プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。



今度の週末は走れそうですね。
寒いから、ゆっくり出てゲートオープンを目指そうかな。

その前に早くタンクを だいさんに届けなくてはいけません。

そのまま塗るべきか、一度全部を剥離するべきか。

カウルがあれだけボロボロだったんだから、タンクが無事な訳ないよなぁ。

パテだらけの可能性が高いです。

けれど、カウルもそうでしたけど、純正色の上に塗られている青いサフェーサーが悪いみたいで、そこから塗装が剥がれます。

パテ盛りも終わっているけど、スギとだいさんが言うようにやっぱり剥離剤で全部を剥がそうかなぁ。

昨日、ヤフオクで購入したステッカーが届きました。



当然純正品じゃないですよ。

だって、昔は上野の光輪モータースで数百円で売っていたマークが何故か1万円近くするんですもん(−_−;)

3Mのシートを使っているから、材質的には30年前のステッカーよりは良いのかも。

ステッカーって言えば、あの男のブログに非売品のステッカーが記事として出ていました(笑)

MIKUNI USAのステッカーがCB1100Rに貼られていたら、格好いいんだけどなぁ~

欲しいなぁ~

分けてくれないかなぁ~

ほら、ストリートを走る広告枠って言う事で(^ ^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/01(火) 07:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

寒いですね~。

こんな寒い中をオートバイに乗るなんて、私には無理です(−_−;)

そういう事で、CB1100Rの車検取得も3月末をターゲットにしますから、冬眠の間に少し手を加えましょうかね。



今はNSRのホイールにBIG1のディスクを付けています。

これでも問題無いのですが、片方のディスクが歪んでいて、ブレーキを掛けると自動でポンピングブレーキになるんですよね(笑)

何とかしたいなぁ~って考えていたので、ホイールごと交換する事にしました。



テリカリのGSXR1000K2のレインタイヤ用にもらったダイマグ+サンスター320Φが余っていますから、これを使う事にしました。

でも、太すぎるんだよなぁ(^_^;)

リアにハヤブサの6インチを履いているから、フロントもハヤブサの3.5?インチを使うところを止めたのは、少しでも細くしたかったから。

でも、もうCBに軽い切返しなんて求めません(笑)

走りを楽しむのはカタナにして、CBは見た目重視にします(o^^o)

ただ、当然そのまま付く訳なんてありませんから、ホイールカラーと310→320Φにディスクも変わるからキャリパーサポートが必要になります。

まずは位置を確定しないといけないので、カラーが先ですね。
マコっちゃん!近いうちに遊びに行くからよろしくね(^ ^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/02(水) 07:38 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

朝晩は冷え込みますね。
秋物のコートを出すべきか、1週間我慢して冬物まで待つか悩むところです。

この週末は20度まで気温も上がるみたいだから、最後のチャンスかなぁ。

車と一緒にダラダラ走るのを覚悟してカタナに乗っておこうかなぁ。

さて、昨日は剥離剤を使ってみました。



厚い塗装だからスクレーパーで一層目を剥がしてみると、想像どおり。



あっ、剥離剤を使う時は必ず耐油性のゴム手袋をはめないとダメですからね。

知らないと地獄を見ることになります。
大抵のオヤジは、地獄を見たから知っている(笑)

これを全部剥がしても無意味ですね。





全部アルミ地まで剥がしてパテ盛りをしたって同じこと。

ウイングマークの段差も取れたし、厚い塗装も普通?の厚さになったから、ここからはもう一度仕上げの研磨に進むことにします。



まあ、古い中古バイクなんてこんなものですよ。

仮に250万円でピカピカの車両を手に入れたって、厚化粧の下は分からないものですよ(笑)

あと2週間もしたら、寒くて作業なんかやっていられなくなるから、早めに水研ぎは終わらせなくては(^_^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/04(金) 07:47 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんばんは。吉田です。

今日は中途半端な時間だったからバイクにも乗れず、午後になってからスギがカタナのシングルシートを作ったと言ってやって来た。



おいおい(−_−;)

素人め。

この状態でどうやってスポンジを入れて表皮を貼るんだよ(; ̄ェ ̄)



パーツ作りは完成形をイメージして、そこから逆順位で取付~組立~製造方法~材料~展開図を考えなくては、こういう事になります。

他人が途中まで作ったところから引き継ぐのって面倒くさいんですけど、このままでは失敗するから私がここから修正します。

まずはベースを作るところからですすね。

私が作れば大した問題ではないんですけどね。
( ̄+ー ̄)



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/05(土) 18:21 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は良い天気でしたね(^_^)

昨日は今年最後の奥多摩だと思って朝から行ってきました。



既に紅葉は始まっていますよ!

