プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は、こんびさんから連絡があって、「奥多摩へ一緒に行きませんか?」との事。

土曜日は仕事だったから、タイヤ交換できなかったけど、あと1回くらいなら大丈夫かな?と思って6:00に出発してみた。



日の出が遅くなってきましたね~。

セブンイレブンに着くと、こんびさんが居たんだけど、携帯の充電が切れて写真を撮る事ができませんでした(−_−;)

車もそれ程いませんでしたが、さすがにタイヤがダメです。

寝かしていくと、スコンって倒れる(笑)
危なくて乗れるような状態ではないから、都民の森に到着したら、すぐに帰宅しました(^^;;



タイヤ交換をしてしまおう。



ガレージを確認したら、オグさんからもらったバトラックスが1セット熟成されていた。



m-maruさんがくれたコンチネンタルって、入手が困難なんですってね。

近頃のテイストでは、速い人がみんな着けていて、タイヤを替えただけで1秒とか速くなるらしい。

あっ、速い人の場合ね。

私は何を使ったって変わりませんよ(−_−;)

どんだけグリップするのか試してみたかったけど、9月にツーリングにも行くし、今の足廻りだと性能を出す事が難しいから、次回の為に取っておきます(^ ^)



おー、久しぶりの溝付き?タイヤだ(笑)

自作のビードブレーカーでも十分に役に立ちます。



必ず木枠は作りましょう。



自分でタイヤ交換にチャレンジして、ディスクを曲げてしまう事って多いんですよ!

簡単に落ちました。



あとは、木枠に載せてタイヤレバー3本でやれば簡単さ!



暑いこの時期はタイヤも温まっているから、ちゃんとワックスを塗っていればエアーを入れるだけで、あっけなくビードは上がります。

おー!



タイヤって丸いんですね(笑)

2011年の31週ですか。



私にとっては、まだピチピチ状態ですね。

これでもう少しアクセルを開けて走れるようになれば、硬いフロントでも何とかなるのかな?
2014/08/25(月) 08:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索