、こんなの気にしない^_^;

これでヘッドカバーからのオイル漏れに対してリスクが一つ減りました。

でもカムホルダーは失敗が許されないから、皆さんは真似しない方が良いですよ(;^_^A

ましてや、1100Rでこんな事をする奴は、クレイジーだと思われるでしょう。

オーナーズクラブの方が見ていない事を祈ります(・_・;
2013/02/26(火) 07:49 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。



グレハリって置き物みたいでしょ(笑)

さて、CB1100Rのオイルはどこから漏れているのかって言うお話ですね。

1・2番のプラグ廻りにオイルが溜まります。


ヘッドカバーガスケットから漏れていないのと、漏れ状況からしてスタッドボルトのナットから滲んでいると考えるのが普通でしょうね。


これはIN側ですが、通気穴からキャブ側にオイルが流れてます。


こっちはEX側ですけど、通気穴から流れたオイルがシリンダーを伝って飛び散ります。

これのトラブル原因はヘッドのナット座面がボロボロだから。


何度も手荒なオージーがOHを繰り返したエンジンですから、仕方が無い状態ですね。


このナットはカバーの中にあるはずなのに何で漏れるの?って思うでしょ?

CBのエンジンは、1・2番の間と2・3番の間にあるスタッドボルトはシリンダー内部の穴に入っていなくて、外に出てます。
ここから巻き込んだ砂が、スパイラル状のスタッドボルトに噛み込んでシリンダーが抜けなくなるんですよね。

これって、本当に抜けないシリンダーを経験した人にしか解らないかな( ̄▽ ̄)

ヘッドとシリンダーの合わせ面あたりのオイル漏れで、もう一つ考えられる原因はスリーブからのオイル上がり。

スリーブ落ちしていたので、前回の加工で面出しと回り止めのイモネジ加工を施してもらってますが、今回気付いたのは、下側に入るOリングの溝です。


これはOリングが入った状態ですけど、溝の中に完全に埋まってます。

リングの太さは2ミリなのに溝の深さは3.5ミリ位あります。


何でだ?

ぷりんさんも、SUNNYSIDEさんも、Oリングは埋まらないはずと言っているのだが???

私のエンジンは、どんな加工が施されていても不思議ではありません。
もしかしたら、スリーブ自体もオリジナルでは無いかも知れません。

本当は溝の中にワッシャーみたいなのが入るのかな?とも考えたけど、そんな事も無いみたいですね。

横浜のカミ様情報では、オグさんが聞いてくれたところによると、液状パッキンの登場で処理してしまうのが一番簡単みたいなので、これでいっちゃいます^_^;

何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。

あとは、燃焼室のカーボンと言うより、オイルで湿っている状況からして、トラブルは一つでは無い。

きっとヘッドが歪んでいるんだろうなぁ。
2013/02/27(水) 07:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は、つまらない話です。

先日、過去記事を見てZXRのホイールを譲ってもらえないか、とのコメントをいただきました。

売却しておらず、まだ私の手元にあったから、2000円で譲り着払いで発送する事になりました。

商品は翌日に発送しましたが、未だに入金がありません。
当然メールを送っても返事は返ってきません。

さて、今日はこの件をネタにしましょうかね。

まあ、これが私ではなく、武闘派のぷりんさんだったらブチ切れているところでしょう(笑)

想像では、きっと大学生とかなんでしょうね。
これが社会人だったら既に終わってるでしょうから(。-_-。)

悟君、少し考えてみてください。

本来、商品の販売を目的にしているオークションなどでは、入金の確認がされてから商品は発送するものです。

何で私が先に発送したか分かりますか?

二回目の取り引きだという事もありますが、SUNNYSIDEさんは、商売なのにも関わらず入金確認の前に私宛ての商品を発送してくださるのは、何故でしょう?

人の善意を踏みにじる行動は、あなたの今後の人生において必ず返ってくるものなんですよ。

正直のところ、商品価値など無いホイールでしたから、タダであげても構わなかった商品です。

2000円が入金されなくても私の人生には全く変化はありませんから。

でも、あなたにとっては違いますよね?

自分のマシーンに、そのホイールを装着して嬉しいですか?
バイクに乗る度にお金を払わずに手に入れた事を思い出すんですよ。

プライベートカスタムは、自分だけの愛機に魂が入ると私は考えてます。
苦労したり、他人に助けられた思い出の数だけ愛着も湧くのです。

これって、これから社会人になる悟君の人生と同じだと思いませんか?

そのホイールは捨てた方が良いと思います。
もしくは、痛い目に会う前にオートバイを降りた方が良いのかも知れません。

お金の支払いは、もう結構です。
2013/02/28(木) 07:35 | コメント:11 | トラックバック:0 |
ブログ内検索