プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

12月に入って忘年会シーズンに突入しましたね。
私は来週がピークです。

今までは12月になると、半分位は終電だったのですが、内勤職になった今年からは、5件位しか参加しません。

さて、土曜日に吉田兄がやって来た。

この前加工したカタナのステップで、マスターシリンダーを固定するステーは5ミリ厚のプレートを使ってボルト固定しました。
できれば、固定部分をオフセットさせて仕上がりで段差を無くしたかったんですよね。

そしたら吉田兄が、カットしてきてくれる事になったのです。

そしたら・・・。

「データを入れるついでだったから、作り直してきた」と言って持ってきてくれた。


あら、私が苦労して切り抜いたプレートも機械加工だと楽なのね。(;^_^A

でも、私は使えないから良く判りませんけど、機械にセットしてしまえば楽だけど、それまでが面倒みたいですね。


でも、持ってくるなり「お前の手削りは寸法が微妙な数値だから、当たってダメかも知れない。」

ほら、私の加工は現物合わせばっかりだから、あんまり数値なんか気にしていないんですよね( ̄▽ ̄)

0.5ミリの差もプラスに振るのかマイナスに振るのか。
3点のポイントが少しずつズレると、大きな差になってくるんですよね。

これがCADを使った精密加工のメリットでもあり、デメリットでもあります。

ん?
ちゃんと最初から、数値を計測すればデメリットは無いのか?

誤差0.5ミリで加工する私には難し過ぎる話です(ー ー;)

どうやらマスターシリンダーの微妙な角度が想像と逆の振れ方だったらしく、自分の目で採寸を始めました。


もう一度作り直しです。

これをショップでお願いしてたら、いくら掛かるんだろう?

恐るべしプライベートカスタムの世界(笑)
2012/12/04(火) 09:05 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

けんたろー :

僕の第一歩もステッププレートでした。
あれだけのものを作るのも大変なんだって実感したな~。
しかし、これでまた作り直しってのも、恐るべしですね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索