プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

そろそろコートが欲しくなる季節です。

所有していても乗る機会が殆ど無いポルシェ993(^_^;)

近頃、乗るとファンベルトがキュッキュッと鳴るんですよね。

以前、車屋さんで見てもらった時にファンベルト関係は、プーリーとかも勝手に新品に交換されていました(−_−;)

こんなに早く伸びる物なのかな?
それとも馴染んだだけかな?



とりあえず、調整してみましょう。

必要な工具はトリプルスクエアビットレンチです。

アストロプロダクツに置いてあります。


1150円だったかな?



12角の工具です。



これの10㎜を使うのですが、セットに入っている物は、そのままだと長過ぎて入りません。



サンダーでカットして使いましょう。



あとは、24㎜のメガネが必要ですけど、この作業以外でメガネなんか使わないから、わざわざ購入なんかしたくない。

何かの車載工具が見つかったから、これを使う事にしちゃいました(笑)

ただ、メガネの長さって、適正トルクで締め付けるのに必要な寸法で考えられているから、車載工具のままではダメです。

私は、不要だった他のメガネレンチを使って延長溶接しました。



構造は、悩む部分などありません。

4枚のワッシャーが入っているから、緩んだら1枚ずつ中に入っていたワッシャーを外に入れるだけ。



私の993は、外に2枚。



中に2枚。



だったので、あと1枚は外に出して調整できます。

あと、気付いたのですが、ファンベルトが切れた時に知らせるセンサーが付いてますよね。



実は、これも前回、車屋さんが勝手に新品に交換していました。

それなのに指で押してみると、引っ掛かって戻りが悪いです。

ちょっとバラしてみましょう。



ボルト1本で止まっていますが、これを外すのが面倒くさい。



外したボルトが落ちると救出不可能になりますから、ウエスを敷いておきましょう。

バラしてみると



グリコのオマケみたいな内容でした(-。-;

グリスもほとんど塗られていなくて、こりゃ動きが悪い訳だ。






グリスを塗るだけで、シャカシャカ動くようになりますよ!

こんな物なのに、お店だと勝手に一式を新品に交換して、工賃と一緒に請求するんですよね。

やっぱり、ポルシェに乗っているお客さんってカモだと思われているんだろうなぁ。

でもね、そう思うなら全部自分で作業すれば良いだけの事。

自分では手に負えないと思うなら、請求された金額にケチを付けてはいけません。

オートバイも同じです。

普段のメンテナンスをきっちり出来ていれば、無茶な請求なんかされませんからね。

中途半端や、放置車両は後からのクレームを嫌って一式交換する事も頭に入れておきましょう。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村



2014/10/29(水) 07:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索