プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

土曜日は、奥多摩から帰宅するとスギちゃんがやって来た。



オイルクーラーをチャイチャイ製のフィッティングを使って上取り出しにしたら、オイルフィルターの蓋が破裂したと言うのです。



一発目でセルを回した時に割れたみたいなのですが、実はこれで2回目。

う~ん。

原因が分からないなぁ。



今までは問題なくツーリングにも行っていた訳だし、エンジン本体ではなく手を入れた部分を疑うのが普通なんだけどなぁ。

まあ、エンジンのオイル漏れも酷いみたいだから、一度開けてみよう!

日曜日は、昼過ぎに吉田兄がやってきたからエンジンを下ろしてみた。



さあ~て、何が出るかなぁ?

ゴキブリの死体でも出てきたらネタ的には面白いんだけど。

手伝ってもらうと、仕事が増えてしまうのでスギちゃんには掃除しかやらせません(笑)



マニュアルを読みながら、油路を一つずつ追い掛けながらチェックして行く。



ポンプからフィルターを通って、プレッシャースイッチに行き、そこからオイルクーラーに繋がっているだけなんだよね。

エンジン側のトラブルが発生しているとすれば、オイルクーラーから戻った後になります。

と言う事は、フィルターからプレッシャースイッチまでは、何もありませんでしたから、エンジンに問題はありませんね。

コアから後でも無いと思います。

何故なら、M&Sのコアが詰まっているなら、オイルフィルターの蓋が破裂するより先に、薄いコアが破裂するから。

オイルフィルターは、外から入ってプレッシャースイッチの油路に流れます。

ですから、蓋が割れたのはフィルターが飛び出たのでは無く、行き場を失ったオイルが機械的なポンプの圧力で破裂したのです。

やっぱり、疑いたくなるのはプレッシャースイッチからコアまでのホースなんですけど、こんなのに不良品なんかあるのかなぁ?

あんまり考え難い話ですが、180°のフィッティングあたりで内部がどうにかなっているのかも知れない。

ホースにエアーは通るのですが、今回のトラブルは、寒い朝の一発目でしたから、硬いオイルの抵抗だと問題が発生するのかも。

結局、原因が分からないままなので、エンジンを組み立てて疑わしいオイルクーラーホースを戻す事にした。



チェーンテンショナーのガスケットは、何故だか毎回切れるなぁ。



毎回、手切りしてますけど(^_^;)



サクサク組むよ~



ただね、オイル漏れに関しては、シリンダーが歪んでいるみたいなんですよね( ̄O ̄;)

やっぱり、カタナにオーバーサイズのスリーブを入れる程のボアアップなんか、やってはいけないのだと思います。

とりあえず、誤魔化して組みましたけど、本当に直すなら、エンジンをもう一機組み直すしか無いですね(−_−;)

完成。



半日でエンジン下ろして載っけるところまでできましたよ(^ ^)

次回は試乗ですね。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村

2015/04/27(月) 07:07 | コメント:3 | トラックバック:0 |
コメント

スギ : 毎度・・・

お手間かけまして申しわけありません^^;
ぼろいバイクだからこその充実した休日になりました。
ありがとうございます^^

しかし私のはいろいろ問題ばかり起こります・・・^^;

パゲる@チャヴィン流石の手際は百戦練磨ですね

スギさん勿体無いですね。御自分でドンドンやられた方が、きっと楽しい?と思いますよ〜。
ZZ-R、“自分なりのヘッド”を今日載せます。^^;

ルートマスター : パゲるさん

トラブル回避の為、スギちゃんにはオイル交換以外は手を出さないでもらいたい(^_^;)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索