プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

Qちゃんが勝手にパーツを持ち込んできた(^^;

どうやら倒立のフロント周りに憧れているらしい。。。

基本的にはカタナにGSX-Rのフロント周りを移植するのは、ベアリングが共通なのでボルトオンに近いのですが、細かい部分では当然ですけど加工が必要になります。

43Φとか倒立のトップブリッジにした場合に問題になるのがメーターステーの取り出し方です。

私のカタナは89年式GSX-Rの43Φを使っていますから、倒立の場合と同じ加工を施してます。
0930 019

こんな感じにすればボルトオンになります。
0930 024

裏はこんな感じ。
0930 025

左が加工した物です。
0930 027

実は加工自体は簡単です。
写真で分かるようにキーシリンダー取り付け5mmボルト穴位置を目安にカットします。
この時は鉄ノコやジグソーでカットしてください。
サンダーだと素材が短くなってしまいますよ!

あとはカットした2枚の破片を左右逆にしてトップブリッジ側の固定穴位置に合わせて溶接するだけ。
0930 030

あっ、トップブリッジも、もともとキーシリンダー取り付けネジ穴を貫通させてネジタップを切ってあります。

今回は裏側だけの溶接にしました。
0930 036

この状態にすればノーマルっぽく装着できます。
0930 035

どう?
0930 033

あと、この仕様でも、メーターとトップブリッジのキーシリンダーホルダーが当たりますから、少しだけトップブリッジ側を削る必要がありますからね。
0930 032

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2012/10/03(水) 07:51 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

スギ :

私のカタナをお願いし、時間かかったのでQちゃんの倒立化だいぶ遅れてしまいましたね・・・
申し訳ないです

先日メーターギアをフルスケールにしいじくった時
針を太くしたらタコメーターの反応が鈍く針が上がりにくくなってしまいました・・・(汗)

Qちゃん(週末は天気良いのかな~♪) :

そうそう、男の子だからね~太いのにあこがれ・・・以下自粛^^;

うおぉぉぉぉ
ありがとうございます~
簡単そうに書いてるけど、こういう事が出来ないんだよね~、普通の人には^^
自分なら何ヶ月も掛かるか、途方に暮れちゃう。
つか、さとちゃんの場合は同時進行で色んな加工を手掛けていくので、見てるとビックリします。

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索