プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

寒い~。
今日から薄手の秋物コートを着始めました。
このコートって、1週間しか着ないんですよね。
来週からは、冬物コートに衣替えです。

さて、土曜日は天気が安定しませんでしたから、ガレージでフロントフォークをバラしてました。


何が悪いんだろう?


そもそもカートリッジ式って何のこと?
中に入っているこれの事でいいのかな?


倒立フォークのカートリッジ式には、サラサラのオイルを使うって言われて再度調べたけど、やっぱり倒立用はL01っていうオイルで、1100Kの43Φには#5を入れる事になっているなぁ。

ショップにオイルを買いに行って、どれにしたらいいのか迷ったから、ネットで調べてみたら、自分の過去ブログが一番詳しく書いてあった(爆)
分からないから調べているのに(-。-;

メーカーによって同じ#5でも硬さが違うっていうのは、以前話しましたね。

今回はホンダの#5(粘度17)にしてらみました。


前回のカワサキは粘度17.7ですから、大した差は無いと思います。

フロントフォークをバラす時に困るのが、下のボルトを外す時に中のカートリッジが回ってしまう状態。

インパクトを使えば大丈夫だったりもしますけど、締め付け時もトルク管理したいから、回り止めが欲しいですよね?

普通は特殊工具を用意しますけど、こんなのは回らなければいいだけ。

転がっていた中空アクスルシャフトがピッタリだったから、削って作りました。


工具があれば、一瞬で終わる作業なので、サンダーで適当に20mmの四角形に削れば完成です。


さて、何が悪いんだ?


カートリッジがアッセンブリーパーツだから、組み間違える物なんか無いんだけどなぁ。

読めない英語のマニュアルを見ていたら、何やら数字が書いてある事に気づいた(^^;;



25mm?

何が25mmなんだ?

私はダンパー調整できるフォークなんか初めてだから、構造が分からないんですよね。

英語?
これも中1の長女以下の能力です。

どうやら、スプリングアジャスターの端からダンパーアジャスターまでを25mmに調整してから組んでちょ!って書いてあるみたいに思える。


一番締め付けたところから、5ノッチ緩めたところが25mmになりました。


あ~、だから14mmのロックナットは調整シロがあるのね。


全く考えていなかったから、シャフトを押し込んだ状態で組んでいたのかな?


これで組み直してみたら、前より動くようになったと思います。

もっと柔らかい方がいいように思えるんだけど、何がいいんだか解らなくなってきた(笑)

暖かい時間に少し乗ってみます。
2013/11/12(火) 07:39 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

だい :

私もさっぱり解りません・・・
しかも、鈍いので・・・
プリ1mmの違いが判る人は尊敬します。(笑

ひろ :

こんばんは。
私はダンパーアジャスターを一杯に締め込んだ状態で組み付けていました。全然気にしていませんでした。(汗)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索