FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

10連休のGW、如何お過ごしでしょうか?
今日からは晴れるみたいですね。

さて、今日はオートバイとは関係ない話。

いつものごとく、どうでも良い話なのですが、いつの間にか数が増えてしまったスーツケースのお話ですね。

はっきり言って、私は旅行好きでも無いし、ファッションに拘りがある訳でもありません。

ただのマニアです(笑)

たまたま知り合いになった人がロンドンバスを持っていて、軽くビジネスを助けるつもりで動いたら軌道に乗っちゃったんですよね。

そしたらイギリス繋がりで知り合いも増えて、仕事としてお世話になった色々な会社さんもあり、その中でスゲ~格好いい社長に出会って、その方の影響で何となくグローブトロッターが好きになったんですよね。

最初は、会話の中で「バシっとしたスーツを着て、オープンカーの助手席に赤のトロッターを転がして走っていたら、格好いいでしょ!」
って社長が言うのを聞いて、その頃ポルシェに乗ってた私はイメージが脳裏に浮かんでしまったんですよね。

そういえば、雑誌とか旅番組でよく目にするカバンって、これだったんだ~って知ってから、機会がある度に買っていったら・・・。



気が付いたら5台になっていた(笑)

普通のスーツを着たサラリーマンだったら、使うとしても黒とか紺を選びますけど、私は1~2泊なら18インチの赤、3~5泊の出張では21インチのオレンジを使います。

調べたら、グローブトロッターについて、細かく書かれた記事が見つからなかったから、私が新しくカテゴリを作って数人のマニア向けに記録として残しておきますね。

何故記録が必要かと思ったかと言うと、



この前の出張でキャスターが壊れたから。

調べると、普通に壊れるみたいですね。



ただね、私からしたらオーナーさんがちょっと大袈裟に考え過ぎちゃっているんじゃないの?って感じたから、私が一石を投じたいと思ったまでの話。

だって、正規店でのキャスターの修理はイギリスで行うらしく、左右で3万円だって^_^;

消費税と送料入れたら、幾らになるの?

私なんか他に2台持っていて、これも壊れるのだろうから、修理代だけで10万円を超えます。



あっ、こんな普通のスーツケースですけど、一応イギリス王室御用達の品だから、もともとが少し値段が張る品物です。

VULCANIZE LONDON

日本でもカバン修理のお店があるから、そちらで直してもらえるけど、好きな方はオリジナルと直営店舗で直すことに価値があるとお考えなのでしょう。

私?

私にはそんな価値観はございません。

自分で直すと言えば貧乏臭いと感じるでしょうが、これはカスタムです。

純正よりクオリティを高くする事に意味があります。

私ならどうするかを、暇なGWのネタとして次に繋げていきます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2019/05/02(木) 08:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こんにちは吉田です。

今日は昨日の続きで壊れたトロッターのキャスターをどうやって修理するのかをお伝えしますね。

オーナーさんの書き込みを読んでみると、お店の人に「石畳みを引っ張ったり、荒い使い方をしませんでしたか?」と言われたりして、可愛い我が子に対して扱いが悪かったと後悔している方も多いみたいですね?

そんなに気にする事は無いですよ(^ ^)

こういう事を書くと、怒る方もいるかも知れませんが、所詮は5台しか所有していないオタクの言う事だと笑って頂いて結構です。

私の経験からのお話ですが、たかがスーツケースです。
多少の扱いで壊れるようでは旅の相棒としては、役立たずです。

1万円以下のチャイチャイ製だって、もっと丈夫ですよね?

何故キャスターが壊れるのか?



