プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

昨日は昼過ぎから吉田兄とCBのヘッドに手を入れてました。



Qちゃんに貰ったパラソルも使ってますよー。

今回の作業は、バルブを組んでシムの厚さを計測して次の方向性を確認したい。



このヘッドは、スタッドボルトを締め付けるナットのガスケット用ワッシャー面がギタギタになっていて、絶対にオイル漏れするだろうと考えたので、吉田兄が研磨用の工具を作りました。



これを使って、ボール盤で削ります。



そうすると、こんな感じに仕上がります。



傷が深くて削り切れない箇所もあるのですが、ある程度で妥協する事にしました。

バルブステムシールの組み込みは、指で押すとスプリングが外れます。

ドライバーとロングソケットを使いましょう。



8M用がピッタリです。



バルブスプリングは、コンプレッサーを使って二人で作業すれば、あっという間に終わります。

これを一人で作業すると、ヘッドを押さえておく手が足りなかったりで面倒くさい。



あっ、ポートをかなり削っていますが、CBの場合は750Fでここまで広げると下がスカスカになりますから止めておいた方が良いでしょう。



バルブを組んだら、必ず軽く叩いて馴染ませます。



ここからが問題になるのですが、シムの計測です。



当たり面をなるべく外当たりにする為に結構削りましたから、最悪の場合はバルブの頭をカットする事も想定して、エンジンに載せずにヘッド単体でカムを組み、シム計測をやりました。

そうしたら、思っていた程はバルブが入り込んでいなかったんですよね。

逆に750Fに900Fのバルブを組んだから、かなり削ったにも拘らず、クリアランスが広くなってしまいました。

全てのシムを注文しなくてはいけない(−_−;)

でも、300~320近辺のシムなんか、既に廃盤になっています。

どうしたら良いのだろう?

XJR1200のシムが使えるとの情報もありますが、実際はどうなんだろう?

品番とかも分からない。

これは、CBのプロショップの知識を借りるしかないかなぁ。

手元には、出番の来ないシムだけが大量に残ってしまった(; ̄O ̄)



にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村
2015/10/05(月) 08:01 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

ぷりっけつ :

素晴らしいチップエンドミルですね。
シムは750FならXJR1200のシムが使えるんですけど、11Rともなるとちょっと自信ないです。

チタンXJRシム

はじめまして、いつも拝見させてもらってます。
自分のバイクにXJRシム使用してます。
http://blogs.yahoo.co.jp/titaniumgaiina/12213240.html
よかったら・・覗いて見て下さい。

Qちゃん(やり方見たからそれなりに出来た^^;) :

こりゃ
いいところを見逃しちまった^^;
今週末は何かするのかな~
あ、連休か・・・予定が全くな・・・以下自粛

ルートマスター : チタンさん

今は皆さんXJR1200用を使うみたいですね。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索