FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

GW の前半が終わりましたね。
私は昨日、奥多摩へ試走しに行って来ましたよ。



コンビニでメロンパンを買って、上で食べるのが近頃の流れ。

何の試走かと言うと、クアンタム のリアサスですね。



動きが渋いどころではなく、走行中はストロークしなくなってしまいました。

OHかぁ。
でも、調べてみるとクアンタム って評判が良く無いみたいですね。

プリンさんもハマったみたいですし(笑)

そこで考えたのですが、何故リアショック ってアッセンブリーパーツとした扱いなんだろう?

OHも専門業者じゃないと不可能っていう定説みたいなものが存在しますよね?

誰かが組むって事はシールさえ手に入れば何とかなるはずなんだけど。


調べてみたら、世の中には同じ事を考える人はいるもので何件かヒットした。

オーリンズは、一般に入手出来るシールが使えるみたい。

「専門業者」で無ければ対応出来ないと言われていた窒素ガスの件も、タイヤのバルブを流用すればタイヤ屋さんで窒素ガスを入れてもらえるみたい。

ほら、CB 750Fのフロントフォークも、空気入れで圧を掛けているでしょ?
あれと同じ構造を考えてみて下さい。

目的はエアサスじゃないから、違うみたいですけど。

あと、窒素ガスについても、空気は窒素が78%含まれているから、0.78を四捨五入すれば1という結論から高圧の空気入れで10キロ入れれば使えるって話もある(笑)

あっ、このあたりは自己責任ね。
私もやった事は無いから。

既にこの時点で業者へ出すという選択肢は無くなっていた。

ダメなら別の手を考えよう。



オイル漏れはありません。



いつもどおり、構造が全く分からないけどバラしていきます。

きっとクアンタム のリアショック 、OHとかで検索するとこの記事が出てくるようになるだろうから、後の為にも細かく載せておきましょう。



下をバラすと、アジャスターだけになります。



次は専門工具が必要なのかな?



その前に高圧窒素ガスを抜かなくてはいけません。

これって普通の人は凄い特別な事だと勘違いしてますけど、全く問題ない。



真ん中のM3ヘキサゴンボルトは、単なる注射針みたいなので窒素ガスを注入する部分のメクラです。

9㎜のレンチで外します。



本当に少しだけ「プシュッ」とガスが抜けます。

これが注入ボルト。



ゴムの中に小さな針穴が開いてます。

あとは蓋の取り外しだけど、専門工具じゃないと外せないように思うけど、たぶんねじ込みの蓋だろうと考えて、穴に入る工具があれば回ると読んだ。





タンク側の小さな穴は工具を作るしかないかと思いましたが、予想外の工具を見つけた。



私が作るなら当然オイルシールを使うだろうから、高トルクで閉まっている訳が無い。
手締め+αだろうと。



ビンゴ!

タンクをバラして驚いた。





え~っ!何この構造(−_−;)

オーリンズはピストンが入っているのにクアンタム はゴムです。
つまり、バルーンですから、ガスでこの風船を膨らましているというか圧を掛けているんですよね。



更にゴムのカップは欠けていたから、当然、気密性は保たれていませんでした(-_-;)



もっと驚いたのは、シャフト側です。



抜いてみたら、泡だらけ。



内部で何かが起こっているのは間違いない。



スライド部分はゴム?樹脂?



押すと弾力があり変形します。
動かない原因を考えましたが、イメージとしては、これが筒の中で動きが悪く引っかかるように思いました。





ロッド下を回すと長い針みたいなニードルが回るのですが、この短いシャフトとの隙間が変わる構造なんですね。



タンクに付いている調整ダイヤルは、そのままタンクと筒の油量をコントロールして減衰機能としています。



うーん。どうする?



