プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今回の台風は大きいみたいですね~

昨日はお台場で泊りがけの会議でした。



ホテルは、ディナーよりもモーニングでクロワッサンを食べるのが好きです。



さて、オイルキャッチタンクが完成したので、チャンバーBOXの逃げ部分も確定できるようになったから、作業を進めましょう。

マスターモデルにそのまま貼りましたが、この場合は当然ですが一回り大きなサイズになります。

一応はそのあたりも計算してマスターモデルは当たり部分に余裕を持って作りました。

できれば、これを雌型にするのではなく、そのまま仕上げに進みたいところです。



バリを削って当ててみたら、なんとか修正すれば使えそうです。

カーボンパネルはキャブ側にセットします。



でもね、このままだとノーマルのエアクリーナーと同様にキャブの脱着が簡単にできなくなって、レーシングパーツとしては不合格になりますから、作業性を優先して改良を加えていきます。



どうするかと言えば、当たる部分をカットするだけ(笑)



難しく考えない事が大切です。



ほら、なんとかなりそうでしょ(^ ^)



ここから仕上げに向かいます。


因みに、先日作ったフランジ部分は、やっぱり使うのを止めました。

このままのデザインだと、野暮ったいので、もう少し手を入れる予定です。



これだとノーマルのエアクリーナーに間違われてしまいそうですからね(−_−;)

2014/07/09(水) 06:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索