プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

天気予報を見ると、来週あたりから梅雨みたいな天気になっていきそうですね。

今週乗らないと、次に乗れるのは灼熱地獄のシーズンになってしまうかも知れませんね。

さて、私の汚いカタナ。

前から気になっていたのは、クラッチカバーのサビです。



アサクサさんの、もっと汚いカタナを見れば分かるように、やっぱりサビって何とかしたい問題ですよね(^_^;)

カタナの場合は、ジェネレーターカバーも同じですけど、クリアー塗装の下でアルミの腐食が進みます。

何とかしたいなぁ~って思っていたら、吉田兄の会社でサンドブラストを入れたらしく、昼休みに吹いてきてくれるとの事。

ラッキー!

そしたら、ベアリングを外して準備をします。

初めてだとバラし方が分からないでしょ?

シャフトには、親切にもドライバーを当てる凹みが付いていますから、ロングドライバーを当てて軽く叩けばオイルシールと一緒に外れます。



そしたら、こんな感じに抜けます。



でも、下のベアリングは残るんですよね。



こっちは叩いたらダメですよ!

穴径ピッタリにナットの傘を削ります。



年式によっては、カバーの穴径が小さい物もあります。

そしたら、長めのボルトとワッシャーとかでスペーサー調整する物を適当に見つける。



あとは締めればベアリングプーラとして抜けてきます。



ほらね。



ベアリングとオイルシールの交換かぁ~って思ったでしょ?

誰が交換するなんて言いましたか?

再利用に決まっているじゃないですか(笑)

こんなベアリングは、回れば十分です。

オイルシールって言っても、オイルに浸かっている訳じゃないんだから、切れてなければ何でもいいというのが私の考え(^_^;)

あとは、砂が入ったら嫌だから、窓の裏側は「おゆまる」で塞ぎました。



表面は、普通のガムテープを使って剥がれたらガラス面に掛かったら終わりなので、カーペット用の強力な厚い両目テープを利用してベッタリと貼り付けました。

ついでにポイントカバーも吹いてもらおう。

割れたカバーを私がアルミ板とメタルパテを使ってカットタイプに仕上げたから、少しパテ面をリューターとペーパーで整える。



昨日の夜に吉田兄が持ってきてくれた。





おー!

スゲー綺麗(^ ^)

サンドブラストと一口に言っても、実は吹き付けるパウダーの種類によって仕上がりは全く違います。

私のエンジンを見れば分かり易いですね。



ヘッドは、ホームセンターで売っている「硅砂」をそのまま吹き付けました。

カムカバーはガラスビーズですね。

今回のカバーもガラスビーズです。

当然クリアーなど吹いていなく、ブラスト処理のみでもシルバー塗装したみたいな仕上がりになります。

恐らく塗装を剥がす訳ですから、アルミの腐食が心配になるでしょうが、私は常に乗りっぱなしですよね(^_^;)

洗車なんて、一年に1~2回しかしません。

でも、サビは出てこないんですよね。

これはガレージ保管だからというのが一番の理由かな?

屋外にシートを掛けているだけだと、梅雨明けにシートを剥がしたらサビだらけになっているかも知れません( ̄O ̄;)

こんな処理もあるんだ~っていう位に思ってください。

あっ、因みに吉田兄がスペアーのカバーがあったので、もう一枚にも吹いてきたんですけどね。



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/05/14(木) 07:22 | コメント:5 | トラックバック:0 |
コメント

アサクサ : もしかしてだけど~♪

おいらの刀もキレイになるんじゃないの?

でも、キャラが・・・

ルートマスター : アサクサさん

あんなボロバイクは捨ててしまえ!(笑)

Qちゃん(今日はこれから帰りま~す^^) :

アサクサ号なみのクラッチカバーなら
物置にある~^^;

ぷりっけつ : こんばんは。

はじめまして。
CB750F乗りのぷりっけつと申します。
いつも楽しく拝見、勉強させて頂いてます。
今朝、知り合いの家に行った帰りに路地を通っていたら、まさかの吉田さん宅の前を通りました!
「あっ!このガレージ見た事ある!」っとなり、吉田さんは僕にとってカリスマなので、芸能人宅を発見した気分でした!

ルートマスター : ぷりっけつさん

何でか知らないけど、見つける人がたまにいるんですよね(^_^;)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索