プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今週末にはバルブガイドの交換ができると思うので、それから面研に出して組み立てだから、動き始めるのはGW前になっちゃうのかなぁ。

どっちにしても、それほど行きたい場所なんて無いからいいんですけどね。^_^;

今年もGWに奥多摩湖の桜でも見に行きますかね。

さて、先日サーモスタットを交換した私の993で軽い渋滞にハマったら、また油温計がレッドゾーンに入った(・_・;


何でだ?

調べてみますかね。

初めてフロントを見るので、何が出るのか判らないから少し怖い^_^;

ジャッキアップしただけで、一つ目のトラブル発見。


もともとチンスポイラーにヒビが入っているのは知っていたんですけどね。


結構ガリガリ擦ってるのね。


外してみたら、バッキリ割れていた。


こんなのタイラップで止めるなよ( ̄▽ ̄)
まるで高校生の作業みたい。


とりあえず裏側の表面を処理してFRP補修しておきました。


全く見えない部分なので、塗装どころかパテ盛りも行いません。

右側のタイヤハウス内のカバーを外せばオイルクーラーが出てきます。
考えられる原因は、
⑴交換したサーモスタットが機能していない。

⑵コアまでオイルが回っていない。

⑶コアが泥汚れで詰まってる。

⑷ファンが動いていない。

こんなどころかな?

見てみると、コアは綺麗ですね。

アイドリングで油温を上げてみます。


オイルホースを触っても熱くないですねぇ。

あれ?
組み間違いしたのかな?

そう思っていたら、ジョロジョロって音がしてホースが一気に熱くなった。


油温計は真ん中を越えたあたりですね。


そうすると、問題はこいつかぁ(。-_-。)


ホームセンターのステーで留まっているから、一度交換済みですね。
モワ~っとは回るんだけど、確か低回転と高回転の切替がありましたよね?

多分、高回転に切り替わらないから渋滞時に処理能力を越えてしまうのだと思います。

この日は、暗くなってきたから作業は終了。
次回に再度調べてみますね。
2013/03/26(火) 07:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索