プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日から3月ですね。
あと春の目覚めまで週末は2回位しかありませんよ!

明日あたりにエンジンを一度掛けてみましょう!(^O^)

昨日は、横浜で行われたパーティーに荷物を届ける為だけに行ってきました。


まさか、この歳でパシリ役になるとは^_^;

10年前って、バイク便が一般的でしたが、経費削減のあおりか、激減しましたよね。
まあ、一番多かった書類の配達がネットを使ったデータ送信に変わったからなのかも知れませんね。

時代は常に変化するので、今の仕事がたとえ順調であっても3年後は分からない。

安心して定年まで務められるなんて考えない方が良いのでしょうね。

さて、先が見えないと言えば、先日もお話した株価と円安。

今までと違ってトンネルの出口が見え隠れする日本経済と、それに伴って戻りつつある円高→円安問題。
ん?別に円安じゃなくて戻ってきただけか?^_^;

そもそも卵と鶏みたいな話ですけどね。

パーツ価格は、上がる時だけは一気に値上げするというのが世の常。

CB1100Rはワイセコのピストンを使ってますから、コメティックのガスケットを注文しました。


調べてみたら、お店によって何でこんなに違う価格なの?

1枚13000円とかで出てたりするんですね( ̄▽ ̄)

私はGT商会さんで注文して6300円でした。

セールでも何でもないのにこの価格。

普通に考えれば、値上げが始まっているけど、在庫があるショップは仕入れ時の価格が据え置かれていると考えていいのかも。

3月に入ったので、そろそろ影響が出始めると思いますから、OHの予定がある方はパーツ入手をお早めに!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/03/01(金) 07:39 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

寒暖の差が激しいですが、体調は大丈夫ですか?
風も強いので花粉も沢山飛んでますよね。

さて、この週末は、土曜日に妻と二人でドライブがてら港北のIKEAへ行ってきました。

何が買いたいのか聞くと、バスタオル3枚だと言う。

( ̄▽ ̄)

ガソリン代を考えれば、近所の「ファッションセンターしまむら」で高級品?を買えるのでは?

まあ、いいか。
暇だからポルシェでドライブしようという事になった。

オイル漏れを直したから、以前ほどは臭くなくなりました。

しか~し(・_・;

あれ?



オーバーヒートです。

別にガンガン回した訳じゃないですよ。
大渋滞にハマった訳でもありません。

単純に30km位の市街地走行をしただけです。

外気温は9°C。


考えてみたら、普段は一日乗る事なんかしないから、ちょっと油温が高いなぁ~って位にしか考えてませんでした^_^;

993のオイルクーラーは右フロントのタイヤハウスにありますから、本当はフェンダーが熱くなるんですけど、ヌルい状態でした。

ファンが壊れてるのかな?って思ってタイヤハウスに手を入れたら、回ってますね。

こうなると原因は一つしか無い。

サーモスタットがダメになってますね。

ポルシェ小僧のHPを見たら在庫があるみたいだから注文を入れました。

この時期に発覚して良かったですね。
2013/03/04(月) 07:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

桜の開花予想が聞こえてくる時期になりましたね。

浅草のお花見船もそろそろ予約を入れないといけない時期だなぁ。

さて、日曜日は暇な男が缶コーヒー持参で立ち寄った。


どうやら、拾ってきたヘッドが原因なのか、スリーブ交換しているシリンダーが原因なのか分からないけど、スギちゃんのエンジンもオイルが滲んでいる。

普通はOH後にオイルが滲むなんて考えられないんだけど、どこの誰だか分からない人がカリカリ状態に手を入れたエンジンは、想定外のトラブルが次々に襲ってきます。

昨年「動く」ようになった1100Rとスギちゃんカタナは、今年の課題として「乗れる」状態にしないといけませんね。

スギちゃんが来ても私は自分の作業を進めます。


TMRのOHですね。


ジェットを外すだけではなく、スライドバルブも外します。


ですから、いつもの掃除ではなく今回はOHです。

目的は、Vシールの交換です。


そろそろ購入してから20年も経つのに一度もフルOHをした事がないんですよね(爆)
それでも普通に使えているTMRって、やっぱり良くできています。

ミクニさんはエライ!(笑)

