プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

雨の週末はいかがお過ごしでしたか?

私の日曜日は、ガレージで過ごしました。



以前から作りたいとは思っていたけど、大きなパーツは流石に面倒だったから、先送りしていたんですよね。



そろそろ手を付けましょうかね。



その前に、場所の確保が必要ですから、オイルキャッチタンクを移設しなくてはいけません。

今は、私が作ったキャッチタンクを使ってます。



バッテリー側から見ると、こんな感じ。


これも当然ですが、世界に1個しかないパーツですから悪くは無いんですけどね。

私の場合は、苦労して作ったパーツでも、次なる進化の為なら最初から作り直します(^^;;

100円ショップで材料を買って来ました。



まだ形も構造も決まってません。

作りながら、作業性とかを考えますから、とりあえず使えそうな材料を買ってみました。

今回は、大物の先にオイルキャッチタンクを作ります。

タンクなんて、安いポリタンクからアルミのパーツまで、沢山売ってますから普通はそれを使えば済む話です。

ただ私は普通では無いので、世界に1個のパーツに拘ります(笑)

発泡スチロールをカットしながら、デザインを考えますが、とりあえず位置決めから始めます。



設置場所は、バッテリーの横にします。



ノーマルのカタナだと、ヒューズBOXとかのプレートがある場所ですね。

この三次元の寸法をイメージするのは、ちょっと経験が必要です。



このままでも機能上は問題ありませんが、いかにも素人が作りました!っていう仕上がりになりますから、ここからデザインを崩していきます。

一度カウルを装着してバランスを見る。



弁当箱みたいで、目立ち過ぎて違和感がありますね。

少しずつ角を落としていきます。



これでも仕上がると、ノッペリしていてカタナのデザインに合わないと思います。

アルミ溶接なら、このレベルでも結構格好良く仕上がるのですが、私はFRPで作りますから、もっと凹凸を付けたいですね。

作業は来週に続きます。(^ ^)
2014/06/09(月) 07:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索