プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

明日からお盆休みの人が多いのかな?

さて、チャンバーBOXを装着するにあたり、私のカタナはレーサーレプリカなので作業性を重要視します。

ここでポイントなのは、レーサーでは無くレプリカである事(笑)

あくまでも自己満足の世界です(^^;;

私は普通の人と違って、コンビニとかでもキャブレターを外してジェット交換をしたりします。

ガレージに戻ってから作業すればいいのに?って思うでしょうが、私の場合は作業がしたくてバイクに乗るのです(^^;;

だから、なるべく工具を使わないで済む仕様に作り込みたい。

前置きが長くなりましたが、大した内容ではありません。

まず、いつものようにRピン仕様のボルトを作ります。



今回は、接着剤でボルトを固定しますから、普通のボルトでは無く、接着面積が広くて薄く、なおかつ根元がネジで無い家具用を見つけたので、これを使いました。

4本で150円位だったかな?

短くカットして、Rピンを通す穴を開けておきます。

接着剤は、100円ショップで売っている2液性の物を使ってます。

これね、接着剤に関しては、100円ショップの製品なんか昔は使い物になりませんでしたが、今は凄いですよ~!
匂いも同じだから、多分成分的に言って同じなんじゃないかな?
接着効果も遜色ありません。

薬で言うところのジェネリック製品みたいな物なのかな?

ジェネリックって言えば、巷ではバイアグラのジェネリックが出たから、半額近くになったって騒いでいますね(笑)

あっ、話題が脱線し過ぎましたね(^^;;

話を戻しましょう。



上は差し込み仕様にしてRピンは使いません。



こうすれば、キャブレターにカーボンパネルを装着した状態でインシュレーターに差し込む事ができ、チャンバーBOXへも下側2本のRピンを入れるだけで装着が完了します。

あっ、サイドリンク仕様だからできる技ですけどね。

後ろの大穴は、当初メッシュを付ける予定でした。


でも、これって吸気面積で言えば半分になってしまいます。

だから私は外して何も付けない事にしました。

昔、ファンネルにメッシュを付けた物がありましたよね。
今でも売っているのかな?
あれって計測すると、かなりの抵抗値らしいから、使う人は減ってラムエアフィルターを装着する人が増えましたね。

さあ、これで表面を耐水ペーパーで磨けば完成になります。

吉田カスタムでは、作業効率を考えて自分で管理できるのであれば、なるべくボルトの本数を減らしたい。

次は何を作ろうかなぁ。

あっ、あくまでもカスタムは自己責任ですからね。
2014/08/12(火) 11:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索