クレームを恐れずに言うと、製品上の問題も一つの要素として考えるべきだと思います。

私の21インチは、実は買ってから6年位だと思うのですが、使ったのは3回目です。

それも石畳みを歩いた訳ではなく、岡山駅前のタイルの上でした。

問題は材質と構造にもあるように思います。

ポルシェとかのヨーロッパ車にも言えますが、プラスチックやゴム類は日本車に比べると著しく劣化が早いですよね?
でも、これって海外では問題無かったりするみたいだから、日本の湿度とかも関係するとかしないとか。

気にもしていませんでしたが、トロッターのキャスターって、中がプラスチック製でゴムが薄いですよね。

ゴムの中身はこんな構造です。



引っ張るとチャイチャイ製のスーツケースよりもうるさいですよね。

その理由はコレです。

それも、劣化してくるとゴム部分も硬くなって、プラスチックみたいになり、「割れます」。

最初片方が粉々に砕け散って、もう片方をみると、白っぽく硬くなっていました。



当然、前回使った時よりも「あれ?何だか音が大きいかな?」って感じていたんですよね。
これに気付いたら、末期症状だと考えましょう。

ご想像のとおり、翌日に神戸へ移動する際にもう一方も砕けて壊れました。

つまり、これをタイヤの製品上のトラブルと考えるのであれば、3万円を払ってイギリスで直してもらっても、また数年後には使っていなくとも劣化で同じく壊れます。

それならタイヤを交換して、なおかつメンテナンス出来るようにカスタムするのが正しい方法ではないかと私は考えました。

長くなっちゃったから、修理方法はまた明日にしますね。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2019/05/03(金) 17:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

3日連続でトロッターの話しになってしまいましたが、今日で一区切りにします^_^;

ナナハンに新たなトラブルが発生しているから、早くそっちの話に移りたいんですよね。

さてと、どうやってタイヤ交換をするかですね。



誰かが組み立てたと言う事は、仕上げの逆順を考えれば基本的にはバラす事が出来るはず。



つまり、化粧が最終工程になるから、内布を剥がすようですね。

タイヤ部分はカバーのパネルがもう一枚追加されているから、このパネルを外す為にはここまで内張を剥がす必要があります。



う~ん。
どうするか。

メーカー修理なら当然、同じ布地があるから全部貼り直しするんだろうなぁ。
そう考えると、確かに3万円とか取るし、時間も掛かるでしょうね。

あとはカッターでパネルに沿って切れ目を入れてしまう方法もありますけど、それはちょっと素人の「修理」になってしまいます。

最悪のケースも考えつつ、どこまでバラせるかやってみる事にした。



カシメも、どんな種類を使っているのかが分からないから、手探りで作業は進みます。

多分、外側に当てを用意して内側から叩いたんだろうなぁ~。
あれ、随分硬いなぁ。
これって日本で売っているカシメとは違って釘みたいな強いタイプだな~



軸が何ミリなのかも分からないから、少しずつドリル径を太くしていく。



あっ、外れた。
穴径は4ミリでした。



2ヶ所のカシメを外せばキャスターはアッセンブリーで外れます。



防音というより、出来てしまう隙間を誤魔化すスポンジが挟まってます。



内側に付いているパネルが見えます。



補強材の鉄板は、組立工程で中から当てられているので、外す事は出来ません。

作業としては内張を外せば一瞬で交換できる内容なんだけどなぁと思いつつ、仕上げ方法と手順を考えていく。

まずは、アッセンブリーパーツのキャスターを仕上げよう。



車輪軸もカシメ仕様ですね。



こちら側から叩いていますから、外すのもこちら側です。

ドリルで揉みますけど、共回りするから良く切れる刃を使って根気よく、熱が入るとプラスチックが溶けて使い物にならなくなりますからね。





シャフトは一般的に出ている6ミリの30ミリタイプが使えますね。





多分使えるだろうと予想して購入しておいたタイヤで大丈夫でした。



本当はタイヤに関してはmade in JAPANが欲しかったんだけど、急ぎで必要だったからチャイチャイ製で我慢。

今度の作業はメンテナンス可能に仕上げるから、いつでもタイヤが手に入ったら日本製に交換できるようにします。

50ミリの外径で、車軸が35ミリと30ミリが入っているタイプをヤフーショッピングで見つけて購入しました。

2400円位だったかな?