これって、構造そのものが吉田兄弟にとってオーバーホールするか疑問が出てきてしまった。

とりあえず、掃除して戻しちゃう?(笑)

掃除しただけの状態(オイルも再利用)で組んだのに、動くようになった。

やっぱり、白い樹脂部に組付時?のグリスカスみたいなのが結構付いていたから、あれを掃除しただけでも効果はあったのかな?



よし。決めた!

リアショック は買い替えちゃおう!

専門業者でオーバーホールすれば問題は無いのでしょうが、私としては内部構造を知ってしまったので、違うメーカーを使いたい気持ちになってしまいました。

因みに、掃除しただけでもストロークするようにはなったんですけどね。



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/01(火) 08:47 | コメント:9 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

明日からのGW 後半は何して遊びますか?
明日は雨の予報でしたが、朝方には通過して晴天に恵まれそうですね。

1回くらいは走ろうかな。

さて、走ると言ってもリアサスは何とかしなくてはいけない状態です。

前から検討はしていたのですが、腹を決めました。

「腹を決めるとは、決断する事である」と、書物に書いてあった。

どこのメーカーにするかについては、オーリンズ以外は選択肢に無い。

これは、カタナで使ったらやっぱり調子が良かった事と、将来的なメンテナンスなども考慮して2台に共通させておきたかった部分もあります。

しかし、ヤフオクをチェックしていると、やっぱり高い(−_−;)

CB 用のフルアジャスタブルは、56000円あたりまで入札しても必ず被せられて競り負ける。

まあ、私に減衰圧調整なんて要らないんですけどね。
理想はカタナに付けている初期の「ガイコツ」と呼ばれるタイプですけど、程度の良い物はやっぱり高い。

狙うのは角ばった今の非調整タイプですね。

でも、ここで悩ましい問題が。

たぶん、多くの方が直面していると思うのですが、足回りを交換した人は車高の問題で10~20㎜長いリアサスに「調整」したいのです。

私も17インチだから365㎜→375㎜にしたい。
あっ、この長さってリアサスの受け部分の位置と高さによって全然変わりますからね。

問題は、非調整式だと固定だから車高調整用の「目の字」や「コの字」が交換出来ないのです。

吉田兄に相談したら、「面倒くさいけど、削り出しで作るか」という流れになった。

ところが、非調整式でもCB 用の綺麗な物だと5万円弱。

1万円位でスタートするんだけど、ウォッチリストの登録者は65人位(-_-;)

3万円位で買ってすぐにオーバーホールするくらいなら、5万は覚悟するべきなのか。

悩ましい。

車種を限定しないでチェックしていたところで発見してしまった!

あれ?

えっ?

何これ?


ハーレー883用(XL883R)
品番HD141で調べるとTYPE S36PLとある。
税込価格116,640円。



↓↓↓
オーリンズ ハーレーモデルHP

こんなモデルが存在していたのですね!

減衰圧は非調整式なんだけど、イニシャルは無段階式であり、何より車高調整機能が付いてます。

ただ、フルアジャスタブルタイプとは違って、本体側がオスネジです。

とは言っても、オスネジ本体と調整式の「コの字」を繋ぐメスネジソケットを作れば好きな長さで装着可能になります。

これに対して
CB 用は
品番HO140で調べるとTYPE36Pとある。
税込価格96,120円。

最後に付く「L」は車高調整機能の有無みたいですね。



↓↓↓
オーリンズのHP

つまり、ハーレー用とCB 用の違いって、内部構造は同じだけどイニシャル調整と車高調整機能が付いた、いわゆるフルアジャスタブル仕様の減衰圧機能無しって事?



そういうのを探していたのよ~ん(^^)

あとはスプリングですね。

スプリングの仕様は
CB とカタナは480-03という品番で1.77~2.64kgみたいです。

これに対して883用は、16~26N/mmとな。
これってkg表示に9.8を掛ければいいみたいですね。



カタナ用は17.35~25.87N/minって事かな?

あれ?数字が同じにならない。
計算が違うのかな?