だから、凄い車ですもん(−_−;)

周遊道路のゲートオープンは、冬時間ですから9時まで通行止めです。

山を登る人は都民の森に止めますが、8:30の時点で満車です。

都民の森も8時にならないと開かないのですが、車を止めたい人は8時前に到着しておかないと、ずっと離れた駐車場に回されちゃいますからね。

昨日の私は7時過ぎに出たのですが、やっぱり寒くてセブンイレブンで少し気温が上がるのを待ちました。



そしたら、久しぶりにこんびさん登場。



車が 多いからダラダラと上がりました。



落ち葉だらけだー(; ̄ェ ̄)

でも、せっかくだから一人で流してみた。

快適な気温で楽しい(^_^)

マシーンの調子が良くて?それともマシーンの状態に身体が慣れて?思ったラインで走れるから気持ちいい。

休憩してたら、セカンドマシーンに乗ったマルボロさん登場。



ツーリングおやじに変身(笑)

もっと久しぶりに、マコっちゃんもドカで登場。



マコっちゃん、次の週末にフロント周りの寸法チェックをしますから、よろしくお願いします!

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/07(月) 07:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

高尾の銀杏並木も黄色くなってきて綺麗ですよ。



さて、スギのカタナに付けるシングルシートの表皮貼りですね。

まずはベース作りから始めます。



特別な剛性は必要ないから、マット1枚にしました。



ペタペタペタ。



凸凹だから空気が入るけど、気にしない。



こんな感じ。

硬化したらカットします。



作業手順と、塗装などのアフターメンテナンスも考えてボルト固定で取り外せるようにします。



これにスポンジを貼るのですが・・・。



こんなボロボロなのを使えって言うんですよね(−_−;)



とりあえず、ボンドで余ったスポンジを使って穴埋めしましたけど。

自分のシートなら、削って1枚上から貼るんだけど、スギのなら、言わなければ分からないだろうから、このまま貼っちゃいます。



始めてカタナのシートを貼る人はたぶん驚きますよね。

これをどうやったら1枚物で貼れるんだよ!って。



普通のシートの比ではなく難しい。

気が短い吉田兄だと絶対にイライラして捨てます。

コツなんて無く、少しずつ引っ張るしかないのです。



いつもながら自分の才能が恐ろしい(笑)

これは仮止めだから、今度の週末にでも続きの作業として、スギがエアータッカーを持ってきたから、本止めして完成になります。

シート貼りは、最初にカタナでチャレンジするとしたら1枚物ではなく、多少高価でも立ち上がり部分で縫い合わせている商品を買った方が良いと思いますよ(^_^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/08(火) 07:58 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日はランチの時間に掛けてポッカリと暇潰ししないといけないスケジュールだったから、一人でびっくりドンキーに入りました。



チーズバーグディッシュの300gですね。

私はステーキレストランみたいなお店より、びっくりドンキーが好き(^_^)

肉汁がご飯に絡むと美味しいですよね。

さて、吉田兄がCB1100Rのミラー用に作ってくれたスペーサーを持って来てくれました。



こんな感じに取付けます。



この上に防振ゴムを入れてカウルが乗ります。

ただ、今までよりも大きくしたので、もしかしたら少しカウルに当たるかも知れないと思うようになってきた。

若干は削りが必要かも知れません。

ミラーと言えば、こんびさんがカスタムしたって自慢してた(笑)



単にノーマルのコネクティング部分を取り外して直付けにしただけなんですけどね。



こうすると、高速道路を走った時にミラーが風圧で回るのを防止できるらしい。

跨ってみたら、確かに肩が写っていたのが肘が写るレベルで、それほど見辛い訳ではありませんね。

今度の週末にでも私もコネクティング部分を外してみよう。

ただし、これをやるとヘルメットをミラーに掛けられなくなるらしいですよ。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/09(水) 07:24 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は、だいさんのガレージを訪問して、CB1100Rのガソリンタンクとフロントフェンダーの塗装をお願いしてきました。