35ミリの車軸だけセットになっている奴は1700円位だから、これを買ってカットしても使えるけど、その場合はメスネジが奥まで切られていないから、タップで追加仕上げする必要があります。



タイヤ幅は隙間が出来るけど、付属されているワッシャーを両側に入れるとピッタリです。
業界の共通寸法なのかな?

シャフトの納まりは、カシメの頭と今回のボルト仕様だとサイズが違います。



私はプラスチック強度を優先して、ボルトの頭を削って形状を合わせました。

タイヤの構造が違うでしょ。



超静音タイプって売ってるのですが、全部がゴムに対して、壊れた純正はプラスチック製のホイール?がこんなに大きいからゴロゴロ音がうるさいのです。

ただ、ゴムが大きいって事は、ちゃんとした材質じゃないと溶けたりするので、日本製じゃないと不安なんですよね(笑)

取り外し可能にして、メンテナンス出来る仕様にする為にボルト仕様に変更しました。



これも色んな方法が考えられましたが、今回は手元にあった材料で作ったので3ミリ厚のアルミ板をカットして4ミリのネジを切ってます。





何でこんな形状かというと、外す時に共回りしてボルトが外せなくなるという最悪のケースを避ける為。

ボルトは10ミリを使いたいところだけど、片方は隙間がギリギリだからカットして8ミリにしました。

完成!



お上手!



タイヤは表面と裏面があって、オフセットが1ミリくらい違うから注意してね。



タイヤの種類を変えると静かになります。

この仕上がりからすれば、修理じゃなくてカスタムだって言えるでしょ(^ ^)

残りの2台はまだ壊れていないけど、日本製のタイヤが手に入ったら交換する事にします。

今回は、私が手探りで作業して半日位でした。

でも、普通の人は工具も無いし経験も無いだろうから、結構大変だと思います。

材料費は3000円程度だと思いますから、工賃をどう考えるかですね。

ちょっとネットで調べたら、15000円位で対応してくれるお店が簡単に見つかります。

ボルト仕様ではなく、リベット止めだと思いますけど。

自分で苦労して、1日掛かりの作業を考えると1万円は高くは無いかもしれませんね。

大切に使えば、トロッターって20年位は普通に使えますから、タイヤが壊れたからと言って手放す事なんて考えない方がいいですよ!

手を入れれば愛情も増しますから(^ ^)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2019/05/04(土) 07:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。吉田です。

長かった休みも、やっと明日で終わりますね^_^;

やはり私には3連休位が一番有り難いように感じます。

さて、金曜日はスギが遊びに来たから一緒に奥多摩へ行きました。



毎回奥多摩しか行かないのは、時間さえ間違わなければ渋滞が無いから。

セブンイレブンからは、信号も数カ所しか無いので止まらないで走れるんですよね。

二人だったから、スギに奥多摩湖を案内してツーリングみたいなコースを走る事にした。

ダムに来るのなんて何年ぶりだろう。





時間も気にせず、スギだったら文句も言わないから、適当に走って帰る事にした。

オイラは地図なんてみないぜ。

気の向くまま、出てきた青看板だけで走るのさ。

そのうち、どこか知ってる道に出るだろう(笑)

渋滞もなく、天気が良くて気持ちいい。
カタナと違って、足代わりのナナハンだとこういう使い方をすれば楽しいな。

ところがね、徐々に仕様が決まってきたのですが、やっぱり根本的な問題を解決しないとダメです。

「真っ直ぐ走らない」(笑)

一番最初の納車時にRZさんと話していたんですよね。

なんかリアタイヤがズレていない?って。

まさか、コンプリートマシーンなんだから、そんな初歩的なミスはしないだろうと思って、チェーン引きが左右対象になってないだけだと思っていたんですけどね。

どの速度域で手を離しても左に寄っていきます。

ダメだ。センターがズレている(T_T)



こんなのは、ヘタに寸法を計測したりするからミスするんです。

吉田兄弟はどうするかって?