まあ、いいや。

カタナ用のオーリンズスプリングは、持っていますから違っていたら交換すれば大丈夫です。
つまり、長さは違うけど、スプリングレートは同じくらいみたいです。

あとは穴の問題ですけど、上16㎜、下10㎜。

CB と一緒だけど、CB はコの字だから、どっちみち下の受けは加工して付けます。

因みにカタナは確か上の穴は14㎜でしたよね?
16㎜にカラーを入れて装着したと思いますから、カタナにも使えるって事ですね。

こいつは私にとって理想的なオーリンズなんじゃないかな?
CB とかカタナ用だとヤフオクをチェックしているライバルの数が沢山居ますから、必ず競合いますけど今回の商品はウォッチリストに入れている人が16人位だったかな?

即決価格42000円でも買うべきだと考えていたけど、入札する人って何人くらいいるんだろう?

悩む。

ケチって落札されたら元も子もない。

でも、ライバルが居なかったら?

悩んだ結果、ライバルの出方を見る作戦に出た。

しかし、ウォッチリストからの終了間近のメールが届いたのに入札してくる人がいない。

あれ?
まさかとは思ったけど、スタート価格で入札してみる。

被せてこられたら即決価格で落札しよう。

あれ?

あれ?

そのまま落札!
35000円なり(o^^o)

カロッツェリアへオーバーホールに出す金額で手に入ってしまいました。



昨日、帰宅したら届いていた。





綺麗です。





たぶん、このオーリンズをわざわざCB とかカタナ、Zとかに装着する人なんて居ないだろうけど、こういう仕様を探していたオタクさんは必ず存在するだろうから、私が実験台になりますね(^ ^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/02(水) 08:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

朝には雨が上がったから、GW のスタートとしては有り難いですね。

さて、届いたハーレー883用のリアショック 装着について考えてみました。



まず、スプリングですけど、これって交換されているのかな?



480-02が付いてました。
このスプリングは通常400cc用に使われますけど、私は柔らかいスプリングが好きだから、もしかしたらラッキーだったのかな?

何故ならカタナ用はスペアで持っているから。



線径は同じですけど、巻き数が違います。

480-02は12巻(両端含まず)

カタナ用は10巻

セッティング幅が広がりました(^ ^)

あとは、問題の受け部分ですね。



あっ(−_−;)



サイズが違う。



ボディ側は15㎜



受け側は14㎜

ピッチは両方とも1.0㎜です。



この加工は高橋精工の高度な技術力に助けて頂くしかない。

マコっちゃん、改めてお願いに伺いますm(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/03(木) 13:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは吉田です。

爽やかなGW 。
いかがお過ごしでしょうか?

今朝は5時に目が覚めたから、奥多摩へセッティング出しに行って来ましたよ!



何で急にセッティングが変わったんだろう?

全体的に薄い症状なんだよなぁ。

エンジンって、オイルを食ったりするとガソリンを濃くして誤魔化すセッティングになりがちなんだけど。

過去のセッティングデータを確認しても、同じGW で綺麗に吹けているって書かれているんだけど。



とりあえず、迷ったら基準値に戻してからもう一度やり直すのが吉田流。

ニードルを10E1-52に戻してクリップ位置で様子を見る事にしました。



上から1~3まで試して良くなってきたところで4段にしたら、悪くなった。

セッティングは良いと思っても悪くなるまでためさないとベストの判断がつきません。

3段にしたところで、MJも帰宅したら一つ上げようかなぁ~って考えながら走ってました。

私は帰り道って車の後ろに付いてポケ~っと走って帰るんですよね。

家から2キロ位のところまで来たところで信号で止まろうとしたら

パスッ。。。

ん?

あれ?何でエンスト???

セルを回したら、ウィ~ン!!

あれ?
全く掛かりそうにない(−_−;)

前にもあった電気系のトラブルかな?