帰り道にコストコで肉と酒を買ったのですが、今回選んだのはコレ。



ブラックニッカの4リットル(笑)
3200円位だったと思いますが、安いですよね~

これだけあれば、しばらくは持ちますね(^ ^)

さて、スギが考案したカタナのシングルシートですが、完成しました。



デザイン的にノーマルシートみたいだから、遠くから見たらシングルシートって誰も気付かないような気がするのですが( ̄◇ ̄;)



ここからラインなどの色を入れていけばレーサーっぽくなるんですけどね。

前半分は、ノーマルのスポンジを使っています。



見切りも綺麗に仕上がっているでしょ?



立ち上がりも一枚表皮で綺麗に貼れました。



今回はバックスキンっぽい皮を選んだ?あれ?ワッキーに回してもらったって言ってたかな?

このあたりは好きな色とか質感を選べば良いと思います。

どう?
上手でしょ(^ ^)



これって売れるんじゃない?(笑)

スギに内緒でオークションに出しちゃおうかな(嘘)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/14(月) 07:39 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この前、娘が横浜へ行った時にカップヌードル ミュージアムでお土産を買ってきてくれた。



おや、奇遇。
父もカップラーメンを持っていたのだよ(^ ^)



一時期話題になった「謎肉祭」バージョン。



普通のノーマルで充分だと思いました(笑)

さて、週末はCB1100Rにダイマグホイールを装着する為のカラー製作をマコっちゃんにお願いするにあたり、寸法取りをやりました。

私の一番好きな作業です(^ ^)



ポンチ絵では無く、ちゃんと実寸で描く事で組み付け時に想定されるミスをなるべく無くしたい。

私はアナログ男なので、今でも手描きです。



それもドラフターでは無く、大学の建築学科に入った時に購入した平行定規を今でも使っています。

ゴロウちゃんは捨てちゃっただろうなぁ(笑)

寸法取りは、どうしても一つ一つのパーツをバラバラに計測して足し算すると1~2ミリの誤差が出ます。

0.25ミリの差でも4個だと1ミリの差になりますからね。

そのあたりを加味しながら作図するのが楽しい。



机上論だと、ディスクを留めるボルトの頭とフォークの隙間は0.75ミリだと。

ん?間違ったかな?

仮組みしてみる。



あー。

本当だ。神クリアランス(笑)



ここは、シャフトから近いから、多分走行中の捻れが発生しても大丈夫だと思いますが、あと1ミリ位は低頭ボルトにしたいと思います。

カラー製作は、3個です。



2個では無いのは何故かというと、ノーマルのシャフトは、組付易いように片側はカラーの役目をした構造になります。



でも、これだと今回は違うサイズのベアリングを使いますから、段差が当たるのです。



だから、ガレージに余っていた20Φのリアアクスルシャフトを使います。

これを短くカットしてネジを切ってもらう事にしました。



この為にRフォークにはカラーが一つ必要になりました。

《マコっちゃんへ》
材質ですが、アルミのフォークアウターにアルミのカラーを締め付け固定すると、間違いなく噛んでしまうので、ここはSUSにして下さい。

SUSなら何でもいいです。私には違いが分からないから(笑)鉄だと錆びるから嫌なだけです。

ホイールに装着するカラーは軽い方がいいから硬めのアルミが良いのですが、差し込み部分の厚さが薄いから、製作するにはまとめてSUSの方が良いのかな?

そのあたりはマコっちゃんにお任せします。

急がないので、仕事が落ち着くのを見計らってシャフトを持って遊びに行きますね!

よろぴこ~

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/15(火) 07:56 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

今週末はスギと一緒に奥多摩カレーパンを食べに行く事になったけど、寒いからゆっくり出るつもりです。

さて、せっかくだいさんにオールペイントをお願いしたので、フロントフェンダーも塗ってもらう事にしました。



フォークと同じく'89GSXRの純正品ですね。

ただ、'89用って長くないですか?



長いというか、先が細く尖っていてあんまり格好良くない。

長い物は切ればいい(笑)



20ミリ位カットして、先端の丸みを出しました。



ほーら格好いい!

えっ?

全く違いが分からない?