「目視」あるのみ(笑)



左に曲がっていくって事は、リアタイヤは右に寄っているって事だから、左のカラーを外してチェックしていきます。



ダミーでワッシャーを入れてみると、数値を確認し易くなりますよ。

結論。右に3ミリズレています。



カラーの作り直しですね。

旋盤かぁ。

これは高橋精密のお力を借りるしかないな^_^;

マコっちゃん、いつも申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いします。m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
2019/05/05(日) 13:15 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

やっと仕事が始まりましたね。
やりたい内容が溜まっているから、今朝は早出出勤です(^ ^)

さて、連休最終日の昨日は、マコっちゃんの会社へ行ってカラーを作ってもらいました。



髙橋精工さんは、精密加工の会社です。

マコっちゃんの城には、凄い機械がギッシリ詰まっています。



私が自分で作るカラーは、サンダーと鉄ヤスリで仕上げるから、どうせ友達のマコっちゃんに頼むって言っても古い汎用機でチョチョって作るものだと思ったでしょ?(笑)

鉄ヤスリで仕上げる事が出来るから、汎用機旋盤の有難さを理解する事が出来、汎用機を使いこなす事が出来るからこそNC旋盤のプログラミングに活きてくるのです。



最初、機械にドリルとかをセットしておくと、プログラミングどおりにマシーンが選んで削ってくれます。



とっても賢い子(^ ^)





シャキーーン!



お見事!



最初に付いていた削り出しパーツとは精度が違うから、いっそのこと全部作り直してもらいたいところだけど、見て分かるように削る前の作業が大変だから、1個作るような作業には向いていません。



3ミリロングで作ってくれた。



同じカラーを100個作るのなら簡単だって言ってましたけど、私のナナハン以外には使えない品なので残念です(笑)

最後のバリ取りは汎用機で仕上げてくれました。



休日に何だかんだ言って1時間くらいで作ってもらいましたけど、仕事として頼んだら大変なお話です。

注文する側は、材料費からして1000円くらいかな?って考えるけど、ビジネスだと機械の使用料を含めた時間工賃などを考えて提示するのですから、簡単に価格は跳ね上がります。

それを企業努力として、極力空き時間を利用しながらカスタムショップは汎用機で作るのですが、それでも高額になるのは仕方ない事情です。

お金が無いなら、鉄ノコと鉄ヤスリを使って自分で作るべし。

ジグソーとボール盤を手に入れた時には感動するから(笑)

物作りはクオリティが全てでは無く、作る過程と汚い仕上がりも味の一部ですよ!

でも30年もそんな事をしていると、最新技術の仕上げには、ただただ驚くばかりです。

マコっちゃん、いつもありがとう(^ ^)

2019/05/07(火) 07:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

ソフトバンクの人は、今日って「丸亀うどんの日」ですよね。

そう言えば、この前ハワイに行った時に長蛇の列を発見して、よく見たら丸亀うどんでした(笑)



実は今週って、私もうどんが食べたくなり、火曜日から行ってきました!



先に高知へ入ったのですが、中四国エリアって路面電車がいっぱい走っていてワクワクします(^ ^)



夕方になってしまいましたが、やっぱり高知の一大観光スポットと言えば、「はりまや橋」の写真を収めないとね!



ただただ笑うしかない。

札幌の時計台と並び、日本三大ガッカリ観光スポット。

カップルの観光客が「え~っ、これの事?」って腰を抜かしてました(笑)

路面電車の方が見ていて楽しい。



昼過ぎに仕事が終わったから、電車で丸亀へ向かう事にした。



丸亀って初めて来ましたけど、瀬戸大橋が見えるんですね!



うどんが名物だとしか考えていなかったけど、鳥も有名なんですってね?

骨付き鳥 一鶴さんに連れて行ってもらいました。



休日とかは並ぶみたいですけど、とっても美味~い(^ ^)

帰りの飛行機で、ふと気付いた。

あー!

うどん食べるの忘れてた!

やっぱり、今日は丸亀うどんを食べる事にしよう^_^;



2019/05/10(金) 08:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

君は翼を持っているかい?



