FC2ブログ
プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
既に復活して10年経ちましたから、リターンライダーとは言えない状況にあります(--;
内容もオートバイのブログと言うより日々の日記になってきております。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんばんは。吉田です。

三連休をいかがお過ごしですか?

正月休み明けで金も無いからゴロゴロ過ごす人がほとんどではないでしょうか?^_^;

私もやる事が無いから、今日は犬の散歩に付き合ったりしてました。

そんな暇な休日に、暖かい時間帯だけ作業をしました。

オイルクーラーのホースを加工してフィッティングを装着します。

私が新品パーツを使う訳も無く、横回し仕様で使っていた22年前の当時物(笑)を再利用します。

ん?違うなぁ。
私のホースはスギちゃんにあげちゃったから、私の手元にあるのは、出処不明のアールズホースです(ー ー;)

まず、誰が作業したホースかも分からないから、バラしてみた。


案の定、適当にカットされたホースが使われていた。


ホースのフィッティング取り付けも実は簡単です。

加工された物をバラすと、こんな感じ。


見て解るように、真ん中のパイプがホースの中に入って、その周りが刃物みたいになっていて、ゴムホースに突き刺さる仕組みになってます。


加工は簡単。
スギちゃんに借りたカッターでホースを切断して、赤いカバーを差し込みます。


必ずネジ部に一度合わせて、マーキングします。
私はマスキングテープを貼って目印にしました。

そしたら、そこから若干引き抜きます。


マニュアルでは#8は2mmとされていますが、締め込み作業時に若干飛び出てしまいますから、私は最初のセット時は1.5mmにしました。

後は、必ず手でネジ込んでからモンキーレンチを2本使って締め込みました。


この時、ネジ部には必ずオイルを塗らないと、アルミのフィッティングが削れたりしますから注意してくださいね。

マニュアルでは、赤いカバーをバイスに挟んでインチサイズのスパナを使用する事って書かれてますけど、一回ごとの締め込みに気を付ければ問題ありません。

あっ、傷は付きますから、皆さんは真似しない方がいいですよ。
私も昔はアルマイトに付く傷が嫌で、マスキングテープを貼ったりしましたが、今では床にホースを転がしてボロボロになっても全く気にしない(笑)

こんなフィッティングなんて、オイルが漏れなければ、見た目なんかどうだっていいと思ってます。

次はオイルクーラーの装着ですね。
2013/01/13(日) 18:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索