自己満足だから、それでもいいんです。

でもね、気付かれない位の加工位が一番無難な仕上がりになります。

やり過ぎは禁物ですからね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/16(水) 07:27 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は、天気が良いという予報だったので、スギと一緒に奥多摩へ行きました。



9時の待ち合わせなのに40分位遅れてきた(−_−;)

当然ですが、ダラダラと車の後ろを走る時間なので疲れながら到着。



牛煮込みと、


カレーパンを食べて20分程で帰ってきました。


昨日の目的は、スギのカタナにシングルシートを装着したかったんですよね。



その為には、J CLASSIC唯一の特徴である「短いシートレール」をノーマルに戻す必要があります。



今回も大した内容ではありませんね。

加工されている後ろのステーをカットします。



そこに1000円で買ったという750カタナのジャンクフレームの後ろ部分を移設します。



バチバチっと溶接したら、軽くサンダーでヤスリを掛けて完成。



こんな感じ



何処が変わったのか分からない位に出来たでしょ?

これにシングルシート様にステーも作って装着。



ほらね、ゴキブリみたいな仕上がりになったでしょ?(笑)



これではシングルシートだって誰も気付きません(-_-;)

ここからラインとかを入れていけば、それっぽくなるとは思うのですが、スギのセンスだと高校生の仕上がりみたいになるんだろうなぁ。



今回の作業はカスタムではなく、単にノーマルフレームに戻しただけです。

あの短いシートはいったい何だったんだろう?

エンジンはゴミ同然の最悪な状態だったから、全て一機組み直しました。

足廻りも前後入れ替えました。

フレームもノーマルのサイズに戻してシートも替えました。

J CLASSICのパーツは一つも残っていません。

何の為にバブル期のコンプリートマシーンなんか買ってしまったんだか(−_−;)

ヤフオクでフレームとエンジンをバラバラに集めて組んだ方が価格は1/3位だったし、手間も半分で済んだはずです。

まあ、これが趣味のカスタムでもあるんですけどね。

とりあえず、スギのカタナは大掛かりな作業としては、このあたりでひと段落したと思います。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/21(月) 08:00 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

朝から地震のニュースでいっぱいですね。

さて、CBにダイマグを組むにあたり、小さなトラブルを解決しなくてはいけませんでした。



ボルトが2本外れません。



よく見ると、ドリルで穴を開けていますから、外そうかと思ったけど、面倒になって倉庫に眠らせてしまったパターンですね。

ディスクを留めるヘキサゴンボルトって、気を抜くとナメてしまう事があります。

今日は、ナメたボルトの外し方をお話しましょうかね。

一般的なのは、細いドリルで穴を開けて逆タップを入れて回します。

これは軽度な状態です。
そんな簡単なら誰も苦労なんてしないんですけどね(−_−;)

まず、一番の対策はナメない作業を心がける事。

ナメかけたボルトを見て、小さな可能性ですけど様子を見ます。

プラスドライバーのボルトを外すのに使うインパクトドライバー。



インパクトドライバーは、先端のソケットが交換出来るタイプを購入しましょう。



私のは、大きいラチェットサイズです。



9.5の上って、12.7だっけ?
何ミリか分からないや。

手持ちのヘキサゴン用のコマは9.5用ですから、サイズ変換が必要なので購入しました。

単にハンマーで引っ叩くのに使うから、チャイチャイ製をAmazonで買いました。



みんな、安い工具はアストロプロダクツとかで購入するものだと思っているでしょ?

違うんだなぁ~。

私の場合は、普段使う工具はスナップオンとかだけど、溶接加工したりして一回の作業で捨てる場合も結構あります。

そんな時はAmazonで探します。

この4種類のセットで430円位だったかな?(笑)



これで9.5のヘキサゴンも使えます。



ハンマーで叩いて様子を見ます。



大抵はこれで外れますが、やっぱりメカニックがナメた位ですから、そんなに簡単ではありませんね(^◇^;)

ナメたボルトの外し方は、段階によって色々あります。

基本的には、締め付けトルクは頭に掛かっているから、頭を外せばネジ部分は手で回ります。

ただ、サビだったりネジ山のトラブルだと更なる作業が待っている事になります。

サンダーで頭を削る方法を取る前に、ディスクを無傷で外すには、溶接で処理します。

ディスクに溶接スパッタが飛んだらアウトですから、養生をします。



ちゃんとドリルでボルトサイズに穴を開けます。



当たり前ですけど、アースをディスクに繋いだらダメですよ(笑)



