プロフィール

ルートマスター

Author:ルートマスター
GSX-1100SとCB1100Rに続き、新企画ではGSXR1000K2レーサーを公道に甦らせます。

頑張るお父さんライダーに向けて、お金を掛けないでも楽しめるプライベートカスタムの世界を少しずつお伝えしていきたいと思います。

カタナ復活プロジェクト
ウイリー

もう一度、あの頃のように走れるのか?

FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おはようございます。吉田です。

今月末はハロウィンですね?

今年の渋谷は、去年以上にパニックになるんでしょうね(^_^;)

もう既にお店の予約なんか無理です。

私はどうしようかなぁ~。

この歳になっても、仕事でもあるから祭りには参加した方がいいんだけど、帰れなくなるのは間違いないもんなぁ(−_−;)

そろそろクリスマスの会場も予約が取れなくなってきましたよ!
私は、銀座で70人の箱を予約しましたけど、狙っていた100人の大箱は既に埋まっておりました。

幹事さんは急ぎましょう!

さて、日曜日は奥多摩から帰ってきて、吉田兄に連絡したら昼過ぎにやって来た。

CB1100Rの腰上ですね。

組むだけの話。



ただね、カタナのエンジンなら鼻歌混じりで楽しい作業なんですけど、CBのエンジンって、何でこんなに面倒クサイんですかね?

材質もそうだけど構造からして、本当に作業性が悪い(−_−;)

あの当時って、試行錯誤の開発段階で商品化に進んでいたのでしょうね。

イライラしながら作業は進みます(笑)



逆にスズキのエンジンの整備性が良いだけなのかな?

既に廃盤となっているパーツは、アホみたいな価格でオークションに出ていたりしますよね。

例えば、CBの場合はカムチェーンテンショナーとかね。



こっちはまだ出るのかな?

こんな状態だと交換するしかありませんよね。



私は新品を用意してあるから大丈夫。

毎回カムチェーンを通す時に、カムギヤをどうしたらカムにセットできるのか悩むんですけど、カムホルダーのボルトを締め付け固定してカムを下げた状態で作業したけど、本当はどうするのが正解なんだろう?



今回から導入するのが、ヘッドカバーの吉田カスタムです。



そう。

CBのエンジンは、何しろオイル漏れします。

そりゃそうだ。

何でこんな構造なのか頭にきます。

ゴムだらけのヘッドカバー周り。

どう考えたって、タコメーターのワイヤー取り出し口なんかオイルシールでは締め付け圧力が掛かりませんから、液状パッキンで張り付けるしかありません。

それも、1100Rはもともと電気式のタコメーターですから、使っておらず純正でも蓋が刺さっているだけの物です。

使わない部分なのにオイル漏れの原因になっている(−_−;)

吉田カスタムの極意

「使わないパーツは捨ててしまえ!」



カムホルダーからワイヤー取り出しなんかするのが、いけないのです。

こんなモン切り捨ててしまえ!(笑)

これで一つオイル漏れ箇所を克服できました(^ ^)

さあ、次は載せるよー!

あっ、その前にもう一つ問題が。

バルブシムの計測で、やっぱり測り間違えがありました(笑)

またしても、駆け込み寺に相談しなくては・・・(^_^;)


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

2015/10/14(水) 08:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索