プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

ピストンリングのマークは、やはりメーカーの違いでした。

ぷりんあらもーどさんが教えてくれました。

日本ピストンリングと帝国ピストンリングというメーカーらしい。

ぷりんさん、ありがとう(^^)

ワイセコのピストンって言っても、日本製のパーツと組み合わせてパッケージにしているんですね。

考えてみれば、ピストンとリングを同じ工場で作る訳無いもんね(^_^;)

さて、エンジンと同時進行していたカタナの18インチ化。

残っていた問題点は、フロントフェンダーの装着です。



BIG1のフロントフォークはNSRとかと同じでクルクル回るプラスチックのカラーに固定されてます。

BIG1も18インチだから、BIG1用のカーボンフェンダーでも使えば簡単なんだけど、私のカタナは'97~'99年のテイストでの車検ステッカーが貼ってあるから、思い出もあるのでフェンダーは交換したく無いんですよね。

でも、こんなの大した問題ではありません。

フェンダーステーを作ればいいだけの事。

スタビライザーを装着しましょう。

ここで問題なのは、フォークはBIG1なんだけど、三又はGSXRなので、フォークピッチが違います。

まあ、このあたりはプレートを作れば何とでもなるのかなぁ~と。

なるべく安く仕上げたいから、オークションをチェック。

BIG1用のコアース製で5~6000円程度かな?
でも、ピッチが違うんだから、コアースって書いてあるプレートは使えないから意味ないので勿体無いよなぁ。

そしたら、フォーク取付部の62㎜だけ合わせれば、何用でも関係無いって事かぁ。

こういう流用パーツの場合は、アフターマーケットパーツの仕様をチェックすると細かな寸法や互換性が見えてきます。

あら、CB1300も使えそうなんだね。

オークションをチェックしてみた。



あれ?
フォークピッチも取付寸法も私のカタナと偶然にも同じなんだけど(笑)

まさかねぇ。。。

失敗しても、どうせプレートを作り直すつもりだったからリスクは無いと判断した。

よし、買ってみよう!



これね、信じられないけど新品なのに驚きの価格、2170円(笑)

大量に在庫があるのかな?
沢山売ってます。

ただ、仕上がりはイマイチですね。
チャイチャイで作っているのかな?

フォーク取付部だけピッタリなら問題無いと思ってましたが、この要部分の寸法がイマイチ(爆)(ーー;)

私はスタビライザー側にアルミテープを貼って使う事にしました。
どうせボルトで締め付けるから問題無いレベルです。

フェンダーを固定するプレートは用意できましたが、あちこち当たるから当然そのまま付く訳などありません。

スペーサーを作ります。

まずは、寸法取りが大切。



現物の寸法を写して、ボルト穴の逃げを考えながらカラーを絵に落としていきます。



そしたら、そのままの状態で型紙をカットしてプレートに開ける穴位置をポンチでマークします。

先にプレートの穴あけ。



今度は、先ほどの型紙からスペーサーの部分だけ切り取って10㎜のアルミ板に型を写してカット&穴あけ。

穴あけ時は、フェンダーの正確な穴位置が測れていませんから、逃げも考えて型紙を作り、何度か仮付けした上で位置決めします。



タイヤとの隙間など、仮組みをしてチェックした後で仕上げや肉抜きを行います。



ほ~ら、完成。



お上手~(^^)

面倒くさいけど、難しい作業は無いので参考にしてみてください。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2014/10/03(金) 08:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索