プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

日の出が早くなりましたね~。

毎朝、4:50位に目が覚めるようになってしまいました(^^;;

この時期は、早朝に海を目指して走ると気持ちいいんですよね(^ ^)

さて、今日はQちゃんから言われていた話題です。

皮つなぎ普及委員会としては、バイクに合わせたコーディネートをお勧めしております(笑)

吊るしのツナギって、派手好きの私には地味に見えてしまいます。

せっかく他人より目立つマシーンに乗っているのなら、ヘルメットと同じように個性を出した方が断然楽しくなります。

でも、ワッペンを店に出して付けてもらうのは、面倒だし予算の事も考えてしまいます。

自分でオイル交換する位なら、ワッペンだって自分で取り付けましょう。

ネットで検索すれば、いくらでも出てきます。



私はツナギを2着持ってますから、マシーンに合わせたワッペンを購入しました。

1枚200~300円程度です。

アライは少し高かったかな?

この金額なら、毎月1枚ずつ買っていっても、半年後には格好良く仕上がりますよ(^ ^)

背中は、以前の記事に書いたように自分で名前を切り抜いて作りましょう。

腕部分は大変ですが、胸と背中なら素人でも簡単に縫えます。

全ては道具次第なんですよね。

私はスピーディ ステッチャーを使ってます。



購入はネットが便利ですね。

スピーディステッチャー

このキットに付いてくる針は、革細工の手縫い針よりも太いですから、オプションの細い針も同時に購入した方が良いと思います。



細い針

ツナギの縫い合わせ部分は硬いので、細い針は折れる事がありますから、私は2本購入しました。

あとは糸ですが、付属されているのは手縫い糸ですからワッペンを縫うには太過ぎます。

手芸屋さんで、一番太いジーンズ用を買ってきました。



もっと太い方が良いかもしれませんが、この太さでもワッペンの縫い付けだけですから全く問題ありません。

必要な道具は、この他にワッペンを仮固定する両面テープだけです。

あとは、ビールを飲みながら週末に作業するだけです。



一度始めると、バイクのカスタムと同じで、どんどん派手にしたくなってきますから楽しいですよ\(^o^)/
2014/05/22(木) 06:50 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(お~ありがたい話題) :

ぶきっちょでも出来そう?^^;
スピーディーステッチャー買うかな~
ワッペンは昔買ったのがあるし・・・
でも貼り付ける場所とかのセンスがね~
昔のGPの写真とか見よっと^^;

ルートマスター : Qちゃん

位置なんか適当だよ(^^;;

胸は6枚位にすると、見栄えがいいかな。

広島の久々 :

こんばんわ。
タイムリーです(^^♪私、友人からワッペンを頂きクシタニカントリージーンズポケットにと思っていたところでして!!!参考になります
「ありがとうです」!(^^)!

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索