弁当屋さんの駐車場に入れさせて頂き、吉田兄のレスキューを呼んだ。



奥多摩ではなく、自宅近くで良かった~。

ところが、電気をチェックしても確かに火花は弱いけど、原因は他にある感じ。

押し掛けしようとしたら、圧を感じなかったんですよね(T_T)

プラグを抜いて指で押さえてセルを回す。

・・・。

御臨終です。

白煙を吹いて止まった訳ではないので、ヘッドで何かが起きてます。

悩んでも仕方ない。

とりあえず、吉田ガレージまで運ばなくては。

[選択肢]
1)バイク屋を呼ぶ。
2)友達を呼ぶ。
3)軽トラを借りて来る。
4)押して帰る。

まあ、CB 1100Rですからね。

放置する訳にはいきませんから、大人の対応で処理しましょう。

とりあえず、私は革ツナギ姿ですから、これは早く着替えたい。

イタズラされたくないから、お弁当屋さんで竜田揚げ弁当を二つ購入して、30分バイクを置かせてもらう事にして、吉田兄の車で一旦は自宅に戻りました。

バイクの引き取りには、やっぱりタクシーが必要ですよね?

自宅までタクシーを呼んで、お弁当屋さんまで乗せてもらった。

何の為???

決まっているじゃないですか!
CB 1100Rの引き取りですよ。



はい。
バリバリ伝説を読んでたオヤジ世代が見たら涙を流す光景です。

自分の愛機を他人に任せる事なんか出来るか!

当然、押して帰るんですd( ̄  ̄)

リアルに巨摩郡をやる奴は初めて見たでしょ(笑)

でもね、八王子を知ってる人にしか分からないのですが、平地ではなく山を二つ越えるんです。



二人掛かりで押しても、半端なく重い。



一つ目の坂を登ってトンネルを抜けると一回下り坂です。

下った先の坂を見ると絶望感で目眩がします。



20メートル位押したら休憩を繰り返します。

本当に足と尻と腕の筋肉がパンパンになり、逆流性食道炎から何かが込み上げてきます。

ほら、綺麗な青空でしょ?



これ、道路に倒れこんで、吐きそうになっている時の空(笑)



1時間半位で二つの山を越えました( ̄▽ ̄;)

ここからは家まで下り坂だから、もう大丈夫です。

50歳近い兄弟二人で何をやっているんだか。

まあ、これも楽しい思い出。

またエンジンを降ろさなくてはいけないね。

悲しい出来事なんだけど、ブログネタとしては面白いところが悩みどころ。

まあ、考えようによってはラッキーでした。

1)山奥ではなく、自宅近くの市街地だった事。

2)高速道路での全開走行ではなく、20km/h、2000rpmだった事。

3)GW で吉田兄がすぐに来てくれた事。

4)事故った訳では無い事。

5)バイクは綺麗なままで、手間と金を掛ければ直る事。

ただ、ちょっと今年の思い描いたスケジュールは全て白紙になりました。

これからエンジンを開けてみて、今後どうするか再検討します。

明日は筋肉痛で動けないと思いますけど。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/04(金) 14:54 | コメント:15 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

天気に恵まれたGW は如何でしたか?

免許証は無事ですか?

スギはGW 前から捕まってたみたいですけど。



私はCB 1100Rの突然死に続き、昨日は妻が娘と一緒にコメダ珈琲店の駐車場で当て逃げされたと電話してきた(ーー;)

中田保険に連絡を入れましたが、「あれ?ボルボは車両保険に入っていませんでしたよね?」と。

あっ、そうだった( ̄▽ ̄;)

55万円で買ったボロボだから、修理が必要になったら買い替えようって事で入らなかったんだ。

それにしても、よく契約内容を覚えているよね~。
私とは違って優秀な保険屋さんです(笑)

