プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今日は駅まで辿り着けました(^^;;

木曜日の雪は、それ程では無さそうですね。

昨日は、ポルシェを雪の中から救出できたので、途中になっていたホルダー製作をやりました。

耐水ペーパーの#240で形を整えて、マスキングします。


パテの混ざりが悪かったのかな?
特に問題はなさそうですが。

両面テープを貼る面は、塗料が乗ると剥がれの原因になりますから、必ずマスキングしましょう。

あとは缶スプレーで塗るだけ。

塗装が完全に乾いたら両面テープをはります。

今回は、落下しては困るので、3M製を選びました。


「超強力」という文字が強そう(笑)

でも、本当にちゃんとしたブランドの製品は、期待を裏切らない性能なので、今回みたいなパーツ装着には使用をお勧めします。

三次元の製品に貼る場合は、一枚のシートだと必ず失敗します。

12mmを貼り合わせましょう。


この場合も、保護用の透明フィルムを一度剥がして曲げながら貼り、あとからもう一度フィルムで保護します。

マスキングテープで、予め貼り付け位置をマーキングしておいてから、一発で貼ります。


当たり前ですが、必ずダッシュボードは脱脂しないとダメですよ。



三次元に巻き込む事で、貼り付け面積を稼ぐ事ができるのと、荷重分散?されるから、走行中の衝撃にも強くなります。



ナビ本体を装着



陰で見えないけど、フロントガラス面から見ても綺麗でしょ?

視界の邪魔にもなりません。



電源の処理は、使ってみてから考えてみます。

時計は見にくくなったけど、必要ない機能だから問題無し。

2014/02/18(火) 07:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索