プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

7月ですね~。
もう今年も半分終わってしまいましたね(−_−;)

さて、先日作ったマスターモデルから、どうやって作るか頭を悩ませた。

ツキギのゼファーは、確か貼りっぱなしじゃなかったっけ?

たぶん、8耐レーサー1台分だけ作ればよかったから、マスターにそのまま貼って仕上げを施さなかったんじゃないかなぁ。

何しろ20年以上前の雑誌を見た記憶だから、よく覚えていません( ̄◇ ̄;)

とりあえず、今回は大物なのでどっちにしても、FRPをマスターに貼るところから始めます。

上手くいけば、それをそのまま使ってしまおうかと考えていたのですが、そんなに甘くはなかった(-。-;

まず、素人はパーツを細かくカットして用意しておきます。
私の腕では、貼り始めてからシワが取れなかったり、空気が抜けないで切り込みを入れたりする時は大抵失敗します(笑)



あと、貼る時はそのままだとマットが硬くて曲面に馴染まないのと、樹脂の浸透が悪いですから、一度揉んでほぐしてから貼りましょう。

あとは、樹脂を混合するのですが・・・。

硬化剤の量を間違えたのか、作業時間が遅かったのか、途中で一気に硬化してしまった(−_−;)

ひぇ~~~!!

こりゃ、失敗だなぁ。

でも、このまま終わらせる訳にもいかず、何とか追加樹脂で誤魔化しながら貼り終えた。



巨大なオニギリみたい(笑)

外してみて、研磨で逃げられれば、そのまま使ってしまうけど、たぶんこれを雌型にして貼らないとダメだろうなぁ。

1個だけ作れば良かったのに、大掛かりになってしまいました( ̄◇ ̄;)
2014/07/02(水) 07:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索