バチバチっと溶接したら、スピンナーで一気に回せば、パチンって外れます。



ほーら。



ヘキサゴンは、溶接しちゃうから100円ショップの工具でも大丈夫だと思います。

今回は、余っていたメーカー不明のソケットを使ったまでです。

下準備に一番時間が掛かりましたが、30分で2本とも外れました。



折れたCBのマフラーフランジボルトを復活させる私にとっては、こんなレベルはトラブルなんて言えない( ̄+ー ̄)

たぶん外せなくて困っている人がいるでしょうから、参考にしてみて。

あっ、そうそう。

溶接機ですけど、アストロプロダクツの半自動は、最初のうちって使い方が分からなかったけど、要領が分かるとサンデーメカニックには充分だと思います。

100Vコンセントに繋げるだけですから。

他にもっと良いのがあるんだろうけど、私の作業には事が足りています。

もうすぐ年末セールで安くなると思いますから、興味ある人は狙ってみては如何でしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/22(火) 08:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

11月なのに雪ですね。



私は昨日のうちにスタッドレスタイヤへ履き替えておきましたよ!



さて、先日は奥多摩へ行く前にフロントのイニシャル調整をして、少し様子を見る事にしました。



今の私の足廻りは凄く柔らかくしています。

奥多摩みたいなコースだと、その位の方が乗っていて楽しい。

でも、さすがに柔らか過ぎるかなぁ~と思うのと、CBに乗り換えた時のギャップで乗り方が分からなくなってしまうかも知れないと考えたので、2台の差を少なくしておきたいとも思いました。

現在のカタナに使っているフロントフォークは、CB1000SF用で、非調整タイプです。

だから、5ミリのカラーを入れて初期プリロードを上げてます。



このカラーは、吉田兄に5ミリと10ミリの2種類を作ってもらっていたから、今回は10ミリに交換します。

もっと圧を掛けたかったら、2枚を入れれば15ミリって事だから、3段階調整式って事ですね。



皆んなして1ミリ単位の調整で話をしますけど、よく違いが分かりますよね?(^◇^;)

私は鈍感だから、強、中、弱だけで充分です。

乗ってみると乗りにくくなりました。

ただ私の場合は、マシーンに合わせて乗り方をセッティング?するタイプだから、来シーズンはこれでいきたいと思います。

減衰圧も、もっと硬くしたいのですが、こちらも非調整式だからオイルを硬くします。

これは現時点で既にオイルシールからの漏れもあるので、OHのついでに実施します。

オフシーズンは寒いのが嫌だから、ガレージでの作業ってついつい腰が重くなっちゃうんですよね(−_−;)

20代前半までは道路で缶コーヒー飲みながら皆んなで作業するのが最高に楽しかったんだけどなぁ。

CBは、だいさんから塗装が上ってきたら、いつでも車検が取れる状態になっていますから、そろそろ次はGSXR1000K2に手を入れていきましょうかね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/24(木) 07:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は作業って言うほどの事はやらずに、huluを見ながら酒を飲んでいました。



犬が邪魔するんですけどね。

大掛かりなネタは無くとも、暇潰しにメーター周りに少し手を加えます。



どういう転倒の仕方だったのか分かりませんが、インジケーターが割れています。

全く使用上は問題無いのですが、そろそろ直しましょうかね。



手に入らないパーツだから、今風のに交換しても良いのですが、一応は1100Rのパーツは残す方向で考えます。

アルミ板で作る事も考えましたが、裏面も結構複雑だから、割れを修正して使う事にします。

レンズは作り直しですね。



アクリル板をはめ込むか、樹脂で作るかは、東急ハンズの材料売場で検討します(^◇^;)

油温計の防振材も劣化したから、新しくしました。



15ミリ幅の防振テープを貼っただけだと、端部がめくれてくるので、今まではタイラップで止めておきましたが、今回は0.8ミリのアルミ板でバンドを作りました。



パッと見れば、売り物のバンドみたいでしょ?



こういう細かい部分の仕上がりを積み重ねていくのって、最終的には大きな差となります。

次はリアフェンダーか、アンダーカウルをやろうかな。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村
2016/11/28(月) 07:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索