プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は、いま話題の虎ノ門ヒルズに行ってきました。





明日、6月11日にオープンするGREEN RATTANさんから、プレオープンのご招待をいただき、遠慮を知らない私は8人でお邪魔しちゃいました(^^;;



アジアン料理ですが、様々なモヒートを中心にカクテルのラインナップが凄い事になってました。

きっと、今週末の情報番組で沢山取り上げられますから、そちらをチェックしてご利用ください。

さて、昨日の続きです。

何故、オイルキャッチタンクを作り直してまで移動するのか?

工作用紙で型紙を作ってみた。



あれ?
ヒートガードは、この前作ったのでは?

って思ったでしょ?
違うんだなぁ~。

今回は、こうやって使う予定です。



つまり、こういう事。



何かと言えば、エアークリーナーBOXを作りたいと思います。

ん?
違うな。

エアークリーナーは使わないから、エアーチャンバーと名付けましょう(笑)

イメージで言うと、昔、ツキギが走らせた8耐仕様のゼファーがあったじゃないですか。

あっ( ̄◇ ̄;)
今の若い人は、もしかして産まれていなかった?

あそこまで大きくするつもりはありませんが、あんな感じです。

ただ、記憶が定かでは無いのですが、ツキギゼファーは、ラム圧を考えた構造だったんじゃないかなぁ。

実際のところ、今時のレーサーとかも、クリーナーは外すけどBOXは外しませんよね。

これはラム圧を考えるから。
でもね、これってコンピュータが燃調を考えてくれるインジェクションや、サーキットの様に一定の条件ならセッティングを絞れますけど、街中や高速をハーフスロットル程度でダラダラ走るストリートマシーンに対して、熱く語るようなメリットなんかありません(−_−;)

ただ、ずっと前に私の周りの方々が言っていたのは、BOXを装着した方が安定する事は間違いないみたいです。

なるほど。

一応はメリットがあるのね。

何故、私が今回こんなにも面倒なパーツを作る事にしたかと言うと・・・。

他に作れるパーツが見当たらないから(笑)

まあ、半分冗談ですが、半分は単なる暇つぶしです。

カタナには、現在RAM AIRのフィルターを装着しています。



確かに埃も防げてエンジンには良いパーツなんですが、私としてはどうも格好良くないと感じてしまう。

20年以上ファンネル仕様だったのに、何だか守られた世界に踏み込んでしまった敗北感とでも言う気持ちでしょうか(笑)

実際のところ、当たり前なんですがセッティングも#2.5~#5位は落とさないといけないし、全開にした時は花粉症の時期の寝苦しさみたいな重さ?があります。

とは言っても、ヘッドを外した時のピストン上に積った砂を見ると心が痛みます。

つまり、チャンバーBOXを装着すれば、ファンネル仕様だけど砂の進入は防ぐ事ができる上、エアーを安定させる事もできるようになります。

ここで疑問が生まれたでしょ?

ノーマルのエアークリーナーBOXを使えばいいだけじゃない?

・・・。

それを言ったら私のネタが無くなるじゃないですか(爆)

何故、みんながノーマルを使わないかと言えば、レーシングキャブレターなのに脱着が面倒になるから。

昔、タッチバイクか何かの雑誌にノーマルを加工した記事が載ってましたけど、どうしても改造だと格好が悪いし、素人の頑張った感じが見え見えになってしまいます。

はっきり言って、今回のチャンバーBOXは、ほとんど意味の無いパーツです(笑)

でも、誰も作らないから私が作る!

使えないパーツだったら元に戻せば良いだけですね。

ちょっと製作に時間が掛かるかなぁ。
少しずつ報告しますね。
2014/06/10(火) 07:41 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

犬丸 :

学生時代、FX400RにFCR+RAMAIRで乗ってました。で、メンテ不足で炎上させました(ーー;)。その頃、先輩がソレックス仕様の310サニーに乗っていましたが、FRPのインダクションボックス(?)付けてましたね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索