プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日から仕事の方って多いのでしょうか?

私は毎年、年始に一年の予定とか目標を組んで段取りとかを考えます。

昨晩は、今日が仕事始めだと思って早く寝たのですが、1時に目が覚めてからセミナーの講演内容とかを考え始めたら眠れなくなり、そのうちに新聞配達のバイクが走り出し、結局は寝れないまま目覚まし時計を止める事になってしまった^_^;

今日は1月の入社式。

普通の企業では考えられませんが、保険会社の多くは毎月新入社員を迎え入れます。

それも外資系生保では、基本的に営業経験のある社会人しか採用しません。
それなのに3年生き残れる確率は・・・。

10年前にスーパースターだった方でも多くが転職されてるのも事実。

経済状況や時代背景、雇用状況や社会の先行きに大きく影響を受け、変化し続ける仕事です。

外資系生保の男性営業だと、3年前に凄くても、今の時代に対応できてないと生き残れない過酷な職業だったりするんですよね。

ほら、フレディスペンサーがスーパースターだったのも、あの若さで当時のマシーン、当時のタイヤ、当時の経験と勘が優先されたレース環境だったから。
実際のところ、現代でもスーパースターになれたのかも知れないけど、それは判らない。

大事なのは、その時代をどう生きるかという事。

第一線から離れた私には、過去の経験からしかアドバイスできないけど、一人でも多くの新人さんのサポートをしていくのが今の私の仕事。

まだまだ明るい兆しの見えない経済環境ですけど、今年も自分のやるべき事を一生懸命にやって、来年に向けた良い一年にしましょう!
2013/01/07(月) 07:48 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

スギ :

気を抜くと足元をすくわれ利用されることもままありますが世知辛い世の中ですから・・・

心を菩薩に、心を鬼にしてその時を柔軟に対応していかないと
生き残れないのかもしれないですし
目標も達成できないかもしれませんね・・・

自分の業界も今年も厳しいです
一生懸命頑張るしかありませんね

大兄 :

はじめまして。
少し前からblog拝見させていただいている
同業種(しょぼい代理店ですが・・・)、同年代、同バイクの者です。

ホントに厳しい状況ですねー。

「強いものが勝つのでは無い。生き残ったものが強いのだ。」
とのお話も聞きますが「生き続ける」ことが最も大切なのだと拝見して思いました。
バイクも「乗り続ける」ことが如何に難しいか!を体験しているので・・・。

お互い飲み過ぎに気をつけて乗り切りましょう!


ルートマスター : スギちゃん

何の仕事だって、お金を稼ぐのは大変だよね。
3年前にバブリーだった人が今は自己破産している状況を何人も見てきているから、来年の自分だってどうなるのか分からないもんね。

少なくとも後悔しない生き方をしていこう。

ルートマスター : 大兄さん

初めまして。
直販でも代理店でも大変なのは同じですよね。

特に損保と違って生保の人は何故だかお金が残らない(;^_^A

きっとファイナンシャルプランナーに相談した方が良いのでしょうね(笑)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索