プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

金曜日の夜は、久しぶりに家族との食事だったので仕事帰りにお台場へ向かいました。



食事のあとに少し散歩をして、田舎者の娘に都会の空気を吸わせる(笑)



そうこうしていたら、車検屋の滝谷さんから車検のお礼メールが届いた。

よし、日曜日は走ろう!と楽しそうにしている家族をよそに考えていた(^◇^;)



土曜日が曇りがちだったから、日曜日の朝は涼しめでした。

早く行っても走れないから、6:30にコンビニでメロンパンを食べますけど、既に誰もいない。

いつものとおり、一人でポケ~っと上がっていく。

キャブがズレてるなぁ。

メインを一つ下げるかどうか悩むところ。

どうせ、あと1~2回乗ったらもとに戻すようだから面倒臭いなぁ。

ボコつく程ではなく、微妙な濃さです。

都民の森ではマコっちゃんと遭遇(笑)

「マコっちゃん、ホイールカラーが欲しいんだけど、1個作ってちょ!」

後でメールするので、よろしくお願いしま~す!(^ ^)

8時になり、ゲートが開いたから2往復だけ走ってみる。

今回の目的は、m-maruさんに貰ったコンチネンタルタイヤの様子を見る為ですからね。



1本目の上りで路面のオイルをチェックしながらタイヤの様子を見て、下りから少しアクセルを開けてみる。

なるほど、なるほど。

寝る時のフロントの入り方は、性能というより110/80にした事で、丸みが出たから良くなったのかな?

グリップに関しては、やっぱり喰いつきますね。
自分が上手くなったのかと錯覚します(笑)

今までの立ち上がりから、もう一歩寝かしていけます。

では、速く走れるようになったのか?

ここがサーキットと違うところ。

私は楽しく乗りたいだけで、速さは求めていませんから、どんなタイヤを使っても一緒です。

単に「安全」になっただけです。

でも、ストリートを走り続ける最大の秘訣は、この「安全」を最優先して絶対に転倒しない事です。

ステアリングダンパーの効果も大きく、スピードを抑える減速帯でも、確実に安全性は高まりました。

その分、セルフステアに影響がありますから、オーリンズを弱めに調整してます。

チューニングは、速く走るだけではなく同じスピードで走った時にリスクを減らす為にも重要だと考えるのが吉田カスタムです。

株屋の間で昔から囁かれる格言に

「もうはまだなり まだはもうなり」

というものがあります。

まだイケる!と思っていても実は既に限界なのかも知れない。

レースの場合は、この限界点のギリギリを競わなければ話にならないのですが、ストリートではそんなのは全く無意味です。

今日の限界点は明日の限界点ではない。

特に40歳を超えたオヤジの身体は、使わない筋力が1週間でガクンと落ちるという悲しい現実もあります。

嫌な予感がしたら無理をしない事。

これが、今日もガレージで無事な姿のカタナを見続ける最大の秘訣です。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/08/10(月) 07:57 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(すでに筋力は元に戻ってしまった^^;) :

お盆の休みも既に乗る時がない・・・
ダンパーは付く気がしなくなってきた^^;

kengo何時も楽しく見させて頂いております

安全一番ですね。
無事之名馬(ぶじこれめいば)
これに付きます。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索