プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日の都内は凄い雨でしたね。
今日も降るのかな?

さて、土曜日は天気が悪かったから、朝からガレージでチャンバーBOXのマスターモデルを製作していました。



それこそね、地味~な作業ですよ(−_−;)

何度も付けたり外したりを繰り返して、当たりを見ながら削っていきます。



ただ単に形だけを考えれば良い訳ではなく、装着してからの作業性とか、製作工程も考えながら進めていきます。



削る時は、木工用のヤスリで私は作業してます。

左右のバランスは、寸法の計測ができないデザインですから、勘を頼りにするしかありませんから、経験が必要かな?

そしたら、アルミテープを貼っていきます。



さすがに、これはちょっと面倒臭いマスターモデルですよね。



前面はカーボンパネルにアルミテープを貼って使いました。



Qちゃんから、作り方を載せられても簡単には真似できないから、参考にならないと言われてしまった( ̄◇ ̄;)

まずは、小さくて簡単な物から始めてください。

実際には、作って当ててみないと使えるパーツになるかどうかも分からない事を私はやっているんですよね。

ただ、暇な雨の休日に、ガレージでコーヒーを飲みながらスペシャルパーツを自分で作るっていうのは、マニアとしては贅沢な時間の過ごし方ですよね(^ ^)
2014/06/30(月) 07:08 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(呑み会楽しかったね~^^) :

小さくて簡単な物か~
ETCのステーでも考えてみようかな^^;
大物に行くまで時間が掛かりそう・・・
折角の梅雨時だしチャレンジチャレンジ♪

ルートマスター : Qちゃん

どうせ暇なんだから、始めてみましょう!

硬化剤は気温によって調整するんだけど、紫外線にも影響されるみたいだから、必ず日陰で作業するんだよ!

日なたでやると、一気に固まるからね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索