プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今年に入ってから、土曜日は出社する事にしたんですよね。

休日出勤とかではなく、昼前にぷらっとオフィスに出て3時過ぎまで事務処理をするのですが、片道1時間45分掛かるから、ぷらっとというレベルでは無いか(^_^;)

私の仕事は、基本的に営業マンのサポートですから、社内の事務作業がメインでは無いので、スケジュールは自分でコントロールできます。

ですから、毎日9時~5時を仕事の時間と決めて、オフィス内の全員がまだまだ仕事モードであっても残業などしないで一人で先に帰ってしまいます(笑)

その代わり、誰も居ない土曜日に一週間分の事務処理を片付けるんですよね。

若い頃って、残業とか休日出勤して「忙しい」という言葉が、格好いい?仕事ができる?って勘違いしていたものですが、この歳になると効率が悪くて処理できないでいたのでは?と考えるようになりました。

まあ、事務の人は、次々とベルトコンベヤーのように仕事が流れてくるから、自分ではコントロールしようが無いので、仕事を流す上司次第って事にもなってしまうのですけどね( ̄O ̄;)

さて、そんな訳で作業は日曜日に行いましたけど、ホースの交換なんて1時間も掛かりません。



あっ、ガスケットは、ちゃんと新品を使ってますか?
マニュアルにも必ず新品に交換する事って書いてあるでさしょ?

私ですか?

そんな物をいちいち買ってなどいられません。

オイルストーンで研いて再利用です。



皆さんは、重要保安部品ですから、絶対に真似したらダメですからね。

絶対ですよ。(ダチョウ倶楽部風)(笑)

ほら、ピカピカになった(^ ^)



あとは、黒のスパイラルチューブを巻いて完成。



トルクロッドに這わせる場合は、必ずタイヤが近い部分の前後を止める事。

プラプラしていると、走行中にタイヤに当たって削れたりしますから、事故原因にもなっちゃいますからね。

それでも、190を履かせた6インチリムとかを使っている人は、トルクロッドギリギリだったりしますよね?

この場合は、安全面を考えてホースの取り回しを変えておいた方が良いかも知れません。

タイヤって結構潰れるらしく、ギリギリだとトルクロッドに当たる場合があるみたいですから。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村

2015/01/26(月) 07:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索