プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こんにちは。吉田です。

暑いですね~(−_−;)

さて、993の売却を検討するにあたり、近頃の基準価格を知っておかなくては話にならないと考えた。

普通はどうするんだろう?

面倒臭さい事になりそうだけど、私のブログは皆んなの「?」を解決する事をミッションにしております(笑)

またしても私が実験材料になりましょう(;^_^A

一斉査定サイトに申し込んでみる。

個人情報を出すのって嫌だなぁ(−_−;)

気休めに住所の全てを入力しないで済むサイトを使ってみた。

18社の見積りが取れるけど、何社かに絞るか?

いや、ここは営業マンとして、どんな手法で攻めてくるのかを勉強する為にも全部に送ってみよう。

朝の通勤途中で申し込んだ。

いきなり電話が掛かってくる。

時間はAM7:30。私は満員電車。

切っても切ってもしつこく掛かってくる。

無礼者め!
着信拒否にした。

その後も違う業者から次々に電話がある。

何で相手の事をこんなにも考えない営業をするのだろう。
ガツガツした若い営業なのかな?

保険屋でありながら、何故私はテレアポができないのか。

「こういう営業マンが大嫌いだから。」

保険屋を筆頭に、株屋、不動産屋、車屋はこれだから嫌われる。

逆に言うと、嫌われる業種なのに紳士的なビジネスを心掛ける営業マンが私は大好きです。

やはり、大手のテレホンアポインターは、派遣の女の子でしょうが、マニュアル通りに一応はちゃんとしています。

営業マンのスケジュールを確認してアポだけ取ります。

でも、やっぱりアポインターの女の子。
マニュアルどおりにチェック項目を聞いてきますが、どうせ分かってないだろうから、こちらも事務的に答えるだけ。

その点、ポルシェ屋は違った。
質問の内容もポルシェ特有のものだし、全部メンテナンスをした事を伝えると、相手も本気になってくるのが感じられる。

貴方と会って話してみたい。

その他にも、
スマートなビジネスを考える営業は、メールを送ってきてから電話を掛けてきました。

やはり、基本どおりのアプローチでとても気持ちが良い。

正直のところ、これ程に売手市場だとは思いませんでした。

実車を見てから買取価格は決まりますが、どこの買取店も私が手放そうかと考えていた価格より最低でも30万円高い価格を提示してきます。

ふ~ん。

そしたら、ここからは私の気持ちの問題だけで決めていいのね(^ ^)

明日は朝から5社が順番に査定に来ます。
これは事前に伝えてあります。

ところが、しつこく携帯から電話を掛けてくる営業が一人(−_−;)

「実は993を買いたいと言っているお客様がいるので、他店よりも先に見せて頂けませんか?」

吉田 「いいえ。明日はスケジュールを組んで5社に見て頂く事にしてますから、ダメてす。」

「今日は何時にお戻りですか?」

吉田 「今日は会わないと言いましたよね?」

「何で会わないのですか?今なら何処よりも高く買う自信があります」

う~ん。

私が最も嫌いなパターンですね。

誰が「高く売りたい」などと言ったか?

これだから、車やバイクを本当に好きでは無い車屋やバイク屋は嫌いなんだよ。

あくまでも私にとって愛車とは読んで字のごとく、商品では無く「愛おしい車」なんだよ。

そりゃ、高い方が良いのは当たり前だけど、私にとっての最低金額はどこの買取店も楽にクリアーしている。

この時点で、4年前に購入した時よりも高いですから、4年間はタダでポルシェに乗れていた事になります。

あとは、たとえ買い取った人が販売目的であったとしても、自分の後のオーナーには自分と同じように私の993を可愛がってもらいたい。

私をナメるな!

「明日のアポイントはキャンセルします」

ブチッ。

着信拒否 二件目。

売る理由はない。
しかし、売らない理由は存在する。

中には、バトンを引き継いで欲しいと思える人もいるのかも知れない。

毎日暑いですが、お盆を過ぎればあっという間に993との最後の夏も終わるんですよね。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/08/07(金) 13:48 | コメント:7 | トラックバック:0 |
コメント

土佐の長刃使い

はじめまして。高知でカタナに乗ってる中島といいます。
いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
ポルシェを手放されるとのことですが、買取りサイトでの見積もりはあまりあてにしないほうがいいですよ。
大抵はいろいろ難癖つけて、現金チラつかせて当初の提示額より低い金額で落としにきますから(笑)
まあ保険屋さんの吉田さんには釈迦に説法でしょうけど。
これからも楽しいブログ期待しております( ^ω^ )

ルートマスター : 土佐の長刃使いさん

気持ちの中では、「売れなければいいのに」と考える面もあるんですよね。

譲っても良いかな?というレベルですから(^_^;)

スギ :

お金は大事だけれどそれがすべてにおいて最優先って訳ではないですよね。
礼儀作法に心意気、義理と人情って自分が最優先の上で成り立つものではないのですが
最近本当に自分が良ければいい、自分優先て人が増えましたね・・・

ぷりっけつ :

ブログに何度も出て来たポルシェを吉田さんが手放すかも知れないと知ると、何だか僕も寂しい感じがします!

アサクサ : しょうがない

私のカタナと交換する?

けんたろー :

「逆に言う、嫌われる業種なのに紳士的なビジネスを心掛ける」 目標です。
そんなに嫌われる業種でないだけに、もどかしさを感じています。
実際自分が行っているつもりでも、従業員に徹底させることがなかなか、、、 
最近色々悩みます。 
だからこそ750乗りたい! 色々試したけど、家では限界があるので、ポルシェスペースが空いたら短期間持ちこませてもらってもいいですか?

Qちゃん(色々そろえたのにステアリングダンパーか・・・^^;) :

一度も乗させてもらう事もなく、
ドナドナされてくのか~^^;
残念・・・
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索