でも、今朝見たら擦られたのではありませんね。





故意的に何かをぶつけたか、叩いたかです。

いわゆる10円玉攻撃みたいなもの。

ドア2枚とリアフェンダーですから、普通に直す事を考えれば左側全面塗装コースです。

狭いですけど、普通に駐車場へ止めてあっただけなんですけどね。

普通だったら頭に来て、夜も眠れない状況でしょうが、今回も妻が事故を起こした訳でもなく、たまたま病んでいらっしゃる方の隣に止めてしまったという「事故」ですから、ここは刺されなかっただけマシだと考える事にした。

多少でも引っ張り出せるか、週末にチャレンジしてみます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/07(月) 07:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

突然、生き絶えてしまった1100R。

たぶん、バルブ系かなんかだと思いますが、原因究明も楽しみだったりします。

組んだばかりでも無く、全開走行時でも無く、油温も100℃位で安定していたし、経年劣化とかが原因なのかな?

どっちにしても、次にエンジンを開けたらかなりの出費になり、資金面からして今年の復活は難しくなります。

ちょっと予定外だけど、私の戦闘機を蘇らせる事にします。



本当は、もう老体だからエンジンを完全リフレッシュしてあげようかと思っていたのですが、もう1クール先延ばしですね。

さて、車検費用は何処から調達しようか(-_-;)
1100Rのオーリンズなんて買っている場合では無かったなぁ。

そうしたらスギが「兄貴、オイラが買いまっせ」とな。

そのまま横流ししたから、車検費用は準備出来ました(笑)

そしたら、乗りっぱなしで半年間放置しているから、車検整備をしてから滝ちゃんにお願いしましょう。



そんなに急ぐ必要は無いのでゆっくり仕上げていきます。
まずはTMRのお掃除からですね。



その前に、ガソリンホースですけど、私は取り回しの都合で左右のパイプ長さが違います。
そうすると、必ず長い右側にエアー溜まりが出来るんですよね。

たぶん、この位ならガソリンの重力で押し切る事が出来ると思うのですが、考えられるトラブルはなるべく避けたいので、タイラップで引っ張っていました。

せっかくだから、アルミ板で


こんな感じに作って対応しておきました。



オーバーフロー気味だったので、カタナのTMRもフロートバルブ(いわゆるロケット君)を交換して、油面を12㎜に調整する。



あっ、キャブの掃除と言ったら、一般的に入手出来るクレのキャブクリーナーを使ったりしますけど、TMRに関しては、本当は厳禁です。



いつもは、ミクニの黄色い小さなクリーナーを使うのですが、これって高くてパーツショップに行かないと手に入らないんですよね。

だから、取り外したジェットを掃除するのに使っていたクレのクリーナーをフロートに使ったら、途端にシールパッキンが1.5倍位に伸びてしまった(笑)

久しぶりに見て笑ってしまった。
乾くと縮むんですけど、当然劣化の原因になります。

私は、新品を持っていたから、交換しちゃいました。



Vシールに掛けると膨張してバルブが閉まらなくなりますからね。

乾くと閉まるようになりますけど。

各部を掃除していたら、どうやら同調が狂っているみたい。





本当はマニュアルに書かれているようにテスターを使うんですけど、TMRの場合はスライドバルブの隙間を目視で合わせるだけでも、改善されます。



調整の仕方は、キャップを開けます。

そしたら、2番は固定ボルト



その他は偏心になっていると思います。

ヘキサゴンがロックボルトになってますから、10㎜の偏心ナットを回すとスライドバルブの上り下りを調整出来るのです。

これをスライドバルブをシャカシャカして馴染ませながら微調整していきます。

そこでトラブルを発見してしまった。



なるほど( ̄▽ ̄;)

参ったなぁ。

このところ、アクセルを開け始める時に何だかしっくり来なくて、またアイドリングも安定しなかったり、信号待ちの度に微妙に回転数が違っていました。

スライドバルブをシャカシャカして微妙な隙間をチェックしていて分かりました。

ガタが出ている。

流石にTMRが発売されて既に25年位ですか?

