プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今週は春一番が吹くみたいですけど、雪も降るらしいですね。

さて、週末は吉田兄がやって来た。


CB1100Rのシートカットです。


やっぱり刃の位置を内側に調整したら、シートリング内に収まって問題はありませんでした。




NEWWAYのシートカッターは、本当に素晴らしい切れ味です。


旋盤で削るのと同じように、力を入れずにハンドルをクリクリ回すだけでカットされていきます。


逆に削り過ぎが心配になります^^;

一般的には当たりを見るのに光明丹を使いますけど、吉田兄は黒マジックの方が調子が良いと言ってます。


ここからのカットはチューナーの経験と感覚で仕上げていくところですね。

吉田兄は外当たり気味で仕上げますが、31°、45°、60°の組み合わせで調整します。

それにより、バルブの入り方も変わるから、当然シムの厚さが大幅に変わります。

今回も調整範囲内かどうか分からないんですよね。

バルブガイドを交換したら、必ず当たり面は変わるからシートカットが必要になり、カットすると言う事は、バルブが奥に入る事になる。
そうするとシムが全然違う厚さになるから全部交換になります。

カスタムショップにOHをお願いすると、簡単に50万円とかって言われて「あそこのショップは~~~」って騒ぐ人が居ますけど、それなら自分で作業するべきだと思いますよ。

ボランティアじゃないんだから、失敗した時のリスクまで負わされてパーツ代込みの50万円じゃ、私ならやりたくない仕事ですね。

作業工賃を取らない「趣味」の吉田兄は、寒くなったら作業終了なので、いつまで経っても進みません(笑)

私的にも乗り出しはカタナがあるから、いつでも良いと思ってます。

大人になったら、この位に自分達のペースでオートバイと付き合うのが私の理想です(^ ^)
2014/03/10(月) 07:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索