プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

冷たい雨ですね~。
この時期って、今年の評価や来年度の人事でバタバタし始めますよね(^_^;)

私は来年も生活していける環境にあるんだろうか( ̄O ̄;)

上司からは、「吉田君は、鹿児島の黒豚と北海道の蟹だったら、どっちが好きかい?」と、脅かされております(−_−;)

どっちも悪く無いと考える今日この頃(笑)

さて、週末にもう一つのパーツ製作を始めました。

チェーンカバーですね。

CB750F時代を考えると、野暮ったいカバーでしたから外した方が格好良かったのですが、今時のバイクだと、外すメリットなんか無いデザインですよね?

私でも、タイヤ交換なんて1年に多くて2回ですから、その時の作業でボルト2本を外す手間なんか、どうでも良いレベルです。

ただし、デザイン的に軽く見えるカバーだったらね。

だから、自分で作る事にしました(^ ^)

多分、これも一度作ってはみるものの、不具合とかデザインで気に入らないかも知れないから、作り直しがあると思います。

プロトタイプなんて、そんなものですから(^_^;)

工作用紙にアルミテープを貼って、メス型を作ります。



このような形状をメス型だけで作ると、硬化にしたがって、歪みが発生するんですよね~

それを防ぐ方法は、いくらでもあるのですが、私は面倒くさいから全部省略して、とりあえず作ってみます(笑)

だって、どんなに手間を掛けたって、そのままゴミ箱に直行かもしれませんから( ̄O ̄;)

それでも、最低限の補強リブを入れないと、ポリ樹脂の重さもあって、壁が倒れてきますからね。



抜き取ってみた。



角を丸くするのは、見た目以上に空気が入らないようにする為にも必要な処理。

オイルの飛び散りって、ほとんどはスプロケットの回転部分ですよね。

雨の日の自転車で、泥跳ねを見ていると底回転だからイメージが解りやすいと思います。

できれば、試作品をベースにして改良していきたいですね。

私のイメージでは、なるべく軽く見える事を優先させたいので、多少の飛び散りは気にしない。

だって、今を考えたら、15㎝のプラスチック定規一枚でも劇的に効果があると考えられるから。

今度の週末にでも取り付けてみますね、

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村

2014/11/26(水) 07:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索