私は発売と同時に相模原のWORKSで買ってますから、そりゃあ劣化もしますよ。

J16監督がまだミクニに入社してすぐに私が買って、彼はその後にTDMRの開発をしたって言ってましたもん。

スライドバルブのVシールは昨年交換しましたけど、ベアリングや他のシール類、プラスチックパーツは既にアウトです。





半年前は割れていなかったけど、一気に劣化しましたね。

ドレンホースのジョイントだから、今は問題無いけど、どうしよう。

前は部品取りのTMRのパーツも貰っていたんだけど、流石に処分しちゃったしなぁ。

J16監督には新しいTMRに交換した方が結果的にメリットは大きいと言われてます。

う~ん。

まずは、騙し騙し今年は乗り切って、来年あたりに買い替えを考えようかなぁ。

何だか次から次へと金の掛かる事が発生します。

まあ、ボチボチいきましょう(^_^;)
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村


2018/05/08(火) 08:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

そういえば、連休中にボルボのタイヤを交換しました。

前回、2本だけナンカンタイヤに交換しているので、今回は擦り減った残りの2本ね。

一度使い始めたら止められないナンカンタイヤ(笑)



だって信じられない安さなんだもん。



これに送料1080円が掛かります。

あとは、組み替えですけど、流石に車はバランスを取らないとハンドルがブルブルしちゃいますから業者さんにお願いします。

ただ、海外タイヤの組み替えだけやってくれるお店って少ないんですよね。

でもね、新青梅街道のジョイフルホンダの近く?にあるタイヤフィッターさんがオススメ!

持ち込みタイヤは、オートウェイさんからの直送も引き受けてくれます!

スマホで予約が出来て、1本 1750円(タイヤ処分含む)4本セットだと割引ありだから、HPを見て。

車からの取り外し工賃500円/本とバルブ新品交換500円/本は必要無かったらキッパリ断れば良いだけ。

作業もテキパキしていて、若いお兄さんの対応も気持ちいい。

夏タイヤに悩んでいる人は検討してみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/09(水) 08:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日は午後から雨でしたが、昼前に少しメンテナンスが出来ました。



この前やったばかりですけど、やっぱりアクセル全閉時のシャキッとした感じはガタ以外にもあると思われます。

どうしようかなぁ~と思っていたら、ミクニのキャブクリンスーパーが半分くらい残っているのを発見!

やった!これでVシールの掃除が出来る^_^



クレのキャブクリーナーでVシールを掃除すると、シールが膨張してアクセルが動かなくなりますからね(笑)

ついに室内で使っていたテーブルもガレージデビューしてしまいましたから、作業していると散歩の人がジロジロ見ていくのでやり難い( ̄▽ ̄;)



さてと、もう一度バラしましょう。



フラットバルブは、同調を取る為のボルトを外します。



そうすると、そのまま引き上げれば外れます。



これがフラットバルブ



引き抜くとボディ側はこんな感じ。



Vシールは、奥の溝です。
リングの中に入っています。


これがあるから、スロットの貼り付きが無くなり、そのお陰でリターンスプリングが弱く出来るので、結果的にはレーシングキャブレターとは思えない軽いアクセルになっているのです。

本当にTMから変更した時には衝撃的でした。

Vシールは他のパーツと違って単品購入出来ないはずです。

ここはトラブル防止の為に、正規代理店で行うようになっています。

ボディ内部をキャブクリンスーパーで洗浄して、エアーを吹くと、たぶんリングが外れてくると思います。



焦らなくて大丈夫。

浮動バルブとの間でリングは嵌っているだけです。斜めに入らないように細いマイナスドライバーを使って作業すれば、ピッタリ収まります。



やはり、バルブも擦れてますね。



ベアリングとの当たり面が均一で無い事も、アクセルにカチッと反応しない原因かも知れません。

組立は、最後に同調を取れば完成。



今回は上側をバラしましたけど、クリーナーは全体に回り込みますから、フロート内部も念の為に掃除しておきました。



直キャブの人はどのくらいの頻度で掃除しているのかな?