経年劣化でシールがヘタるとスライドバルブの気密性が悪くなっちゃうんですよね。

でも、このVシールは通常注文しても入手できませんからね。

ミクニやヨシムラさんなどの指定ショップ?にてOHをお願いしないと対応してもらえない部分です。

物はこんな感じです。


治具を使って組むとかって聞いたので、私は小田原の秘密工場に持ち込んでJ16監督にお願いする予定です。

でも彼って忙しいから、なかなか捕まらないんだよなぁ。

あっ、小田原まで行って素人にお願いして組んでもらうと思っているでしょ?

彼って結構キャブについては詳しかったりするんですよね。

だってTDMRの設計ってJ16監督ですから(大笑)

ショップの店員さんに組んでもらうより開発チームに組んでもらった方が完璧でしょ?

そんな彼らって、実は凄く皆さんにも身近な存在で、筑波のテイストとかでミクニのテントが出てるでしょ?

あそこで焼肉焼いている人達が、TMR開発チームの「テリーアンドカリー レーシング」なんですよね。

どこにでも居るような普通のオジサン達なんですけど、実は本物の「世界の速さ」を知っている男達です。

もし、VシールまでのOHを希望する人がいらっしゃったら、直接テントを訪問してみてください。

その場での作業は無理だと思いますが、OH作業の受付はしてもらえると思います。

仕事なので当然ですけど、パッキン、シール類のパーツ代にOH作業工賃が加わった見積り額を言われますからね。



10年前のキャブは、どこからとも無くガソリンが滲んでいたりしませんか?
これを機に一度フルOHをお勧めします。


もうすぐ私にとって全く興味の無いレースシーズンとやらが始まるみたいです。

今年も多くの方々に助けられて頑張るようなので、テリカリを応援して下さいね(^_^)

テリー&カリー J16監督のブログ

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/03/05(火) 08:45 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。


随分と日の出が早くなってきましたよね(^_^)

春の訪れが待ちわびしいです。

さて、バイクも車もトラブルばかり発生するから、毎週のようにパーツを注文していて、気がつくとかなりの出費なんですよね^_^;

まあ、趣味だから多少壊れた方がブログネタになって丁度良いんですけどね(笑)

今日もどうでもいいネタです。

先日、カタナに油温計をとりあえず装着しましたが、配線のコネクター位置が悪かったから直しました。

油温計のセンサー配線って、凄く細いですよね?
まあ、信号しか送らないから当然ですけど。

昔は、通常配線に使うギボシで処理してましたけど、近頃はLEDが一般的になってきたから、どこのカーショップでも細い配線用のパーツが置いてあります。


オートゲージ製の油温計センサーって、キットとしてはセンサーから10センチ位で接続するようになってますが、位置が悪いですよね。

私は、購入したカプラーが車用の為に防水ではない事を考慮して、取り外し位置をタンクの下にしました。


洗車もしないし、雨の日にも乗らないから関係無いんですけどね(;^_^A
2013/03/06(水) 07:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

近頃、新宿のオフィスに出勤すると、いつもより30分前に着いてしまうので、コーヒーを飲んで時間潰しします。

そこで見つけたのがメロンパン。


これは新種ですなぁ~(^_^)

ただ、私的には中にクリームが入っていない素朴なノーマルタイプが好きです。

さて、1100Rのエンジンですが、ヘッドに灯油を張って一応はチェックをしました。


漏れは無いですね。

昔、カタナのエンジンを組んだ時は、スプリングを組む前の状態でも灯油が漏れないような擦り合わせにしてました。

それにしても、1000kmしか走ってないのに酷いカーボンだなぁ(・_・;

どこからオイルを食っているんだろう?

