プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

GW前半は良い天気でしたが、今日は雨になるんですっですね。
どこに行っても混んでいたようですが、吉田ガレージでは作業が続くから関係ありません。

まずは先日の続きで、掃除の時点で発覚していた問題点。

とりあえず、パーツは全部外します。
ノックピンが外れない時は、そのままペンチで掴むと潰れて外しにくくなったりするから、ピッタリサイズのドライバーを差し込んで掴みます。


それにしても、どういう締め方をすれば、座面がこんなにもギタギタになるんだろう?(−_−#)


問題は、定番のスタッドボルトですね。
リムーバーで外します。


おかしい(ー ー;)

わりと綺麗なボルトだから、一度交換してるみたいなのに硬い。

途中でビクともしなくなったから、またしても強引に回してネジ切る事にした。


今回は、一本だけではなく、4本がおかしい。
外れたネジを見ても、ネジ山がボロボロです。


外れたネジ穴からメタルパテのクズが出てきた。


一度外すのに失敗して、メタルパテを使ったのかな?

最後の手段で先日と同じようにドリルでボルトを削り取りました。

遊びに来たQちゃんと一緒に作業を進める。


位置合わせが全てなんですけど、こんなのは目見当で木っ端を使って合わすだけです。


ほら、外れた。
手慣れてきましたね。


真ん中に穴を開けられれば、スプリング状に外れます。

INポートの負圧ボルトになぜだか液状パッキンが塗りたくられていた。


こんなの意味あるのかい?

そんな場所のエアーリークを気にする位なら、ボロボロのインシュレーターを交換しろよ(−_−#)


作業に入る前からトラブルばかりが目に付くヘッドですね(;^_^A
2013/04/29(月) 08:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索