テレビでRedBull 「BOX cart race」を見て、早速HPをチェックしてみた。

↓↓↓
RedBull BOX CART RACE

早速エントリーキットを応募してみよう!

ゲームをやるんですけど、通過タイムは40秒だったかな?

ゲームが大の苦手な私は1分43秒(笑)

娘にお願いしたら、36秒くらいだったかな。

そうするとエントリー入力に進み、2~3日するとキットが届きます。

中には翼が入っていた(笑)



エントリーキットって言っても、恐らく送っても倍率が高すぎて出場出来ないですね。

実は既にこの時点でイベントキャンペーンとしては大成功なんだと思います。

RedBull が好きで応援したいと思っている消費者の個人情報をゲットしたのですから。

私はロンドンバスでご縁があり、日本に上陸してきた時点からお世話になってましたから、これからも応援したいと考えてます。

良かったら、ゲームをやって翼をゲットしてみて下さい(^ ^)

さて、週末はナナハンにマコっちゃんが作ってくれたカラーを付けてみました。



右はキャリパーステーをズレた3ミリ分だけ少し加工すればOKですね。



左はギリギリ当たらずに済みました。



問題になるのがチェーンラインです。



それより先に問題になるのが、ドライブ側のスプロケットカバーですね。



何?このメンテナンス性の悪さは( ̄  ̄;

この外側のカバーも外すのかな?
あれ?
何でこんなに貼り付いているんだ?



うぎゃ~!!

オイルが漏れてきた!何だこの構造は!

多分、ドライサンプの関係ですね。



ようやくチェーンカバーが外れた。



何となくは予想していたんですけどね( ̄ー ̄ ;)



チェーンラインなんて、最初から合わせていなかった。



そりゃ無いよね~

ちょっと、ガッカリ過ぎです。

きちんとしたマシーンを作るって評判だったお店なのに、まともに走らない盆栽バイクを組み立てるショップに成り下がっていたなんて。

多分、計算ミスでタイヤのセンターがズレていたのではありません。

CB750Fourでワイドホイールなんかにする人は世界で数台しか無いでしょうから、オフセットスプロケットが流通していません。

だから、手に入るスプロケットに合わせて誤魔化した結果、タイヤを3ミリセンターから寄せたのでしょう。



どうせ解らないからって、舐められたんでしょうね。

確かに、ナナハンはカタナとかと構造が違って、ドライブ側では調整加工しにくいのも事実です。







とりあえず、今はオフセットスプロケットの受注生産に対応してもらえるかをxamさんに問い合わせ中です。

多分大丈夫だと思いますけど、ダメだったら次の逃げを検討してみます。

まあ、コンプリート車両なんてこんなものですよ。

レースに同じ車両で出ているショップだと、データが蓄積されているから当然の作業として仕上がってくるんだけど、CB750Fourだと難しいですよね。

その分、ノウハウ料として高いんだけど。

文句を言うくらいなら、自分で作れと。

私にショップに払った予算をくれたらスゲ~マシーンを作るんだけど(笑)

まあ、結局のところ他人のバイクに魂は入れられないから、こんなものなのかも知れませんね。
2019/05/13(月) 08:23 | コメント:3 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

毎日のようにアクセルの踏み間違えの事故が起きていますけど、これも便利な世の中だから発生する弊害ですよね。

マニュアルミッションの時代には、非常に珍しい事故だったと思います。

これが自動運転の時代になったら、また更に新しい事故ケースが出てくるんだろうなぁ。

さて、平凡なサラリーマンなんて、それ程刺激的な出来事なんてございません。

その為ネタとして、今年は地方出張が多くなりそうだから暫くは一人旅についてをシリーズ的に書いていく事にします。
出張が多いサラリーマンの皆さんにとって何かの参考になればと思っています。

月曜日は、少し早めに東京を出る事が出来て札幌へ。

7時くらいには私のお気に入りモントレ札幌



このレトロな外観がいいんだよなぁ。

今回もダブルの部屋を予約。



旅のお供はトロッターの21インチね。



廊下との入口ドアとは別に、寝室にはもう一枚のドアがあるから遮音性も良く、ゆったりとした室内空間。



これで朝食付きなのに1万円前後っていうのは破格値ですよね。



ただ、北海道はシーズンによって値段が大きく変わり、6月の予約を入れようとしたら同じ部屋が24000円とかになっていた。
暫くは予算の関係で使えないかなぁ。

モントレは「クラブモントレ」っていうサイトの会員(無料)になると、最安値の会員価格で泊まれるから、使った方がいいですよ!