考えられる要因が沢山あるのが恐ろしい( ̄▽ ̄)

ステムシールも今回は再度交換します。

上からのオイル下がりはこれで対応できると思うのですが、バルブガイドの摩耗でバルブが振れてたりしたら、ガイドの打ち替えで面倒な事になっちゃいます。

オイル上がりは、ピストンリングからは考えにくいので、スリーブから上がったオイルがヘッドガスケットから吸うパターンですね。

これが、今回一番可能性が高い要因じゃないかと考えているポイントです。

スリーブから上がったオイルが、ヘッドガスケットから漏れてシリンダー内に入り、更には外に漏れたオイルはスタッドボルトを伝ってプラグ周りに流れたという仮説です。

これを改善するには、面研ですね。
シリンダー側は、前回スリーブ落ちを直す為に面研したので、今回はヘッドです。

まあ、軽くオイルストーンを当てただけでも面が出て無いのが判るレベルですから、やらなくてはいけない項目なのは解っていたんですけどね(;^_^A

1100Rはあんまり手を掛けたく無かったから、誤魔化せるならそのまま使いたかったのです。

やっぱり、また近藤内燃機にお願いしますかね。

それには越えなくてはいけない試練が待っているんですよね(。-_-。)
2013/03/11(月) 07:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

日曜日の煙霧は凄かったですね。

吉田家では、家族揃って成田~鹿島方面へ出掛けたので、直撃でした。

黄砂だと思っていたのですが、単なる砂埃で安心しました。
我が家のVOXYが直キャブじゃなくて良かったです(^_^)

さて、1100Rのヘッドを面研に出す為に乗り越えなくてはいけない作業があります。

マフラーボルト抜きです。

CBの場合、みんなが困る作業の一つですよね。


まずは、ダブルナットで抜いていきましたが、一本だけビクともしません。

面研には、下側の4本が抜けていれば、作業的に問題は無いのですが、ここまで手を入れたエンジンですから、このタイミングでトラブルの原因になる部分は全て処理しておきたいと考えた。

でも、経験上から言って絶対にもげる固さです。

みんなこうやって折るんだよなぁ。

よし!これもブログネタだ!

よくあるトラブルに直面して打開策を報告しよう(笑)

えいっ!!



簡単に折れた。

そしたら、専用工具なら大丈夫なのかな?って考えてスタッドボルトリムーバーを買ってみた。

アストロプロダクツは在庫無しだったから、Amazonで安いのを見つけました。


価格は801円なり。



M6用を使うとこんな感じでロックできます。


でも、全く動く気配が無い(・_・;

バーナーで炙ってもダメ。


悩んでいる時間がもったいないから、次の手段に進みましょう。

とりあえずリムーバーに力を込めたら、またしても折れた。


あとは、ドリルで穴を開けて逆タップで回すしかないね。


良く切れる新品の2mmドリルから始めました。


角度に注意してね。


ネジ穴とボルト長さを比べると、貫通できる事かわ分かります。




深く掘り過ぎないように。


手応えで貫通したのが判ります。


潤滑油を内側からも入れましょう。

普通は、これで逆タップを使えば外れます。

普通はね・・・。
2013/03/12(火) 06:55 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

新しい資源ガスのニュースでHKSの社長が出てましたけど、タービン屋さんの技術協力が日本を救うかも知れないのかな?

まだまだ課題は多いみたいですけど、大きな一歩になる事を期待したいですね。

さて、先日お話ししたポルシェのオーバーヒートを直す為にパーツを取り寄せました。

お願いしたのはポルシェ小僧のネット通販です。

本当に便利な世の中ですよね。
15年前だったら、素人がポルシェのパーツを気軽に注文するなんて考えられませんでしたから、ショップに丸投げにするしかなく、作業工賃もブラックボックスなので、ほとんど言い値だったのでしょうね。

自分でメンテナンスできる人にとっては、一度手に入れてしまえば国産車と大した差の無い維持費なのが今のポルシェ事情ではないでしょうか?

