プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

昨日は風邪でしたが、頑張って飲み会に参加してきました(^_^;)

場所は先日お話した天王洲アイルにあるTYハーバーです。



食事も美味しくて、お洒落~な空間でしたよ(^ ^)



パーティだと、一区画だけ貸切にしてもらえて20名様からとの事ですから、今年のクリスマスパーティは使いたいですね。



さて、今日はスギちゃんが昼前からやって来た。



Qちゃんも暇つぶしに来た。



何しに来たかと言うと



USヨシムラのスペシャル管が欲しいんだって( ̄O ̄;)

あいつ(−_−;)

言えば何でも手に入ると思っていやがる。

出世払いだからな!

もうUSヨシムラのカスタムって、何本作ったんだろう?

普通のバイク屋では金にもならないから、こんな作業は引き受けずに新品のマフラーやサイレンサーを勧めるから、経験で言ったら私って多い方だと思いますよ(^_^;)

実は、同じUSヨシムラ管と言っても、サイレンサーも数種類あるし、エキパイやミドルパイプも一種類ではありません。

だから、私が今までに作ったマフラーも、実は全部違う組み合わせになっています。

今回は、私が以前に作ったテーパー形状のメッシュを流用する事にしました。



初めてだと、ここまでバラすのにも固着してたりしたら、時間が掛かっちゃうかも知れません。



どうせステーは使いませんからカットしましょう。



削り過ぎないようにね。



そしたら、最も大切なデザインを考えたカットです。



ノーマルだと、こんなに下がっているんですよね。




私は、R部分を使って捻った時の状態を三次元にイメージします。



この時は、少しでも真っ直ぐに切りたいから、サンダーを使わずに鉄ノコでカットします。

何度も当てて少しずつ角度を決めていき、面出しはこの位のレベルに仕上げます。



本当ならTIG溶接とかガス溶接があれば綺麗に仕上がるのですが、私は20年前のアークしか持っていません(笑)

アークでバチバチやると、簡単に穴だらけになりますから、少しずつ全体を点付けしていきます。



最後にサンダーで削って仕上げれば、それなりに綺麗になります。

仮組してみる。



まあ、こんなもんだろう。

完成!



格好イイでしょ(^ ^)



抜けもいいし、サスとかとのクリアランスは、オーダーメイドならではですね。

大体3時間位で作れますから、溶接機がある人はチャレンジしてみてください。



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村


2015/05/05(火) 17:48 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

スギ : またお世話とご面倒をお掛けし申し訳ありません…

また今回も足ばかりひっぱって邪魔ばかり(´д`|||)
申し訳ありません。

しかし…
あの溶接は驚きました‼

私のカタナは吉田レプリカとして新しく生まれ変わります。
ありがとうございます‼
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索