プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日、PMCさんからハガキが届きました。


円高還元で20%引きとな。

今更還元セールっていう状態じゃないよね^_^;
ず~っと円高なんだから、定価の見直しでいいんじゃないですかね?

さて、日曜日はスギちゃんが我が家の工事に来てくれた。


和室を洋間にリフォームしてくれました。


今までは、畳からの隙間風が凄くて冬は寒かったんですよね。
今年からは、快適になる事でしょう。
スギちゃん、ありがとう(^O^)

そんなスギちゃんがお土産を持って来てくれた。


カーボンシートです。

せっかくなので、私は作業に入らせていただきました。

今回製作するのは、以前にお話しました993のドアに付いているプラスチックのカバー。


皆さんから情報をいただき、ありがとうございました。
しかし、いざ注文しようと思って調べたら、結構な値段がするような気が・・・。

こんなパーツに金など払っている場合では無い(・_・;

やっぱり自分で作ろう。

問題のカバーは、オーナーさんなら分かりますよね?
ほとんどの993で割れていると思います。


でも、実際はファッション的なカバーですから、こんなのはアルミ板を曲げただけでも十分な内容の物です。

作るのは超簡単さ!
まず、アルミ板2枚をアルミテープで繋げて型にします。



純正品を当てて角度を付けて固定します。
アルミ板が無ければ、適当な板にアルミテープを貼るだけでも大丈夫ですよ。

そしたら、ここからは普通のFRP製作と同じです。


先にポリ樹脂を塗って、カーボンシートを貼って、その上からグラスマットを2枚貼りました。
必要無かったけど、透けないように最後のグラスマットを貼る時だけ黒の色素をポリ樹脂に混ぜたから、裏面はブラック仕様になりました。

天気が良かったから、硬化も早かった。


この状態だと、大丈夫?って思うでしょ^_^;

切り抜いてペーパーを掛け、コンパウンドで磨いてみました。


裏面はこんな感じ。


その頃になったら、スギちゃんの工事も終わりました(^◇^)


私の作業も完成さ!


売り物と大して変わらないでしょ?

結局、今回も残り物と貰い物で作ったから、お金は掛かりませんでしたよ!
2012/10/23(火) 07:23 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

スギ : たまぁーに(笑)

真面目に仕事しているところを撮られていましたね現場監督兼手元なので恥ずかしい限りです(笑)

少しでも暖かくなるといい

作られたパーツの出来には驚きました
流石です
私も上手く作らないとです(汗)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索