プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

8月ですね。

もうすぐお盆休みがやって来ますが、皆さんはどんな予定を組まれていますか?

お金を沢山使うし、どこに行っても人だらけ。
移動するにも猛暑の中で渋滞にハマる。

考えただけで嫌になったので、今年の帰省は吉田兄と二人だけで金曜日の夜から岩手へ両親の顔を見に行ってきました。



別に何をする訳でもありません。

ぽけ~っとして昼寝をし、親父と酒を飲んで帰ってくるだけの事です。

お土産なんか必要ない。

ただ、行って顔を見せるだけで「ありがとう」と言って涙を流す母。

毎年会う度に小さくなっていく父と母。

既に自分は社会において立派な中年になり、職場でも家庭でも今までの人生経験を次の世代に伝えなければいけない立場になっています。

それも職業上、セカンドライフのコンサルティングを行うにあたり、資産運用の話をするのですが、両親を見ていると机上論のコンサルティングが無意味に思えてくる。

「本当にお金があると幸せなセカンドライフは送れるのか?」

親父は、普通の中小企業で普通の給料をもらい、老後に住む場所を確保したら無くなる退職金を受け取った。

決して裕福とは言えない老後資金。

でも、何故だろう。

両親は本当に幸せそうに見える。

自分が今から30年後に娘二人に対して、こんな笑顔を見せる事ができるのだろうか?

親の背中を見て子供は育つと言うが、自分が74歳になった時は今の親父を思い出す事でしょう。

酔っ払いながら一人で散歩をした時に自分の影を見ながら考えた。



毎年、人生の勉強をする為に帰省はするものだと思う。

皆さんも今年はそんな事を考えながら帰省してみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/08/03(月) 08:13 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

5JJ :

はじめまして。
こちら様のブログはちょくちょく覗かせてもらっています。
今回初めてコメントさせてもらいます。
自分の実家は大分でした。
自宅を出て、実家に到着するまでの飛行機の中、バスの中、電車の中。全てが素晴らしい時間でした。そしてそれこそ会う度に小さくなってる親父の笑顔をみてまた帰り、次の日からの仕事を頑張る。今となっては帰るたびに元気とパワーをもらっていたのだと思います。
そんな親父も去年亡くなり、もう行く事が無くなってしまった実家までの道のりを想いかえすと、なんとも言えない気持ちになります。
自分もバイク乗りです。
親父はもういませんが、そう遠くないうちに大分までバイクで行きたいと思います。
また元気とパワーを貰えそうな気がします。

ルートマスター : 5JJさん

どこまで行っても親を追い越す事は出来ない。

亡くなった後でも人生の道標として存在し続けるものなのでしょうね。

刀じじいイイね‼️

田舎ってすごくいいですね
帰れる場所が有るっていいですよね
私の住んでいる家も皆んなの言う田舎です
皆んなにとっては、帰って見たくなるいえなのかどうか?
べつに、そんな事私は気にしない
今、わたしは、久し振りの病院のベットの
上だしね。今日は、孫が来ててんてこまいかな
実家って、いい響きで聞こえるよね、いろんな風景も頭をよぎるし
そんな気分にさせてくれる、タイトルでした。

ルートマスター : 刀じじいさん

入院しちゃったんですね

早く復帰できるといいですね(^ ^)
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索