プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

日曜日の煙霧は凄かったですね。

吉田家では、家族揃って成田~鹿島方面へ出掛けたので、直撃でした。

黄砂だと思っていたのですが、単なる砂埃で安心しました。
我が家のVOXYが直キャブじゃなくて良かったです(^_^)

さて、1100Rのヘッドを面研に出す為に乗り越えなくてはいけない作業があります。

マフラーボルト抜きです。

CBの場合、みんなが困る作業の一つですよね。


まずは、ダブルナットで抜いていきましたが、一本だけビクともしません。

面研には、下側の4本が抜けていれば、作業的に問題は無いのですが、ここまで手を入れたエンジンですから、このタイミングでトラブルの原因になる部分は全て処理しておきたいと考えた。

でも、経験上から言って絶対にもげる固さです。

みんなこうやって折るんだよなぁ。

よし!これもブログネタだ!

よくあるトラブルに直面して打開策を報告しよう(笑)

えいっ!!



簡単に折れた。

そしたら、専用工具なら大丈夫なのかな?って考えてスタッドボルトリムーバーを買ってみた。

アストロプロダクツは在庫無しだったから、Amazonで安いのを見つけました。


価格は801円なり。



M6用を使うとこんな感じでロックできます。


でも、全く動く気配が無い(・_・;

バーナーで炙ってもダメ。


悩んでいる時間がもったいないから、次の手段に進みましょう。

とりあえずリムーバーに力を込めたら、またしても折れた。


あとは、ドリルで穴を開けて逆タップで回すしかないね。


良く切れる新品の2mmドリルから始めました。


角度に注意してね。


ネジ穴とボルト長さを比べると、貫通できる事かわ分かります。




深く掘り過ぎないように。


手応えで貫通したのが判ります。


潤滑油を内側からも入れましょう。

普通は、これで逆タップを使えば外れます。

普通はね・・・。
2013/03/12(火) 06:55 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

アラゴ : ドキドキ

はじめまして。
ルートマスターさんに触発されて、20年ぶりにカタナを復活させるアラゴと申します。(買い替えですが)
ブログ、毎日のように楽しみに見ています。

普通は抜ける・・・ 
この後、逆タップも折ってもらえるのでしょうか?(ブログネタ的に)

先日、私は別車種で逆タップを折りました。
しかも、ボルトのツラでしたのでもうどうにもならず・・・
ヘルメットホルダーだったのですが、諦めてホルダー基部ごと削り取ってしまいました。

ルートマスターさんだったらその後の手もあるのでしょうか?

ドキドキしながら続報を待ちます。

ルートマスター : アラゴさん

はじめまして。

遊びの世界では、あえてトラブルに立ち向かうのも、また楽しい。
プライベートカスタムは手間が掛かる程面白い。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索