プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

秋になりましたねぇ。

この週末は、土曜日の午前中に台風が過ぎ去ったので、カタナの足廻りをセッティング変更してみました。


過去の記事を見ると、フロントが硬すぎて何とかしようと考えていたところに出物のオーリンズを入手したあたりで車検が切れていたのね(^^;;

だから、まともに走れていなかったんだ(爆)

現状をまとめると、フロントが硬くて下りの減速帯では、跳ねてアウトに飛んでいく。

寝かせることができなくて、膝を擦って走るレベルではない。

フロントが硬くてリアが柔らかいので、フロントを軸にしてリアが動いている感じ。

当然、曲がらない。



こんな感じ。

リアは、初期荷重を掛けて1Gでも少し沈むレベルにした。

少しってどの位かって?
細かい事なんか私には分からない(ー ー;)

フロントは、オイル量を減らさないとダメだな。


GSXRのマニュアルを見てみると、


US仕様が113mm、その他が146mmに対して、最初は113mmにしたら硬すぎて、135mmに変更したって書いてあった。

そしたら、これでも硬いんだから、ノーマルの146mmまで戻してみよう。

解っているとは思いますけど、長さはトップから油面までの距離ですから、スプリングを抜いてスケールを入れ、オイルが付着したラインで見るだけです。

抜くのは、注射があると便利です。


これだけの作業で、どうなったかは明日にでも。
2013/10/28(月) 07:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索