プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

祝日があると1週間が早いですね。
日曜日には吉田兄が顔を出す予定なので、私はその準備としてパーツ注文に追われてます(笑)

さて、月曜日はBIG1フォーク+17インチで生まれ変わったカタナに試乗しましたが、こんなに曲がるマシーンに慣れてしまうと18インチに戻れなくなっちゃうから、コーヒーを飲んですぐに下山しました(^^;;

さてと。。。



一気にホイールも交換しちゃおう!



普通の人はホイール交換なんて、いろいろ検討してから実行に移すでしょうが、私にとってはママチャリのタイヤ交換と同レベルです(笑)

シャフト径が同じで、ディスク径も同じ。

更に取り外してみたら、偶然にもディスク幅まで同じでした。

つまり、センターにタイヤを調整するだけで装着できました(^ ^)

寸法取りから始めます。



これに手元にあったカラーを組み合わせる。



BIG1フォークの構造上、Lフォークにナットカラーが入るから、これは固定位置ですね。
Rフォークは逃げ白がありますから、13.5では無く左右同じ14mmカラーを入れれば大丈夫って事なんですね。

スズキとホンダのパーツを組み合わせているのに、ほとんどボルトオンでいけます。

ところが、そんなに予備のカラーなんか持っていません。

内径20φのカラーかぁ(−_−;)

あっ、あった。



NSR250のアクスルシャフトがあったから、この20φをカットして使っちゃおう!(笑)

信じられないでしょ(-。-;

常識ではカラーとかって旋盤とかで精密加工するイメージですけど、吉田カスタムではサンダーでカットしていきます。



あと、腕の見せどころはヤスリね!



仕上げは、ガラスにペーパーを敷いて潤滑油を使って磨きます。



昔は原チャリの面研なんか、このレベルで仕上げたものです。

これをノギスで計測しながら修正していくのですが、0.1mmの誤差では仕上げられます。



精密加工の吉田兄に0.1mmって言うと笑われますが、実際のどころは純正パーツだってこのレベルですよ。

お上手~(^ ^)



こんな感じに装着されます。



そもそも、タイヤのセンターだって目見当です。

組んでみて、キャリパーとディスク位置で判断します。



左右同じになるようにね。



センター0.5mmのズレって、片側1mmのズレになりますから、話にならない位に違います。

でも、ホイールセットの作業性を考えると、多少の逃げも必要になります。
だから私は自分の感覚で決めてしまいます。

ほら、リアなんか100万円のカスタム費用を払ったマシーンなのに1cmズレているマシーンも存在するでしょ?(笑)

一応、私のカタナはこんなですけどメーター振り切りのスピードで走っても真っ直ぐに走りましたから(^^;;

ただ、今回はCBの時と仕様変更しましたから、フォークピッチが広がっている分、シャフトを長い物に交換しないといけませんね。

シャフトを作る時に今回のカラー分も調整するつもりです。

ほら、装着できた。



フェンダーの取付方法は考えないといけないなぁ。



とりあえず、18インチ化完成。



やっぱり格好イイ(笑)

17インチの時の感触からすると、タイヤが大きくなった分、フォークの突き出し量を増やした方がいいかも知れないなぁ。

あっ、いつも言ってますが、カスタムは自己責任です。
純正パーツ以外を使えば事故に繋がる可能性もありますから、経験豊かな整備士に作業はお願いしましょう。

私は経験だけは豊かな保険屋です(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2014/09/18(木) 08:10 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(失敗の経験豊富な材料屋です^^;) :

いやはや、いつもながらお見事です^^
そのペーパーって何番くらいのを使うの?

ルートマスター : Qちゃん

たしか#120だったかな?

ピカピカに仕上げても意味ないからね(^^;;
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索