プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

週末の作業で、大物に着手しました。

まず、K2を公道仕様にする為に保安部品を付けていかなくてはなりません。

地味ですが、大物から作りましょう。

リアのウインカーやテールランプ類ですね。


埋め込みウインカーを直接カウルに付けても良いのですが、せっかくなのでベースとなるフェンダー製作をして、そのフェンダーにボルト留めしたいと思います。



まずは、シートレールの取り外しからです。


シートレールが取り外せるタイプは、フェンダー製作なんて簡単さ!



工作用紙にアルミテープを貼って、メス型を作ります。

こういう作業は、夜に部屋の中でビールを飲みながらやるのが楽しい(^ ^)



今回は、ナンバープレートステーも兼用しますが、最終的にはアルミ板で補強します。

あと、きっちりと穴埋めできていないと、FRPを塗った時に垂れてシングルシートがデロデロになっちゃいますからね。

慣れていない人は必ずシートを養生してから作業してください。



言うのは簡単なんだけど、実際作業すると、このメス型製作が一番重要だし、手間の掛かる作業です。

翌日は、朝からFRPを貼りました。


今回も面積が広かったので、ブルーワックスを使用しました。



フェンダーは、必ず飛び石で塗装がハゲますから、黒で色付けする事をお勧めします。



使ったポリ樹脂は200mmlです。



ポカポカ陽気の日向に出していたら、夕方にはカチカチに硬化しましたから、型からの抜き取りです。



次の作業工程は、出たとこ勝負なので、大雑把にカットしてイメージを膨らませます。



固定方法、補強方法、ランプ類の取り付けなどを考える。



実は、出来上がった製品を見たら、凄い歪んでました( ̄◇ ̄;)

bang!君が吹っ飛んで、ダメージ加工を施したおかげでシートレールも曲がっていたんですね。

支障は無いので、気づかなかった事にしておきます(笑)

慣れれば一日半で終わる作業ですけど、スギちゃんに真似出来るかなぁ~(^^;;
2014/03/25(火) 07:54 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

スギ : なるほど…

こうやるんですね…
一日半以上かかりますが(笑)
チャレンジして見ます^_^

ブレーキランプ周りは別体で収まってるんですね。
やっぱカッコいいな^_^
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索