さて、札幌の一人歩きは何を食べようか。

以前に妻と食べた、安い蟹のお店にもう一度行きたいんだけど場所が分からない。

今回はジンギスカンを食べる事にして調べてみた。

松尾ジンギスカン



なるほど。
丁度、お一人様にピッタリのセットがありました!





ビールも付いているのね。

ふむふむ。
野菜は焼くのではなく、煮るのか。



なるほど。
最初はスタッフさんがやってくれます。



お肉げ少ないように見えるけど、60g×4=240gだから丁度いい感じです。



やっぱり、ライスと一緒に食べれば、美味~い!



軽くススキノまで散歩して、夜だけど春の陽気を楽しむ。





あっ!路面電車だ!



凄く良い雰囲気。



モントレ札幌の目と鼻の先には、グループホテルのモントレエーデルホフ札幌もあります。



こっちは、新しくて大きな立派な建物。
オフシーズンになったら一度使ってみようかな。

火曜日の夜は札幌から山形に移動しましたけど、遅い時間だったから一人歩きが出来なかったのですが、山形ってお土産は何があるんだろう?って、帰りの新幹線の待ち時間に駅ビルのお土産屋さんを一回り。

そしたらね、見つけましたよ!



山形と言えばサクランボ。

でも、お土産にしては高すぎるよなぁって思っていたんですけど、このゼリーは凄い!



中にサクランボが15個も入っています。
それなのに確か420円だったと思います。

お土産売り場の一番奥のお店にありました。
娘に買って帰ったら、喜んでしたからおススメです!

2019/05/16(木) 08:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おはようございます。

毎日のように国内旅行?していますが、木曜日は仙台モントレに泊まりました。



仙台も海外ホテルのイメージで素敵です。



チェックイン時にアップグレードをお願いしたら、トリプルルームを使わせてくれた。



おー!
さすがモントレ!

更にクラブモントレのHPから予約したら、最上階にあるスパ利用券を付けてくれた。
サウナもジェットバスもある本格的なスパですから、絶対に無料会員になって利用した方がいいですよ!

だって、この内容で8500円でしたから(笑)

今日は午前中だけ徳島で仕事だから、昨日の日曜日から来ています。

せっかくだから2時にチェックイン出来るようにスケジュールを組んで、徳島駅前のダイワロイネットホテルを取りました。

早く入ったのは、映画見放題プランだったから。



まだ新しいのかな?



久しぶりにトイレとお風呂が別の部屋です。



このユニットバスは天井からシャワーが降り注ぐ仕様だから気持ちいい。



あっ、旅のお供は18インチのグローブトロッターね。



徳島ラーメンというカテゴリがあるらしく、駅前で有名な麺王 本店に入ってみた。



美味しかったですよ!



ただね、勢いに任せてスペシャル980円を頼んでしまいましたが、やっぱり最初はラーメン500円にしないとトッピングで味が良く分からなくなる事を後から気づいてしまった^_^;

あっ、そういえば、土曜日は48回目の誕生日でした。

そうしたら、私が以前に乗っていたミニクーパーを譲ったJinさんからプレゼントを貰いました。



プジョー407。

ウケる~(^ ^)

これについては、まだ続きがあるから、詳しくは6月になってからね。

Jinさん、ありがとう(^ ^)
2019/05/20(月) 08:10 | コメント:6 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

xamさんにオフセットスプロケットの件で問合せフォームから連絡してみましました。

ちょっとレスポンスが悪かったので1週間後に催促メールを送ったら、ようやく返信が届きました。

ノーマルのドライブスプロケットが販売されているっていう事はデータを持っているので、穴形状のデータを4ミリオフセットと組み合わせるだけなので、対応してもらえます。

ただ、ラインナップに無い仕様だから高い( ̄  ̄;