ただ、家族がいる場合は普通なら認めてもらえないでしょうけどね。

そういう場合は、子猫を拾って帰る子供と同じように事後報告で乗り切りましょう(笑)

必要でしたら、バズとウッディを貸しましょうか?(^O^)

とは言っても、確かにドイツからの取り寄せ品なので、一つ一つのパーツが高いのは事実ですね。

HPに載っているサーモスタットです。


2本のスプリングもセットになっていて価格は5350円でした。

しかし、何故かOリングがセットになっていない。
普通は交換しますよね?


660円なり。
高いなぁ~!(・_・;
こんなのサイズが合えば何でもいいんですけどね。
探すのが面倒だから注文しちゃいましたけど。

だからセットにしていないのかも知れませんね。

あと、同じオイルラインなので、兼ねてよりオイル漏れしていたゴムホースも注文して、一緒に交換する事にしました。


こんなホースでも、ドイツから取り寄せると4650円。
まあ、これで直るなら妥当な金額でしょうね。

今回は、じんたろうさんから情報提供頂きましてポルシェ小僧では、パーツナンバーが判らなくても問い合わせると調べてもらえるとの事だったので、問い合わせフォームに「右リアタイヤハウスのオイルラインに使われているS字のゴムホース(15センチ位)」という内容でメールをしてみました。

するとその部分のPDFパーツリストが送られてきて、品番を確認指定して見積りに移りました。

有難い対応ですね。
パーツに困っている方は、一度問い合わせてみたらいかがでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/03/13(水) 06:02 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は用事があったので、仕事帰りに渋谷を走っているロンドンバスに立ち寄ってきました。


そろそろ歓送迎会のシーズンが近いですから、都内でパーティーを予定されている方は使ってみてください。
予約は1ヶ月前からですが、土日は予約開始の18時にSOLD OUTになりますから、頑張ってください(^_^)


さて、春が近付いてきたので、準備を始めますかね。

私は、皆さんご存知のとおり、バイクは好きだけどツーリングとかは嫌いです。
特にダラダラと渋滞を走る位なら乗りたくない。

だから私が走る時は皮ツナギなんですよね。

でも、今年は少し乗り方を変えて出掛けてみようかと考えてます。

そこで今回は、ツーリング用のショートブーツを手に入れてみました。


写真が逆さまだった(;^_^A

これまたインチキ臭いの買ったでしょ(笑)

何だかスキーのブーツみたい(・_・;


ヤフオクを見ていたら、メーカー物は格好いいんだけど当然高い!

こんなの本当に履いて乗るのかも判らないのに、オイラにゃ~ブランド品なんかいらねぇ~ぜ!

チャリ~ン!お買いあげ。
3280円なり。

まあ、この価格なら使わなくても許せる範囲かな。

今年は、早朝の市場で朝飯を食べに行くショートツーリングを企画中。
沼津あたりなら、5時に出て朝飯食べて帰ってくれば、10時には帰宅できますね。
4月に入ったら行こうかと思います(^_^)
2013/03/14(木) 06:57 | コメント:7 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日も寒いですけど、東京の桜は開花予想が今度の日曜日なんですってね。

奥多摩は、まだまだ極寒でしょうが、噂によるとマルボロさんは既に走り始めているとか・・・。

さて、昨日は午後半休を取って野暮用を早めに終わらせた。

ここは渋谷。

時間は17:20。


急に呼び出しても大丈夫な男と言ったら。


サクッと飲んで帰りたかったからQちゃんには声を掛けず^_^;

何でもケンちゃんはゴミを買い集めてるみたいですね。

今年はなるべくバイクに乗ろうと言う事で極秘ミーティングは終了。

次回はウサギちゃんと一緒に飲みましょう(^_^)
2013/03/15(金) 07:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

日曜日の夕方、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は今から月島で屋形船の合コンです(笑)