私は少なくとも春から秋に掛けて2回位です。

キャブを開けるのが趣味ですから(笑)

直キャブだと、必ず砂や埃を吸います。

そうすると凄い高速で流れてますから、サンドブラストみたいな状態なんですよね。

ですから、フロートを開けてジェット交換するだけではなく、一年に一度位はバルブの埃位は掃除する事をオススメします。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/14(月) 08:38 | コメント:5 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨日、テリカリのブログを見てましたけど、今度のTOTって凄いカタナ?が出るんですね。
カタナでは無いけど。

J16監督のテリカリブログ

加賀山さんって有名な方なんですね( ̄▽ ̄;)
そういえば、営業で企業を訪問した時にその会社はTEAM KAGAYAMAのスポンサーだって言われてポスターが貼ってあった。

こういう熱い想いのある方々が、地道にモータースポーツを支えているのかと思うと、感謝の気持ちが湧いてきます。

観に行きたいけど、レースには全く興味が無いから、チケットを買ってまでって思ってしまいます。(⌒-⌒; )

さて、今日はどうでもよい話。

暖かくなって、BBQシーズンですね!

外でテーブルを出して楽しむ時って、アルミテーブルとパイプ椅子を使ってませんか?

大人の男なら、本格的なガーデンテーブルを使って演出してみたいと考えた事はありませんか?

こんなガーデンテーブルセットはどうですか?



実は、以前にQちゃんの会社の別荘で使っていたものを貰って、吉田家では室内使用してました。

適当にペンキを塗って使っていたから、ダメージ加工済み?です(笑)



本来は雨晒しで使うテーブルなので、細かい事は気にしないで。

折りたためるから、VOLVOでも後ろをフラットにすれば積めます。





結構重いから、引き取りに来る人限定で誰か欲しい人がいたら、差し上げますので必ず公開コメントで送って下さい。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/15(火) 08:14 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

この週末は、カラッと晴れて空気は涼しく最高の天気でしたね。

テイストに行かれた人も多かったのでは無いでしょうか?

私は気まぐれでハリーと散歩へ出かけました。



高尾は犬の散歩に関して言えば、色んなシチュエーションに合わせてコースを選べるのでマンネリ化しないで助かります。

少しだけ作業もやりましたよ。



こんな作業空間を確保出来るのも、八王子ならでは。

TMRのお掃除をやりましたが、一度バラすと問題も出てくるものです。



ドレンボルト?キャップ?にはOリングが入っているのですが、これが古くなると潰れてガソリンが漏れるんですよね。



ミクニの純正品を注文するのが面倒だなぁ~って思っていたら気づいた。

こういう時こそ、モノタロウだろ(^ ^)

モノタロウのHPって、買いたい商品が決まっていれば良いのですが、検索がイマイチですよね。

それでも、今回は簡単なOリングですから「Oリング」でHPトップ画面の検索欄に入れてみた。

あっ、これは簡単に出てくる。

ふむふむ。

ちゃんと「燃料用」って書いてあるね。



あとはサイズが分かれば注文出来るって事ね。



内径17.5ミリ



外径22.5ミリ

線径1.5ミリ

「もっと絞り込む」

にて、



純正品は19.5ミリだと思うけど、私は17.5ミリの内径を選びました。



線径は1.5ミリね。



ほらね、1個89円だから4個で356円なり。

この金額なら、送料無料にする為の3000円合わせにする際に帳尻合わせで買えるレベルでしょ?