18000円なり。

確かオフセット無しは4000円くらいだから、4倍以上です。

でもね、だった18000円で解決出来るって考えたら安いもんですよね。

吉田兄に頼んでも、スプロケットは作れない事は無いんです。
細かい歯の形状についてデータが必要らしいのですが、1100Rのリアスプロケットは、10年以上前に吉田兄が自分で削って作っているんですよね。

何故今回は自作しないかって言ったら、18000円では作れない?作る理由が無い?からです。

前回作ったのは、「自分でも作れるものなのか?」という実験であり、遊びだった為。

ドライブスラプロケットは、鉄を焼入れしますけど、兄とマコっちゃんは本業だから、いつもの業者さんに頼めば良いだけの話。

作れるけど作らない。
物事には割り切りが大切。

さて、ナナハンの使い方はお買物とポケ~っとしたツーリングにしか使いませんから、当初からジェットヘルメットが欲しいと思っていました。

本当はタイラレプリカが欲しかったのですが、今スペンサーレプリカを被っていて考えが変わりました。

自分と同じ顔をしたライダーとすれ違う。

こんなの嫌だ。

何だか屈辱感で一杯になります。
「同じですね~!」みたいに手を振ってくるライダーがたまに居ますけど、買った事を後悔しますね( ̄  ̄;)

だから今回はレプリカヘルメットにするのを止めました。

これってヤフオクで買ったけど、何処かのお店のラインナップなんですかね?



普通のシールでは無くて塗装との事。

まあ、これなら同じ顔とすれ違う事も無さそうだから良い事にしよう。

ナナハンの赤とブラックスターの黒を考えると、丁度よいバランスだと思います。



スモークシールドにするべきか、サングラスにするべきか。

その前にナナハンを直さないといけないんだけど、スプロケットの製作は2ヶ月納期らしい。

まあ、梅雨明けだと思えばいいのかな?
2019/05/21(火) 07:44 | コメント:2 | トラックバック:0 |
おはようございます。吉田です。

朝、目覚めると一瞬、今自分が何処に居るのか分からなくなる生活をしています^_^;

今週は静岡エリアを回っていました。



富士宮駅前のホテルって、リーズナブルなお値段だからかも知れませんが、私以外は外人しか見かけませんでした(笑)

観光地では、インバウンドで生活が成り立っている方々も沢山いらっしゃいます。

ちょっといつもより時間がタイトだったから、昼メシを食べる時間が無くて久しぶりにマックに入ってみた。



マックって、以前にケンちゃんと奥多摩の帰りに食べた以来だなぁ。

あっ、関西の人に言わせると、マックじゃなくてマクドですね。

そう言えば、ケンちゃんはまだ生きてました。

何でも、マンションから一軒家に引っ越したらしく、ガレージを手に入れたらしい。



おいおい。スゲ~広いじゃねーか。

話を戻すと、
三島駅に移ってドーミーインにチェックインして散歩しましたが、やはり地方出張と違って目新しいお店や特産品が見当たらず、諦めて何でもない居酒屋に入ってみた。

まあ、普通のローカルなお店ですね。
ウチの娘と同じくらいの女の子が対応していました。

ビールを飲んで、次はウイスキーにしようと思ったら、竹鶴のダブルが550円だったから、安いなぁって事でダブルのロックを注文した。

あっ、この店は普通じゃなかった(笑)



これ、ショットグラスじゃなくてロックグラスね。

確かにダブルって注文したんだけど、このお店では小さい氷がダブルで入れるっていう意味なのかな?(笑)



多分、まだお酒を飲みに行く年齢では無いんだろうなぁと思って、可愛く見えてしまった。
2019/05/30(木) 08:01 | コメント:3 | トラックバック:0 |
ブログ内検索