さて、CBのマフラーボルトですね。

ドリルで穴を開けて、潤滑油を中から流し込んで逆タップを使うというところまで話しましたね。

逆タップはボルトサイズにあった太さを選びましょう。


2ミリ穴を4ミリまで拡大します。
ボルトは硬いですから、ドリルを折らないようになるべく新品の切れる刃を使って気を付けてくださいね。

ところが・・・。

逆タップを使って回しましたけど、ビクともしません。
経験から言って、ヤバイ感じ。

さすがにM8用の逆タップは硬くて強度もそれなりにあるから、よほどの事でないと折れないんだけど、逆に折れた時には頭が真っ白になります(・_・;

ここはレベル4まで進めて、手間は掛かるけど安全策を選ぶ事にした。



少しずつボルトを削っていきます。

ところところアルミ地が出てくる頃には、普通はクリンって取れるのに、これでも外れない。

このレベル4を決断する時は、多少アルミ地を削っても、ヘリサートを入れるから大丈夫です。

半分位削ったところでやっと抜けました。


まだ、奥に残ってるなあ。

これで全部取れました。




あとはヘリサート挿入ですね。
2013/03/17(日) 18:40 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

さっき帰宅したような気がしますが、また電車に乗ってます(笑)

昨日は月島から出航する屋形船で合コンしてました。


普通の屋形船と違って、もんじゃ焼き&鍋なので、安いんですよね。


一度位は使ってみるのもいいですよ。


さて、折れたボルトの修復ですが、固着したボルトを撤去できましたから、今度はメスネジの修復です。

ヘリサートを使います。


今まで6ミリ用しか無かったのですが、吉田兄が8ミリ用のネジネジ君(何ていうパーツだ?)を持ってきてくれた。

まず、ドリルで下穴を開けます。


普通はブレないように固定してボール盤で精度を出すのかも知れないけど、吉田兄弟は精密な勘で加工を施します(笑)

フランジボルトは2本一組でマフラー出口の角度が付いてますから、相方のボルトを入れて、そのボルトに平行になるように二人で上と横から角度を見ながらドリルを入れていきます。

そうは言ってもM8の下穴が開いている訳ですから、基本的には入り始めれば真っ直ぐに穴が開くはずです。


最初の角度が悪いと入口が大きくなってしまうので、注意してくださいね。

あと、ボルトの破片が完全に撤去できていないと、硬いボルトと柔らかいアルミですから、必ずアルミ側にドリルが逃げて斜めに穴が開きますからね。

そしたらタップでメスネジを切ります。


ほら、綺麗に切れた。


あとは、ヘリサートを入れるだけなのですが、手元にはM6用のツールしかなく、それを使ってみたのですが途中でネジネジ君が折れてダメでした。


あっ、ヘリサートは折って回り止めにするツールなので、折れたら回りませんから引っ張って針金状に引き抜くしかありませんからね。


こんな挿入ツールなんて何でもいいんですよ。


私はドライバーの先端をカットしてノコで割りを入れただけのツールを作って使いました。


飛び出ないように面から少し入れたところで位置を決めます。


そのままドライバーをコツンと叩けばピンの爪が折れてロックされます。


ほら、奥に折れたピンがあるでしょ?


必ず取り除いてくださいね。

これで折れたマフラーボルトの修復は完成です。

参考にしてみてください。
2013/03/18(月) 07:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。
昨日の夜は雨が凄かったですね。

