プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

長い休みでボケちゃいますよね(^_^;)

連休最後の日は、Qちゃんがアンダーカウルを取りにやって来た。



持ち帰るには、装着して運ぶのが一番簡単です。
私はQちゃんが来る前に気になる部分の修正をして準備してました。



Qちゃんは自分で朝から1.5㎜厚のアルミ板を切り抜いてカウルステーを手作りします。



エビナットを使うより、カウルとの当たり面を考えるとアンダーカウルステーには、コンパネに使うナットの方が私としては使いやすい。



当たりを見ながら削っていき、装着(^ ^)



少し長過ぎるみたいだから、私なら3㎝位カットしますが、あとはQちゃんの好みで仕上げます。



エキパイ周りの処理もバッチリでしょ!



ほとんど全部を作り直したようなものですね(−_−;)



それでも1日半で装着までいきますから、FRP加工の初級編と考えていいでしょう。

実は面倒なのはここからのパテを盛りですから、あとはQちゃんが自分で何とかする事でしょう(笑)

にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
にほんブログ村
2015/09/24(木) 07:17 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

Qちゃん(連休もあっと言う間に終わってしまった^^;) :

大変勉強になりました。
ありがとうございました。
私一人の力では絶対ここまでは出来なかったです。
いつも無計画に当てにしちゃってごめんね^^;
つか、相変わらずの作業の早さは何度見ても舌を巻いてしまいます。
あの辺の大胆さと繊細さを兼ね備えた作業を見ていると、
惚れ直します^^
後は・・・センスの欠片もない私の作業が・・・
がんばって仕上げます。
いつになるかな~
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索