プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

随分と涼しくなっちゃいましたね。
キャブレターの夏セッティングは、どうしたらいいんだろう?(^_^;)

一度も走らずに戻す事になりそうです。

日曜日は、朝から雨がパラついていた。



奥多摩へ行くのは中止したけど、そう言えば遊びに来るって言ってたスギちゃんは、どうするんだ?

まさか雨の中、カタナで来ないよなぁ(−_−;)

そう思っていたら、爆音バイクが家の前で止まった。

やっぱりあいつは馬鹿だ(; ̄ェ ̄)

雨の日に来られたって、何もできないよ。

早々に帰る事にしたのですが…。

ヘルメットも被って、セルを回すと、

キュイーン。

あれ?

セルは元気だけど、クランキングしない。

ワンウェイクラッチが壊れた(−_−;)

こいつ、ワザと壊れた状態で乗ってきたのか?

何故だか、この時になったら雨が止んだ(笑)

ま、まさか天気まで操作できるなんて、スギは神なのか?

とりあえず、恐る恐るジェネレーターを開けてみる。

ガビーン!



大量の金属カスだ( ̄O ̄;)

こりゃ、吉田兄を呼んだ方がいいな。

10分後に到着して、バラしてみると



ん?

何かおかしくないかい?

じょえ~!





ワンウェイとマグネットを留めている3本のボトルが折れている(; ̄ェ ̄)

あ~あ。



確かにスギちゃんのエンジンは圧縮が高いのですが、普通に組まれていたら、その力だけで折れる事なんてありません。

この部分は、クランクシャフトを交換した時に、一緒に付いてきたマグネットをそのまま組んでしまったのが原因です。

腰下を丸々買って移植したから、ワンウェイをバラしてまで組み直さなかったんですよね(^_^;)

甘かった~(爆)

事故にならなくて本当に良かったです。

修理は、ドリルで穴を開けて逆タップで抜くだけです。





トラブルだって言うのに楽しむ二人。



どちらかと言えば、スギちゃんの場合は多少のトラブルが起きる事を望んでいるところがあります(笑)



このエンジンは、本当にゴミから作られているから、唯一のオリジナル部分である「クランクケース」も、どうにもならない状態です。

カバーのボトル穴も、開ける度にグズグズになります。

ヘリサートで修復ですね。



結局、日曜日はスギちゃんのカタナを修理したら一日が終わってしまった。

あのバイクの作業工賃を考えたら、バイク屋さんなら幾ら掛かっているんだろう?

たぶん、受けてもらえないか、中古エンジンへの載せ替えしかやってもらえないでしょうが(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/08/25(火) 08:03 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(朝晩は涼しくなってきたよ^^) :

そんな所折れるの?・・・
パワーを手に入れると
こんな事がおきるのね^^;

スギ : 家出るときは天気良かった・・・

途中でトイレと思ったのですが雨降ってきたので止まらず行きましたが、
止まっていたらと考えると・・・

トラブルは楽しいです(笑)
解決すると調子良くなるし、吉田さんやお兄さんと直していると楽しいですし^^
いつもご迷惑おかけし申し訳ありません^^;

μ :

Qちゃん、それ間違ってるよ
スギちゃんのバイク、普通に戻してるだけだからね。

刀じじい :

確か私の手元に7502型のどうでもいいエンジンが転がっていた様な気が......
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索