今日はポルシェのお話をしましょう。

この前、オーバーヒートになりましたから、サーモスタットを注文したので早速交換しました。


こんなのは30分で終わってしまう作業ですね。


サイドスカートを外せばサーモスタットが出てきます。


単純にクリップを外せば内部のパーツを交換できます。


先にブラシを使って綺麗に洗浄しないと抜けませんよ。


クリップを外したら出べそを引っ張るのですが、Oリングが固着して抜けません。
2ミリ程度押す方向にも動きますから、押したり引いたりしてみてください。


蓋が外れると多少のオイルが出てきます。


ケースの奥に見えるのがサーモスタットです。


左が古くて右が新品。


真ん中のシャフトの出方が違いますね。
熱膨張用の中に入っているグリスが抜けてしまっているのでしょう。



こちら側に短いスプリングが入ります。


奥の窪みにハマる構造です。


こんな組み合わせになりますね。


気をつけないといけないのがロングスプリングの向きです。

左が古くて右が新品。


改良されてますね。
巻き数も違うしテーパー状になってます。


片側を細くする事でサーモスタットにピッタリはまる構造になりました。


あとはOリングを交換して作業は終了。


蓋を入れる時は、必ず錆びとか汚れを綺麗に落としてください。
私は軽くワイヤーブラシとペーパーで磨きました。


軽く乗りましたが、たぶん直ったと思います。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/03/19(火) 06:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

暖かい休日ですね。

さて、昨日はサーモスタットの交換をお話しましたので、ついでに行ったオイルホースの交換作業についてお話しましょう。

場所は右のリアフェンダー内になります。
320 001

こりゃ~狭い作業だなぁ。
手が入らないよ~(;一_一)
320 002

横からダメなら下からいきますかね。
320 004

ダクトを外せばパイプに手が届きそうです。
320 005

これはエンジンルームから音風を送るダクトですね。
320 006

タイヤハウスからバンドを緩めます。
320 007

ゴムホースを抜くには、ここのボルトを外すとフリーになります。
320 008

おや?タイヤハウス内から抜けそうだなぁ~。
エイッ!!

どひゃ~~~~~~~~~っ!!!!!!!!

た~す~け~て~~~~~~~~~~~!!!!!!!
320 009

予想はしていたのですが、オイルが流れ出てきました((+_+))

マニュアルも何も無いから、出たとこ勝負の私の作業(笑)
ポルシェでこういう事をするのは私くらいでしょう(-"-)

でも、ブログネタとしては面白いと思ってしまう今日この頃。

ちなみに右側からオイルが流れてくるので、手で押さえながら片手で新品のゴムホースに取り替えました。
320 003

ちなみに違う太さのパイプを接続するゴムホースなので、テーパー状になってますから、向きに気を付けてください。

結局は4リットルほど出てしまいました。
320 010

本当は汚いオイルだったから、オイル交換のついでに作業をすれば全く問題なんてなかったんですけどね(^^;

交換作業終了
320 011

これが古いホース。

ところどころヒビが入って硬くなってました。
320 012

前期型の993に乗っている方は、そろそろ交換が必要な時期が来るかもしれませんから参考にしてみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村

2013/03/20(水) 08:31 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

街中にバイクが増えましたね。
私のバイクはいつになったら復活できるのやら。

現在は、新たにパーツを発注しているので、作業は一旦お休みです。

以前から、私の993は車内がオイル臭い?排気ガス臭い?何だか判らないけど、エンジンルームみたいな臭いがするって話しましたね。

エアーの取り込みがエンジンルームなんだから当たり前で、オイル漏れが直ってヒートエクスチェンジャーに掛からなくなりましたから、随分とまともになりました。

でも、まだ臭いなぁ~って思っていたら・・・。

今回のオイルパイプの交換で、原因の一つを発見してしまいました。

取り外したダクトを見てみたら


なんじゃ?こりゃ?


オイルを喰っている1100Rのマフラーみたいにベトベトでした。

パーツクリーナーを掛けたら、こんなに汚ない。


車内に入る温風を運ぶ配管がこれじゃあオイル臭いのは当たり前。

そもそもパイプは黒い塗装が剥げているのかと思っていたのですが、オイル汚れがこびり付いて黒くみえてただけでした(笑)

軽く磨いたら綺麗になりました。


ところで、このオイルはどこから侵入したのだろう?
ヒートエクスチェンジャーの中は綺麗でした。

前後のゴム製パイプもオイル汚れはありません。


ダクトには漏れたオイルが垂れてましたから、もしかすると取り付けステーの溶接部分にピンホールが開いていて、染み出ていたのかな?

