プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

連休も明けましたね。

天気も良かったですから、出掛けた人も多かったのではないでしょうか?

私は風邪だったので、少し作業をしただけでなるべく寝てました。

昨日は、前から気になっていてクラッチのゴロゴロ音を直したくて、バラしてみました。



今回はスギちゃんがストックパーツを持っていたんですよね。



二つを並べて比較検討してみる。

気になっていた、レリーズアームのギヤは、やっぱりガタがあって正解でした。



う~ん。
原因が分からないんだよなぁ。

オグさんからメールが届いた。

海外仕様のマニュアルには、シム調整が載っているとの事。



絵を見ても、どこの事を言っているのか分からないじゃんか(−_−;)

マニュアルを確認したら、この絵の事みたいです。



ふむふむ。

シム調整して、クリアランスを0.03~0.08にするようにとの事なのね。



そんでもって、シムっていうのが、コレ。





ただね、年式によっては、スペーサーは26㎜と28㎜が存在するから、28㎜の仕様にはシムは入っていません。


私の記憶では、SZのエンジンは28㎜だったような気がします。

寸法差のクリアランスって、どうやって計ればいいんだろう?

0.03㎜のクリアランスなんて、ちゃんとナットを締めこまなくちゃ簡単に誤差が出るよね?

ノギスで測っても、意味ないもんね。





やっぱり、ある程度適当でも、シクネスゲージで確認してみる。



たぶん0.15㎜だったと思います。

使われていたシム厚は1.1㎜厚。

つまり、1.0㎜厚に交換すれば、0.05㎜になるから許容範囲に収まります。

でもね、ここで問題が発生。

パーツの注文を掛けたらシムの取り扱いが無いとの返事。

確かにパーツリストには1.0~4種類位載っているのに(−_−;)

そこで、28㎜のスペーサーで組まれていたストックパーツを計測したら、クリアランスは更に0.5㎜広い( ̄O ̄;)

本当にゴロゴロの原因って、このシムの問題なのか?

パーツも供給されていないし、国内仕様のマニュアルには調整の事すら載っていない。

そんなにシビアな調整は必要無いように思うんだけどなぁ。

そこよりも、簡単に見つけた点がコレ。



ストックパーツではちゃんと組まれていなかったみたいで、変な形に潰されてました。

オイルポンプギヤとの当たり面には、鼻くそみたいなダンパーが入っています。

私の物は、1987年から一度も交換されていませんでしたから、完全に潰れています。

コレが原因なんじゃないかなぁ~。

1㎜厚のシムは丁度GSXRのスイングアームのベアリング部分に入っていたワッシャーが1㎜厚だった気がするので、これの内径を広げれば使えるかも知れないけど、吉田兄が暇な時に作ってくれるかな?

何だか0.1㎜の差じゃない気は、正直のところしているんですけどね(^_^;)

ブッシュの在庫はあるみたいだから、今日振込みできれば、土曜日には手元に届くと思うから、まずは組んで様子を見てみます。

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/05/07(木) 07:08 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

むーさん。 : いつも楽しく

はじめまして。
いつも楽しく拝読させて頂いております。
乗りつづけるカタナがカッコイイですね。
箱根ばかりで奥多摩には行ったことありませんがそのウチに遊んで下さいな。

ルートマスター : むーさん

あんまり近づくとアホが移っちゃいますよ(^_^;)

むー : 大丈夫です

たぶん、超えるアホですから(`ФωФ')

μ : おまえかー

風邪のはんにんおまえだったのか
ひどい休日だった

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索