5年位交換していないなら、気が付いた時にでも注文してはいかがでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/21(月) 08:07 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

昨年の休眠前から滲んでいたフロントフォークのオイルですが、これは直さないといけませんね。



どっちみち、オイルを硬い物に交換して様子を見たかったので、丁度いい。

さて、モリワキさんに発注しようかと思ったけど、気になるアイテムがありました。

「オイルシール CB1000」とかでBIG1用を検索すると、安いのが出てくるじゃないですか。

どうせチャイチャイ製かなんかだろうけど、実際はどうなんだろう?

気になっていても、しょっ中交換するパーツでは無いので、試す人は少ないのではないでしょうか?

ならば、私が実験材料になりましょう(^ ^)

色々あるけど、ヒロチー商事さんで注文してみた。



N.T.Bとな。Nippon Tansha Bodyという会社ですか。

HPを見ると、純正品と同等品とある。

商品にも、純正番号との互換性も明記されているので親切ですね。



価格は、ダストシールとのセットで送料500円も入って2,832円なり。

値上りしている旧車のパーツにしては、確かに安いですよね?
見積取って比較した訳ではありませんが。

とりあえず、今週末にでも作業してみます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/22(火) 07:56 | コメント:4 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

GWに傷を付けられたVOLVO。

何があったか知らないけど、ベッコリと凹んでます。



次の車検は確か2月だったかな?
板金に出すくらいなら買い替えようかと思ってます。

とは言っても、このまま乗るのも嫌だから目立たないレベルにはしたいところです。



内張を剥がして押してみた。

ボンッ!

あっ、戻った(笑)

そりゃあ、元どおりじゃないですよ(^_^;)

あとは、尖った何かで叩いたような傷は白くなっているので塗装が必要です。

黒い塗装って事は、カタナのフレームと同じテクニックを使えば元どおりになります!



やっぱり、こういうときはマッキーの出番ですよね!(笑)

ほ~ら、目立たなくなった(^ ^)



あと半年はこれで我慢しよう。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/23(水) 08:08 | コメント:1 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

良い天気の週末でしたね。

近頃は手ぶらで出掛けるグランピングが流行っていると聞きますが、吉田家では自宅がリゾートです(笑)



土曜日は魚屋さんで新鮮な魚介類を買ってきて家族でBBQをやりました。



お刺身用のイシモチが安かったから、丸焼きにしちゃいます。



焼肉もそうですけど、特別な調理を必要としない炭火焼って、七輪さえ持っていれば凄く安上がりなんですよね(^ ^)

さて、日曜日は放牧をしながら作業しました。



注意しないとガレージの中に牛が入って来てしまいます。



今回はカタナのフロントフォークOHですね。



あんまり乗っていないイメージだったけど、既に前回からは4年経ってました。




私は柔らかい足廻りが好きなんですけど、CBに付けた減衰圧調整式のフォークを使うようになって、BIG1用のフォークは減速帯とか荒れたギャップの大きいコースを走る時に、揺り返し?が激しい事に気付きました(笑)

皆んなが怖くないのって、こういう事だったんですね(^_^;)

非調整式じゃない場合は、オイルを硬くすればいいんでしょ?



純正は10番のオイルって書いてあります。
前回入れたのも10番でした。


今回は試しに15番にしてみます。



作業は何度もやっているから、細かく書く必要はありませんね。

知りたい人は右上の「検索」で調べてもらえば過去記事が出てくる筈です。



下のボルトはインパクトを使えば万力固定する必要もありません。



シールの打ち込みは、素直に塩ビ管を1メートル買った方が良いかも。

今回、オイル漏れの原因だと思われる点サビを発見してしまった。



ギリギリフルボトムするとオイルシールに掛かる場所っぽいんですよね(−_−;)

乗ってみてダメだったら交換する事にします。



喉が乾いたから、ビールを飲み始めてしまったので、エンジンオイルは今度の週末に交換します。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2018/05/28(月) 08:05 | コメント:1 | トラックバック:0 |
ブログ内検索