とにかくこれで少しは改善されると思います。
2013/03/21(木) 06:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

桜がもうすぐ満開ですね。
今日あたりは花見に行きましたか?
明日は雨になるようですが、まだ花を散らすことも無いみたいですね。

さて、そろそろCB1100Rのエンジンが組みあがる時期の予定だったのですが、現在はパーツの入荷待ちをしております。

なかなか進まないなぁ~(-"-)

私の愛読書を見ていて気付いた。
323 005

パーツリストとサービスマニュアルですね。

あれ?
何でサービスマニュアルにステムガイドの交換方法が載っているんだ?
323 002

カタナにはそんな作業工程は無いよね?

そもそも、普通の乗り方をしていたら、ステムガイドを交換するレベルまでにはなりません。

それって、いう事は・・・。
323 003

むむ(;一_一)

やっぱり純正パーツでバルブガイドが出るのね。

ここで発見してしまった。

2番のバルブガイドに対して、26番のOリングとな。


・・・。

・・・。

・・・。

なんでこんなところにOリングが入っているんだよ(-_-メ)

つまり、このOリングを使ってオイルがポートに回らないようにしている構造なんだよね。

オイオイ(-_-;)

20年以上前の10万キロを超えたエンジンだぞ。
それもレースで使っていたし、ポートの拡大時に削れたバルブガイドからして、一度もOリングなんか交換していないと考えて間違いない。

通常、バルブガイドの交換作業はヘッドを温めて(熱して?)熱膨張を使って作業します。
でも、マニュアルには『バルブガイドを打ち抜く』(シリンダーヘッドを傷付けないように注意する)とのみ書かれているだけ。

こりゃ~圧入と呼べるほどじゃないから、Oリングがヘタっていたらオイル下がりを起こして当然だよね。

何でこんな構造なんだろう?

あの当時の加工精度ってそんなものだったのかな?

こうなったら考えている場合でもないので、パーツを注文する。

今回はパーツナンバーも明確なのでモリワキさんにお願いしました。

モリワキさんは、純正部品は10%引きですから、助かりますね。

当時1本470円だったバルブガイド。

当然値上がりしているのですが、ドキドキしながら注文をいれました(@_@;)

送られてきた見積書。
323 001

1本1775円なり(爆)

4倍ですか((+_+))

さすがに16本だといい金額になりますね~(^^;

31500円以上になったから送料はサービスになります。

あと、ガイドを入れるのと抜くのに使う特殊工具も注文しました。
各882円ですね。
この金額なら純正工具を準備しましょう。保険みたいなものですね。

1週間程度で届く予定なので、来週にでも作業する予定です。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2013/03/23(土) 19:42 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は薄雲で、イマイチの天気でしたね。
新しい作業に取り掛かる気にもならなかったから、コストコで新しく買い直したポルシェのボディカバーを交換しました。


あんまり商品としては良くないのですが、3800円位なので毎年の使い捨てで交換するのも一つの方法ですよね。


リアスポイラーの関係でMサイズだと少し小さかったから、今回はLサイズにしたのですが、今度は大き過ぎた(・_・;


後ろにベルトを装着しして余った部分を絞る事にしました。


さて、暇な日曜日だったからビデオを借りてきた。


この前の続きで後編ですね。

あはっ!
年式は違うけど、カタナも1100Rもポルシェも持ってるよ(^_^)


昼間から発泡酒飲みながらビデオ鑑賞。


でも、さすがに実写は難しいよね^_^;


音がどうみても5000~6000rpm程度しか回っていなくて、奥多摩を走ってるQちゃんみたい(笑)

後ろから追突しちゃうぞ~(^◇^)

昔の湘南爆走族の撮影は、ノーヘルで走って逃げたっていう話でしたけど、今はそんな時代じゃありませんからね。

大学生の頃に見た漫画の世界。
私は別に憧れもしなかったし、何とも思いませんでした。

でも、40歳位になると、解らないでもない男の気持ち。

あの当時の夢は、自分のガレージ付きの家に住み、R32GTRとZ2を持つ生活だったのかな。。。

皆さんって、夢を持ってますか?

そもそも夢って何でしょうね?

私なりの解釈では、叶わない願いみたいなものなんじゃないかな?って考えてます。

つまり、大学生の当時に思い描いていた生活は、夢ではなくて単なる目標だったんだなって。

良い大学に入って、良い会社に就職する。
そして綺麗な女性と結婚して、大きな家を持つ。
会社では出世して金持ちになる。
一見すると、幸せな人生に見えるけど、全てを手にいれられる人なんて居ないし、手に入れた分だけ失う物も大きい。

頑張る事で達成できてしまう事を夢だと思っていたら、掴んだ瞬間に夢が無くなってしまいます。

そういう世の中が見えてきた38歳の男の気持ちは、あの頃の大学生にはまだ理解できなかったんだろうなぁ。

まあ、私の場合は、普通の大学に入って、なんだか判らない会社に就職して転職を繰り返し、普通の女性と結婚して田舎の家に住む、ごくごく普通の庶民生活ですけど(;^_^A

欲しい物を手に入れる事は夢ではない。

沢山の目標を達成した結果として、どういう生き方をするのかが一番大切なのではないかと感じる今日この頃。

キリンは映像やストーリーではなく、そういう事を考えながら見た方が面白い。
2013/03/25(月) 07:47 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今週末にはバルブガイドの交換ができると思うので、それから面研に出して組み立てだから、動き始めるのはGW前になっちゃうのかなぁ。

どっちにしても、それほど行きたい場所なんて無いからいいんですけどね。^_^;

今年もGWに奥多摩湖の桜でも見に行きますかね。

さて、先日サーモスタットを交換した私の993で軽い渋滞にハマったら、また油温計がレッドゾーンに入った(・_・;


何でだ?

調べてみますかね。

初めてフロントを見るので、何が出るのか判らないから少し怖い^_^;

ジャッキアップしただけで、一つ目のトラブル発見。


もともとチンスポイラーにヒビが入っているのは知っていたんですけどね。


結構ガリガリ擦ってるのね。


外してみたら、バッキリ割れていた。


こんなのタイラップで止めるなよ( ̄▽ ̄)
まるで高校生の作業みたい。


とりあえず裏側の表面を処理してFRP補修しておきました。


全く見えない部分なので、塗装どころかパテ盛りも行いません。

右側のタイヤハウス内のカバーを外せばオイルクーラーが出てきます。
考えられる原因は、
⑴交換したサーモスタットが機能していない。

⑵コアまでオイルが回っていない。

⑶コアが泥汚れで詰まってる。

⑷ファンが動いていない。

こんなどころかな?

見てみると、コアは綺麗ですね。

アイドリングで油温を上げてみます。


オイルホースを触っても熱くないですねぇ。

あれ?
組み間違いしたのかな?

そう思っていたら、ジョロジョロって音がしてホースが一気に熱くなった。


油温計は真ん中を越えたあたりですね。


そうすると、問題はこいつかぁ(。-_-。)


ホームセンターのステーで留まっているから、一度交換済みですね。
モワ~っとは回るんだけど、確か低回転と高回転の切替がありましたよね?

多分、高回転に切り替わらないから渋滞時に処理能力を越えてしまうのだと思います。

この日は、暗くなってきたから作業は終了。
次回に再度調べてみますね。
2013/03/26(火) 07:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今日は、曇ってますけど給料日後の金曜日で、桜も満開ですから皆さん花見ですかね?

日曜日は天気が愚図つくらしいから、走るなら土曜日だなぁ。

今、走れるのはGSXRだけなんだけど、吉田兄の家にあるから早朝は取りに行けないんだよなぁ。

注文したパーツは、純正工具の入荷待ちで届いていない状態です。
31500円以上で、送料を無料にしてもらってるから仕方が無いですね。

結局、今週も作業が進まず、乗る事も出来なさそうです。
2013/03/29(金) 06:54 | コメント:5 | トラックバック:0 |
ブログ内検索